井の中のライブラリアン、大海を知る! このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-08-11 素通りしないで!! ボローニャ国際絵本原画展へ

shiroku2009-08-11

| 14:25 | ■を含むブックマーク ■のブックマークコメント

開館30周年を迎えた板橋区立美術館へ行ってきました。

開催中なのは、毎年行われている「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」。

いつも、かわいらしい原画を見るのが楽しみです。

注目は、特別展示のロベルト・インノチェンティ。

2001年に国際アンデルセン賞画家賞を受賞しているインノチェンティ。

翻訳も多く出版されているので、ご存知のかたもいらっしゃるはず。

彼の作品は、思いがけない角度から覗き込むような構図が特徴的で、原画で見ると細かい線までよくわかり、面白かったです。

f:id:shiroku:20090811145800j:image

それにしても、素通りしないで!! って可笑しい。

ライ(集合!ネクサス2.0)ライ(集合!ネクサス2.0) 2009/08/23 23:08 ◎「エリカ 奇跡のいのち」で「ボレロ」(ベジャールの「ボレロ」のメイキング映画)のエピソードを思い出しました。こちらも収容所に送られる汽車の床の穴から赤ちゃんを外へ…という物でした。こちらは赤ちゃんもお母さんも奇跡的に戦争を生き延び、再会出来ました。他にも沢山の「エリカ」がいたのでは、と思います。◎「ヒットラーのむすめ」(ジャッキー・フレンチ/鈴木出版/2004.12/ISBN4-7902-3149-6)では反対の立場に立たされた子どもの困惑が書かれています。『私にはこんなに優しいお父さんが何故、他の子を…』

shirokushiroku 2009/08/25 22:01 ライ様、コメントありがとうございます。
「ボレロ」、みたことないです。気になりました。
本の情報をいつもたくさん書いていただいてうれしいので、
これからは、さらに、映画のことも、教えてください!