Hatena::ブログ(Diary)

ハケンの畦道 このページをアンテナに追加

2018-03-31 サクラサク。 このエントリーを含むブックマーク

[派遣]

満開ですね。

今年は桜が早い。新聞も桜の特集。読売新聞3月19日33面。ソメイヨシノ若返り作戦。戦後各地に植えられたソメイヨシノが各地で枯れ始めていて、神戸では青森のリンゴの木の手入れを参考に、古い根や枝を切ったりしているらしい。

古い枝を落として新しい若い枝に栄養が行くようにする。今の日本にも必要だわね、なんて考えつつ。

3月20日。

次の日の新聞。若い枝の話。両立支援、現状と課題は。仕事をしながら子育て介護ができる環境整備が急がれている。ですって。若い枝にぶら下がる子育てと介護。その枝の性別はいつでも女。

記事は17面、ウーマンっていう面。まあ新聞だからしょうがないけど、女性の問題は女性だけで考えなさい、ってことなのねー。婦人面よりはマシなのか。

管理職へ意気込みを。お茶の水大学教授、永瀬伸子氏。いい大学を出た女性でも総合職でなく一般職を志望するんだって。女性が仕事をしながら子育てもできる雛形を考えることが必要、なんだって。

子供は夫婦で育てたほうがいいと思うけどな。保育園の送り迎えとか、お父さんとお母さん代わりばんこでした方がきっと楽しい。子供はそういう両親を見て育つ。お父さんは先生とこういう風に話すんだな、お母さんの方が車の運転上手だな。そうやって子供は両親のことを見て、手本にしたり見習ったり、時には反面教師にしたりするんだよ。お母さんだけが忙しくてしんどい、そんな家庭はきっとギスギスして、暗いんだろうな。

畦道の母親は専業主婦で、父親公務員で、あんな風に私はならないしなれないなとずっと思ってた。図らずも公務員には五年ほどなっちゃったけどさ。どっちも幼稚だな、ってずっと思ってた。畦道は何不自由なく育てられたけど、家は好きじゃなかった。昭和の雛形そのものの「家庭」ってものにうんざりしてた。

労働時間削減が肝心。小室淑恵氏。入社1、2年目の若手女性社員にとって日本の会社組織や企業文化はおかしいと思うことだらけ。でも時間が経つと忙しさに巻き込まれて疑問を持たなくなってしまう。

うん、そうだね。おかしいと思うのが女性社員だけ、っていうのも当たってる。そして忙しさに呑まれて疑問を持たなくなる、っていうのも分かる。この傲慢な畦道ですら、ほぼ徹夜で仕事したりしたことあるもんな。あれは短期だったけど、短期だからっていいわけじゃない。

企業の幹部は女性活躍の時代っていうのを強く意識している、なんだって。うーん。これは分からないな。

畦道の最初の職場は地方自治体で、大学失敗して仕方なくしばらく行ってやってたんだけど、仕事の帰り道に高校の先生に会って、こっちは覚えてないけど向こうは知ってて、今何してるっていうから公務員ですって答えたら、そうだね君は男女同一賃金の職場でないとね、って言われた。

そんなこと考えたこともなかった。3つ受けた公務員試験の中でそこが一番給料高かったからなんだけど、そういえば研修の時に、仕方ないから男女同数採用してるけど成績順で取ったら7割近く女性になる、って言われたな。

小室氏はさすが資生堂勤務を経ただけに見方が柔らかくて、女性活躍の時代を意識している企業の幹部は実際には女性社員との接点がほとんどなく、具体的に何を求めているか知りたがっている、なんですって。

で、この二人の意見を実現できるような職場って、外資系しかないなって思った。外資系は大抵女性の方が多いし。管理職もいるし。育児休暇とか男性でも取れるし。

特にハケン。外資の方がハケンを雇いなれてるから、下手な内資よりずっと待遇もいい。

そして経営。

同じ日の新聞。古い枝。関西経済。稲盛流経営。京セラ創業した稲盛和夫氏のお話。

最初から京セラかと思ったらそうじゃなかった。碍子メーカーから独立して1959年に創業したのね。うわあ。さすがの畦道も生まれていない。

戦後復興の時代、仕事もあったけど労働状況は悪くて、残業続きでろくに休みも取れない。団体交渉になって「必ず改善するから信じてくれ」って説得したんですって。

この時代はしょうがないけど、今の時代、どうやって労働環境を改善してどうやって仕事の効率を上げていくか、経営者だけが考えたんじゃ回らないと思う。企業のトップは若い女性と接点がないんだしさ。

27日の関西経済では、通信への参入で独占を打破、ってあります。第二電電。あったねえ。DDIポケットPHSってもうなくなるんだよ。MDもそうだね。短かったねえ。

それはね。「すでにあるもの」に手を出したから。京セラが良かったのは、自分たちが作ってきたものの品質を向上させて、生産ラインの効率を上げる方法を考え出したから。自分たちのもので勝負したから。

今はスマホが大流行りだけど、いつか飽きるよ。だって、みんな昔はカラオケばっかりしてたでしょ。ディスコに通い詰めたでしょ。土地買ったでしょ。貯金したでしょ。

Japan

昨日Yoshikiって人がテレビに出ていて、なんとなく見ていた。畦道は彼らとほぼ同世代。畦道もKISS大好きだったさ。バンドもしてたさ。ピアノも習ってたね。かといって彼のファンじゃない。むしろ嫌い。

でも、どんなことがあっても最後には音楽に帰ってくる、そこから外れないから、みんな彼に憧れるんだろうね。

全ての人に帰るところがあるわけじゃない。歩く道があるわけじゃない。道を切り開けるわけじゃない。だから、彼のことを好きになるんだ。歓声を上げるんだ。アメリカについていくんだ。

だからといって、彼に自分の人生を託してはいけない。彼に寄りかかってはいけない。自分の道は自分で歩かなきゃ。

自分の人生に責任持たなきゃ。

たとえハケンでも。

2018-03-15 研修って。 このエントリーを含むブックマーク

最近は研修もオンラインですよ。eラーニングで研修。ハケンのみんなはうんざりするくらいやらされているビジネス研修ですよ。

そこに、こんな記述がありました。

f:id:shishow2010:20180315214555p:image:w640:left

どうですか。仕事が忙しくて本を読む時間がない時は朝早く起きて各駅の電車に乗るんですってよ。

いつ寝るんですか。もし電車通勤じゃなかったらどうするんですかね。

解説はこちらですよ。

f:id:shishow2010:20180315215058p:image:w640:left

1日の全てを時間に使えるわけじゃないでしょ。

あんまりなので、ハケン会社にメールしてみました。その答えが以下です。

いつもお世話になっております。

研修事務局でございます。

教材の件、ご連絡いただきありがとうございます。

畦道様からいただいたご意見につきましては、

昨年から別の教材につきましても教材制作会社へ共有させていただいておりますが、

なかなか改定が難しい状況ではございます。

当社といたしましては長時間勤務等推奨する意図は全くございませんので、

時間がないなと感じた時に、時間を作る方法の提案の一つとして

お受け止めいただけますと幸いです。

このたびは貴重なご意見を頂戴し、ありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

んんー〜ー。どう思います? なんか、最近の国会の答弁みたいじゃないですか。

教材の制作会社の責任なのか。そうなのか。情報共有なんてしないのね。

なんか残念だなあ。

2018-02-09 それって会社としてどうなのかな。 このエントリーを含むブックマーク

[派遣]

確かに売れなきゃ意味がないわけだけど。

畦道が今働いている会社は環境も良いし、仕事も面白い。売り上げもいいみたいだしね。まあね、売り上げが良くなくちゃ畦道みたいな嵩の高い派遣は雇いませんよってこと。

嵩が高いっていうのは質が高いとは必ずしも同義語ではなくて、何の役にたつか分からんけど今時のパソコン仕事はできるみたいだから雇っておこう、みたいなノリの。

畦道を一人雇ったからって売り上げに繋がるわけじゃない。今は特に、売り上げも在庫も直接触ってないから、どういう風に役に立ってるのか、自分でもよく分からない。この業界のことはほとんど知らんしなー。

でもまあ、時給はいいし、仕事しながらちょっとずつ知識が増えていくのは楽しいよ。

今はどこでもそうだけどさ。

どんな会社でもそうなんだろうけど、もう日本はマーケットとしては飽和状態。

職場としても限界が来ていて、本当に人が集まらないみたい。今の会社は違うけど、業務のコアな部分をどんどん海外に移している会社多いなあ。お客様センターとか在庫管理とか、総務まで海外に移す会社もあるらしい。人件費安いから。下手な日本のおっさんに比べたら、中国の若い女の子の方がよっぽど役に立つもんな。英語もできるし。英語どころか、日本語もぺらぺらの人いっぱいいるもんな。

でもなあ。。

中国に空気清浄機を売って日本一になった企業。それは、製品が優秀だったから、だけじゃないはず。中国の大気汚染がひどいことになっていて、需要がものすごいから。

必要とされているものを売って利益を上げる。それは悪いことじゃない。けど、空気清浄機って、何のためにあるんだろう。子供が風邪をひかないように。花粉症の症状を和らげるため。暖房や冷房の効率を良くするため。

部屋の中の空気だけきれいになったって、工場から吐き出される汚染物質が減らなきゃどうしようもない。エイズの薬をいくら作ったって、きちんと服用しなかったり感染しないよう教育したりしなければどうしようもない。

エアコンを作っている会社の究極の目標って何だろう。全くエネルギーのロスのない空調設備。いや、エアコンのいらない世界。空気をきれいにする機械のいらない世界。冷房や暖房がいらない世界。

薬を作っている会社の目標。病気を治すこと。そうじゃない。この世から病気がなくなること。病気で苦しむ人がいなくなること。

綺麗事なのは分かってる。

エアコンも薬も必要悪。そんなことは分かってる。空気はきれいにならないし、病気だってなくならないよ。

でもな。ビルの窓からネオン眺めながら、思うわけよ。

売れればいい、どんどん売れればいい、空気がどんなに汚くなったって知ったことじゃない。それでエアコンや喘息の薬が売れればしめたこと。

企業の全てがそうじゃない。多分。けど、売り上げしか見ない、その国をマーケットとしてしか見ない、その国の国民を患者としてしか見ないなら、その会社は企業として一流とは言えない。

なぜ空気清浄機が必要なのか。なぜ喘息の薬やがんの薬が売れているのか。

機械を売るだけじゃない、薬を売るだけじゃない、人々に本物の健康を提供したいなら、何に原因があるのかきちんと見極めるべきではないのか。

国民の健康が損なわれることがその国にどのくらいダメージを与えるのか、製品をアピールするだけてなく、その国の未来を良くするために働きかけるべではないのか。

それが経済経世済民の本質ではないのか。

分かってる。聞く耳なんて持ちゃしない。そうね、畦道だって自分の母親一人説得できないもんな。石油ストーブ危ないってデロンギ買ったのに使いやしない。

でもな。ちょっとだけでいいから、考えてほしい。エアコンは、薬は、何のためにあるのか。金儲けのためじゃない。暮らしを豊かにする、生活しやすくする、健康で長生きするためのものだったはずだ。

品があるはず。

畦道は食品会社が好きだ。働いている人が職人で、そこの製品が大好きで、深い知識を持っている。食べ物は必要。生きていくためには欠かせない。でも、食べられればいいってもんじゃない。美味しくて、美しくて、楽しくないといけない。

機械の会社も、薬の会社も、製品の知識が豊富で仕事が好きっていう人はいっぱいいる。

だけど、ちょっと売り上げばっかり言い過ぎ。グローバルとかこだわり過ぎ。成長とか自慢しすぎ。製品も薬品も、品があるはず。高い品質の製品を、本当に世界のために役立ててほしい。

2017-11-19 さようならAppleWorks。 このエントリーを含むブックマーク

[派遣]

そりゃあずっと放置していた私もいけないけれども。

十年近く放ったらかしにしていたPDFファイルを更新しようとMac ProAppleWorksを開こうとしたのは二ヶ月ほど前。かつて韓国語テキストのPDFファイルの販売をしてました。まぐまぐで売ってたことも。さすがに内容も古くなってるし、書き直したり価格も安くしたりしてみようかなと。

ああ、MacXでは、AppleWorksはバンドルされてない。有料配布になっているのね。

Mac9で使い倒していたAppleWorks。ワープロ機能はもちろんのこと、ドローやペイント、簡単な表計算プレゼンもこなせていた。

GIF画像だってAppleWorksで作ったんだっけなあ。GraphicConverterにかけてサイトに上げてた。PICTにしてAppleWorksに貼ってPDFにした。Acrobatは買ったけど、AppleWorksだけでPhotoshopで的なことはほぼできたから、無料で作っていたようなもんだった。

だもんで、Pagesで開いてみた。うっ、開かない。そうだねしょうがない。そんならTextで。懐かしの文字化け。しかも大きすぎるのか。miもiTextも。むうう。

メールで送ってから開いてみるか。うん、これなら大丈夫。でもちょっとずつしか送れないや。面倒だなあ。

持っててよかったWord。

そうそう、MacのWordも持ってたんだ。Excelしか使ってなかったけど、せっかくだから使ってみよう。コピーして保存し直して。ちょっと面倒だけど、USBメモリに入れてコピーして開いてみる。

おっ。開いた。よしよしPages。つくづくMacXってWindowsっぽいよなあ。まあ、開けたからいいけどさ。

で。中身をちょこちょこ編集。枚数は多いけどほとんどテキストなので保存は問題なし。

PDFのプリンタはバンドルされてるようだ。おーし、できた。

何なのDCって。

ついでにiBookseBookも作ってみたわ。よしよし、どっちも開く。

サイトにアップ。FileZillaアイコンあんまり可愛くないけどmiでそのまま開いて編集できていいので許す。

アップしたファイルが開けるかどうか確認。ブラウザでは開いた。Safariはいける。ダウンロードしても読めるよね。

うっ。なぜに。フォントが入っていないって。ヒラギノフォントだよ。しかもデスクトップじゃ開けるのに。そんならFirefoxはどうよ。おっと一部潰れる。ダウンロードしても読めない。

eBookはどうだ。ダウンロードはできた。ああう開かない。

教えてGoogle。どうもAcrobatReaderDCがいかんらしい。Acrobat5で作ったPDFまで読めなくなったわ。あ、AdobeReaderX1にしたけどあかん。

どうもMacXバンドルのQuartzそのものがいかんようだ。そうだわなあ無料だもんなあ。

んーんー。

実はこれが正しい。

そうなのよね。たとえ自分が作ったファイルでも、パンパンいくらでもダウンロードできるのって本当はおかしい。だから畦道はPDFにパスワードかけてサイトのホームディレクトリにおいてダウンロードしてもらっていたんだけれど。

十年前は簡単だった。サーバー借りてクレジットカード決済の会社と契約してCGI入れてファイル上げてダウンロードしてもらうだけだった。

そうよね。著作権を守りたいなら、自分も守備を固めなきゃ。ファイルを買ってもらった人にちゃんと読んでもらえるようにシステム考えなきゃ。

初心に帰って、練り直してみよう。

2017-09-29 みんな何を読んでいるんだろう。 このエントリーを含むブックマーク

今週のお題「読書の秋」

畦道の派遣生活が始まって以来の付き合いのマグカッフの蓋の縁がちぎれてしまった。早速画像検索。あったあった。マグカップじゃなくてタンブラーみたいだ。タンブラーGOGOだって。販売促進用のものらしくて、普通には売っていないっぽい。本体はステンレスで周りが透明のプラスチックで冷めにくく持ち手ががっちりしてて300ccくらい入って茶呑みの畦道お気に入りのマグカップなので蓋だけ探してみます。

さて。読書の秋だわ。子供の頃は割と本を読んでいたけれど、最近は目を使う仕事をしているので新聞くらいしか読まなくなった。

んで、通勤電車の車内でスマホをしない畦道は、みんながどんな本を読んでいるのかこっそり観察している。

大人しそうな小柄な男性、ポチョムキンと革命。あんた何を企んでいる。

真面目そうなぽっちゃりとした女性。この銘柄が買いだ。勝負師なのか。

筋肉質の男性。三匹のおっさん。今時の若者は好きなのかおっさんが。

高校生が真剣に読んでいる本、それ持ってるよ。IT系の試験の参考書でしょ。分かりやすくてよかった。

明らかに裁判関連の書類。そんなに開いて大丈夫ですか。被告の名前も見えますが。いいんでしょうか。

小説らしい。主人公が「五十二歳になってこのように仕事を探すことになるとは思いもしなかった」って書いてある。畦道なんてここ十年ほどずーっと仕事探してますよ。楽しいけどそれも。

本の話をしている人もいる。営業の極意30とか50とかいう本を読んだらしい。なかなか実践するのが難しいって。正直だね。正直だけど、自分の仕事に関連する本ばっかり読むのって、疲れませんか。

畦道は近世の美術とか文芸とか好きだけど、時々建築の本も読んでいた。難しいのじゃなくて、写真の多い易しいやつね。バルコニーとテラスの違いとか、日本初の鉄筋コンクリートの住宅の話とか出てきたよ。

プログラマーだからってプログラムの本ばっかり読むんでなく、例えば虫の本とか野菜の本とかどうですか。畦道は料理が好きだから食べ物の本ばっかり読むけれど、時にはアホウドリの本とかも読むよ。アホウドリの話から何故か近代日本の海の歴史の話になっちゃったけど、面白かった。

たまにしか読まないなら、せっかくなんだから、よく知らない世界、あんまり関係ない世界の話を覗いてみようよ。