井の中のライブラリアン、大海を知る! このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-05-04

shiroku2009-05-04

この世でいちばん大事な「カネ」の話

| 20:03 | この世でいちばん大事な「カネ」の話を含むブックマーク この世でいちばん大事な「カネ」の話のブックマークコメント

理論社の「よりみちパン!セ」シリーズがやっぱりおもしろい。

中身をみると、理論社の大冒険としか思えない内容のものも、ちらほら(笑)。

きょうは西原理恵子著『この世でいちばん大事な「カネ」の話』を読む。

西原理恵子にはじめてふれたのは、昨年9月の誕生月に友人からもらった『パーマネント野ばら』という漫画だった(最近新潮文庫になったので、ぜひ買って読んでみてください)。

その日の夜に読みはじめて、泣いて泣いて読み終えてしまいました。

今回の本も、ラストで泣くという…。

泣けるんですって、西原理恵子。

生まれた環境を人が乗り越えるということ、そのために何ができるか。

「毎日、毎日、働くことがわたしの『祈り』」という著者のことばに

どうしようもなく、こころを揺さぶられました。

☆表紙の下のほう、紙幣番号のところがISBNです!

 ブックデザインは、祖父江慎さんと安藤智良さん(cozfish)

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)

みえぽんみえぽん 2009/05/07 05:28 私も西原理恵子の作品好きです!
最初は『恨ミシュラン』を読んで大笑いしたけど、
その後『ぼくんち』を買ってボロ泣きしました〜。
上の本もぜひ読んでみねば!!

あと毎日新聞HPの「毎日かあさん」もいい味ですよね☆
http://mainichi.jp/life/riezo/

shirokushiroku 2009/05/08 17:44 みえぽん様
コメントをありがとうございます。
『ぼくんち』は最近文庫化されましたね。
未読なので、さっそく購入するつもりです!

ライ(集合!ネクサス2.0)ライ(集合!ネクサス2.0) 2009/05/08 20:33 サイバラが「お金はやりたい事をやるためのパスポート。その意識を持っていたお陰で末期ガンの家族にとても良い医療を受けさせる事が出来た」と。◎「パーマネント野ばら」がお好きなら、◎「営業ものがたり」の『うつくしいのはら』という短編はいかがでしょうか?貧しさや戦争なんかに負けない。『字が読めれば、世の中の事がわかる。商売が出来て、ごはんが買える。家族が一緒にいられる』そんな日がいつになったら来るのか、わからないけど。

shirokushiroku 2009/05/10 15:06 ライ様
コメントをありがとうございます。
「お金はやりたい事をやるためのパスポート」…確かにそうですね。お金をもっとよく使えるように、もっとたくさん入ってくるように、工夫して(?)がんばらないと。
『うつくしいのはら』読んでみたいとおもいます!