Hatena::ブログ(Diary)

佐久間庸和の天下布礼日記

2015-07-28

大重監督を偲ぶ会




ブログ「大重監督の訃報」で紹介したように、ブログ「久高オデッセイ」で紹介した映画の監督である大重潤一郎さんが亡くなられました。大重さんはかねてより沖縄県那覇市の病院で療養中でした。7月18日に容態が急変し、22日に息を引き取られました。

f:id:shins2m:20150727133844j:image
偲ぶ会の祭壇
f:id:shins2m:20150727173325j:image
大重監督の遺影
f:id:shins2m:20150727173336j:image
大重監督の遺影
f:id:shins2m:20150727190338j:image
法螺貝を奏上する鎌田先生
f:id:shins2m:20150727202340j:image
法螺貝とジャンべ
f:id:shins2m:20150727203231j:image
豊崎紫雲閣と月



その大重監督のお別れのセレモニーは、サンレー沖縄でお世話をさせていただくことになりました。27日(月)の18時から「豊崎紫雲閣」で「偲ぶ会」(通夜)が行われました。東京から鎌田東二先生も駆け付けられました。大重監督の愛したヒマワリの花がきれいでした。
那覇の夜空には見事な月が上っていました。わたしは出張先の東京の夜空の月を見上げて、大重監督を偲びました。28日(火)の11時から「お別れ会」(告別式)が行われます。



*よろしければ、「一条真也の新ハートフル・ブログ」もどうぞ。



2015年7月28日 佐久間庸和