Hatena::ブログ(Diary)

Paradism このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-12-21

2014年テレビシリーズアニメ話数単位10選

今年のアニメを振り返る意味も兼ね、今回もこちらの企画に参加させて頂こうと思います。

・2014年1月1日〜12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
・1作品につき上限1話。
・順位は付けない。

選出基準の方は、改めて 「アニメって本当に面白い」 と思わせてくれた回といった感じ。こちらも昨年と変わりはありません。それ以外は上記のルール通りで、順不同、選出順等に他意はなし。コメントはツイッターの焼き回しも多いですがご容赦を。



ラブライブ! 5話 「新しいわたし」

脚本:花田十輝 絵コンテ藤田陽一 演出:河野亜矢子 作画監督:森本由布季

f:id:shirooo105:20141222080327j:image:w330

背中を押され始まった物語の片鱗が、今度は私の番とその背を押し返すストーリーテリングの美しさ。語る言葉なんていらない。その晴れやかな表情に宿る未来への意思のみが彼女をスクールアイドル足らしめてくれるのだから。




ご注文はうさぎですか? 4話 「ラッキーアイテムは野菜と罪と罰

脚本:井上美緒 絵コンテ:小林公二、大島縁 演出:小林公二 作画監督:大島縁

キャラクターの機微な所作に酔いしれました。髪の毛わさあ。全カットに溜息が出る程。




そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION- 7話 「スターレイン」

脚本:黒田洋介 絵コンテ:中山奈緒美 演出:中山奈緒美 作画監督:木宮亮介

f:id:shirooo105:20141222080534j:image:w330

そに子を取り巻く世界の奥行き。どこまでだって行けるし、誰とだって笑顔になれる。優しい時間の経過が心に沁みる良話。




彼女がフラグを折られたら 13話 「彼がフラグをおられたら」

脚本:あおしまたかし 絵コンテ:上田繁 演出:上田繁 作画監督:滝本祥子、佐々木美和、水竹修治

f:id:shirooo105:20141222080615j:image:w330

手を取り合うということ。みんなで幸せになるということ。誰一人として欠けることは許されないのだということ。だからこそこの作品は声高にこう叫ぶのです。「どんなに陳腐なご都合主義でもみんな幸せに笑って終わるハッピーエンドが良い」 のだと。




スペース☆ダンディ 9話 「植物だって生きてるじゃんよ」

脚本:渡辺信一郎、CHOI EUNYOUNG 絵コンテ:CHOI EUNYOUNG 演出:CHOI EUNYOUNG
作画監督:押山清高

f:id:shirooo105:20141222080715j:image:w330

侘び寂びの極地。原住民たちが消え去った惑星に佇み、ダンディは何を想い、憂うのか。




それでも世界は美しい 2話 「雨の公女」

脚本:藤田伸三 絵コンテ:高木弘樹 演出:高木弘樹 作画監督:佐藤綾子 総作画監督:鈴木陽子、夘野一郎

向き合う二人。心の通い。太陽と雨と雲と虹と。そんな全てのモチーフが彼女たちの心を通わすメタファーと成るこの挿話もまた私の心に生涯残り続ける話になったなぁと。




暁のヨナ 6話 「紅い髪」

脚本:大西信介 絵コンテ:横山彰利 演出:金森陽子 作画監督:山本航

f:id:shirooo105:20141222080923j:image:w330

登場人物の感情に寄り添うカメラワーク。ヨナ姫の表情を正面から切り取る芯の強さ。「目が逸らせない」 そう囁く敵兵の、その言葉の説得力足る暁の瞳に王妃の覚悟と燃ゆる生への執着を見る。




旦那が何を言っているかわからない件 11話 「人が一人で生きてきて」

脚本:永居慎平 絵コンテ:いまざきいつき 演出:いまざきいつき 作画監督:いまざきいつき

f:id:shirooo105:20141222080630j:image:w330

人が一人で生きるということ。人が二人で生きるということ。多くは語らないし、語れない。全ては寝起きに見る貴方の横顔が語ってくれる。




六畳間の侵略者!? 9話 「陽だまりと虹」

脚本:白根秀樹 絵コンテ:徳本善信 演出:徳本善信 作画監督:齊藤佳子、大平剛生

六畳間は背中で語ると云わんばかりの大沼心イズム溢れる映像に、健速イズムが滲み出る台詞回し。
魔法少女でも、コスプレイヤーでもない。一人の少女として咲かせた笑顔に涙が溢れたラストカット。




ヤマノススメ セカンドシーズン 13話 「不思議なホタルの物語」

脚本:山本裕介ふでやすかずゆき 絵コンテ:柳沼和良 演出:柳沼和良 作画監督:今岡律之
総作画監督:松尾祐輔

f:id:shirooo105:20141204231105p:image:w330

此処まで辿り着くことの出来た彼女たちを祝福する蛍火の光。繊細な作画と緻密な映像のマッチングが大変素晴らしかったです。ここなちゃんの語りで締めるスタイルも情緒感あって凄く良かったなぁと。

[関連記事] -『ヤマノススメ』 13話の素晴らしさを語る





というわけで、以上が2014年度の話数単位10選の選定結果となります。

今年もたくさんの素晴らしい作品に感謝することが多い年だったように思います。笑って、泣いて。多くの物語に助けられてばかりだなぁと改めて実感させられますね。来年はどんなアニメに出会えるんだろう。そんな期待を胸に、一先ずは2014年。本当にありがとうございました。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shirooo105/20141221/1419160481
Connection: close