Hatena::ブログ(Diary)

ギターを持った猫好き診断士:46’sショートカット RSSフィード

非常識な目標から非常識な結果が実現しました。

無職から社会復帰して6年、思い立ってから2ヶ月で中小企業診断士に挑戦した2ヵ月クンこと46が

診断士(試験)、勉強法、キャリア、音楽、そして目標へのショートカット術などについて書きながら、

猫カフェで癒されるブログです。

社会保険労務士事務所はこちら

2012-09-20

旅行ガイド本には載っていない体験-XO TOURS-

f:id:shiro_96:20120909224333j:image

以前からITオフショア開発で名前が上がるようになっていた、

急速に発展するベトナムの熱気を生で感じたかったのと、家族旅行とを兼ねて

ホーチミンへ行ってきました。

と言っても、現地に着いてから「へー!ベトナム首都ってホーチミンじゃないんだ!」などと判明するくらいのリサーチ不足の素人ですが、行かないとわからないことがたくさんたくさん。

以下現地ガイドに聞いた情報含めて、大雑把な感想としては、

・9対1…あるいはそれ以上のバイクだらけの交通事情…ちなみにほとんど信号は無い(信号設置が始まったのは21世紀になってからとか)

国民の平均年齢が何と27.4歳!の若さ。年金問題とか無縁でしょ、これは。

・全国平均8千円の月収、ホーチミンなどの都市部でも平均月収2万5千円と言われる中国以上に低コスト人件費(とそれに支えられている物価

独立目指して日本支配から脱したことがあるわりに意外と親日

イチ旅行者としては、何より安い物価食べ物スパ体験を満喫できて良かったです。

帰国後、妻がスパクレジットカード請求額が「間違ってる。安すぎる」と言ってきましたが、

検算すると確かに合ってました(2人×90分で約3800円)。

バリでもマッサージばかりしてましたが、こちらの方が数段上手の印象。

安い雑貨スパなど、特に女子にとっては楽しめる旅行地かな?と思いました。

逆に男子だと、ベトナム戦争関連の見学で戦車とかを間近に見れたりするのが燃えるポイントかも。

さて、今回のテーマは、旅行時の情報収集

だいたい海外旅行の前になると、調べ魔のボクは旅行ガイドブックを買ったり、図書館で借りてきたりと、情報収集フェーズに入る。

これは、忙しくてとりあえず現地に着いてから適当に動いたらぜんぜん楽しめなかったハワイ旅行の反省からだ。

ただ、ガチガチにするのもつまらないので、

最近では下調べして、ある程度選択肢を持った上で自由度を上げるプランをめざしている。

ガイドブックは、昔は「地球の歩き方」の天下だったけど、最近は「るるぶ」とか「ことりっぷ」やムック本など、こちらも選択肢が増えてきたのはいいこと。

ただ、前回パリに行った際の「カタコンブ」もほとんどのガイドには載っていなかったし、ハワイではガイドブック頼りでびっくりするほどマズイものを食べてしまったりと、ガイド本に載っている情報だけで行動を決めるのもつまらないな、という気持ちが強くなってきている。

というわけで今回、事前情報収集にいつも以上に活躍したのが、世界的な旅行口コミガイド、Tripadvisor

しかし、TripAdvisorのホーチミン情報を見てみる(2012年9月現在)と、

スパ口コミ1位は

My Spa

というところです。

ふむふむ、と思いながらガイドを見てみると…

手持ちのどのガイドにもこんなスパ載っていない。

口コミを読んでみると、まだまだ日本語の感想は少なく、良いものもあれば、良くない感想もあり、「どうしたものか…」と思いましたが、英語口コミにも目を通して、「まぁ大丈夫そうかな」と思い、ブラリと訪れることに。

実際には雰囲気コストパフォーマンスも良く、滞在中に再訪するほど気に入りました。

ホーチミンの他のスパにそんなに行ったわけではないですが、行った中ではまちがいなくNo.1

ふむ。

ガイドへの掲載、無くてもまったく関係なし!

そして、Tripadbisorでのツアー部門の口コミダントツ1位は、表題のXO Tours。

XO Tours

これは、道路を渡るのも命がけ(は大げさか)なバイクだらけのホーチミンの街を、民族衣装アオザイを着た女子が運転するスクーターの後ろに乗ってあちこち案内される、というスリリングな体験をできるツアー

こちらも、どのガイドにも載っておらず、日本語口コミも少なかったため迷ったものの、「せっかくだから体験してみよう」と予約。

予約すると、オーナーのTung Do氏直々にメールが帰って来た。

何だかずいぶん気さくな感じ。

出発1週間前に予約したけれど、すでに昼間のツアーはどれも満員だったため、

われわれが予約できたのは、夜の部。

サイゴンの裏側が見れる「Saigon By Night」というツアーに参加することに。

これがもう、最高で。

旅に自由度を持たせるために、なるべく予約はしないんだけど、

予約して本当によかったなー、と自分をほめてあげたく思いました。

1人$35と、ベトナムで使うには決して安くない金額だったけど、十二分に楽しめる。

蒸し暑いホーチミンバイク(の後ろ)で走る開放感。

少し、バイク好きな人の気持がわかったような気がした。*1

こちらが密集シーン

D

こちらが開放感

D

夜の中華街や、一般の人達が住むような地域、そして高層マンションが立ち並ぶ高級住宅街の7区…ホーチミン中を自由自在に走り、観光客がほとんど行かないようなディープ地域を見せてくれて、下手な視察ツアーよりも生のベトナムを体感できたんじゃないかと思う。

こちらが町中映像

D

乗せてくれる女の子との英会話(というより日本語を教えてくれ、と言われて「Let's Go」→「イクゾー」とか教えてた)も、「なんでオレこんなに英語しゃべれないんだろう?」と思いながらも楽しく過ごせた。

彼女の、そして街全体の「今後の発展」を確信している希望にあふれる姿に、

眩しさを感じると共に、「海外進出するならベトナム」かな?、となんとなく思った。*2

ツアーの途中でオーナーのDo氏とも会い、話す機会があったので、帰国後にメールのやりとりをさせてもらった。

それによると、Tripadvisorでの高評価にもかかわらず、彼が知るかぎり日本旅行ガイド本にはXO Toursはまったく載っておらず、掲載に関するアプローチも特に無い状態だそうだ。

そのせいか、現在の利用者の90%がオーストラリアアメリカイギリスシンガポールといった英語圏からの観光客であり、ショッピングで有名なドンコイ通りは日本人埋め尽くされているにもかかわらず、XO Toursを体験する日本人はまだまだ少ないようだ*3

その理由としてはサイトメール英語での対応しかしていないこと、途中の説明や会話も英語で行われるといったところが、英語アレルギーの日本人を遠ざけてしまうと共に、ガイドに載らない理由の一端かな、というのが私たちが到達したひとつの仮説。

あとは、現地で見たところホーチミンを訪れる日本人観光客女性が多いので(カップル夫婦より女性同士の方が多く見えた)、あのバイク天国地獄)の中を走りたい、と思う人は少ないのかな、とも。

でも、「怖いからゆっくり走って」って言えば、かなーり安全に走ってくれるので、女性でも十分楽しめそうなアトラクションかと。

他の国の人(われわれも途中からオーストラリアから来た男性と合流した)とグループで回ったりするので、英語力に自信が無いと…と躊躇するかもしれないけれど、拙い英語力でも十分彼女やDo氏とのコミュニケーションを楽しめるはず。

むしろ、英語レッスン付きの観光が楽しめるとポジティブに思えば、安い!とも言えるのでは。

ガイドブックは全体の雰囲気や「(日本人の)定番」を把握するには便利だけど、一番「旬」な体験をしたいならば、Tripadvisorの活用がおすすめです!が今回の提言

P.S.ホーチミンの街で「カラオケ、イクゾー!」と叫ぶ女の子に出会ったらよろしく言っといてください。

f:id:shiro_96:20120910195932j:image

*1信号待ちで足にバイクが当たるくらいの密集具合の走りに、暴走族になったかのような気分も

*2:どんな形かはわからないけど

*3:Tripadbisorの影響で最近は週に数人は入るようになったそうだが

2010-09-30

マルチプレイヤー

■近況

ひさしぶりの大仕事社労士試験が終わって1ヶ月経過。

9月は来年の診断士社労士本の執筆をして過ごしていたけれど、

そろそろ次のステップに向けての活動も進めていかないと。

といいつつも、最近は、来週の結婚式でのKEN46ライブに向けて、ベースの練習中。

「え?いつもギターじゃなかった?」とKEN46マニア*1な方は思うかもしれないけれど、家にはギターが3本、ベースが3本あるから、わりとベーシスト

今回は紆余曲折の末、たぶんベース

来週には「やっぱりギター!」っていうかもしれないけど。

ベーシスト、になったきっかけ

元々はギター&打ち込みで、ベースは遊び程度だった。

大学を出た頃に、あるバンドに誘われたときに、ギターで入るはずが、先に音楽学校ギターを教えているプロギタリストが入ってしまった。

「ごめん。ベースじゃダメ?」と聞かれ「やってみようか?」といったものの、しょせんは遊び程度の腕前。自分のヘタさに、スタジオの後に大きく凹む。

自分が足をひっぱっている」

その思いから、そのあとはすごくストイックに練習をした。

仕事の合間に指のトレーニングを欠かさず行い、深夜に帰った後も練習をつづけた。

数ヶ月が経ったときには、あまりの練習量にベースのボディが削れていて、

メンバーには「彫刻刀でベース彫るなよ〜」とからかわれた。

少しずつ、イメージしたフレーズが弾けるようになった。

そして、そのバンドでの初めてのライブ

演奏はなかなかよくできた。

演奏後に他のバンドベーシストが控え室を尋ねてきて、

「プレイに感動した。どんな練習をすればあんなベースプレイができるようになるんだろう?」、と声をかけてきた…らしい。

なんで「らしい」か、というと、自分の耳で聴いていないから。

不在中に訪ねてきて、他のバンドメンバーに話したそうだけど、

「アイツの耳に入れると練習をしなくなるから」と、しばらく教えてもらえなかった。

そんなうれしいことを教えてもらえないから、またまた練習する。

ベースマガジン」を買ってがんばる。

次のライブくらいから、やっと「ベーシスト」を名乗れるようになった。

この頃につくった右手人差し指のタコは、きっと消えることはないんだろうと思う。

マルチであるメリットデメリット

と、久しぶりにベースを弾いたから懐古話を書きたいだけではなく、

ギターベース、両方を「そこそこ」のレベルで弾けるようになって

今日テーママルチプレイヤーになったことのメリットデメリットについて。

メリット

・視界の広がり

プロデューサーベース出身が多い、とよくいわれるが、全体の調和、特にリズム面をより意識して聴く、作ることができるようになった。

シナジー

ギターベース。実際には役割や弾き方は違うけれど、リズムに合わせて弦を押さえて弾く、という点で、ある程度片方の練習がもう片方にも生きる。

そして、複数の楽器演奏することで、「楽器演奏のツボ」というものは会得できたと思う。

・高品質

1人で作る作曲デモテープクオリティがグッと上がった。ベースラインがずいぶんかっこよくなった。

オリジナリティ

いろんな音楽を聴いた後、20代に入ってギターからベースに持ち替えたせいで、良くも悪くもボクのベースフレーズ生粋ベーシストとは異なっていた。

ベースらしからぬフレーズは賛否両論、だったかもしれないが、無難なプレイよりは、歓迎すべきことだろう。

デメリット

・70点レベル

とはいえ、20代でベースを本格的に始めて、ベースプレイだけでプロになれるレベルには、達するわけもない。せいぜい70点レベル。70点レベルの武器が増えても、「便利屋」以上の存在になれないのは、以前書いたとおり。作曲を10点や20点アップさせるほどの付加価値にまでなれば良かったのが。

・非効率な側面も

ベースラインの品質が上がるのはとてもいいこと。けれども、ベース演奏するようになって、作曲のペースは下がった。気にする要素が増えたことで、「作曲」の中では装飾的価値にすぎないベースラインにかける時間が増えたことも影響しているだろう。


【ここまでの総括】

時間という限られたリソースを何に配分するか。

目的(=ミュージシャンになる)に対して一番効能の高いものに配分するべし。果たしてベースを練習することがベストの選択だったか?はわからない。

けれど、少なくともいまでもベースを弾くのは好きだし、それは幸せなことだと思う。

もうあんなにストイックに練習することはできないけれど。

そんなわけで10/9は久しぶりに人前でベースを弾く予定。緊張するなぁ、もう。

■いまでもマルチプレイヤー

そして、この頃から10年あまり立った今の自分も、マルチプレイヤーといえる。

これはきっともう、気質なのだろう。

スキル=「70点」を増やすのもいいけれど、そこから発生する「シナジー」や「視界の広がり」、「高品質化」「オリジナリティ」が、最終的な自分のゴールに近づくものなのかどうかを、しっかりと見据えて時間を使わないといけない。

ゴールにちゃんとたどり着けるようにしないとね。

となると…えーと、そもそも、ミュージシャンをやめてからの自分のゴールってなんなの?という課題につきあたるんだけど…これはちょっと保留。

■どきどき★恋愛心理学

さて、今回は音楽ネタが出てきたところで、最後にテーマソングのお知らせ。

ニコニコtvkチャンネル(ニコニコ動画)や、tvkヨコハマネットtvtvkモバイルなどで配信中のアニメ

「どきどき★恋愛心理学

で、作成したオープニングテーマが流れています(アニメが短いから曲も短いけどね!)。

詳しくはこの辺ヨコハマ経済新聞

観て(聴いて)みたい人はこの辺からぜひどーぞ

公式サイト

ニコニコ動画

動画ポッドキャストiTunes

tvkヨコハマネットtv(毎週土曜22時)

というか、とりあえず第1話だけここに貼っておこっかな。

D

■最後に

これで自分番組含めて、毎週10万人以上に自作曲が聴かれている状態になった。

のべ人数だと、もしかしたら100万人に達するかもしれない。

真剣にミュージシャンをめざしていた頃の自分には、まったく達成できなかったこと。

当時に自分に教えてあげたら、さぞかしおどろくことだろう。*2

これは、診断士になったこと、そしてそこからの出会いで始めたポッドキャストが無ければ、

達成できていない。

多彩な「70点レベル」の引き出しがもたらした、「オリジナリティ」のひとつの結果、とかんがえると、たしかに「シナジー」が効いているのだろう。

ならば、

・持っているモノを、より有効に活かす方法をかんがえる。

・新しく身につけるものは、「70点レベル」を組み合わせる、接着剤のようなスキルにする。

・何より必要なのは、自分がなにをできるのか、を知ってもらうこと。

とりあえず、ゴールがはっきり決まるまでは、これでいいのかな?が暫定の結論。

少なくとも、アウトプットをしていくことで、何かが生まれる可能性があるってことの現れだから。

*1:いるのか?

*2:望んだ形かどうかはしらんけど

2010-09-01

合格率は5割!?

8月の記憶は、22日の社会保険労務士試験までは勉強ばかり。

といっても、3日前にサッカーを観に行ったり、前日もテレビでサッカー観たりしてたけど。

そんなこんなで、とりあえず試験は受けてきました。

社労士試験の合格率はここのところ7.5%程度。最高で10.6%。

そんな「合格率」について考えるたびに思い出すのが、15年ぐらい前のバンド練習後のメンバーのことば。

「合格率なんて意味がない。」

「合格か不合格しかないんだから…」

「…だから、合格率は5割だ!」

そのときは、どんな試験でも5割かよ!と思い反論したけれど、今は、わりとそんなもんかもしれないな、と思う。

合格率の数字、たとえば「10%」だけを追ってあーだこーだ言っても、母数のレベルもちがうし、当日までの各人の準備のレベルもさまざま。

別に10%ってのは誰でも10回受けたら1回受かる、ってもんでもなく、各々がどういう状態で試験に臨めるかどうか。

同じ人間がやっている以上、あとは10%を「10%ならやれば入れる」と思うか、「10%じゃムリだな」と思うか次第。

どちらにしても、試験場に行きさえすれば、各人に対しての結果は合格か不合格の一つしか出ないのだから。

そう考えて、15年を経て「じゃあ5割でもいいのかな」、に到達。

もう、あのバンドメンバーに伝える術もないけれど(その前におぼえてないか)。

さて、コインの表が出るか、裏が出るかの結果は、11月5日に発表できるはず。きっと「秘伝!社労士暗記術」の中で、かな。

そして、試験がおわれば…当然遊びます、というわけで静岡でガンダムを見てきましたw

f:id:shiro_96:20100829154153j:image

去年のお台場は行けなかったけれど、期間が長いせいか、場所柄か、オフィシャルショップ以外はあまり混雑せず。

f:id:shiro_96:20100829154140j:image

f:id:shiro_96:20100829154421j:image

今年はビームサーベルを持ってますが、なんか刺さってるとこ溶けてます

f:id:shiro_96:20100829161335j:image

f:id:shiro_96:20100829155445j:image

しかし、1980年の初代ガンプラってしょぼかったね。

f:id:shiro_96:20100829162059j:image

2010年版

f:id:shiro_96:20100829162208j:image

ガンプラ30周年かぁ。

ガンダムの余韻にひたる間もなく、今週からは来年出る本の原稿書きに追われています。

8月はジムに行く以外はひきこもり気味だったので、9月執筆の合間をぬって人とも会いたいものです。

2008-10-27

標準レベルキャリアコンサルタントだってさ

以前書いたように、キャリアコンサルタント資格を持っています。

乱立するキャリアコンサルタント/カウンセラー資格に対して近々国家資格ができる、という話は以前から聞いていたのですが、いつのまにか(というか9月に)概要が決まっていたようです。

http://www.career-kentei.org/

国家資格としてのキャリア・コンサルティング技能士が制定され、

1級は10年以上の実務経験、または同等レベルの技術を持つとされる人を対象

(2級に関してはは5年以上)にしているようです

↓この辺りわかりやすい

http://allabout.co.jp/study/cqualification/closeup/CU20081010A/index2.htm

そしてこれまでの乱立資格を取得している人は

「標準レベルキャリアコンサルタント」として、

受験資格内の実務経験が5年→3年(2級の場合)でよいとのことで

従来の乱立資格は残しつつ、という様相。

ま、130時間相当のトレーニングを受講しなくても、

実務経験があって試験さえ通ればよし、ということでしょうか。

受験資格詳細はこちらをどうぞ。

http://www.career-kentei.org/download/shikaku.pdf

さらに特例講習を受けることで学科試験は免除に。*1

とりあえず弱小?のNPO生涯学習認定キャリアコンサルタントとしては、

CDAやGCDFと同じ扱いになったことが少し安心。コストパフォーマンスは良い、ともいえるのかな?

呼称もカウンセラーではなく、キャリアコンサルタント」なのも自分の志向通りでよし。

今後は「標準キャリアコンサルタント」と名刺に入れてみようかな、と思った次第。

え?試験?当面受けませんw

46

*1:それでも29,900円で実技試験は受けないといけないけど

2008-10-10

恐怖指数が止まらない 

この暴落で「破たん」を心配されつつある投資系診断士として、今日は投資ネタ

以前紹介したETFで、

VIX

というものがある。

ボラティリティ=変動性を数値化したもので、株価が暴落しても暴騰しても上昇する。

ただ一般的には上昇は徐々に、下落は急激に、なので「暴落指数」や「恐怖指数」と呼ばれている

これがなかなか大変なことになっている。

下は3年間のチャート。

f:id:shiro_96:20081010222902g:image

2ちゃんで見かけた過去の暴落時のVIXの値。

発生年月日 出来事 期間中の最高値

1997年10月 アジア通貨危機   38.20

1998年8月   ロシア通貨危   45.74

2001年9月  アメリカ同時多発テロ 43.74

2002年7月 エンロン不正会計事件 45.08

2003年3月 アメリカのイラク侵攻 34.69

ちなみに現在は約$70.

はっきり言って異常値もいいところ。

こりゃホントに恐慌ムード。

あとはどんな手を打てるか、、23:30からのブッシュの会見にはかない期待・・・?

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2008-09-11

911

9月11日になると思い出す。

7年前の2001年のことを。

もちろんこの日はアメリカの同時多発テロとして深く印象に残っているが、それだけではない。

その数時間前、ボクは職を失った。

勤務先の新事業が残念ながら軌道に乗らずに終了することが本社からのメール一本で決定した。

非正規雇用の悲しさ。センターは9月いっぱいで閉鎖し、契約期限の10月1ヶ月分の給料でハイ、さようなら。

「職探しをしなきゃ」「今月のTOEICがんばらなきゃ」などと

気持ちが切り替わる前に、あのニュースが飛び込んできた。

翌日は夜勤だったこともあって、食い入るように見た。

もうどうでもよくなった。いつ自分世界が終わるかもわからないのだから。

そして翌日…外資系に勤めていた妻の会社が日本撤退を決めた。

7年経って思う。

あのとき、事業閉鎖してくれて本当によかったなぁ、と。

人の運命なんてわからないもんだ。

これぞクルンボルツのplanned happenstance理論か。




↓お気に召したらクリックどーぞ

にほんブログ村 資格ブログ コンサルタント系資格へ

2008-07-26

自分の場合のTOEIC攻略法1

前回の記事に対してご質問がありましたので、

これまでにどんな対策をやったかを思い出してみるの回。

書いてたら長くなったので2〜3回に分けます。

500〜700点の頃

1.コミットする

初めて受けた時は535点。結果が返ってきた頃は、ちょうど2回目の倒産→無職による転職活動中。

面接でTOEICについて聞かれて「…535点でした」。

面接官の「うーん、600あればなぁ」の声にすかさず、


「年内に600取ります」

と宣言(時はすでに9月)。相手の反応が鈍かったので追加で


「来年には700取ります」と畳み掛ける*1


その後英語での面接を経て、

採用されてしまう(ここは想定問答を丸暗記して備えた)。


そのため、相手が覚えてるかどうかは別として、達成に力を注ぐことに。

診断士のときもそうだったけど、「宣言してしまう」(特に上司に)っていうのはそれなりに効果が高いのでは。


2.点数アップのため「だけ」の努力

とはいえ宣言しただけでは何も向上しないので、

達成するためにとにかく点数が欲しかった。

最短で進むにはどうすればいいのかを考えた。

ひたすらアルクから出ている問題集をやったw


問題集→間違ったところの解説を読んで理解、で出題ポイントをマスターしていった。

リーディングはこれで一定のレベルまでアップを狙えるが、問題はリスニングだ。


この段階では、市販本の模試CDを使い、

・質問文の先読み

・「Do〜」で始まったら回答は「YesかNoの可能性が高い」

といった初歩的なテクニックや、スピードについていく集中力を磨くのみ。

とりあえずこれで無事に翌年には715点まで

持っていくことができた。*2

次回に続きます。

にほんブログ村 士業ブログへ

*1:今思えば無謀

*2:535点の頃と比べてどれだけ英語が使えるようになったかは不明