Hatena::ブログ(Diary)

佐久間庸和の天下布礼日記

2017-01-04

新年祝賀式典




今日は、2017年度サンレーグループ新年祝賀式典を行いました。式典に先立って、松柏園ホテルの顕斎殿で新年神事を行いました。戸上神社の是則神官によって執り行われた神事には、サンレーグループ佐久間進会長以下、北九州の幹部全員が参加しました。

f:id:shins2m:20170104144945j:image
新年神事のようす
f:id:shins2m:20170104145046j:image
玉串奉奠しました



そして会場を神殿からバンケットに移して、いよいよ新年祝賀式典の開始です。
さまざまな部署から総勢400名以上が、会場の松柏園ホテルに参集しました。
わたしは、例年通りに佐久間会長とともに入場しました。
佐久間会長は81歳となった今年も元気な姿を見せてくれました。

f:id:shins2m:20170104145352j:image
会長とともに入場しました
f:id:shins2m:20170104104338j:image
新年祝賀式典のようす



まず、北九州紫雲閣の渕上副支配人による「ふれ太鼓」で幕を明け、人事課の甲木課長による「開会の辞」に続いて全員で社歌を斉唱し、それから徳力営業所の大野所長によって「経営理念」「S2M宣言」が読み上げられ、全員で唱和しました。

f:id:shins2m:20170103161753j:image
「2017年 年頭所感」の会長メッセージ
f:id:shins2m:20170104150306j:image
会長訓示のようす
f:id:shins2m:20170104104607j:image
熱心に聴く人びと



それから、佐久間会長による「会長訓示」が行われました。
参加者全員に配られた「2017年 年頭所感」にも詳しく書かれているように、佐久間会長は「第二創業期へ向け、新たな一歩を踏み出そう」と述べ、「和を以て貴しとなす」と説いた聖徳太子の話などをしました。最後は、「本年、何事も陽にとらえて、明るく楽しくいきいきと働く。そこには必ず成果が上がり、道は開ける。ジャパニーズホスピタリティサービスを徹底させよう!」と述べました。

f:id:shins2m:20170103161822j:image
「2017年 年頭所感」の社長メッセージ
f:id:shins2m:20170104105607j:image
訓示の冒頭にみなさんと年始の挨拶をしました



そして、いよいよ「社長訓示」です。わたしは、以下のような話をしました。
平成29年、2017年の新しい年を社員のみなさんとともに迎えることができて、幸せを感じています。今年も、どうぞ、よろしくお願いいたします。サンレーはようやく創立50周年を迎えましたが、日本には100年はおろか、300年を超える企業も多く、なんと605社も存在しています。室町・戦国時代に創業された500年以上の企業は39社です。さらには創業1000年を超える超長寿企業が7社もあり、世界最古の企業も日本に存在します。

f:id:shins2m:20170104150652j:image
社長訓示をしました



まさに「長寿企業大国ニッポン」と言えますが、その秘密の1つに「会社儀式」を重んじていることが挙げられます。『創業三〇〇年の長寿企業はなぜ栄え続けるのか』グロービズ経営大学院著、田久保善彦監修(東洋経済新報社)という本があります。長寿企業を調査すると、非常に多くの企業に神棚や御礼があり、さらには社内神社を有していて、儀式を重視していると書かれています。儀式を重んじる企業は永続的に繁栄するという事実は、皇産霊神社を有し、毎月の月次祭をはじめ、創立記念式典や新年祝賀式典など、会社儀式というものを何よりも重んじているサンレーにとって勇気百倍であります。
儀式といえば、この1月には成人式があります。今年は8日(日)ですが、わたしは北九州市の成人式の来賓として招かれています。今年は変な意味で全国的に有名になった北九州市の成人式の改正に努めたいと思います。

f:id:shins2m:20170104110606j:image
冠婚葬祭の仕事がなくなることは絶対にない!



そもそも、儀式とは人類普遍の営みです。儀式産業も不滅です。
オックスフォード大学のオズボーン准教授は、「技術の進歩がめざましい機械による自動化によって、どのぐらい人間の仕事が奪われてしまうのか」ということを分析しました。その結果、今後10年から20年ほどで約半数の仕事が自動化されるリスクが高いという結論が出ました。特に、以下の仕事は90%以上の確率でなくなるといいます。すなわち、銀行の融資担当者 、電話オペレーター 、レジ係 、ネイリスト、弁護士助手(パラリーガル)、ホテルの受付、 税務申告の代行者、 簿記・会計の事務員、 不動産ブローカー、 動物のブリーダー、 時計修理屋、 図書館の補助員、 塗装・壁紙張り、 造園・用地管理の作業員 などです。しかし、冠婚葬祭の仕事がなくなることは絶対にありません。なぜなら、儀式とは人類で最も古い営みであり、かつ現在にまで続く普遍的な営みであるからです。もちろん、儀式も時代によってアップデートし、変化はしていきますが・・・・・・。

f:id:shins2m:20170104110225j:image
冠婚葬祭互助会の使命とは?



結婚するときはきちんと結婚式を挙げる。親に限らず、愛する肉親の葬儀をきちんと行う。これらは、人間として当然のことであることは言うまでもありません。きちんと冠婚葬祭という儀式を行うことが、きちんと人生を送ることにつながるのです。いま、改めて「儀式とは何ぞや」を問わねば、日本という国、日本人という民族は取り返しのつかない「奈落の底」に堕ち、人類社会からドロップアウトしてしまいます。冠婚葬祭互助会の役割とは「良い人間関係づくりのお手伝いをすること」、そして使命とは「冠婚葬祭サービスの提供によって、たくさんの見えない縁を可視化すること」に尽きると考えます。

f:id:shins2m:20170104151337j:image
儀式によって人々を幸せにする!



サンレーグループは冠婚葬祭業です。結婚式と葬儀は人生の二大儀礼であるとされますが、結婚式とは新郎新婦の魂を結ぶ「結魂式」、葬儀は故人の魂を永遠の世界へと送る「送魂式」です。冠婚葬祭業とは「魂のお世話業」なのです。この世に賤しい仕事つまり賤業というものはないはずですが、聖なる仕事つまり聖業というものは確実に存在します。そして、魂のお世話というわたしたちの仕事が聖業でなくて、何が聖業でしょうか?
この上ない聖業に従事するにあたって、わたしたちは「儀式によって人々を幸せにする」という高い志を抱いています。こんな会社が他にあるでしょうか?

f:id:shins2m:20170104111520j:image
史記』の言葉を紹介



これほど志の高い会社がどこにあるでしょうか?
今年は酉年ですが、鳥にも大きな鳥と小さな鳥がいます。
「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」という言葉が『史記』にあります。鴻鵠とは、色白く鶴に似て大なる鳥です。燕や雀のような小鳥には、そういう大きな鳥の考えていることはわからない。同様に、高い志を抱いている企業の理念を、同業他社にどうして理解ができるでしょうか!

f:id:shins2m:20170104111554j:image
菜根譚』の言葉を紹介
f:id:shins2m:20170104111641j:image
「雌伏」と「雄飛」について説明



「伏すこと久しきものは、飛ぶこと必ず高し」という言葉が中国古典の『菜根譚』に出てきます。雌鳥が雄鶏に服従している様子を「雌伏」という。苦難の状況に身をまかせながら活躍できる機会の来るのをじっと待つときに使われます。そして、雄鶏が飛揚するように、勢い盛んに勇ましく活動する様が「雄飛」です。

f:id:shins2m:20170104152529j:image
忘るるな雌伏のときを 覚悟せよこれより雄飛 いざ羽ばたかん



じつに20年もの雌伏の時間を経た我がサンレーは、いよいよ雄飛のときを迎えました。空より高く海より大きな使命を抱くサンレーの時代がいよいよ幕を開けようとしています。今年も、どうぞよろしくお願いいたします。そして、「忘るるな雌伏のときを 覚悟せよこれより雄飛 いざ羽ばたかん」という道歌を披露し、最後に「今年も、ミッショナリー・カンパニーの一員として、ともに大いなる使命を果たしましょう!」と締めくくりました。

f:id:shins2m:20170104152840j:image
心を込めて表彰状と金一封をお渡ししました



「社長訓示」の後は、「社長訓示」の後は、各種表彰が行われました。
通常は11月18日の創立記念式典で表彰式が行われるのですが、昨年は創立50周年記念式典で大掛かりだったため、表彰式のみ新年祝賀式典に移行したのです。社長として、わたしは心からの敬意をこめて表彰状等をお渡ししました。続いて佐久間会長が登壇し、「サンレーホスピタリティ賞」受賞者の7名に表彰状を渡しました。その後、「新成人祝い」として、新成人に記念品が渡されました。

f:id:shins2m:20170104153714j:image
最後は北九州本部長の決意が述べられる
f:id:shins2m:20170104114538j:image
東常務から「魂の決意表明」を受け取る



部門別決意表明」です。営業推進部の玉中取締役、冠婚事業部の山下執行役員、紫雲閣事業部の祐徳取締役、業務管理部の松田取締役、企画開発部の石田執行役員、経営管理部の槇部長、財務部の久保田部長、総務部の國行部長、株式会社ハートピアの古庄ゼネラルマネージャー、株式会社クリーンサンジュウの支配人、株式会社オラシオンの柿本祐治支配人の計11人がそれぞれの今年の決意を表明しました。最後は、「北九州本部長決意表明」として、東常務取締役がサンレー北九州全体の今年の決意を力強く表明しました。

f:id:shins2m:20170104114855j:image
和のこえ」で締めました                  f:id:shins2m:20170104154118j:image
一同礼!
f:id:shins2m:20170104154138j:image
会長とともに退場しました



その後、今春に入社予定のみなさんを紹介しました。
もうすぐ新社会人となる若者たちの顔は緊張しながらも、キラキラと輝いていました。
最後は、全員で手をつないでの「和のこえ」を玉中部長が音頭を取り、新年祝賀式典がめでたく終了。「和のこえ」で全員の心が見事に1つになりました!
その後、本日の表彰者のみなさんと幹部一同で集合写真を撮影しました。

f:id:shins2m:20170103161945j:image
「2017年 年頭所感」の表紙



*よろしければ、「一条真也の新ハートフル・ブログ」もどうぞ。



2017年1月4日 佐久間庸和