Hatena::ブログ(Diary)

ギターを持った猫好き診断士:46’sショートカット RSSフィード

非常識な目標から非常識な結果が実現しました。

無職から社会復帰して6年、思い立ってから2ヶ月で中小企業診断士に挑戦した2ヵ月クンこと46が

診断士(試験)、勉強法、キャリア、音楽、そして目標へのショートカット術などについて書きながら、

猫カフェで癒されるブログです。

社会保険労務士事務所はこちら

2012-06-21 母校の閉校に寄せて

母校の廃校に寄せて


Takanawadai Elementary school 高輪台小学校13 / scarletgreen

母校(小学校)が廃校した。

実際には近所の小学校吸収合併されたような形だけれど、学校名も変わるし、

何より5年間通った校舎はもう使われなくなる。

日本一の夢ある学校に」 市内6番目の統合誕生 高浜海浜小が開校

http://www.chibanippo.co.jp/c/news/local/76310

たまたま、見慣れない小学校の名前が入った地元ニュースを目にした。

「新しい学校ができたのかな?」と思ったら、

我が母校が統合される小規模校でした。本当にありがとうございました

母校のWebサイト*1には、

3月23日をもって33年間の

歴史に幕を閉じました。

ありがとうございました。

と記載されている。

どうも本当のようだ。

した。

よく、廃校となる小学校卒業式シーンなんかをテレビで目にしていたが、

そんなことが、身近に起きるなんて思っていなかった。

だって、ボクの母校は「千葉県千葉市」、一応首都圏

ベッドタウンであり、政令都市だ。

卒業してから政令指定都市になったのだから、

人口はグングン増えているようなイメージがあった。

それに、何しろ当時、校舎に入りきらないくらい生徒があふれて、

昼休みに校庭に出たって、ろくに遊ぶ場所も無かった。

仮設プレハブ校舎での授業

新校舎の建て増し

小学校*2建設

そういったプロセスを体験していたからだ。

ボクがいたピーク時には1,529名いたそうだ。

たしかに、1学年6クラスあった。

それが、今では、統合後でも、292人。

不動産サイトでは、「1学年1クラスのため、良好な教育環境」とか書かれてる。

なんだかクラクラしてきた。

統合したあとでも、1学年1〜2クラスだろう。

クラス替え経験が無い、なんて当たり前になるのかな。

政令都市とかに関係なく、今やどこでも当たり前のように統合が進んでいるようだ。

東京だって、例外ではない。

東京都小学校の廃校一覧

90年代以降、統合が加速している。

少子化、マジでヤバイとこまで行っちゃうな、というのを実感した。

とりあえず、卒業してから30年弱、

ずーっと納得してない卒業制作物が、

これで誰の目にも触れなくなるのなら、良いことかと思うことにするか…

*1:そもそもそんなものがあるなんて知らなかったけど

*2:今回統合される相手だ

2012-02-02

かたこんぶ(微グロ注意)

1月は2回の演奏機会がありました。

1度目は4年目となった502教室キックオフ

そして2度目はKEN46ライブトークセミナーVol.1のラスト。

とはいえ、ギターを持って歩くと腰痛が悪化するため、

もっと軽いギターの開発を切に望むわけですよ。

幸い、どちらも個人的には悔いの無い演奏ができました。

温かい声援、ありがとうございました!

2月は、新曲作りにかかる予定です。

さて、一応前回(その1)というタイトルだったので、

今回も懲りずにフランス旅行のことを書くわけですが、

みんなご存知のエッフェル塔や、おしゃれなカフェのことを書いても需要が無いと思うので…

前回のサッカー観戦と同様、あまり普通の人が行かない場所

「カタコンブカタコンベ)」について。

「カタコンブ」って何よ?という人に、かんたんな解説は

wikipediaでも

http://ja.wikipedia.org/wiki/カタコンベ

まぁ、要はパリの地下に広がる共同墓地です。

しかし、そこにある骸骨、何と600万体!

渡仏前に読んだガイドブックには名前くらいしか取り上げられてなかったのですが、

英語観光情報を調べてたら、これはキター!とテンションが上がり、

むりやり妻を連れていきました(けっこういやがってた)。

というわけで、ここからは、大量のカタコンブ写真が始まるので、逃げるなら今のうちですよ!

と見せかけて、ヴェルサイユ宮殿で見たデカねこ

f:id:shiro_96:20111013161911j:image

じゃぁ、墓地墓地はじめましょうかね。

基本は、こんな感じです。

f:id:shiro_96:20111014181603j:image

f:id:shiro_96:20111014183701j:image

f:id:shiro_96:20111014183605j:image

何だか並べ方にこだわりを感じます。

f:id:shiro_96:20111014182841j:image

説明書きコーナーは明かりがちゃんとついてます

f:id:shiro_96:20111014182627j:image

f:id:shiro_96:20111014181652j:image

かなーり、暗いので、フラッシュ禁止のなかの撮影は難儀でした。

f:id:shiro_96:20111014181728j:image

一番天井が高いところ、かな。

f:id:shiro_96:20111014184108j:image

ちなみに、出口では骨を盗んでないかチェックされました。

わりとみんな持って帰ろうとするみたいです…

終わったらそりゃカフェに行きますとも、というわけで

f:id:shiro_96:20111014200450j:image

おつかれさまでした!

2011-11-16

東京は夜の七時(その1)

やっと、書く気力が出た、というよりは現地での一次体験につながる事象と出会ったので、先月のパリ旅行について。

もちろん(その2)があるかどうかは不明。

あ、タイトルはもちろんピチカート・ファイブのヒット曲から。

D

パリに行くのが、というよりはヨーロッパに行くのがそもそも初めて。

いつも途中のアジアンリゾートにばかり行ってしまう。

アメリカもそうだけど(南米やアフリカはもっとだな)、とにかく遠い。

長いフライトや時差ボケを考えると、ついつい沖縄にでも行けば、十分非日常感は味わえるかな、などと思ってしまう。

けれど、「死ぬときに後悔すること25」にも

「行きたい場所に旅行しなかったこと」

とあったように、めんどくさいことほど、年を取るとできなくなる。

死ぬときに後悔すること25

死ぬときに後悔すること25

あるいは、妻と長く家を空ける、なんてことは今はできても、来年できるかわからない。

ならば、行けるときに、行ったことのないところに行こう。

そんな気持ちで、初のヨーロッパへ。

しかし、ガイドブックを読んでフリーズした。

「そもそも、いつもビーチだから街に旅行したことすらないじゃん…!」

ルーヴル美術館…シャンゼリゼ通り…凱旋門…エッフェル塔ヴェルサイユ宮殿

ノートルダム寺院…「アメリ」でおなじみモンマルトルの丘。ちょっと足を伸ばしてモン・サン・ミッシェル。

当たり前のところを当たり前のように日程に組み込んでいく。

「なんかつまらんなぁ。でも、初めてだからこんなもんか。」

そんなことを思いながら、予定をつめこんだ日程表を妻に渡すと、吹き出しながら

「こんな日程ムリ!もっとのんびりしたい!」と却下される。*1

↓ちなみに妻が当時住んでいたアパート

f:id:shiro_96:20111011195556j:image

美術館を削ったりして日程調整していると、ふと思った。

「街に行くんだったら、いつも東京で体験してるようなイベントをパリで体験できないかな?」と。

東京で体験してるイベント…音楽のライブサッカー観戦かな。

どうせ夜はヒマだろうし、どっちかできたらいいな。

あちこちにあるらしいチケットショップのページでイベントを検索…

http://www.fnac.com/

前の週だったらブリトニー・スピアーズが見れたのに…もうちょっと後だったらレッチリが見れたのに…

しょうがない。ちょっと渋いけど「オマー」を見るか!などと考えるも、妻の態度が微妙なので一旦保留。

続いて、Jリーグならぬ「フランス・リーグ・アン」のページに行く。

パリ・サンジェルマンの試合あるかな?」と思ったら、やってない。

アウェーかな?と思ったらリーグ戦自体やってない。

そう、日本がタジキスタンとホームで戦った、到着翌日…フランスでは、

フランスvsボスニア・ヘルツェゴビナ(以下ボスニア)が行われる!

これは!と思いながらも、直前期なのでもはやチケットの取り方がよくわからないw

まぁ、何とかなるだろう、と思いながら、到着の翌日(試合日当日)にチケットショップ:fnacに行ったら、

無事にチケットありました(バックスタンド:40ユーロ×2)。

フランスの代表チケットバブルはもうはじけたのか?

当日の午後は、シャンゼリゼ通り〜凱旋門をブラブラしていたのだけれど、

まぁ、いるわいるわ。ボスニアサポーター達。

f:id:shiro_96:20111011223526j:image

昼間からもうユニフォーム着て、観光を楽しみまくり。

それでいて、お互いすれ違うときには談笑したり、ハイタッチをしている。

来年のヨーロッパ選手権に向けての予選リーグ。

フランスが1位。ボスニアが2位。最終戦でボスニアが勝てば本戦進出。引き分け以下ならフランスが進出。

そんな大一番のために、はるばる1500キロ以上を越えてやってきているサポーター達。

内戦や国の分裂を経て、培われた民族の誇り…

「これで勝ったらどんなにうれしいだろうな」

そんな気持ちから、部外者なのに…あるいは部外者だからこそ、

「ボスニアに勝ってほしいな」と思った。

夜になって、いざパリ郊外のスタジアムへ。

日産スタジアムに行っても何も感じないくせに、

「これがフランスワールドカップ決勝の舞台か…」と感慨にふけりながら、

いざ試合観戦。

キックオフまでのカウントダウン、両サポーターの熱狂…

始まってすぐにわかった。

勝たなくては2位でプレーオフに回るボスニアが攻めに回る…のは想定内。

だけど、明らかにボスニアが強い…というよりは、フランスが弱いのか?

本気度の違いがなせる業か。

ちぐはぐで攻守にミスが続くフランスに、川崎フロンターレの惨状を重ね合わせながら、観戦開始。

試合のハイライトはこちら。

D

気持ちはボスニアを応援しているけれど、フランス人だらけの席だったため、

「よけいなマネはするな」と妻に釘を刺され、しぶしぶ中立的な態度。

隣のおじさんに「なんで(アジア人なのに)応援してるの?」的なことを話しかけられたけど、

フランス語はよくわからないのでゴメンなさい。英語で話そうとしたけど、伝わらず。

本当は

「ここサンドニは、約10年前に日本がフランスに5-0で負けた場所。

あの時からフランス代表をリスペクトしている。今、日本はアジアチャンピオン。

またいつか、ここでリベンジするのが夢。だからそれまで負けてほしくないんだ!」

くらいのウソをアルコールの力を借りて言ってみたかったのだけれど。

そんな矢先、ついにボスニアがゴールを割る。

f:id:shiro_96:20111012043913j:image

爆発するボスニアサポーター達。こ、これが本場の発煙筒か

(厳重にボディチェックされたのに、どうやって持ち込んだんだろ?)

D

「これはすごいことになったなぁ。

 このままフランスが負けて暴動でも起きたら、オレ生きて帰れるかな?」

そんな心配をしながら、観戦をつづける。

結果は、だんだん勢いがなくなってきたボスニアに対し、攻めにかかったフランスが、

*2PKで同点に追いつき、1−1のドロー。

それでも、フランス人はみんな陽気に歌って、喜んで帰っていった。

試合が終わるともう23時頃。

帰り道には…ボスニア人サポーターを運んで来た大量のバス、バス、バス。

え?陸路!?と思いながら、プレーオフがんばれよ!と思った。

そしてプレーオフの相手が、クリスティアーノ・ロナウド率いるポルトガルへと決まり…

11日のホームで0-0。

これでポルトガルラウンドで1-1以上の引き分けならかつる!と思ったのもつかの間…

アウェーで6-2の負け。

ボスニアのEURO2012への夢、終焉。

あの日、目の前で見たのは、何とも罪深いPKだったなぁ。

がんばれボスニア。日本との対戦以外はずっと応援してるぞ!

そして、海外でのサッカー観戦、これはなかなかクセになりそうな快感。

まちがいなく、パリでの一番の収穫。

*1:ちなみに、妻はパリに何年か住んでたことがあります

*2:インチキのような

2011-05-25

竹富島であいましょう

f:id:shiro_96:20101025143249j:image

この夏発売予定の「超音速勉強法」(番組ページはこちら)の原稿の合間に、約半年ぶりの沖縄、というか石垣はじめ八重山諸島を再訪してきたよん(現地でも夜はヒマなので書いてたけど)。

なんというか、無線LANが入ってればどこででも書けることがわかったのも一つの収穫。

もともとは旅行に行く予定じゃなかったけど、自粛ムードに対する反発もあって、4月半ばに思い立って4泊5日で行くことに。

遠くに行くならやっぱり今までで一番楽しかった石垣島、そして前回2時間しかいられなかった、「2010年地域ブランド力調査(日経リサーチ)」の観光地満足度第1位、竹富島への再訪に期待。

というわけでBGMはBEGIN「竹富島であいましょう」

D

前回の写真も取り混ぜながら

石塀と砂の道(竹富島)

f:id:shiro_96:20101025145526j:image

川平湾(石垣島)

f:id:shiro_96:20110506113846j:image

ねこ(竹富島…だっけ?)

f:id:shiro_96:20101025143438j:image

ちなみに沖縄旅ですっかりお気に入りのBEGIN個人的ベスト3はこちら。ヘビーローテーションしています。

「三線の花」

D

「ミーファイユー」

D

紅白でもおなじみ?「島人ぬ宝」

D

というわけで、今年の目標は沖縄三味線、三線の習得にしようかな。

「三線を持った猫好き診断士」にタイトルが変わる日をお楽しみに…!

悲しかったのは、前回も行った石垣島の民謡ライブ居酒屋、この前は入れないほどの盛り上がりだったのに、今回はほぼ貸切状態だったこと…みんな自粛しすぎでしょ、、

f:id:shiro_96:20110507202729j:image

さてさて、次はどんな場所で、何を書くのやら。

2010-11-03

Galaxy Sと過ごした2日間+4日間

珍しく頻繁な更新になりますが、前回のGalaxy S記事の追補版になります。

<GPS問題?>

そもそもGPS機能を持つケータイは初めてなのだが、

店頭のモックを触ったときに、面白半分で試してみると、「現在地がわかりません」的なエラーメッセージで不安に…

購入後に入ったカフェで現在地を確認したところ、無事に動いたけれど、指し示すのは数百m離れた地点。

こんなもんなのかな?、と思ったけど、いろいろ弄くったら、何が良かったのかわからないけど改善したのでおぼえがき。

•「位置情報とセキュリティ」設定にてワイヤレスネットワーク、GPS機能に加えてセンサー補助による位置の取得

• モバイルGoogleマップの再インストール(ついでにストリートビューも)

ここに記載の手順にてGPS情報を再取得(その過程で“LbsTestMode”に入るためにLauncherProをインストール)

このおかげで、My Tracksアプリでのサイクリング/ウォーキング経路の管理ができるぐらいに実用的になったように思う*1

<その他の前回からの変化>

•バッテリー管理のOverchargedがすぐにいなくなる→Battery Indicatorに変更して快適

•Skypeの代わりに使っていたNimbuzzはSkype入手で置き換え。RareJobの講座もこれで問題なく受講できた。

ただ、付属のイヤホンマイクでは、薄くホワイトノイズが乗っていたけど、これはきっとマイクに起因するものかな。

<その後の主な追加アプリ>

•GPSの項でも書いたけどホームアプリをLauncherProに変更。最初は「ページ数減ったorz」って思ったけど設定で増やせた。今は5ページで様子見。忌まわしいSPモードを全ページで見ずにすむように。

My docomo checkerでパケ死してないか確認(死んでなかったけど、1日で上限に達していることがわかった…)

•名刺管理ソフト:名刺入れLiteBizcaroid Liteか悩み中。どこまで管理したいか、かな?大量の名刺に埋もれている生活を何とかしたい。

Smart Alarm Liteで快適睡眠にチャレンジ…しようと思ったけど、ネコがうろちょろするから寝返り検出うまくできないかも。

Libraroidで思い立ったときに図書館予約。予約状況で世間での人気具合がわかるのも面白い。

・2ちゃんリーダーにはなぜかanちゃんではなくen2ch。いろいろ試さずに、なんとなく最初に使ったものを特に不満がないのでそのまま。ログがあると、なかなか移行する気になれない。

<初めての有料アプリでiPodTouch置き換え完了>

Remote for iTunesはすごい。

Apple純正iPhoneアプリの「Remote」を使ってiPodTouch、あるいはiPadからPCのiTunes再生をコントロールしていたけれど、まさか代替アプリがあるとは思わなかったので、Remote for iTunesにはおどろかされた。

ちなみに、これが初の有料アプリだったけれど、支払いはGoogle CheckOutで行った。前にドメインを取得した際にクレジットカード登録などは行っていたので、すんなり購入。

しかし、ここまで無料で揃うとは、何とも快適。iPadの時は、最初の1週間で5,000円ぐらい使った気がする。

まぁ、元々iPad導入後は、iPodTouchの役割はほぼ「移動時」に絞られて、ずいぶん少なくなっていたこともあるから、いちがいには比べられないけど。

いまやiPodTouchは完全に置き換わられて、ほとんどのことをGalaxy SとiPadで行うようになった。

唯一、大好きなアプリ「駅.Locky」に相当するアプリにまだ出会えていないのが残念だけど。

とはいえ、このGalaxy S+iPadの組み合わせはなかなか快適。サイズを考えると、逆にiPhoneとGalaxy Tabでもいいのかもしれない。

<5日経過後の悩み・不満>

•RSS Readerはいいのに出会えないので、当分はiPadを使用する予定。

•不満があるのは電池。メールのバイブレーション通知をさせると減りが早く、初日にGMail Notifierでバイブ通知する設定にしたら、一晩で電池を使い果たしていたのには苦笑。

それは極端としても、半日の外出でも電池が持つか不安なので*2、スペアバッテリーの購入が必要かもしれない。逆にスペアバッテリーを購入できるってのは、iPhoneに比べて有利な点といえる。

とはいっても、もはや一日何もしないで置いているだけで電池が無くなるiPodTouchよりはよっぽど電池は保つのだけれど。

•デフォルトアプリの「カメラ」のシャッター音のデカさは我慢してもいいけど、オートフォーカスの時までピコピコとうるさい。

P.S.不注意なのであっというまに3回ぐらい落としたけど頑丈です。ケース無しでもいけそう(ただし保護シートは傷ついた)。

*1:引きこもりぎみのためまだまだテスト中

*2:ただのいじりすぎ説

2010-10-30

Galaxy SでAndroid〜2日間使用のインプレッション

先日のiPad導入に続いて、今度は携帯電話をDocomoのAndroidケータイ「Galaxy S」に機種変更した。

ベッカムが宣伝していた「MotoRazr」ことMotorola 702iSを約3〜4年使っての機種変更だから、わりと久しぶりの新機種。

とりあえず、昨日からの発見や、つまづいたところなどを、備忘録を兼ねてまとめ。

〜引き取り前〜

購入のきっかけは、量販店に掃除機を見に行ったときに「へぇ、こんなの出るんだ」と展示を見ていたら、

おねーさんに「予約だけでもしておきませんか?あとで気が変わったら、キャンセルしていいですから」と言われたのでホイホイと予約。

これで、発売日までに買うか買わないか決めないといけない状態になったので、いろいろ調べはじめた。

…人間、デッドラインが無いとダメだな、と強く感じた。それまでAndroidのことなんかほとんど知らなかったのに。

調べるにつれ、待っているiPhone4の白がいつまで経っても出ない中で、最悪ツナギになったとしても、Androidに一時避難する、というのは悪くない考えに思えた。

どのアプリを入れよう!なんてことは、事前にはあまり意識せず当日を迎えた。

〜引き取り後〜

当日は、事前に来店して契約書類を作っておいたこともあり、10分程度で受け取ることができた。

ガラケーどころか、その中でも異端児のモトローラ製携帯からのスマートフォン移行なので、その進化には目を見張るばかり。

といっても、「これ、すごいな!」と思う機能やアプリの多くは、iPhoneで実現済みのものばかりだろう。

1.spモードでつまづく(その1)

「iモードアドレスが使えますよ!」っていうのがGalaxyの売りの一つでもあるわけだけど、

渡された段階ではSPモードのアドレスは、sdfg34hjk5idjf6hghjk@docomo.ne.jpみたいな謎アドレスになっている。

これは、直前まで古い機種でiモードを使って、自分でSPモードに切り替える方がスムーズ、との店員説明で納得済み。

そのため、Galaxyを受け取ったあとに、古い端末(iモード)の元のアドレスと、入れ替え設定をする必要があるのだが、Galaxy初日のせいか、設定サイトになかなか接続できない。

そして、家からwi-fiで接続した方が速いかな?と考え、家でトライしたところ、全くつながらず。

「ははーん、さらに混雑してるなぁ」と思ったが、実はwi-fiではこのサイト、つながらない。wi-fiをOffにしないと家からは設定変更はできなかった。

結局夜になってそこに気づいて、やっとアドレス変更完了。

2.spモードでつまづく(その2)

やっとアドレス変更ができた。しばらくしてメールが来た、と画面に表示された。

「お、正しく変更できてるな」と思ってメールを開こうとすると、受信トレイの表示は「0件」。

こりゃ難問。

結局これも原因はSPモードの謎の仕様によるもの。

Xperia、WiFi環境で、うまくSPモード+「@docomo.ne.jp」を使えないか? 

wi-fi環境だと「着信の通知」は来るものの、メールそのものは来ない。

仕方がないので、wi-fiをoffにして「メール問い合わせ」をしたところ、無事に受信ができた。

え?もちろん送信も同様だよw

もちろんwi-fi専用にしてるわけじゃない。3Gと併用にしているってのにおかしな話だ。

そして、そんなことを繰り返すたびに、wi-fiを再度onにするのを忘れてしまう可能性が高まり、自然とパケット代は上限に届くわけだ。

何より不便なので、どんどんdocomoアドレスはつかわなくなりそう。1年ほどでSPモードから卒業できたらいいな。

これもまた、不便が生み出した効果か。

3.電話帳の移行でつまづく

店員は言ったのさ。「電話帳の移行は自分で行ってください。Galaxyに付属している1GBのメモリカードを使って、今のMotorolaの電話帳をカードに保存して、カードからGalaxyに取り込めばいいんです」って・・・

だけど、Motorolaにはカードに電話帳を書き出す機能なんて無かった…そのため急遽、手動でアドレス移行することに。

Google ContactsとGalaxyのアドレス帳が連携してるおかげで、移行対象は大した人数にならなかったけど、ミスったらもう一生連絡取れないかも、って思うと精神的にしんどい作業だった。

ま、この機会に、アドレス帳にずっと入ったままの古いデータを整理できた、とポジティブに考えることに。

4.Kiesをインストールして音楽ファイルを取り込み

やっとつまづかない話?

PCでSamsungのサイトからKiesという専用ソフトをダウンロードして、インストール。

ネットでは「インストールができない」、というトラブルも上がっているようだが、XPのせいか難なく成功。

KiesモードでGalaxyとPCを接続すると、メディアを管理できる画面に。

あとはここから音楽ファイルをガシガシ入れていく。

あれ?と思ったのは、iTunesStoreで購入したAAC形式の曲も何だか再生できてること。

店員に尋ねたときは「できない」って言ってたのにな。まぁ信頼できる情報には自分で当たらないとってことで。

おかげで音楽プレイヤーとして第二の人生を歩むはずだったiPodTouchの扱いをどうしたものか…。

とはいえ、プレイリストなどをiTunesで管理しているのは変えないつもりなので、まだまだ現役のはず。

5.ウィジェット

ウチのiPodTouchは初期型なので、iOS4.0に対応できていない。

iPodTouchからの変化で「へぇ」と思った1つはiPhoneでもおなじみのマルチタスク、もう1つはウィジェットの存在だ。

アプリを立ち上げなくても、ホーム画面からいきなりアクションを起こせたり、情報を確認できる。

f:id:shiro_96:20101029221027p:image

この画面でのGoogle検索や音楽再生のコントロールなどだ。他にもToDoの確認や天気予報など、いろいろ使えそう。

ウィジェット参考ページ

6.純正以外に入れた主なアプリ

といっても、iPhoneにもあるものばかり。入れたものは多いけど、使ってないものも多い。今のところ全て無料アプリ(まだ買い方もわかってない)。

Evernote:おなじみ(その1)の外部脳

Dropbox:おなじみ(その2)のクラウドストレージ

RememberTheMilk:おなじみ(その3)のToDo管理

基本的にはこの3つがあるだけでわりと安心。

TuneWIKI:音楽再生。twitterにもつぶやけて便利。何より歌詞をカラオケ状態で表示してくれることがうれしい。ただし止まったり落ちることあり(データが悪いのかもしれないけど)。

TweetDeck:twitterクライアントとして、あとはFaceBookやFourSqueareにも使えるらしいけど、今のところTwitter専用。特に不満なし。

GMail Notifier:デフォルトだと、GMailにメールが届くたびに通知が表示される。最初は喜んでいたが、開けるたびに「どうでもいい宣伝メール」だったりすると萎える。

これを入れると、タイトルと差出人が通知されるので、作業を中断してまで見るべきかどうかを判断できるので便利。

ジョルテ:Googleカレンダーと同期するスケジュール管理。これもウィジェットとしてホーム画面におけるので便利。

NewsRob:Googleリーダーと同期するRSSリーダー。ただ、Bylineの方が好きかな。

Dolphin Browser HD:ブラウザ。タブに対応、ぐらいしかまだ純正との違いわからず。

Nimbuzz:チャットアプリ:Skypeアカウントが利用できるので、Skypeの代用として。

QRコードスキャナー:iPodTouchにもiPadにも無かったカメラを利用したアプリ。「でもQRコードとかいつスキャンするんだろ?」って思ってたけど、今のところ、PC画面のQRコードのスキャンに重宝している。Androidアプリの紹介記事にQRコードがついている場合などだ。

Overcharged:電池の残量表示。

7.気に入っているところ。

ライブ壁紙:うにょうにょ動くのがたのしい。

参考動画

・でかいのに軽い本体(安っぽいともいうかな?)。保護シートは貼ったけど、ケースはなくてもいいかな、と思ってる。

ちなみに結局毎月いくらかかるの?についてはこちらが詳しいかも。

「GALAXY S」に機種変更する方へ〜知っておきたい月額料金〜

あまり通話せずに通信しまくりで、きっと7,603円/月だろうな。こちらはiPhoneに分があるか。

最後に、Galaxy純正カメラアプリで加工撮影したくろの写真

f:id:shiro_96:20101029221026j:image

2010-09-01

合格率は5割!?

8月の記憶は、22日の社会保険労務士試験までは勉強ばかり。

といっても、3日前にサッカーを観に行ったり、前日もテレビサッカー観たりしてたけど。

そんなこんなで、とりあえず試験は受けてきました。

社労士試験の合格率はここのところ7.5%程度。最高で10.6%。

そんな「合格率」について考えるたびに思い出すのが、15年ぐらい前のバンド練習後のメンバーのことば。

「合格率なんて意味がない。」

「合格か不合格しかないんだから…」

「…だから、合格率は5割だ!」

そのときは、どんな試験でも5割かよ!と思い反論したけれど、今は、わりとそんなもんかもしれないな、と思う。

合格率の数字、たとえば「10%」だけを追ってあーだこーだ言っても、母数のレベルもちがうし、当日までの各人の準備のレベルもさまざま。

別に10%ってのは誰でも10回受けたら1回受かる、ってもんでもなく、各々がどういう状態で試験に臨めるかどうか。

同じ人間がやっている以上、あとは10%を「10%ならやれば入れる」と思うか、「10%じゃムリだな」と思うか次第。

どちらにしても、試験場に行きさえすれば、各人に対しての結果は合格か不合格の一つしか出ないのだから。

そう考えて、15年を経て「じゃあ5割でもいいのかな」、に到達。

もう、あのバンドメンバーに伝える術もないけれど(その前におぼえてないか)。

さて、コインの表が出るか、裏が出るかの結果は、11月5日に発表できるはず。きっと「秘伝!社労士暗記術」の中で、かな。

そして、試験がおわれば…当然遊びます、というわけで静岡でガンダムを見てきましたw

f:id:shiro_96:20100829154153j:image

去年のお台場は行けなかったけれど、期間が長いせいか、場所柄か、オフィシャルショップ以外はあまり混雑せず。

f:id:shiro_96:20100829154140j:image

f:id:shiro_96:20100829154421j:image

今年はビームサーベルを持ってますが、なんか刺さってるとこ溶けてます

f:id:shiro_96:20100829161335j:image

f:id:shiro_96:20100829155445j:image

しかし、1980年の初代ガンプラってしょぼかったね。

f:id:shiro_96:20100829162059j:image

2010年版

f:id:shiro_96:20100829162208j:image

ガンプラ30周年かぁ。

ガンダムの余韻にひたる間もなく、今週からは来年出る本の原稿書きに追われています。

8月はジムに行く以外はひきこもり気味だったので、9月は執筆の合間をぬって人とも会いたいものです。

2010-08-01

川崎工場夜景ツアー

フィジーから帰ってきました。生きてますよ。

しかし、フィジーは遠く…直行便が無いので一旦ソウルに逆行したり、納得のいかない遠さ。

地理的に大して変わらないであろうハワイの方が利便性はいいさね。

観光に来てたのがほとんどがオーストラリアやニュージーランドからなのも納得。

ま、海はキレイでしたけどね(離島限定)

f:id:shiro_96:20100706072156j:image


さてさて、帰国後は主に社労士の勉強にシフトしています。一応「2ヶ月クン」の異名を持っていますので…2ヶ月切ってからはマジメにやっています*1

そんな勉強のさなかに、いってまいりました。標題の川崎工場夜景ツアー。

というわけで、今回はフィジーに行く日本人よりも参加者が少なそうな、こちらのツアーのご紹介。

元々は、2月に千葉の鴨川で遊んで、アクアラインを経て帰ってくる際に、「なんじゃこりゃ!」と思うかっこいい工場群の夜景に出くわしたことが、このツアー参加の発端になります。

そこから、「工場萌え」というジャンルがあることを知り、

工場萌え

工場萌え

川崎市のページを見ていたところ、ツアーがあることをキャッチ!申込日にチケットぴあ並の電話攻勢の末、バスの座席を確保しました。

妻と、KEN46の相方いおりん、そしてミッチェルさんと4人でGo!

バスは満員。きっといつも満員なのかな?

まずは川崎マリエンへ。

f:id:shiro_96:20100723185834j:image

入り口には、去年等々力競技場にも来た「かわジロー」の姿も。

f:id:shiro_96:20100723192553j:image

マリエン展望階からの夕暮れ&夜景タイム

f:id:shiro_96:20100723191157j:image

f:id:shiro_96:20100723191910j:image

そしてバスで工場すぐそばまで行っての迫力ある夜景。

f:id:shiro_96:20100723194152j:image

f:id:shiro_96:20100723194826j:image

次は、このツアーでしか入れないビルの上からの眺め。イルミネーションかよ!

f:id:shiro_96:20100723200354j:image

屋形船も出てました。

f:id:shiro_96:20100723200948j:image

次なる地点は扇島公園からの湾岸夜景

f:id:shiro_96:20100723203227j:image

そして、、最後のクライマックスは、私がそもそも感動した首都高からの眺めなのですが・・・

ここは、写真よりもこちらの動画を観ていただくのが、きっと伝わるかと。

D

元々、夜景としての美しさなど、めざしていない工場。

それを「キレイなんだから」と夜景として切り取り、需要があればツアーにまでしてしまう川崎市。

この地域による観光資源への活用の仕方は、診断士的にもとても興味深かい取り組みではないかと思う次第でした。

そして、前回もご紹介しました資格の歩き方。なぜだかご好評いただいて、

7月の新人ランキングでは、これまでに始めたどの番組よりも多いダウンロード数を得て1位となることができました!

f:id:shiro_96:20100801170306j:image

社労士の勉強中にも、新ネタを20ぐらいストックしましたので、順次紹介していく予定です*2

<番外編>

フィジーで、唯一紹介したいのは、mud pool。

f:id:shiro_96:20100708132109j:image

ガイドブックにも載っておらず、タクシーの運転手からの情報で向かったとこです。

泥の池に、温泉が流れこんで、熱いやら泥やら。体に良さそうやら悪そうやらw

f:id:shiro_96:20100708132135j:image

参考動画

D

*1:集中力が2ヶ月しかつづかない、という意味だと最近わかってきました

*2:新ネタのために勉強してるのか、勉強してるから新ネタが出るのかは不明

2010-07-01

近況その3〜体力作りと「歩き方」

さて、6月も終わって7月に入りましたね。いっぽう無職期間も2ヶ月を経過。

退職後の過ごし方の第3段(そろそろネタ切れか…?)ですが、

何と言っても以前に「仕事として」取り組む予定と書いた体調回復、体力増強。

体力増強のために実施した策はこちら。

1:フィットネスジムに入会

マシンで衰えた筋肉を刺激、ラケットボールやスタジオプログラムで燃焼

→終了後はプロテインを摂取。

最初は1回の運動で廃人のようになってしまったので4月は週1〜2回、

5月から週2〜3回に増加中。

2:サイクリング

週末は妻と一緒にフロンターレの練習を見に行ったり、多摩川沿いに学生時代に住んでいた調布まで走ったり。20kmぐらいは何とかなるようになってきたぞ。

3:ゴルフ

妻と週イチで練習場に通っているけれど、上達が遅いからちゃんとレッスン受けた方がいいのではないか、でも無職だし…などと思案中。

4:食生活の改善

以前は仕事が終わって夜遅くに食べていた夕食を普通の時間に食べるように修正。

さすがに仕事代わりにやっている分、これ=体力づくりをサボるわけにはいかない。

週4〜5日の(ちょっとした)運動によって、体力は目にみえて回復してきた。

自分の実感だけでなく、ポイントになるのは数値による管理。

体重や体脂肪率、あるいは30分しかできなかったものが60分できるようになったり、持ち上げられるウェイトの重さだったり。

とは言ってもそこまで過激にやっているわけではないので、

体重は−1〜1.5kg、と体重面はそこまでの劇的な結果が出ているわけではない。

それでも体脂肪率は−4〜5%・・・あれ、体重が61kgからのスタートってことは、

体脂肪は61×4〜5%=約2.5〜3kg減ってんの?

そこまで減ってない体重との差(約1〜2kg)が筋肉がついた分、なら上々な気がしてくる!

別にマッチョ体型を目指しているわけじゃないので、あと数ヶ月で3〜5%ぐらい体脂肪率を下げられれば、体力作りのKPI達成へ。

というわけで改善が数字や見た目に現れるとモチベーションが上がってくる、の実例でした。

勉強も同様。一種ストイックな日々の繰り返しこそが結果に現れてくるのだと思う。

一日中勉強をして、やった気持ちになって何日かサボるよりも、超特急でなくてもいいから、日々忘れるスピードに負けずに前進することが何より大事だ。

と、わかっちゃいるけれど。

ただ、勉強の成果は体重みたいに日々測れない。

そんな「モチベーションをキープするのが難しい」、といったリスナーの声に応える形で、毎度おなじみいおりんと新しい取り組み、新しいポッドキャスト番組を始めることになった。

それが7/1からいよいよスタートする、その名も「資格の歩き方」

今までの「秘伝!〜」シリーズと異なり、ゴロ合わせによる暗記ではなく、資格試験に挑むための勉強法やモチベーションアップの番組。

資格マニア改め「資格ナビゲイター」として数々の資格に挑戦してきた我々KEN46が実践してきたノウハウの集大成的な番組になれば、と思っての番組立ち上げだ。

この番組では「資格」にフォーカスしているけれど、資格取得は、もしかしたら大した目的ではなく、手段の一つにすぎないのかもしれない。

それでも「資格で人生変わるのか?」には「変えようと思えば変わるだろ」ぐらいは言える。

少なくとも変えた人を何人も知っているから。

もちろん、「資格ごときで人生変わらない」と言っている人には何も起こらないだろう、とも。

新番組の企画〜ネタ出し〜合宿〜原稿〜収録〜アートワーク制作〜音声編集などを終えて、ようやく新番組「資格の歩き方」スタートです。*1

第000回「資格の歩き方」本日よりスタートです!

ぜひとも聴いてみてください!

そして、すっかり忘れがちだったが自分も社労士受験生。

先週の模擬試験からようやく本スタート。

第一優先だった体力が戻ってきたところで((勉強に体力が不可欠なことを教えてくれたのは去年の社労士試験だったっけ))、そろそろ八月に向けて勉強も本格化させないといけない。

なので、、結婚記念日がてらに、ちょっくらフィジーに行ってくることにする。

f:id:shiro_96:20100630234410j:image

な… 何を言ってるのか わからねーと思うが

おれも何をされたのかわからなかった

とりあえず、4年前の診断士の2次試験前にマレーシア旅行に行ったときの失敗、

「勉強道具を丸々忘れる」はくりかえさないのだ。

*1:あ、新しい番組のための新しいテーマソングも作ったぞ。

2010-06-07

近況その2〜iPad雑感

前回近況としてアカデミーヒルズとそこでの読書などについて書きましたが、

今回は28日に無事届いたiPadと過ごした1週間あまりのインプレッションについて。

もともと、iPad購入の目的は、アカデミーヒルズでの読書メモに使おうと思ったから。

読書をしながら、気になった節を丸々書き写して、それに対して一言でもいいから自分の言葉でメモを残しておく。それが

読書は1冊のノートにまとめなさい 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング (Nanaブックス)

を読んで以来、なるべく実施するようにしている読書法だ。

ただ、手書きだと再利用もしにくいので、勝手にアレンジして、PCでEvernoteに入力している。

そうすると、本の貸し出しをしないアカデミーヒルズで読書するときにはPC入力が必須、、けれどいちいちネットブックを持っていくと重いし、滞在時間ずっとは電池持たずに不便。

そこで、iPadの登場となるわけだ。

f:id:shiro_96:20100607111915j:image

家とアカデミーヒルズでの使用を想定したら、wi-fi版で十分のはず。

容量は32GBにしたが、16GBでも今の用途上は問題はなかったと思う(iPodTouchだって容量のほとんどは音楽で埋まってるもんね)。

以下1週間使用しての雑感。

・ソフトキーボード入力は慣れればわりと使える。

あとはちょっとした修正のために、カーソルキーがあるともっと楽なのだけれど、ここは慣れるしかない。

ただ、キーボード入力するならスタンド的なものは必須(今はiPodTouchを敷いてるけど、ケース兼スタンドを発注済み)。

とはいえ入力効率に関してはいまのところPCにはやっぱりかなわない。入力に関してはPCに戻ると「快適」と思ってしまう。

・軽さ:PCより軽い、手で持って使うには重い。

軽いが…手からすべりおちる恐怖からは逃れられずケース必須。

軽いと言ってもずっと持っているとやっぱり手が疲れる程度の重さではあるから、いまのところiPadは置いて使うもの。いつか軽量化するでしょう、きっと。

・家でのPC使用時間が激減。

これは意外なこと。

Web、RSSリーダー、Twitter、メールチェック、youtube…「読む/見る」系の処理の多くはiPadで置き換え可能。

あるいは、マルチディスプレイ代わりに、PCで作業している際の資料チェックなどにも使える。

・高速

家でのPCユースの多くを置き換えた要因として、起動の速さ、そしてストレスの無い処理速度が大きい。

特に処理の速さに驚いた。というか、初代iPodTouchに戻ったときに、これまで気にならなかったその遅さにストレスを感じてしまう。これは誤算というか何というか。

・長時間使用

バッテリーの持ちは文句無し。結構使ってるわり、2〜3日は充電しなくても問題なし。

・シングルタスク

意外と気にならないのがシングルタスク。

逆に「Web」という何でもできる空間にいるよりも、「オレは今、amazonを注文するアプリにいる」ことが明確な方がラクな場面も。もちろんマルチで連携してほしい場面もあるけれど。ここから考えると、Webという共通フォーマットでいろんなことをするよりも、それぞれのサービスを使用方法にあったアプリで使う、というスタイルへの移行が進む?

以下すごいと思ったアプリ:

  • i文庫HD(夜、ベッドの中で太宰と芥川を読み進め中)
  • Keynote(Mac版も使ったことが無かったけど、こいつは快適)
  • ビューン(半日だけ快適に使えたのだけれど・・・コンセプトは推すのでがんばれ)
  • Pocket Pond:インパクトあり。ネコが凝視してた。
  • 産経新聞HD:毎日見るのが日課になった。人の習慣を変えるってのはすごいな。
  • SoundHound:曲の音源を聴かせて認識するだけじゃなくて、鼻歌を歌っても認識したことにびっくり!あれ誰の曲だっけ?→認識→動画再生のコンボは見事
  • 番外:Skype:iPadアプリではなくiPhoneアプリだけど、古いTouchにはマイクもスピーカーも無かったから、PC以外で使うのは初。これでレアジョブもiPadで!

とはいえまだまだアプリの充実はiPhoneとは比べものにならないので今後に期待。

iPadならではの新しいアイディアが生まれてくるはず。

f:id:shiro_96:20100607112025j:image

写真は初代じゃないけど2代目ぐらいのiPod。いまではもう使っていない。2002〜2003年のものだ。

10年足らずでiPod→iPhone→iPadとずいぶん進んできた。

当初の「Appleが音楽プレイヤー?何でだろ?」がここに来て見事に本業?とリンクして、人々の暮らしを変えようとしている。

これもまた、Connecting the Dots ?

D