Hatena::ブログ(Diary)

ギターを持った猫好き診断士:46’sショートカット RSSフィード

非常識な目標から非常識な結果が実現しました。

無職から社会復帰して6年、思い立ってから2ヶ月で中小企業診断士に挑戦した2ヵ月クンこと46が

診断士(試験)、勉強法、キャリア、音楽、そして目標へのショートカット術などについて書きながら、

猫カフェで癒されるブログです。

社会保険労務士事務所はこちら

2012-06-21 母校の閉校に寄せて

母校の廃校に寄せて


Takanawadai Elementary school 高輪台小学校13 / scarletgreen

母校(小学校)が廃校した。

実際には近所の小学校吸収合併されたような形だけれど、学校名も変わるし、

何より5年間通った校舎はもう使われなくなる。

日本一の夢ある学校に」 市内6番目の統合誕生 高浜海浜小が開校

http://www.chibanippo.co.jp/c/news/local/76310

たまたま、見慣れない小学校の名前が入った地元ニュースを目にした。

「新しい学校ができたのかな?」と思ったら、

我が母校が統合される小規模校でした。本当にありがとうございました

母校のWebサイト*1には、

3月23日をもって33年間の

歴史に幕を閉じました。

ありがとうございました。

と記載されている。

どうも本当のようだ。

した。

よく、廃校となる小学校卒業式シーンなんかをテレビで目にしていたが、

そんなことが、身近に起きるなんて思っていなかった。

だって、ボクの母校は「千葉県千葉市」、一応首都圏

ベッドタウンであり、政令都市だ。

卒業してから政令指定都市になったのだから、

人口はグングン増えているようなイメージがあった。

それに、何しろ当時、校舎に入りきらないくらい生徒があふれて、

昼休みに校庭に出たって、ろくに遊ぶ場所も無かった。

仮設プレハブ校舎での授業

新校舎の建て増し

小学校*2建設

そういったプロセスを体験していたからだ。

ボクがいたピーク時には1,529名いたそうだ。

たしかに、1学年6クラスあった。

それが、今では、統合後でも、292人。

不動産サイトでは、「1学年1クラスのため、良好な教育環境」とか書かれてる。

なんだかクラクラしてきた。

統合したあとでも、1学年1〜2クラスだろう。

クラス替え経験が無い、なんて当たり前になるのかな。

政令都市とかに関係なく、今やどこでも当たり前のように統合が進んでいるようだ。

東京だって、例外ではない。

東京都小学校の廃校一覧

90年代以降、統合が加速している。

少子化、マジでヤバイとこまで行っちゃうな、というのを実感した。

とりあえず、卒業してから30年弱、

ずーっと納得してない卒業制作物が、

これで誰の目にも触れなくなるのなら、良いことかと思うことにするか…

*1:そもそもそんなものがあるなんて知らなかったけど

*2:今回統合される相手だ

2012-02-02

かたこんぶ(微グロ注意)

1月は2回の演奏機会がありました。

1度目は4年目となった502教室キックオフ

そして2度目はKEN46ライブトークセミナーVol.1のラスト。

とはいえ、ギターを持って歩くと腰痛が悪化するため、

もっと軽いギターの開発を切に望むわけですよ。

幸い、どちらも個人的には悔いの無い演奏ができました。

温かい声援、ありがとうございました!

2月は、新曲作りにかかる予定です。

さて、一応前回(その1)というタイトルだったので、

今回も懲りずにフランス旅行のことを書くわけですが、

みんなご存知のエッフェル塔や、おしゃれなカフェのことを書いても需要が無いと思うので…

前回のサッカー観戦と同様、あまり普通の人が行かない場所

「カタコンブカタコンベ)」について。

「カタコンブ」って何よ?という人に、かんたんな解説は

wikipediaでも

http://ja.wikipedia.org/wiki/カタコンベ

まぁ、要はパリの地下に広がる共同墓地です。

しかし、そこにある骸骨、何と600万体!

渡仏前に読んだガイドブックには名前くらいしか取り上げられてなかったのですが、

英語観光情報を調べてたら、これはキター!とテンションが上がり、

むりやり妻を連れていきました(けっこういやがってた)。

というわけで、ここからは、大量のカタコンブ写真が始まるので、逃げるなら今のうちですよ!

と見せかけて、ヴェルサイユ宮殿で見たデカねこ

f:id:shiro_96:20111013161911j:image

じゃぁ、墓地墓地はじめましょうかね。

基本は、こんな感じです。

f:id:shiro_96:20111014181603j:image

f:id:shiro_96:20111014183701j:image

f:id:shiro_96:20111014183605j:image

何だか並べ方にこだわりを感じます。

f:id:shiro_96:20111014182841j:image

説明書きコーナーは明かりがちゃんとついてます

f:id:shiro_96:20111014182627j:image

f:id:shiro_96:20111014181652j:image

かなーり、暗いので、フラッシュ禁止のなかの撮影は難儀でした。

f:id:shiro_96:20111014181728j:image

一番天井が高いところ、かな。

f:id:shiro_96:20111014184108j:image

ちなみに、出口では骨を盗んでないかチェックされました。

わりとみんな持って帰ろうとするみたいです…

終わったらそりゃカフェに行きますとも、というわけで

f:id:shiro_96:20111014200450j:image

おつかれさまでした!

2010-01-11

KEN46ふたたび502キックオフ会へ

昨日、502教室キックオフ会へ行ってきました!当日お会いできた皆さん、大変ありがとうございました。

昨年に引き続きKEN46としてオープニングで演奏もさせていただき、運営・スタッフの方々に心より感謝しています。

番組のリスナーの方とも何人かお話することができて、一方通行になりがちな番組配信の先の、一人一人のリスナーの存在が感じられた点でも、昨年同様すばらしい場でした。

個人的に印象強かったのは開会の辞でのnetplusさんの「選択肢」の話。

人の強さを自分は知っている。

キックオフ会の中で語られた言葉やムービー、あるいはこのイベントに参加する中でうかがえる、その背景にある準備からもじゅうぶん感じることはできる。

高いモチベーションや強い意志、目的意識が、さまざまな困難を可能にできることはまちがいない。

だけど、それと同時に人の*1弱さもよーくよく知っている。

お会いした合格者の方の多くにお話したのは、せっかく資格を取ったのに何もしなくなってしまう人も多く、それはとてももったいない話だということ。

高いモチベーションを保つことがどれだけ大変か・・・

「負け犬とは選択肢がないこと」、

だけど多すぎても良くないのはMr.器用貧乏なボクと同様。

まずは、様々な選択肢を持つ診断士の世界のいろんな場所に顔を出してみること、

そして向かうべき方向を定め、そこに本気で集中すること。

方向をまちがえて、到達した先がまちがってたら・・・またやり直せばいい話。

きっと、全方位に少しずつ触手を伸ばしていくより、その方が早く望む結果にたどりつけるはず。

選択肢を絞ることが、高いモチベーションを保つための1つの有効な方法かもしれない。

なんてことを、20年ほど前に、糸井重里が前田日明のことを評して

「まっすぐが一番早くつける」と言っていたことを思い出しながら書いてみました。

(追記)昨年読んだ本の中にも選択肢のはなしがあったのを思い出しました。

経済は感情で動く : はじめての行動経済学

経済は感情で動く : はじめての行動経済学

選択肢が一つなら迷わない。二つになり、三つになり、さらに選択肢が増えるほど迷いは深くなり、はじめは買おうと思ったものも買わずに手ぶらで帰ってきたりする。

合格者の方々への祝福、今年挑戦する方々への激励を含め、

たくさんの熱い志を持つ人達との交流がこの時期にできたことは、

自分にとっても2010年の決意を新たにする意味でも大きな刺激となりました。

まずは・・・前回以来進んでいない、2010年の目標を早急に立て、実行に移すこととします!

46

*1:自分の

2010-01-03

2009レビュー

あけましておめでとうございますっっ

ということは、また新しい1年が始まったわけで。

すなわち・・・昨年の目標と向き合わなければならないわけです。

昨年は下記6(+1)のジャンルに分けて、計30個もの目標を書き出してみた。

  1. 仕事:ビジネス系
  2. 勉強:資格、語学系
  3. 執筆:ブログ、出版系
  4. 音楽:KEN46、作曲系
  5. 生活:旅行、食事系
  6. 投資:FP、金融系

(番外)ねこ

もちろん全部達成できるなんてその時点でも思っていませんでしたが・・・

書かないと5個も達成できないだろうな、と思って書いてみた側面も強い。

そして1回もレビューしなかった一昨年の反省を生かし、途中でのレビューもなるべくしながら進めてきた。

立てっぱなしにしなかったこと、これは大きな進歩。


社労士試験のために初めて資格学校に通いながら、来年発売する本を書いたことも、

2008年に比べてずいぶん美味しいものを食べられたことも、

Ken46の曲を仕上げてiTunesStoreで販売できたことも、

キャリアコンサルタントとして何人もの人に出会えたこと*1も、

いくつかは目標に掲げたからこそ実現できたことかもしれない。


結局30掲げた目標の達成結果は

◎達成:8個

○半分達成:3個

△着手したものの失敗:2個

×ほぼ未着手:17個


うーん、未着手多杉。

でも優先度Aを中心に、目標の3分の1を何らかの形で達成できたのはいいことかな。


未達成で特にザンネンなのは

・海外旅行に行く

・キャリアコンサルタントとしての執筆活動(コラムも停止中だしね!)

が未達成なことと、「投資」目標に手が回らず、ジャンルごと未着手のこと*2


未達成リストを見て思う自分の特性は、仕事や「秘伝!」とかチームでやっているものを

どうしても優先してしまうため、個人目標をないがしろにしてしまうことか。

今年は、これを踏まえた上での優先度のバランス調整が大きなテーマになりそう。

そして、着手したものの失敗、は毎度毎度おなじみ

体力問題

先日は、502教室キックオフに再度登場する!ための(これも達成できた目標の一つです)

Ken46の練習時に、「ギターを弾く筋肉とスタミナ」の大幅な消耗に気づく次第。

資本を大量投下したのに最重要項目を落としたのが大問題。

自転車にも乗り始めて、ゴルフもストレッチも続けているのですけどね。。トホホ。

一度この体力問題解消のための中心の生活を送る、ストイックなライフスタイルへのシフトが必要になる年なのかもしれません。

とりあえず未達成の2009目標をベースに、今年はもう少しシンプルな2010目標を考えてみますよ!

*1:モニター申し込みしていただいた皆様、ありがとうございました!

*2:秘伝!FPが始まったからいいかw

2009-07-01

3年前の自分との対峙

「秘伝!診断士 1次試験暗記術」でもお世話になっている同友館から

刊行されている月刊「企業診断」。

(KEN46の相方いおりんの連載でもおなじみですね)

前回より始まりましたシリーズ『伝説の合格者たち』の第2回に、私めが登場させていただきました。

f:id:shiro_96:20090630234033j:image

同友館社の7月号の目次PDF版

以前より交流のある堀切さんにインタビューされて明かされる

「2ヶ月クンの真実」・・・というと、何だかすごそうですが、

逆に「いかにすごくないか」がわかってしまう、そんな内容になってしまっているかもしれません。

自分自身にとっても、受験当時のこと(もう3年前だ!)をこの時期に思い出せたことは、とてもいい刺激になったと思うし、3年前の自分に負けないように、日々がんばらなきゃな、とも。

インタビューしていただいた堀切さんと、今回取り上げていただいた同友館さま、本当にありがとうございました

そして、終了後に堀切さんとやりとりしている中で考えたのは、

これをまじめに読んでしまった人が参考にしようにもできない、最大の謎。

「埋めるだけ、というギャップが少なすぎね?」

自分でもまだ解明できていないし、簡単にことばにできることではないにせよ、

これを少しでも明かしていきたいな、が今後のテーマかと思う。

2008-12-21 502キックオフパーティに「つかんで」が響いた日

502キックオフパーティに「つかんで」が響いた日

昨晩は、502教室キックオフパーティへ参加してきました!

昨年も参加しましたが、今回は一応ゲストとしてKEN46としての出演。3曲を演奏してきました。さすが「歌える診断士」オンリーワン戦略w

しかも!今回の開催日はわたしの3*歳の誕生日と重なり、ダブルに感慨深いものとなりました。

まずはあいさつ代わりの「ハネウマライダー」、緊張の中、みなさんの手拍子が支えになりました。

昨年わたしもメダルを渡した感動のメダル授与式の後に演奏した「YELL」

Reiパパさんのスピーチに感情が震えてしまい、演奏に入れないんじゃないかと不安でしたが始めてみたら何とかかんとか。直前まで行っていた練習のおかげか。

合格者のみなさま、本当におめでとうございました。

最後は時間の都合で危うくカットになりそうなところを「2分で終わるから」と入れてもらった「秘伝!診断士 暗記術」のオリジナルテーマ曲「つかんで」

「YELL」が合格者を讃える歌ならば、「つかんで」は受験生のための歌。こちらが無いと今回のコンセプトが成立しないので焦りつつ演奏

ちなみに弾き語りではないフルバージョンはこちらで聴くことができます。

http://www.myspace.com/ken46s

「つかんで」

作詞:KEN46 作・編曲:46

もっと先を見たいんだ 今までより高く

自分の中の言葉 伝えなくちゃ 伝えたいんだ

「忙しい。」と言い訳するのは、簡単な今の逃げ方

つかんで つかんで その手の先を

つむいで つむいで 希望の糸を

描いて 願って 進んで進んで

Oh 光まで

そんなの無理だって 決めて休むのは楽さ

誰のためかっていったらわかるはずさ どうするのか

簡単なことを 繰り返しながら、求めた形へ

つかんで つかんで その手の先を

めざして めざして 約束の地へ

悩んで 叫んで 進んで進んで

OH 光まで

診断士試験合格までのプロセスイメージしながら2人で作ったこの歌。

少しでもどなたかの力になれたのならば作った甲斐があるというもの。

元気を与えに行ったつもりが元気を与えられて帰ってきたKEN46でした。

驚いたのは、昨年の参加時と異なり「秘伝!診断士 暗記術」の知名度が格段に上がっていること。

体感的には8割ぐらいの方が知っていたような・・・こちらも育ってきた、と感慨深く。

最高の誕生日を迎えることができたのも、声をかけていただいた方含めて企画・運営のスタッフの皆様のおかげです。

ありがとうございました!

まだまだ未熟な我々ですが、次の機会に向けて診断士として、そして演奏家として成長していきたいと思います。

P.S.雄姿を見に来るはずだった妻が病欠したので、、どなたか演奏時の写真を持っている方、画像をいただけると大変助かります。。

46

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2008-09-29

八景島わんにゃんふれあいランド里親募集!の最終報告

運営元サイトより転載。

皆様の暖かい声援で里親捜しも無事終了致しました。

10月14・15日と里親へのお引き渡しのみとなります。

誠に申し訳ありませんが、里親捜しのイベントはございません。

イベントと告知したことに対し、情報が錯綜し、お客様にご迷惑をお掛け致しましたことを深くお詫び致します。

尚、横浜・八景島シーパラダイスさんへのお問い合わせを多数頂いていますが、八景島シーパラダイスへではなく、お問い合わせは下記番号までFAXにてお願い致します。

皆様のご協力本当にありがとうございました

私が作った動画

緊急!ぬこぬこ里親募集(八景島わんにゃんふれあいランド)

D

から現地を訪れてくださった人もゼロでは無いようで、少しでも役に立てたなら幸せの極み。

これにて

なのかな。

みんなハッピーになってくださいな!

2008-09-19

八景島わんにゃんふれあいランド里親募集!の続報

先週の記事で取り上げた八景島わんにゃん情報の続報。

猫村さんとこのブログからの情報で、続報や連絡先を仕入れたので再度取り上げます。


こちらが里親募集の告知

告知

お知らせ

皆様長い間ご愛顧頂きました「八景島わんにゃんランド」が閉園することになりました。

本当にありがとうございました

ただいま「八景島わんにゃんランド」にて皆様にかわいがって頂いたわんにゃん達をかわいがってくれる心優しい飼い主を捜しております。

無料にてお譲りしたいと考えております。

ご希望の方は氏名、年齢、ご連絡先、希望犬種または猫を下記番号までFAX願います。

03-3465-4480

応募締め切りは10月15日までとなります。

よろしくお願いします。

また、運営元のサイトでは現在10月14日・15日の里親探しイベントについて下記告知が出ています。

皆様に長い間ご愛顧頂きました「八景島シーパラダイス わんにゃんランド」が閉園することになりました。

本当にありがとうございました

ただいま、「八景島シーパラダイス わんにゃんランド」にて皆様にかわいがって頂いたわんにゃん達をかわいがってくれる心優しい飼い主を捜しております。

無料にてお譲りしたいと考えております。

2008年10月14日・15日「八景島シーパラダイス わんにゃんランド」にて里親捜しのイベントを行います。

イベント会場「八景島シーパラダイス わんにゃんランド」

■TEL 045-788-9698

※当日会場に来れない方

ご希望の方は、氏名、年齢、ご連絡先、希望犬種または猫を下記番号までFAX願います。

03-3465-4480

応募〆切は10月15日までとなります。

よろしくお願いいたします。

写真前回記事をどうぞ(猫しか撮ってないけど)

f:id:shiro_96:20080914194445j:image

スヤスヤ眠るスコティッシュフォールド

2008-02-07

勝間weekだ!

インフルエンザの病床で読む本を求めて本屋に行って驚いた。

週刊ダイヤモンドの勝間さんGoogle化大特集だけでない。

http://dw.diamond.ne.jp/index.shtml

プレジデントの

「年収2000万の時間術」

http://www.president.co.jp/pre/20080218/index.html

日経ビジネスAssociateの

「仕事ができる人の しないことリスト」

http://ec.nikkeibp.co.jp/item/magazine/NBA.html

どれもこれも勝間流とかぶる。

3冊買った人も多いのでは?

広義では週刊東洋経済の

「働きウーマン〜世界は女性を中心に回りはじめた!」

http://www.toyokeizai.co.jp/mag/toyo/

も同じ流れか。

うーん、すごい!

そんな自分は今、勝間さんのおすすめ本に載っていた

「人間この信じやすきもの―迷信・誤信はどうして生まれるか」

http://www.amazon.co.jp/dp/4788504480

を読んでいるところ。

これは、、、すごい本だ。タイトルから民話とかそういった流れかと思ったら非常に科学的。

話のネタ本としても重宝しそう。

出会わせてくれた勝間さんありがとう

P.S.そして週刊ダイヤモンドの大特集。予想通り?「診断士」の文字は見受けられず。。