体系立たない学びの場〜My sweet Andragogy〜(・o・)

このブログとは一体…?

2012-11-26

ワーク・ライフインテグレーションと第3の活動ということ

最近の不全感の正体がだいたいつかめた。仕事は好きだが、コミットメントしきることに躊躇がある。梯子外しの恐怖がロスジェネの心性としてある。家庭と職場の往復運動、それだけでいいのか問題。

一方で、ワーク・ライフ・バランスはごもっともだけどクソな面もある。仕事仕事と割りきって、家庭を充実させましょうねーというお話し。

仕事で育まれる人間性ということもかなりあるゆとりにはないかもしれないブラックワーカー耐性かもしれないが、仕事で人が磨かれる面は多分にある。

花田先生はWLBならぬワーク・ライフインテグレーションということを提唱し、モデルとして「職師」という言葉を使っているが、そこにヒントが有るように思う。だが、はっきりとしたイメージがつかない。ブラックワーカーと≒なのかとか…仕事もっと深くコミットせよ!というだけの話なのであれば、それってモーレツ・イズ・ビューティフルというむかしむかしの再帰しかならない。

今更流行らないサードプレイスという言葉があるが、それが仕事を含めた日常と連関し、豊穣なる日常生活を送ること、それにつながる恒常的な活動を創りだしていきたいということを思う。職場とは別であることが重要だ。梯子を外されてもセーフティーネットとして機能するもの。むしろリスクを負えることで日常を挑むようにしていくためのもの。古くは宮台ワードとしては多元的所属という言い方でもあり、最近ではホームベースと言われていること。あるいは二足のわらじということなのかもしれないが。コミュニティづくりと言えばそうかもしれないが、「選択縁」であることが大事だ。

それも、他人の答えにのっかることではなくて、じぶんでつくること、それを求めたい気持ちが膨らんできている。協力があるから出来る、ということはあるかもしれないし、経験を積むから出来ることというのもあるが、オーナーシップこそがわざわざ第3の活動としてやる意義なのではないかと思っているからだ。

そして、僻み目であることを認めつつも、やったもんの人に擦り寄ってなんとなくやってる感がある人を見るとイタイ気持ちがあるからでもある。最近では学びのアプローチからワークショップ的なそういうブームもあるし、NPOまちづくり的なコミュニティデザインブームもあるが、なんだかどちらもキレイ系ムーブメント的な感覚がある。学びの方はIQ高い系のニオイ、NPO系は良きことをやっていて大文字NGがつかない潔癖さを感じたりする。ヤバさ、とか、反骨とかカウンターカルチャーのニオイと強度を求めたいが、反抗するものもない現代ということであらうか。

(多分に学びの仕事している自己否定の文章になっているが正直ベースで書いておかないと最近つぶれそうな思いがすることもあるので書く)

余談ながらインターネット上での縁ということも考慮したいことではある。「情報縁」と宮田加久子先生は言う。ネット上の社会関係資本というものもある、ということははてなを通して実感したことでもある。ただし、デジタルネイティブは現時点では適応しがたい人のある種の逃避の場でもあるだろう。リア充つながりとしてのmixi流行り始めの頃はきちんと縁として機能していたのではないかと思っている。少なくとも今のリア充じまんの連絡網としてのFBにはない語りの場があったと思える。

エンジニアtype 技術者のキャリアを考えるWebマガジン - 転職@type

とか思っていたら隊長も関連したことを話している記事がアップされていた本日であった。
FBメモから転載

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

Connection: close