Hatena::ブログ(Diary)

花の旅・花の寺 全国各地の花めぐり RSSフィード

2014-05-18

大原便り28

大原も緑が濃くなり気持ちいい季節です!<o:p></o:p>

鶯の声を聞きながらのお散歩は幸せな気分になります(*^^)v<o:p></o:p>

菜の花畑だった所は紫蘇畑になり、夏が近づくと稲と紫蘇畑のコントラストがとっても綺麗です。<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

で、お散歩しながら草を摘みリースにしちゃいました!<o:p></o:p>

ただです(笑)<o:p></o:p>


f:id:shintabi:20140518105048j:image
f:id:shintabi:20140412170659j:image
f:id:shintabi:20140517163920j:image
f:id:shintabi:20140517140417j:image

2014-05-05

大原便り27


かなりご無沙汰してる間にすっかり春になりました!
今日はこどもの日ですね!

私の好きな鯉のぼりです。ここは普通のお宅じゃなく会社ですが、毎年大家族鯉のぼりが泳いでます!
この辺りではまだ何軒かのお家で毎年鯉のぼりが泳いでます。
日本の春の風景いいですね:(^_-)
そう言えば街の真ん中では見たことないですが、東京でも泳いでるのでしょうか?

f:id:shintabi:20140504172353j:image

f:id:shintabi:20140504172412j:image

2014-04-16

不埒ものの寺社巡り 日吉大社

数年前、比叡山延暦寺に行く際、
滋賀県側からケーブルカーに乗ろうとして、
たまたま日吉大社山王祭の花渡り式に出会った。
その華やかな神事に見とれ、是非もう一度見てみたく、
JR比叡山坂本駅から徒歩で日吉大社に向かった…
などと信心深く情緒豊かなことを言ってみたいが、
参道の屋台に行くためというのが本音である。

ここに来るのは三度目だが、JRから行くのは初めてで、
道は知らぬがたかだか20分の行程、
知れてる知れてると歩き始めたが足が重い。
大社まで延々と緩やかな上り坂が続くうえ、
前日、陽気に誘われて自転車でつい遠乗りをしてしまい、
足腰肩が筋肉痛なのだ。

そういう案配で坂道をだらだらと歩いていると、
老舗風甘味処の「草餅」というのぼりを見つけた。
草餅は好物だからこれを食べないわけにはいかない、
と、ものの10分も歩かないうちに休憩。
民家を改造したらしい店内は、畳敷きの広間が客席になっており、
床の間を中心に壁際には鎧兜がずらりと並んでいる。
山王祭と関係した祭期間だけの展示なのか、店主の趣味の常設かは不明。
餡を包んだ草餅が旨くて、店の人に聞くのをうっかり忘れてしまったのだ。


f:id:shintabi:20140416145428j:image

京阪電鉄坂本駅を通り過ぎ、石の鳥居が見えたあたりから、
桜と屋台のテントがちらほら。
春の祭らしい風景が広がる。
この石の鳥居からふたつ目の赤い鳥居まで参道両側には桜並木が続いている。
ぼちぼちと葉桜は増えているものの、枝垂桜は満開なので花見にも不足はない。

f:id:shintabi:20140416145426j:image


桜の下には屋台がずらりと並び、近所のハナタレ、家族連れ、
参道沿いにある比叡山中学の生徒達が集まり始めている。
祭の初日、昼前という時間はまだ観光客には早すぎるようで、
人混みもなく、ほどよい賑わいと穏やかな日差しが相まって、
長閑な春の祭という感じがとても良い。

f:id:shintabi:20140416145427j:image

しかし、そういった風情と腹具合は別もので、
見ると食べたくなるという悪しき習性が、腹を屋台に向かわせる。
鳥の唐揚げ、焼そばフランクフルト、もんじゃ揚げ(これは初めて見る屋台)、
ポテトスティックと、いつものように食い散らかして、
筋肉痛に加えて満腹痛になってしまった。
歩く気になれず、一瞬、帰ろうかなと思ったが、
食い散らかしただけで帰ってはバチが当たるような気がしたので
屋台を後にふたつ目の赤い鳥居に向かう。

f:id:shintabi:20140416145425j:image

鳥居の手前に一軒の茶屋があった。
この期に及んでまだ茶屋が気になるのは如何なものかと、
自分でも思ったが、看板に「神猿蕎麦」とあったので仕方ない。
蕎麦は好物だからこれを食べないわけにはいかない。
そう思ったが、胃袋がそんなもの入るゆとりは無いと言うので諦めた。
屋台であれだけ食えば当然だ。
しかし「神猿蕎麦」はカミザルソバと読むのだろうか。
神様が食べるざる蕎麦なのか。
あるいは猿の蕎麦
蕎麦の上にバナナでものっかっているのだろうか…。
一体どういう蕎麦なのか。

「神猿蕎麦」の正体は後で解明するとして、ふたつ目の鳥居をくぐり受付へ。
入場料(入苑協賛料)300円。
「今日の夜、山の上から御神輿が降りてきます」と
受付のおばちゃんが言っていたように、
さらに山を登った所にある「奥宮に上げられた神輿に神様がお遷りになり、
東本宮へお渡り頂く神事」がある。

ちなみに翌日は参道の桜並木を、武者装束姿の子供が
花飾りを引いて練り歩く「花渡り式」がある。
冒頭に書いたように数年前に見たが、なかなか華やかな神事だった。

f:id:shintabi:20140416145634j:image
●この画像は借物です。加工して掲載しております。


f:id:shintabi:20140416145424j:image


勾配がきつくなった坂道を登るとみっつ目の鳥居がある。
ここまで、ひとつ、ふたつと鳥居をくぐって来たが、
進むほどに神域に近づくというわけだ。
で、みっつ目のこの鳥居、いささか形が変わっていて、
神仏習合信仰を顕す合掌鳥居と言うそうな。
そう言えば、ふたつ目の鳥居のすぐに小さな寺があった。
もとより日吉大社比叡山山の神を祀っているし、
延暦寺天台宗仏法護法神でもある。
神仏習合、すなわち土着の神様と仏様が
混ぜ混ぜになっているわけだ。
しかし明治時代には神仏分離廃仏毀釈なんてこともあって、
我が国の宗教というのはほんとによくわからん。

f:id:shintabi:20140416145423j:image


みっつ目の合掌鳥居をくぐってすぐ、
木彫りの神馬が安置されている小屋に並んで、
神猿舎というものがあった。
猿舎といっても動物園風の檻である。
中には日本猿が二匹。

パンフレットによると
 境内には魔除けの象徴として神猿(まさる)と呼ばれる猿が祀られ
 「魔が去る、何よりも勝る」に因んで大切にされてきました。とある。
HPには
 毛づくろいする姿など、見ていてとても癒されます。

とあるが、とても癒されなかった。
捕らわれの身になった猿の表情からストレス一杯というのが見てとれて、
哀れさが先に立つ。
大切にすると言うなら放してやればいいものを。
猿は、やはり野に置けお猿さんではないだろうか。

ともあれ、これでさっきの「神猿蕎麦」の由来はわかった。
マサルソバと読むのが正しいのも。

狐を神の使いとする伏見稲荷参道
いなり寿司が売られているのと同じように、
あの茶屋は神猿にあやかって蕎麦を供しているようだ。
やはりマサルソバの正体はバナナ蕎麦か…


f:id:shintabi:20140416145422j:image
●これが西本宮

f:id:shintabi:20140416145420j:image
●西本宮入口から拝殿、本殿をぶち抜きで見られる



境内奥の西本宮本殿前の拝殿には、
神具や椅子が設置され神事の準備は万端というところ。
最早なにもすることがない巫女さんが、
ここんとこ、もうちょっと綺麗にしとこうかな、てな感じで、
箒でちょこちょこ掃除してたりして、
長閑さと祭前の静寂が混じり合った独特の空気がある。

f:id:shintabi:20140416145419j:image
●準備万端の拝殿

f:id:shintabi:20140416145635j:image
●こちら本殿


境内をひと通り歩く。

山の麓という立地がいい。
建物の足下には水溝があって、境内を山の水が流れているようになっている。
西本宮左手奥の滝が源泉らしく、水が澄んでいて流れに澱みがない。

f:id:shintabi:20140416145632j:image

建物がいい。
モノトーンのような古い木造部に、深みのある朱色と金色が差し色となり、
絶妙の配色になっている。

f:id:shintabi:20140416145630j:image



狛犬が良い。
狛犬は普通、石彫で地面にいるものだが、
ここのは珍しく木彫りで屋根の下にいる。
これ以上風雨にさらされのはごめんだとばかり、
屋根の下に逃げ込んだのだろうか。
全身に経年劣化によるひび割れが入ってぼろぼろだが、
その分、いかにも「狛犬の仕事してます」という風貌、佇まいが良い。

f:id:shintabi:20140416145631j:image


他にも石の手水舎、枝垂松の御神木、合掌鳥居、滝、神橋などなど、
参拝するだけではもったいないほど見るものが沢山ある。

f:id:shintabi:20140416145421j:image
●石の手水舎

f:id:shintabi:20140416145629j:image
●一度落ち目になったけど、負けへんど!と上昇する枝垂松の御神木


f:id:shintabi:20140416145627j:image
●西本宮左手つきあたりの「飛竜の滝」。境内を巡る水の源である。

f:id:shintabi:20140416145628j:image
●滝からの水は澄んだ清水である

f:id:shintabi:20140416145633j:image

清浄、質素という印象を受けるいい神社である。
秋は紅葉が美しいとのことなので是非。

ちなみに古い建物とはいえ、
現在の建造物は安土桃山時代以降に再建されたものだそうな。
1571年に織田信長比叡山焼き討ちにより
日吉大社も灰燼に帰し、今あるのは信長の死後、
秀吉復興に尽力したおかげとのこと。
これは秀吉の幼名が「日吉丸」、あだ名が「猿」であることから、
日吉大社を特別な神社と考えたからなんだと。

猿といえば、「神猿蕎麦」の正体を探らねば、と思っていたが、
大社を出たらすっかり忘れて鳥居前の茶屋を通り過ぎ、
駅近くの「日吉蕎麦」という店に入ってしまって、結局わからずじまい。
また食うのか?と思われようが、
ここに来て、この「日吉蕎麦」に入らないわけにはいかない。
美味い不味いでなく、いや決して不味くはない素朴な味なのだが、
それ以上に昭和の、それも田舎の蕎麦屋という風情が気に入っていて、
入らずに帰るわけにいかず、入ったら食べないわけにいかず
ざる蕎麦を食べてしまったのでした。ちゃんちゃん。

2014-03-24

shintabi2014-03-24

小さな花旅 416. 鎌倉

三連休させていただきました。
わたくしは田舎から姪っ子たちが来ていたので、鎌倉横浜観光しました。

まだ開花宣言されていませんが、一部ソメイヨシノが咲き始めましたね。
写真は鶴岡八幡宮サクラです。

f:id:shintabi:20140324110815j:image

そう言えば、仕事場近くの靖国神社の、標準木のそばにも開花したソメイヨシノが…。

小町通りではミモザも満開。あちこちでモクレンも真っ白な花を付け始め、春本番です。

f:id:shintabi:20140324110802j:image

シラス漁も解禁だし、七里ガ浜では因みにこの時期は夕陽も美しく、ダイヤモンド富士が見られるのですか…。

姪っ子たちは夕陽を見て一番感動してましたね。自然を愛でるのは老いも若きも共通なようで(^_^)
旅が最も盛り上がった瞬間でした。

f:id:shintabi:20140324110750j:image

2014-03-16

小さな花旅 415 偕楽園の梅

長らくのご無沙汰です。

今年に入って、なんだか多忙な日々が続き、どこにも花ウオッチングにいけないまま春が目の前に迫ってきました。
 
わたくしごとですが、関東にきて8回目の春。
ようやく念願かなって、水戸偕楽園の梅見の機会がめぐってきました。
 
偕楽園へは上野駅からスーパーひたちに乗って、水戸駅まで約1時間。駅前からバスが出ていて10分もあれば東門に到着します。意外に近いですね。

 
わたくしは前日にちょっと用事があって、大工町のホテルに宿泊しましたので、徒歩15分くらいで好文亭表門に到着しました。
 
 
偕楽園は皆さんご存知の通り、天保3年(1842年)、水戸のお殿様、斉昭公が藩士や領民が集う憩いの場として造園したお庭で、、およそ13ヘクタールの広大な敷地の3分の1が梅林。その数約3000本ということで、それはそれは見事な梅林です。

 
どう見事なのか・・・といいますと
数だけでなく、まず、手入れが行き届き、梅の木の間隔もちょうどころあいで、1本、1本の木の姿、花の姿までじっくりとみることができましたねえ。
これまで梅林では感じたことのない「品格」を感じる梅のような・・・。さすが水戸のお殿様。
 
梅は枝ぶりや幹の張り具合を見ているだけでも飽きず、花も満開と来ていますから、時間をかけてじっくりと拝見いたしました。

 
 
花びらが退化した「てっけん」という珍しい種類の梅もありました。
 
で、休憩どころには必ず、お約束の「水戸納豆」が販売されて・・・飛ぶように売れてました。
 
わたくし・・・生まれも育ちも関西ですが、納豆はいただきますよ。ハイ。
今回は「納豆ドーナツ」「納豆クッキー」を買ってみました。

でもね、お土産の最高傑作は「印籠」。黄門様のやつね。
会う人ごとに「この葵の御紋が・・・」なんてやるために買ったのですが・・・。
 
ではじっくりと梅の花をお楽しみ下さい。
梅まつりは3月31日まで開催されていますよ。

f:id:shintabi:20140316182749j:image
好文亭表門にて

f:id:shintabi:20140316182750j:image

f:id:shintabi:20140316182751j:image
藩士たちの交流の場となった好文亭。絵になるポイントですね。

f:id:shintabi:20140316182752j:image

f:id:shintabi:20140316182753j:image
「てっけん」と呼ばれる、花びらが退化した梅です。マンサクを小さくしたような花です。

f:id:shintabi:20140316182754j:image
真っ赤な包装はインパクトありますねえ。

f:id:shintabi:20140316182755j:image
お昼は水戸駅ビルで秋田東成瀬村の唐揚げ定食をいただきました。

2014-02-17

shintabi2014-02-17

不埒者の寺社めぐり 妙満寺

f:id:shintabi:20140217164657j:image

「うちは比叡おろしですねん
あんさんの胸を雪にしてしまいますえ」

1970年前後だったか、六文銭というフォークグループが唄った、
「比叡おろし」という歌である。

リフレインこの二行が印象的で、冬、比叡山というとこのフレーズを思い出す。
比叡おろしとは京都滋賀にまたがってそびえる比叡山から吹き下ろす北風のことだ。
その比叡おろしが吹く寒い日に、のこのこと京都妙満寺に行って来た。
地下鉄国際会館」駅から徒歩で向かう。
閑静な住宅街の中、車も人影もまばらな道を20分。
寒い。ただでさえ寒いのに、比叡山が間近に見えるので寒さが倍加する。



f:id:shintabi:20140217164656j:image

寺門をくぐると作務衣の坊さんがしゃがみこんでなにやら作業をしていた。
他に人影はない。
観光客の姿が見えないのは、
あんさんの胸を雪にしてしまう恐ろしい女を恐れてのことか。



f:id:shintabi:20140217164652j:image

境内に入ってすぐに目につくのが左手に立つ異様な塔。
いきなりインドである。
仏舎利大塔といい、インドブッダガヤ大塔に倣い1973年に建てたものだそうな。
ブッダガヤとはインドの地名で、釈迦悟りを開いた地だ。
そのブッダガヤにある大菩提寺(マハーボーディー寺)の本堂である大塔こそが、
全世界仏教徒にとって最高の聖地なのだ。

f:id:shintabi:20140217164651j:image
●左が本物、右が偽物…いや、妙満寺オリジナル。

 最上階には仏舎利釈迦の遺骨ですな。遺骨!ウソ!?、
そんなもんあるはずないやろ、と思った不埒者は比叡おろしに胸を雪にされます)。
一階には金色の釈迦像が安置されている。

f:id:shintabi:20140217164650j:image

一般参拝客が入れるのはこの一階だけ。
一階と最上階を除いた中間階は全国の檀家と信徒の納骨堂になっている。
本場インド大塔と違うのは、
四面の外壁に大小486体の仏像が貼り付いている点。
建立三十三周年記念で、全国の末寺、檀信徒の寄進で設置とのこと。
本物に比べ金色の仏像がいささか品を落としているのは否めない。

f:id:shintabi:20140217164655j:image
f:id:shintabi:20140217164653j:image

線香を持ってこの塔の周囲をぐるりと回るとご利益があるそうだが、
私は得体の知れないご利益はいらんのでとりあえずの一回り。
入口の真裏にあたる南面に、
釈迦悟りを開いたときに座っていた金剛宝座というものがあった。

f:id:shintabi:20140217164649j:image

台座右に、
「お釈迦さまが悟りを開かれた場所です」
と書かれている。
嘘を書いてはいかん。
釈迦悟りを開いたのはインドドンドンだ。
「お釈迦さまが悟りを開かれた場所です」とあれば、
どこかのオッチョコチョイが、ココで、と信じるではないか。
それとも、あえて誤解をさせて寺の権威付けを狙っているのか。
あるいは言葉のままに信じ込んだどこかのオッチョコチョイが
釈迦悟りを開いたのは京都妙満寺」などと出鱈目を吹聴すれば、
観光客がどっと押し寄せて…なんて策謀があるのか。
  境内に立ち入っても我が心、清らかにならずである…。

妙満寺法華宗の寺である。
妙法蓮華経であり日蓮なのだが、禅宗の寺のような印象を受ける。
大塔を出て足下を見ると、入る時には気付かなかったのだが、
通り道の石畳以外は、小石を敷き詰め波紋を描いた枯山水風、龍安寺の庭のごとく。
すなわち禅宗寺院で多く見受ける庭園様式なので、そんな印象を持ったのだろう。

f:id:shintabi:20140217165033j:image

本堂をほぼ素通り。ってなにも無いのだから仕方ない。

f:id:shintabi:20140217165035j:image

ただ本堂から見下ろす眺めは良い。右手の山が比叡山

f:id:shintabi:20140217165201j:image

本堂右手に建つ「方丈」に三百円を払って入場。
「本堂内」と「雪見の庭」が見られる。


【本堂内部】

f:id:shintabi:20140217164646j:image

奥に見えるのは雪帽子を被ったような日蓮像。
柵があり、遠目からしか見られないのが残念。
で、手前にあるのが堂内撮影禁止の立て札…て、あかんやないの。
写真がピンボケなのはバチが当ったのだな。

誰もいないと思って傍若無人に振る舞っていたら、
本堂を出る時、一人の若い女性とすれちがった。
女性一人がこんな辺鄙なところに…
さぞかし信仰熱心な人なのだろうと思っていたら、
彼女、ものの一分も立たない内に本堂を出てきた。
なんだ?と見ると、手には一眼レフ
なるほど、カメラウーマンなのだ。
信仰厚き人でも観光目当ての人でもなかったようだ。
趣味か仕事かわからぬが、
一人休日に寺社巡りをして写真を撮っているのだろう。
しかし、本堂内が写真撮影禁止だからといって、すぐに出て来るか?
「撮れないのか、じゃ、関係ないわ、」という姿勢がいかん。
撮る前に見ろ!ばかもん。
写真を撮る前にモノを見ることをないがしろにしてはいけない。
見て、興味を惹かれて、いいな、と思ってシャッターは切るものだ。
彼女、信仰厚き人でも観光の人でも、
カメラウーマンでもなかったようだ。

【雪見の庭】
俳句の創始者、松永貞徳という御仁が
ここで「雪の会」という句会を催したのがその名の由来。

f:id:shintabi:20140217165032j:image

私は庭マニアではないので、そちら系の評価はできないが、
禅宗の寺の庭の方が好みに合っているのを再認識。

さきほどのカメラウーマンはここでも、
ああでもないと庭にレンズを向け、
アングルを模索してらした…だから、構える前に見なさいって…。


f:id:shintabi:20140217165031j:image
●右の人がカメラウーマン。間に合わなかったが、
彼女、この時、私がiPhoneを構えていると知るや、
さっと一歩下がってくれた。ええ人なんよな。


この座敷の右手、明るい側が雪見の庭になっていて、
緋毛氈上のワラ座布団に座り、
庭を眺めて一句というのが「雪の会」の趣向だったのだろう。

私も当時の俳人達に倣い、座して一句。

「……」

無駄な時間ばかりが過ぎて行くので宝物殿に向かうことにした。


【宝物殿】
何故か「安珍・清姫伝説」の「鐘」があると言う。
あれは和歌山道成寺だろ。

ちなみに、「安珍・清姫伝説」を書いておくと、
928年。修験者の安珍は福島から熊野に参詣に来て当地で一泊。
宿の娘、清姫は美形の安珍を見て一目惚れ。
女だてらに夜這いをかけて迫るも、安珍は
「参拝中の身としてはそのように迫られても困る、帰りにはきっと立ち寄るから」
と約束をするが、熊野参拝後はこれを無視。
清姫の元に立ち寄ること無くさっさと行ってしまった。

待てど暮らせど来ぬ安珍に、騙されたことを知った清姫は怒り、これを追跡。
道成寺までの道の途中で追い付く。
ところが安珍は再会を喜ぶどころか
「拙僧は別人だ、約束を交わした覚えも無い」と嘘に嘘を重ね、
更には熊野権現熊野の神様)に助けを求め、
清姫金縛りにした隙に逃げ出そうとする。
ここまでされる覚えは無い、と清姫の怒り天を衝き、
遂に蛇身に化け安珍をさらに追跡。
びびった安珍は日高川を渡り道成寺に逃げ込んだ。

安珍を追うのは乙女清姫の姿にあらず、
火を吹きつつ川を渡り道成寺に迫る蛇の姿である。
それを見た安珍、相手は化け物、なにか頑丈なシェルターはないかと、
道成寺の梵鐘を下ろしてもらいその中に身を潜めた。
しかし怒りに狂った清姫はこれを見つけるなり、
蛇身を鐘に巻き付け、炎を吐き、鐘を真っ赤に焼き、
安珍を鐘の中で黒焦げ焼死せしめ、それがため死刑判決を受けると思いきや、
清姫は蛇の姿のまま入水自殺をした。

f:id:shintabi:20140217165202j:image

という、すなわち、思いを寄せた僧の安珍に裏切られた少女の清姫が、
激怒のあまり蛇に変身、道成寺で鐘ごと安珍を焼き殺すという
ストーカー女と虚言癖の僧の話だ。
なんだ三行で済んだ。


しかし、その鐘が何故、京都妙満寺に来たのか、
謂れは何かと資料を読んだ。

それから四百年余後、鐘を失った道成寺はふたつ目の鐘を作り、
その完成式典で白拍子(イベントにつきものの歌舞をする芸人)が鐘に近づくや、
あらら白拍子は蛇に変身。鐘を引きづりおろして日高川へと姿を消した。
それを見た僧達は、これは清姫の祟りに違いないと一心祈念の厄払い
ようやく鐘は上がったが、清姫怨念が残るせいか
「なんやこの鐘、なんちゅう音しよんねん、こんなん聞いてたら頭痛なるで」
と言うほど悪音極まりなく、
その音色のせいか近隣に悪病災厄が相次ぎ起こり、
「あかん、こんなん捨てよ」ということで山林に廃棄した。

 それからまた二百年後。
秀吉の家来、千石権兵衛久秀なる人物が打ち捨てられたこの鐘を拾い
「合戦の合図に使う鐘に使えるんちゃうか」とリユース
使用後、京都に持ち帰り妙満寺に納めた。
鐘は日殷大僧正法華経による供養で怨念を解かれ、
鳴音美しい霊鐘となった。
とのこと。
上記、ウィキペディア妙満寺リーフレット
ごちゃまぜにしてまとめたもの故、
他と違う記載もあるとは思うが了承されたし。

ともあれ、これが、鐘がここ妙満寺に来た経緯。
六百年余も続いた女の怨念を、法華経により鎮めたという
…つまり法華経の素晴らしさを説く…という広宣流布の一種だな。


寺を出ると、相変わらず比叡おろしが厳しい。
しかし、市内街中の寺に行った時よりも清々しさがある。

この清々しい心持ちは何処から来るのか。
これは、比叡おろしに吹かれ、
二十分の道のりを歩くことでようよう辿り着く、
寺迄の厳しい道程のおかげではないだろうか。
ほとんど食物屋も土産屋も無い、つまらん道のり…いや、
俗世の欲望を断つ環境は、
この私をして仏心に近づかせしめ、
それ故の清々しさではないか……嘘。


これ以上、比叡おろしに胸を雪にされてはたまらん。
今なら、清姫に鐘の中で適温に温めてもらう方がええわ、
どっかに気の利いた暖かい茶店はないかと探すのであった。


山門回りのつつじ園、大書院を中心とした一角にさくら園。
ほか睡蓮や蓮、紅葉などなど花好きの方には四季折々楽しめそうな寺である。
http://www.kyoto.zaq.ne.jp/myomanji/landscape.htm


(kenmin)

小さな花旅414. 雪の長谷寺

関東は二週続けてドカ雪になりました。昨日の朝、コンビニへ食パンを買いに行ったら、棚は空。雪のために商品が、届いていない(≧∇≦)

今朝も民家の軒先にはまだまだ雪が残り、アイスバーンになっているところも。
見ている分には神秘的なのですが、直接暮らしに影響してくると、厄介なシロモノですね。

たった20センチほどの雪なのに、四苦八苦。雪の多い地方にお住まいの方、大変さや不便さ、お察し致します。

で、わたくしは雪が残る長谷寺へ。
二月一日に梅の咲き具合を見にきた時、まだちらほら咲き。足元のユキワリソウフクジュソウヒマラヤユキノシタが咲いていましたが…。どうなったかしら?

さすがに梅は咲いていましたが、足元の花たちは雪の中。あー、ちょっと心配しましたね。

でも、見つけました。写真のフクジュソウヒマラヤユキノシタ。雪をかき分けて咲いていました。

寒波は来ても、花たちは健気に春を迎えているんですね。ちょっと勇気をいただきました(^O^)/

では、鎌倉長谷寺早春の花たちです。

f:id:shintabi:20140217094806j:image

f:id:shintabi:20140217094754j:image

f:id:shintabi:20140217094532j:image
ちなみにこれは二月一日撮影したヒマラヤユキノシタ

f:id:shintabi:20140217094602j:image

f:id:shintabi:20140217094552j:image

2014-02-02

shintabi2014-02-02

小さな花旅 413. 熱海梅園

ちょっとご無沙汰です。
あっと言う間に2月になりましたね。
実はわたくし、10日ほど前から左の歯ぐきが痛みだし、ついにおたふくさんのようにパンパンに膨らんで…。

そんな時に限って、締め切りがあって医者にも行けず(≧∇≦)

七転八倒の日々がようやく落ち着き、熱海梅園に来ています。

ほぼ満開です。朝から雨がシトシトだったのに、さすが、関東では一番早く咲く梅だけあって、雨にもめげず、観光客が多いこと。晴れ女のわたくしは、ウフフ、雨もあがって…。

紅梅、白梅、蝋梅、水仙…入り乱れて、見事な花景色です。香りがいいですね。
古木が多く、木の姿もなかなかですよ。

この梅園、熱海市が経営していて、温泉に泊まった人は200円引きの100円に。もちろん、今日はお泊まりで来ていますから、100円です。

ハイ、これからお湯に浸かります。

f:id:shintabi:20140202162457j:image

f:id:shintabi:20140202162445j:image

f:id:shintabi:20140202162435j:image

トイレも風情ありました。

f:id:shintabi:20140202162425j:image

おまけです。

f:id:shintabi:20140202162413j:image:small

2014-01-20

shintabi2014-01-20

大原便り26

今年も明けてもう20日ですね!
早い!
今年もよろしくお願いします!

昨日、今季1番の雪が降りました!
車の屋根には20センチほど積もってました。
車を出すのにも一苦労です。
雪かきをしてかためて置いておいた雪がお昼に融けてそれがまた夜凍るのです。
今日は今、雨が降ってるのでかなり融けたかと思います。

でももう土の中は春の準備をしているようです。
よ〜く見てください!
真ん中に土筆が顔を出してます!
蕗の薹も水の近くは暖かいのかこんなに大きくなってます!
春が楽しみです(^_-)-☆
f:id:shintabi:20140120214825p:image
f:id:shintabi:20140120214827p:image
f:id:shintabi:20140120214829p:image
f:id:shintabi:20140120214831p:image

2014-01-12

うまいもん探し旅 1

 
全国341 の町村が一堂に会し、特産品をアピールするイベント「町イチ!村イチ2014」が11 日(土)、12 日(日)、東京国際フォーラムで開催されました。
 
わたくしは土曜の3時ごろに会場入り。いやはや混雑きわまりなく・・・。
押し合い圧し合いなのですが、全国の珍しいうまいもんが買えるとあって、わたくしのような、食いしん坊シュフにはたまらんイベントです。

 
食堂では、もはや「完売」の札が出るほどの人気。しまった/(-_-)\ 昼ご飯食べてきちゃった・・・。事前チェックが足りませんでした。
 
それでも入り口でいただいた布袋がパンパンになるくらい、地方のお宝ものを買いまくりました。
 
南部の梅スイーツ、遠賀の赤シソジュース、瑞穂町のおとうちゃんのこんにゃく宇美町おでん川上村てっちゃんゆず味噌、木曽の赤かぶ漬、福井のアブラギリの葉っぱでくるんだマスずしなどなど・・・。

f:id:shintabi:20140112170601j:image

f:id:shintabi:20140112170602j:image


 
珍しいもの、そして、その町や村まで出かけて体験できる食品をいっぱい買い込みました。
 
わたくし、これから各地へ手作り体験ができる旅をしてみたいと思います。
味噌や漬物、こんにゃくスイーツなどなど、自分が食べるものを各地の特産品で作ってみたいと思いまして・・・。
 
それにしてもご当地キャラは大人気のようで、子供だけじゃなくて大人もけっこう楽しんでましたね。

 
わたくしなんか、写真左の、とよのんという、大阪府豊能町のキャラに握手されちゃった・・・んですよ。

f:id:shintabi:20140112170603j:image

f:id:shintabi:20140112170604j:image

2014-01-05

小さな花旅 412 来宮神社 樹齢二千年の大楠

明日から、いよいよ仕事始めです。
といっても、年明けからちょこちょこ始動していたのですが・・・。
 


3日・4日と無策だった正月旅行の汚名返上とばかり、伊東温泉へ出かけました。
と言っても、鎌倉の家から電車を乗り継いで1時間半もあれば行けちゃうのですから、遠くへ旅している気分にはなれず・・・。
 
それでも湯量豊富な温泉と、新鮮な海の幸に満足した次第で・・・。
 
初詣は、熱海来宮(きのみや)神社へ。

f:id:shintabi:20140105173331j:image

ここは、本州1位の巨木、樹齢2千年といわれる大楠がそびえる神社です。


f:id:shintabi:20140105173329j:image

 
巨木写真家の渡辺典博氏の写真では見ていたのですが、そばに立つと圧巻ですね。
なにしろ幹周り23.3、高さ20メートルですからね。
見上げるだけでもご利益がありそうで・・・。

f:id:shintabi:20140105173330j:image
 
パワースポットらしく、若いカップルのお参りも多かったですよ。
 
楠に関連して、長寿や成就に加えて、浮気虫と賭博虫の凶虫除けの大楠虫除守なんてのがありました。  売れるのでしょうか・・・。

 
わたくしはこの神社のもうひとつの名物、麦こがしを素材にした饅頭やクッキーを買いましたよ。
 
神社へもお参りして、巨木のパワーを頂いた年初の旅でした。
 
ついでに宿で供されたあわびの地獄焼きと、朝食のお節をUPします。

f:id:shintabi:20140105173332j:image

f:id:shintabi:20140105173333j:image



おまけ 2014年1月4日の夕暮れ 七里ガ浜にて

f:id:shintabi:20140105173335j:image


もうひとつおまけ 巨樹パワーをいただくわたくし

f:id:shintabi:20140105173334j:image:medium