Hatena::ブログ(Diary)

SHIROのモバイル日記 RSSフィード

2017-11-03

[]FRISKさっちゃん

FRISKシリーズ第2弾、おなじみの「なわとびさっちゃん」を作りました。
中央のLEDのさっちゃんをジャンプさせて、左右に動くなわを跳びます。
D

f:id:shiro0922:20171103141718j:image:w240

f:id:shiro0922:20171103141201j:image:w360
前作の反省から、基板を左右対称形にして、接続も普通のピンソケットに。
3mm径のLEDを使って、表示をコンパクトにしました。

f:id:shiro0922:20171103182810p:image:w360
回路図はこちら。LEDの配置を変えて、ブザーを追加しました。

プログラムはこちら。

10 '*FRISK Sacchan
20 CLV:N=2:V=-1:S=4:W=50:G=-1
30 OUT 6:BEEP 10,30:WAIT 60
40 '@LOOP
50 N=N+V
60 IF N<0 N=0:V=1:W=W-(W>0):G=G+1
70 IF N>4 N=4:V=-1:W=W-(W>0):G=G+1
80 GSB 220
90 FOR I=0 TO W
100 IF J=0 && BTN() GSB 260
110 NEXT
120 FOR I=0 TO 1
130 IF J GSB 280
140 GSB 220
150 NEXT
160 IF N!=2 || S!=4 GOTO 40
170 BEEP 30,30
180 WAIT 60
190 OUT 1<<(G/10)
200 IF !BTN() CONT
210 RUN
220 '@PRT
230 T=1<<S:IF S=4 T=4
240 OUT (1<<N)|T
250 RTN
260 '@JUMP
270 BEEP:J=1:U=1:RTN
280 '@SMOVE
290 S=S+U:IF S>6 S=6:U=-1
300 IF S=4 J=0
310 RTN

材料

2017-11-01

[]FRISKツリー

FacebookIchigoJam-FANグループで、3Dプリンタで出力した小型のケースとIchigoDakeを組み合わせて、ペンダント形のサイモンゲーム機を作った方がいました。
アイデアを拝借して、電子工作ではおなじみのFRISKケースを使って、クリスマスツリーの電飾ペンダントを作ってみました。

f:id:shiro0922:20171101101344j:image:w240
ツリー形のLEDがランダムに光ります。

f:id:shiro0922:20171101095744j:image:w360
ちょっと失敗したのは、ツリー形にレイアウトしたLEDがIchigoDakeに重なってしまったこと。やむなくIchigoDakeをヤスリで少し削っています。
3mm径のLEDにすればもっとコンパクトになるはずですが、やっぱり5mm砲弾型の丸っこいLEDが可愛いんだよなあ…。

ケース付きのままIchigoIgaiへ接続してプログラミングできます。
f:id:shiro0922:20171101102412j:image:w240

回路図はこちら。超高輝度LEDと大きめの電流制限抵抗を使って、省電力化しています。
f:id:shiro0922:20171101105942p:image:w360

プログラムは以下のとおり。こちらも「VIDEO 0,60」でIchigoDakeの動作クロックを1/60に落として省電力化しています。
ちゃんとベンチマークしていませんが、ボタン電池CR2032でも数時間程度は保つようです。
※その後耐久テストをやりましたが、連続で24時間以上動かしてもまだ光っています。おもちゃとしては十分でしょう。CR2032でも省電力対策すれば結構保つものですね。

10 '*FRISK TREE
20 VIDEO 0,60:WAIT 1
30 D=1
40 FOR L=1 TO 7
50 OUT D
60 WAIT 1
70 D=D*2
80 NEXT
90 OUT 0
100 WAIT 1
110 @LOOP
120 OUT RND(128)
130 WAIT 2
140 GOTO @LOOP
作ってみてわかりましたが、FRISKケースってIchigoDakeにピッタリの大きさです。
FRISKケース用の基板キットをPCNで販売すれば、ウケるんじゃないでしょうか。
実は基板のハンダ付けよりも、FRISKケースの加工の方が大変なのはナイショです(笑)

材料

2017-10-25

[]アメリカン信号機

FacebookIchigoJam-FANグループにて、プログラミング教室でアメリカンな縦型信号機を展示していた人がいました。
調べてみた所、どうやらこちらの品だとわかりました。

トラフィックライト CLV-513

トラフィックライト CLV-513

さっそくamazonから取り寄せてみました。単4電池×3本(4.5V)を台座に入れてスイッチONすると、緑・黄・赤の信号がランダムに点滅するおもちゃです。
4.5V電源ならIchigoJamが動かせるじゃないか!ということで、改造してIchigoJamを組み込んでみました。

f:id:shiro0922:20171025224141j:image:w360
中に入っていた基板を見ながら、IchigoJam基板を同様の形に作成。

f:id:shiro0922:20171026095158p:image:w360
回路図はこちら。デジタルトランジスタRN1201でスイッチングしてLEDを光らせます。
BTN端子をあらかじめGNDに落として、電源を入れるとプログラム自動起動するようにします。
※10/26修正。信号機は左面・前面・右面と3面あるので、LEDを3個並列につないでいます。

f:id:shiro0922:20171025224733j:image:w240
基板をケースへ組み込み。内部の棚板に基板の切れ目がはまる感じです。

f:id:shiro0922:20171025225214j:image:w360
完成した信号機が光る様子。
高さが30cm近くあるので、卓上に置くとちょっとしたオブジェになります。

動かすプログラムは、単純な信号機です。
やっぱりプログラムで自分の思い通りに動かすのが楽しいです(^_^)

10 OUT 1,1
20 WAIT 300
30 OUT 1,0
40 OUT 2,1
50 WAIT 120
60 OUT 2,0
70 OUT 3,1
80 WAIT 300
90 OUT 3,0
100 GOTO 10

材料

2017-10-06

[]IchigoJamスペースバトル

スペースバトルを題材にしたミニプログラム3本です。
福野さんがブログに書いた「7行シューティング」からアイデアをいただきました(プログラム2本目は9割方そのまま)。
3本とも入力すると、続けて遊べます。
このペーパーやプログラムはCC BYライセンスとします。教室などでご自由にお使いください。
f:id:shiro0922:20171020150919p:image:w480
PDFファイルはこちら。

PDFやプログラムは、こちらからもダウンロードできます。
http://comich.net/ichigojam/



うちゅうのかなたから、エイリアンがせめてきた!
うちゅうせんにのりこんで、エイリアンをたおせ!
いかの3つのミッションを、それぞれ3びょういないにたっせいせよ!

1.うちゅうせん、はっしん!

ダッシュでうちゅうせんへのりこめ!
(スペースキーをれんだしてダッシュ)
f:id:shiro0922:20171006185248p:image:w360

10 X=0:I=15:CLT
20 CLS:LC I,22:?"A":LC X,22:?"O";
30 IF !BTN(SPACE) CONT
40 IF BTN(SPACE) CONT
50 X=X+1
60 IF X<=I AND TICK()<180 GOTO 20
70 IF X<=I ?"FAILED":END
80 ?"SUCCEEDED!":WAIT 120
web版
MixJuice: ?"MJ GET comich.net/ichigojam/ichigospacebattle1.txt"

2.エイリアンをたおせ!

エイリアンをビームでうて!
(上やじるし・下やじるしキーでいどう、スペースキーでビームはっしゃ)
f:id:shiro0922:20171006185244p:image:w360

110 E=RND(22):Y=12:CLT
120 CLS:LC 31,E:?"@":LC 0,Y:?"A";
130 Y=Y-BTN(UP)+BTN(DOWN):WAIT 2
140 IF !BTN(SPACE) AND TICK()<180 GOTO 120
150 FOR I=1 TO 30:?"-";:NEXT
160 IF Y!=E ?"-FAILED":END
170 ?"*SUCCEEDED!":WAIT 120
web版
MixJuice: ?"MJ GET comich.net/ichigojam/ichigospacebattle2.txt"

3.ちきゅうへもどれ!

ぎゃくふんしゃでそくどをさげて、ちゃくりくせよ!
(スペースキーでぎゃくふんしゃ、そくど1いかでちゃくりくすればせいこう)
f:id:shiro0922:20171006185240p:image:w360

210 Y=0:V=0:CLT
220 CLS:?V:LC 15,Y:?"A";
230 V=V+(TICK()%10<2)-BTN(SPACE)
240 Y=Y+V:WAIT 2
250 IF TICK()>180 GOTO 280
260 IF Y<23 GOTO 220
270 IF V>1 ?"FAILED":END
280 ?"SUCCEEDED!"
web版
MixJuice: ?"MJ GET comich.net/ichigojam/ichigospacebattle3.txt"

3つ連続

10 X=0:I=15:CLT
20 CLS:LC I,22:?"A":LC X,22:?"O";
30 IF !BTN(SPACE) CONT
40 IF BTN(SPACE) CONT
50 X=X+1
60 IF X<=I AND TICK()<180 GOTO 20
70 IF X<=I ?"FAILED":END
80 ?"SUCCEEDED!":WAIT 120
110 E=RND(22):Y=12:CLT
120 CLS:LC 31,E:?"@":LC 0,Y:?"A";
130 Y=Y-BTN(UP)+BTN(DOWN):WAIT 2
140 IF !BTN(SPACE) AND TICK()<180 GOTO 120
150 FOR I=1 TO 30:?"-";:NEXT
160 IF Y!=E ?"-FAILED":END
170 ?"*SUCCEEDED!":WAIT 120
210 Y=0:V=0:CLT
220 CLS:?V:LC 15,Y:?"A";
230 V=V+(TICK()%10<2)-BTN(SPACE)
240 Y=Y+V:WAIT 2
250 IF TICK()>180 GOTO 280
260 IF Y<23 GOTO 220
270 IF V>1 ?"FAILED":END
280 ?"SUCCEEDED!"
web版

2017-10-03

[]くまモンJam

しばらく前ですが、熊本県を支援するクラウドファンディングで、くまモンの形のユニバーサル基板が出ていました。
https://camp-fire.jp/projects/view/39238
「何か工作のネタになるかもしれない」と思って、1セット(6色)支援していたのですが、その基板が届きました。
さっそくパーツをはんだ付けして、IchigoJamを作ってみました。

f:id:shiro0922:20171003142759j:image:w360

f:id:shiro0922:20171003141811j:image:w360

2個のLEDと、それにつながる抵抗とで、くまモンの顔を表現したつもりです。
IchigoJamなので、6色セットの中で赤基板を選んだのですが、黒基板の方がくまモンぽかったかもしれない…。

10/9(月・祝)10:00〜15:00に上田市のサントミューゼで開催される「上モノフェス」にて、情報センターのスペースで展示する予定です。皆さんぜひ見に来てください。
http://fes.uemonolab.com/

くまモン導電チェッカー

くまモンJamをさらに改造して、導電チェッカーにしました。
IN2とGND端子につながったリード線で、アナログ入力で読み取ります。
f:id:shiro0922:20171004220203j:image:w360

プログラムは以下のとおり。

10 IF ANA(2)>700 THEN LED 0 ELSE LED 1:BEEP (ANA(2)+10)/10,1
20 GOTO 10
導電性の高い金属だと「ピー」と高い音、人間の指や水道水は微妙に電気を通すので「ブー」と低めの音が出ます。
ゴム、ビニール、プラスチックなどは鳴りません。
小学生向け理科教材として面白いですが、まずは自分のハンダ付けチェックに使えそうです(笑)

ダウンロード
リンク集
アクセスカウンター