Hatena::ブログ(Diary)

Paradism このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-09-24 お知らせ このエントリーを含むブックマーク

はてなダイアリーで立て続けに不備がおきたためこちらのブログに移転します。

http://shirooo305.hatenablog.com/

以降更新の際はこちらで行うと思われますので、宜しくお願い致します。今までこちらのブログでご観覧頂きましたみなさまには深く御礼申し上げます。 

2016-09-22

『迷宮物語』 『走る男』 のハーモニー演出について

f:id:shirooo105:20160922221000g:image:w360

個人的にハーモニーはキャラクターの感情が臨界点に達したり、とても決定的な出来事や感情の芽生えが起きた際に遣われる (キャラクターや物語の “激情” や “生” の高鳴りを描くための) 演出というイメージを持っていて、それは本作においても同じような扱われ方をしていたように思うのですが、ただ今作において驚きだったのは、その “ハーモニー演出がほんの僅かの瞬間しか映らなかった” というところにあって、それが自分にとっては余りにも衝撃的だったんですよね。

それこそ、今まで私が体験してきたハーモニー演出って “一瞬であるからこそ、その瞬間を画に起こし止め絵として切り取る” ことにその役割があったように思うのですが、それをせずしかも一枚の絵としても見応えのあるカットを一秒も経たない内に通常のセルカットに戻す。その心意気もなんかクールで格好良いし、凄いなぁと感じたというか。とても贅沢なことをしているように感じられ、一連のシークエンスにはかなり惹かれるものがありました。それこそ私が観ていないだけで、以前からこういう手法のものはあったのかも知れませんが、個人的には初めて観る一瞬だけのハーモニーだったので 「こういう遣い方もあるのか」 となんだかちょっと感動してしまった次第です。

あと、『走る男』 はその他の演出も好きでした。透過光をもちいてぼんやりと照らしながら画面の明度は低めで、どことない “暗さ” を出していたのも好みでしたし、終盤はレース狂の男が自分自身の限界を越えようとしていく様がとてつもなく狂気的でちょっとした怖さも感じました。そもそも 『迷宮物語』 三部作がホラーチックなところはありますよね。反射光の感じとか爆発のエフェクトも格好良かったです。また、幻視した相手をレースで捉えた瞬間に燃え尽きるというのもなんだか侘び寂び的な哀愁があって良かったです。そういう物語的な意味でもあのハーモニー演出の遣い方は凄く真っ当なんですよね。やっぱり今回のカッティングはめちゃくちゃ格好良いなぁと思います。

迷宮物語 [DVD]

迷宮物語 [DVD]

2016-09-09

『機動警察パトレイバーアーリーデイズ』 演出メモと備忘録

f:id:shirooo105:20160909105529g:image:w360

特車二課隊長の後藤さんが喋り終えてから南雲さんが顎をくいと上げ 「私は何も見なかったし聞かなかったわよ」 と言うまでの間尺の遣い方。全体的にカメラはfixで撮られている場面が多い印象でしたが、こういった何気ない会話やある程度の状況把握として語られるセリフも長回しで撮られることが多かったように思います。

中々こういうことは出来ないというか、こういう間を作らず別のカットへと繋げていく作品も多いなかにあって、敢えて耐え忍ぶようにカメラを動かさない美学というか。まるで会話の途中にふと訪れる沈黙にこそカメラは向けられるべきなのだと語っているかのようで、観ていて本当に格好良いなぁと思える演出でした。この作品に漂う独特な雰囲気もそういった間尺の遣い方あってのものなのではないかと感じます。

f:id:shirooo105:20160909105531g:image:w360

このカットも同様です。上司にあたる人物が画面右手に捌けていくとそれを見送ってから顔を合わせるまでの間に絶妙な尺が設けられています。これが例えば捌けてから後藤さんのバストショットとかにカッティングされたりしていた場合、この重厚な雰囲気はなかなか出せないのではないかと思います。また実際の映像ではこの辺りのシーンに劇伴はついていません。環境音と芝居、そしてこの間尺だけでこれほどの雰囲気を作り出してしまうのは、まさに手腕だなぁと思わずにはいられませんでした。

f:id:shirooo105:20160909105530g:image:w360

このカットも良いですね。警官とのやり取りを終えてから再度電話に出るまでの間の置き方にとても痺れました。この辺りの感覚はなかなか言葉にし難いんですが、とにかく観ていて良いなぁと思えてしまうというのはやはりあります。上記で書いたような理由ももちろんありますけど、まず先行して感じるのは直感的な良さというか。敢えて言葉にするとすれば “侘び寂び” 的な静けさ、時代背景的な重い空気感をこういう演出に感じるからなのかも知れません。

もちろん長回しをすると言ってもそれには色々なパターンがあるわけで、表情をじっと捉え感情を探ろうとするものもあれば、その圧縮せずに描かれた “時間” にこそ意味を置く場合もあると思います。近年の作品で言えば 『サムデイインザレイン』 とか。それこそなんでもかんでも長回しすればいいというわけでもないと思いますけど、ビジュアル的にも意味づけ的にもやはり格好良い長回しはあるんだよなぁと再確認できた作品でもあったように感じています。それ抜きにしても 『パトレイバー』 物凄く面白かったんですけどね。プラスαでこういうのあると強く記憶に残るような作品になりますよね、本当に。

機動警察パトレイバー アーリーデイズ [Blu-ray]

機動警察パトレイバー アーリーデイズ [Blu-ray]

2016-08-26

そのピリオドの先へと紡ぐ物語 / 『君の名は。』 感想

さしずめ、あの彗星が描く軌道はこれまで彼女たちが辿り続けた運命そのものでもあったのだと思います。大都会の波に揉まれ日々他愛もない毎日を送ってきたであろう主人公の瀧。また、山々に囲まれ何もない田舎で己の境遇を呪うしかなかったヒロインの三葉。それは友人である克彦が将来の進路を聞かれた時 「多分、このままこの町にいるんじゃないか」*1 と応えたこととも恐らくはリンクしていたはずで、きっと世に生きる多くの人はその感覚を持ち合わせながら奇跡的な出会いに対する羨望など年を重ねるに連れきっとどこかに置いて来てしまうのだと思います。

そしてそれは夜空に掛かる彗星の尾の如く、逸れることのない道筋となって彼らの前に現れる。真っ直ぐに伸びる光。暗い夜空を照らし眩くひかる光。それは希望の象徴にも視えながらおそらくは絶望の象徴としても機能していて、それは当初、彼らの変えられない運命の象徴としても描かれていたのでしょう。

f:id:shirooo105:20160826154928j:image:w275f:id:shirooo105:20160826154927j:image:w275

しかしながら、彗星は幾つもの破片、そしてもう一つの輝きへと分岐し地上に向け落下します。そしてそれは彼女たちにとってもおそらくは物語の分岐として捉えられるものであり、云わばあれは “可能性の分岐” そのものの象徴でもあったのだと思います。歴史の改変。奇跡の出会い。時空を超越する感情の連鎖。普段は “手を伸ばしても決して届くことのない” 数ある事象に対しあの彗星はまるでその多くの願いを叶えるように次々と彼らに可能性を与え出すのです。むしろ瀧が日常に向けた変化への期待と三葉の抱く都会への憧憬。そのたった二つの願いがトリガーになりこの入れ替わりという奇跡はその口火を切ったのかも知れない。

どちらにせよ、この作品はそうした願いが現実のものへと昇華されていく様を力強く描いているわけです。そして、それは新海誠監督がこれまでの作品の中でも描き続けてきた “手を伸ばしても届かないものへの焦がれ” という一つのテーマに向け贈る非常に新しく、よりロマンティシズムの強い一つの答えであったのではないかと思います。とりわけ 『ほしのこえ』 『秒速5センチメートル』 といった氏の作品群においては無理な奇跡は起こさないスタンスがより物語に儚さや切なさを与えていた一方、本作では彼らの感情と物語が同期することでその道筋に光を充て、そうして飛躍的に再構築されていく物語の展開に大きなカタルシスをもたらしている。

そして私が本作に強く感動した理由もきっとそこにこそあるはずで、それは 『君の名は。』 という作品が “手を伸ばしても届くことのなかった” 作品群とは別の、ある種、想いを届ける物語として描かれていたからに他ならないのだとも思うのです。それこそ前作の 『言の葉の庭』 においても “届く” という視点は確かに描かれた境地でもあったわけですが、この作品はそこからさらにもう一つ逸脱し、届けるために必要な想いの強さをよりセンセーショナルに描いていたようにも感じられたのです。周囲の目と思惑を跳ね除けながらそのしがらみの中でようやく手紙を届けた前作に比べ、本作にはそのしがらみを一度解きながらまた再構築し、新たな運命を彼ら自身が創り上げながら物語の終点を模索していくという一つの筋書きがある。

それこそ歴史を改変するという物語を主軸に据えたのは、新海監督にとっても一つの挑戦ではあったはずです。自らが歩んできたその軌跡を背負いながら生きる道を模索し続けてきた既存作にあって、本作はそれを書き変えていくことで力強くそのための道を模索していく。けれど、それは感情に沿った物語の跳躍とその結実そのものでもあるわけで、そうした彼らの想いを汲み取っていく作品の在り方にはやはり新海誠監督のらしさがしっかりと残っていたように感じられた上に、その感情の狭間 (互いの想いが符合した先に生まれる新たな願いとそのための感情の行く末) に奇跡を産み落としていくというこれまでにはなかった作品の方向性も、そう考えればやはりこれまでの作品の中で育まれてきた氏のらしさに他ならないのではと私には思えて仕方がなかったのです。

f:id:shirooo105:20160826180837j:image:w275f:id:shirooo105:20160826180838j:image:w275

それはかたわれ時に沈む陽の光が二人の刹那の出会いを祝福するのと同じように。運命に抗い、懸命に生き、届かないものに向け必死に手を伸ばし続けた者たちにはやはりそれ相応の幸福や奇跡が訪れることがあってもいいじゃないかというそれは氏の変化の表れなのかも知れませんし、横たわる強大な現実の壁を我々が越えていくために必要なのは “想いの強さ” であり “向かい合える相手の存在” なんだという痛烈なメッセージがそこには多く込められていたのかも知れません。

何よりそうして分岐していく物語の象徴となった彗星の如く、自らの道をそれぞれで選び取りその運命を分岐させたラストシークエンスには私自身、強く心を打たれました。それぞれがやり遂げた行いの代価として記憶を消失し、再び決められたレールの上を運ばれていた二人がそれでも一瞬の間に煌めいた “予感” を勝ち取り、“とてもあやふやな何か” を求め合うように電車から飛び降りながら、自らの足で各々の道を駆けていく様はまるで軌道から外れ落ち往くあの彗星のようで。奇しくも彼らの奇跡の引き金となった彗星の落下が彼らの軌跡の軌道と重なるというのも残酷なものですが、むしろ瀧と三葉の背を押すためにあの彗星が人類の予測を越えたのだとすればそんなにも心熱くなる話はないでしょう。

そしてそれは、いつだってこの世界は “彼ら” を見ている、ということの裏返しでもあるのです。だからこそ新海誠監督の作品は “彼ら” が切に何かを想った時、その光をその頭上に掲げ、風を追い、虹を掛け、桜を散らし、雨を降らせ、言葉を届けてくれる。故に氏の作品においては、むしろ “その先にあるここより向こう側の物語” にこそ彼らの踏み出すべき道は広がっているのだと私は強く信じています。言葉を掛けず踵を返したあの 『秒速5センチメートル』 からおおよそ9年。これは振り返り言葉を交わした二人にとっては “始まりの物語” であり、それはメモワールでもエピローグでもない、ただの序章だと言い聞かせる様に描かれた終幕のピリオド。『your name.―― 君の名は。――」 その言葉で終わり、その言葉から始まっていくこの物語は、そうして先の未来へと進み “運命に抗い生きた” 者たちへと贈られた賛歌そのものでもあったのでしょう。

そしてこの作品は他でもなく、新海誠という一つの軌跡とその足跡に向け寄せられた御旗そのものでもあったのだと思います。『言の葉の庭』 においてその幕を下したモノローグの物語。その想いの強さをさらに研ぎ澄ませ、“届かなかったものに手が届いた瞬間” を究極的に描いた本作はそれこそ氏にとってのピリオドとなる作品でもあったのでしょう。まただからこそ、ここは新海監督にとっても終わりの地であり、また始まりの場所でもあるのではないかと今は強く思えますし、そういう想いを強めることが出来ただけでも本当に素晴らしい作品だったのではないかと思います。新海監督の信念と物語が携えた情念のリンク。瀧と三葉が懸命に走る姿を観て感動した今日という日を私は決して忘れません。まさに新海作品の集大成。素敵な作品を本当にありがとうございました。

それと余談ではありますが、花澤さん演じる古典教師の登壇から 「ユキちゃん先生」 へと紡がれたクレジット。本当に嬉しかったです。重ね重ね、本当にありがとうございましたと、心から。

‹参考›

*1:台詞に関しては全て覚えているわけではありませんので、多少ニュアンスで書いています。