Hatena::ブログ(Diary)

一条真也のハートフル・ブログ

2010-11-14

リンク

一条真也です。

今日は、日曜日です。

わたしは冠婚葬祭業なので、本当は日曜祭日はあまり関係ありません。わが社の冠婚と葬祭の両施設に出向くこともしばしばなのですが、それでも日曜日は日曜日です。

そして日曜は、「サロンの達人」こと佐藤修さんのHPが週に1度更新される日です。

さきほど、佐藤さんのHPを開いてみたら、わたしのブログが紹介されていました。

f:id:shins2m:20101114170345j:image

               佐藤修さんのHPにリンクを貼られました


わたしは、佐藤さんのHPやブログをよく読ませていただいています。

昨日のブログ記事「伴侶の存在の意味」にも深く考えさせられました。

最近、わたしはブログで佐藤さんの発言を引用することが多かったのですが、今回わたしのブログを紹介していただき、大変ありがたく思っています。なにしろ、佐藤さんのHPは閲覧者数もさることながら、閲覧者のレベルが高いことで有名ですから。

「リンク一覧」を見てみると、大学の研究者や市民運動家の方のHPやブログをはじめ、少しでもこの社会を良くしていこうという方々のサイトがズラリと並んでいます。

まことに光栄なことに、わたしのHP「ハートフルムーン」が一番上に置かれています。

まあ、50音順なので当然なのですが(笑)、その説明文には「このサイトは一つの宇宙を構成しています。実に刺激的で深いです」と書かれています。嬉しいお言葉です。

f:id:shins2m:20101114170406j:image

                  佐藤さんが貼ってきた多くのリンク


ところで、すっかり社会に定着した感のあるネット上の「リンク」という行為ですが、これには深い思想が秘められているように思います。

「人間は社会的動物である」と言ったのはアリストテレスですが、近年の生物学的な証拠に照らし合わせてみると、この言葉はまったく正しかったことがわかります。

人間が生物学的に成功したのは、ひとえに共同体とその協力行動のおかげです。

ただしここでいう共同体とは、構成メンバーが互いに直接顔を合わせることのできる範囲、すなわち、村でした。もともとは血縁関係を基本にして構成されてきたこのような共同体は、相互協力行動や相互利他行動、つまりは「相互扶助」の単位でもあります。



ところが現代の大都市というのは、よそ者、旅人、異邦人が大集合してできたものです。そこには相互扶助も共同体も、そもそも存在しえないのです。

だが一方で、都市には「匿名性の快楽」とでもいうべき都会の気楽さというものがあります。匿名性の快楽は、おそらくは共同体からの拘束と表裏一体をなします。

古今東西どんな共同体でも、無礼講の緩衝地帯とか、年2回の村祭りとか、そのためのガス抜きシステムを内在化してきました。

いかに共同体を人間の心が求めているといっても、共同体からの制約を受ける一方では息苦しくなります。だから、日常(ケ)の共同体生活を維持するためにこそ、そこからの逸脱(ハレ)が必要となるのです。そして都市とは、こういった定期的ガス抜きシステムの部分だけを肥大化させたものとも考えられます。

つまり都会の生活とは毎日がハレであり、それゆえに都会生活者は疲れるのです。



都会の長所を活かしたまま、共同体を復活させることは可能でしょうか。

かなり困難な問題でしょうが、そこを突破しないと社会は機能しなくなってしまいます。

ブログ「うつし世の静寂に」に書いた、佐藤さんに教えていただいたドキュメンタリー映画のテーマも、そのあたりにあったように思います。わたしは、冠婚葬祭や隣人祭りなどを通して、少しでも共同体における「地縁」「血縁」を再生させたいと願っています。

一方で、「昔ながらの共同体を復活することは困難であり、従来の共同体と同じ役割のものが再生できれば、それでよい」という考え方もあります。たとえば、インターネットなどの電子メディアなどが、共同体の機能を代替しうるかもしれないというのです。考えてみれば、いろんなホームページの最後に張ってある「リンク」というシステムは、きわめて相互扶助的であると言えるでしょう。



もちろん、どんな相手とでもリンクすればいいというものではありません。

わが社も、同業者などからリンクを依頼されることがありますが、その場合は慎重に対応しています。じつは明日、わたしが副会長を務めている全国冠婚葬祭互助連盟(全互連)の理事会が東京で開催されるのですが、加盟各社のHPがリンクを貼り合うという議題が用意されています。いくら同じ団体とはいえ、同一の営業エリアでバッティングしている会社もあり、安易にリンクを貼れば会員様やお客様が混乱する可能性もあります。

ちなみに、佐藤修さんも厳しい選択眼のもとに、ご自身のHPにリンクを貼られているように思います。もし、社会的に問題を起こすような人物や団体のHPを掲載したとしたら、他のまともなHPが迷惑を受けるからです。

f:id:shins2m:20101029154615j:image

              多くのNPOをリンクするお手伝いがしたいです


佐藤修さんのHPに貼られたリンクを見ると、NPO関係のものが多いことがわかります。

佐藤さんご自身が、多くのNPO活動に関わられているからです。

ブログ「互助社会」に書いたように、わたしは、(社)全互協の社会貢献基金の助成金交付を通じて、多くのNPO同士をリンクするお手伝いをしたいと考えています。

まだ日本においては問題点を残しているとはいえ、今日必要とされる市民にとってのコミュニティを考えたとき、やはり、非営利組織つまりNPOの存在が重要です。

誰よりもNPOの重要性を強調したのが、かのピーター・ドラッカーです。彼によれば、誰もが自由に選べるコミュニティが必要となる中で、NPOだけが、教会から専門分野別の集団、ホームレス支援から健康クラブにいたる多様なコミュニティを提供できます。

それはNPOだけが、もう一つの都市社会のニーズ、すなわち市民性の回復を実現しうる唯一の機関だからです。またNPOだけが、一人ひとりの人間に対し、ボランティアとして自らを律し、かつ世の中を変えていく場を与えるからです。



ドラッカーのNPOに対する期待の大きさは、それは大変なものでした。

なにしろ、21世紀の人類社会をマクロに予見した彼の名著『ネクスト・ソサエティ』(上田惇生訳、ダイヤモンド社)は、次の一文で終っています。

「二〇世紀において、われわれは政府と企業の爆発的な成長を経験した。だが二一世紀において、われわれは、新たな人間環境としての都市社会にコミュニティをもたらすべきNPOの、同じように爆発的な成長を必要としている」

『ネクスト・ソサエティ』はドラッカーの遺著ですから、「知の巨人」ドラッカーが最後の最後に言及したのはNPOへの期待だったのです。

『ネクスト・ソサエティ』へのアンサーブックである拙著『ハートフル・ソサエティ』(三五館)にも書きましたが、クロポトキンが人類を含めた生物の本能として見出した「相互扶助」は、壮大な20世紀の実験となった社会主義国家などではなく、地球上の市民一人ひとりが世の中を変えていく場としてのNPOにこそ受け継がれています。

リンクのコンセプトである「相互扶助」こそは、NPOのコンセプトでもあるのです。



なお、『ハートフル・ソサエティ』は著書の中でも思い入れの深い1冊ですが、佐藤さんにもHPの書評で紹介していただき、過分なお言葉を頂戴しました。

また最近、アマゾンに『ハートフル・ソサエティ』の素晴らしいレビューが入りました。

「アルファ」という方のレビューで、「心ゆたかな社会(ハートフル・ソサエティ)へ!」というタイトルです。「心ゆたかな社会」へのわたしの想いを、著者のわたし以上に表現していただき、非常に感激しました。よろしければ、ぜひ、お読み下さい。



それにしても、今朝UPされた佐藤修さんのHPを開いたときは、少々あせりました。

なぜなら、そこにHPにリンクされた「一条真也のハートフル・ブログ」をクリックすると、出てくるトップ記事が、いきなり「おスナックのうた♪」ですよ!(苦笑)

真面目なHP閲覧者の方々は、その能天気ぶりに仰天されたことでしょう(泣笑)。

佐藤さんも、「話題は多岐にわたりますが、それが一条さんの生活ぶりです」と書かれたあと、多くのブログ記事の底に流れているのは「ハートフル」と指摘され、さらには「一条さんのたくさんの著作が生み出される源泉が感じられます」とフォローして下さっています。おそらく佐藤さんもトップ記事を見て、「あちゃー」と思われたのでしょう(笑)。

それで、すでに用意していたブログ「泣きながら夢を見て」をあわてて先にUPさせ、このブログ記事を速攻で書いた次第です(苦笑)。 もう、たみゃらん!(笑)

佐藤修さん、リンクをありがとうございました。


2010年11月14日 一条真也

「泣きながら夢を見て」

一条真也です。

おスナックで歌う素敵な歌をご紹介してきました。

最近、とても気になっている曲があります。

東京の止まり木」ことカラオケ・スナックDANで知ったデュエット曲です。

佳山明生と貴美の「泣きながら夢を見て」という、1987年の歌です。


じつは、DANのマスターそのものが佳山明生似なのですが(いや、ほんとに)、彼が歌ってくれた「泣きながら夢を見て」を聴いて、シビれたのであります。

マスターのデュエットのお相手は、ミトカさんという年齢不詳のアルバイト美女でしたが、とにかく2人ともメチャクチャ歌がうまいのです。

また、この歌は歌詞が素晴らしい。許されない関係の男女の恋愛がテーマでしょうが、「つづけよう罪物語を♪」というフレーズなど、なかなか思いつくものではありません。

マスターは、ぜひ、この歌をわたしに歌ってほしいそうです。

「どうして?」と理由を聞くと、石原裕次郎&真梨邑ケイの「さよならは昼下がり」を堂々と歌い上げるわたしの勇姿(?)を見て、「この人なら完璧に歌える」と直感したとか。


「さよならは昼下がり」も良い曲ですが、「泣きながら夢を見て」は最上級のデュエット名曲ではないでしょうか。わたしは、いつか、この歌をDANで歌いたいと思っています。

まあ、なんというか、ささやかな夢ですな(笑)。それにしても、日曜の昼下がりとはいえ、こんなブログ記事を書いてるなんて、オイラも「のんきな父さん」だなぁ(苦笑)。

これから気を引き締め直して、18日の創立記念日の社長訓示の準備、同日に開催される講演のレジュメ作り、および安岡正篤の著書の再読に励みます!


2010年11月14日 一条真也

おスナックのうた♪

一条真也です。

おスナックで歌う歌は、おムード歌謡曲が基本です。

わたしは、実際これまでに多くのおスナックで、おムード歌謡曲を歌ってきました。

今夜は、特にお気に入りの3曲をご紹介したいと思います。

いずれも、「おスナック」そのものをテーマとした歌とも言えるでしょう。

なお、増位山のオリジナル曲はこちらをクリックしてください


まず最初は、増位山太志郎の「そんな女のひとりごと」です。

クロウトはだしの歌い手が揃っている角界の中でも、圧倒的な歌唱力を誇った増位山。

その持ち前の甘い声を聴いただけで、トロけた女性も多かったのではないでしょうか。

昭和歌謡史に残る多くのヒット曲を歌いながら、大関にまでなったのが驚きですね!

「お店の勤めは〜初めて〜だけ〜ど〜♪」の歌詞ではじまる「そんな女のひとりごと」は、お東陽先生が荒木町のグレースで歌った「そんな夕子にほれました」と並ぶ名曲です。

わたしは、この歌をこれまでに何回歌ったか憶えていないほどです。


次は、小林旭の「お世話になったあの人へ」です。

わたしは以前、小倉にある松柏園ホテルの総支配人をしていました。

ホテルの仕事は夜が遅いのですが、ときどき、社員のみんなと飲みに出かけました。

そのとき、大塚邦広支配人がこの歌が好きで、よくカラオケで歌っていました。

歌う前には必ず、「では、アキラの歌を歌わせていただきます!」と言うのでした(笑)。

「きっと、いつかは世に出る人と、尽くし尽くして捧げた月日」とか「幸せでした、命の恋でした」とか、とにかく歌詞が泣かせてくれます。わたしは大塚支配人の熱唱を聴いているうちに、この歌が好きになり、自らのカラオケ・レパートリーに加えました。

わたしは、この歌をこれまでに何回歌ったか憶えていないほどです。


増位山から小林旭とくれば、最後は、夜の真打ち・石原裕次郎!

裕次郎の歌で、おスナックを強く連想させるのは「ブランデーグラス」です。

裕次郎の名曲では、「夜霧も今夜も有難う」は屋外でのデートがテーマですし、「ふたりの世界」や「銀座の恋の物語」の舞台はスナックというよりクラブの印象です。

やはり、おスナックをテーマとした裕次郎ソングは「ブランデーグラス」と言えるでしょう。

わたしは、基本的にブランデーは飲みません。なんだか、糖尿病になりそうな予感がするからです。おスナックでのわたしの飲み物は、やはりウイスキーが多いですね。

それも、最近は、ハイボールを好んでおります。はい。

それでも、裕次郎の「ブランデーグラス」は大好きな歌です。

わたしは、この歌をこれまでに何回歌ったか憶えていないほどです。

もう、たみゃら〜ん!(笑)


2010年11月14日 一条真也

「小さなスナック」

一条真也です。

週末が近くなると、「一条さん、また歌謡曲関係のブログを頼みますよ」とか、「一条さんの週末ブログ、楽しみにしてます」なんていう声やメールをたくさん頂戴したりします。

どうも、みなさん、日頃はお堅い一条真也のブログが週末にはフニャフニャに柔らかくなると思っておられるようですな(微苦笑)。本当は、もっと『論語』とか安岡正篤とか「有縁社会」の話をしたいのに、もう、たみゃらん!(笑)

そうです、「たみゃらん」といえば、漫画家の東陽片岡先生です。

先日、お東陽先生(笑)にお会いしたことをブログ「荒木町」に書きました。

あれ以来、お東陽先生のことが頭から離れず、先生の主要作品をほぼ読破しました。

f:id:shins2m:20101112170910j:image

               たまらなく、おスナックに行きたくなる!

               

また、今日は『レッツゴー!! おスナック』(青林工藝社)を再読しました。なぜか、わたしはあと2冊持っているので、わが社企画部の石田恭一部長と社長室の鳥丸耕一課長に貸し出しています。2人とも、この週末に読んで、仰天していることでしょう(笑)。

何度読んでも、『レッツゴー!! おスナック』は素晴らしい!

コミックというジャンルを超えて、まさに、天下の奇書であります。

これを読むと、たまらなく、おスナックに行きたくなります。

いつの間にか、パープル・シャドウズの「小さなスナック」を口ずさんでしまいます。


「小さなスナック」はわたしの愛唱歌ですが、ブログ「バス・ストップ」で紹介した平浩二の「バス・ストップ」と同時期によくカラオケで歌っていました。

学生時代から歌っていましたから、わたしのカラオケ・デビュー曲の1つですね。

わたしは仕事柄、出張が多く、また飲み事も多いので、必然的に日本全国のおスナックを訪れております。とにかく、オシャレなショット・バーは存在しなくとも、スナックのない街というのは基本的に日本にはありません。これは、すごいことです!

スナックとは、日本全国津々浦々、どこにでも存在する究極の社交場なのです。

でも、地元では「小倉の止まり木」ことスナック・レパード、出張先では「東京の止まり木」ことカラオケ・スナックDANが、それぞれ一番のお気に入りです。

いつか、お東陽先生をこの2店にお連れするのが夢であります。



尖閣ビデオで存在そのものが注目されている「YouTube」ですが、「スナック」で検索してみると、各地のいろんなスナックの映像が出てきて驚きました。

特に、秋田、名古屋、中洲のスナックの映像には味わいがありました。

わたしの場合は、店に女性がいなくても平気というか、渋いマスターのいる店が好きなのですが、おスナックというのはママさんや女の子目当てに来る方が多いようですね。

「YouTube」の映像には、そんな人気のママさんや女の子が登場しています。

もちろん、これらのお店に、わたしは行ったことがございません。

こんな映像を見ると、女嫌い(?)のわたしでも、実際にその店に行ってみたくなります。

現地の互助会さんを訪問するついでに、行ってみようかな?(笑)


いま、サービス業における「YouTubeマーケティング」というものが提唱されていますが、これらのスナックはそれを実践している先駆け企業と言えるでしょう。

長引く不況で、全国の夜の繁華街は苦戦を強いられ、多くのスナックが廃業しています。

残念ながら、小倉でも、わたしの行きつけの店がいくつも閉店してしまいました。

「YouTubeマーケティング」でも何でもいいですから、なんとか知恵を絞って、スナックという日本独自の社交文化を守ってほしいと思います。

今夜は、最後に一言だけ言わせてください。 

レッツゴー!! おスナック!(笑)


2010年11月14日 一条真也