Hatena::ブログ(Diary)

見ざる・言わざる・shizaru

読書日記・その他

2009-06-28

[]Twitter専用機はどうよ?

デスクトップ機だと、サスペンドから復帰するのがちょっといや。ubuntuなら電源ボタン押さないといけないし。Vistaマウスボタン押すだけで復帰するけれど。

chunbyみたいに「目覚まし時計&ラジオ」代わりに使い、かつネットにもアクセスできるデバイスが激しく魅力的。でもchumbyの値段ならNetBook買えますな。

それならSL-C3000を常時起動しておいて,Twitter専用機にしておく、というのもおもしろいかも。oe上でGwibber、がいいような気がする。GTKPythonなら動かせるでしょう。

2009-02-14

[][]Xfce4.6RC1

非常に長い時間がかかったものの、Xfce4.6rc1がangstrom上でできあがりました。

何度もconfigureを編集したり、必要ライブラリをintallしてからmakeをやりなおしたり。

といってもそれがおもしろくてやっているみたいなもんなんですが。

とりあえずstartxfce4で起動確認。速度はまあまあ、e17とどっこいどっこい、というところです。やはり常用するにはちょっと辛いレベルでしょう。

2009-02-12

[][]黙々と

zaurus上のangstromでは、e17も軽快に動きます。PDA上にしては、という注釈がつきますが。widget関連でエラーを吐くようです。なんせzaurus上ですからねー。

で、次に作っているのがxfce4.6RC1(^^;)。全く懲りません。

e17がwindowmanagerで、自称「desktop-shell」なのに対し、xfceデスクトップ環境ですから、それなりにいろいろな依存ライブラリを必要とします。configureを実行するとあれがない、これがない、といろいろ言われます。

一番困るのがperlXML::Parserが必要、と言われること。feedから入れられるperlcpanインストールが成功したことないんです。現在のdevブランチのperlでもやっぱり失敗。仕方なくperl5.10.0をセルフビルド

さらにxfce関係のアプリライブラリのconfigureでintltool関連のエラーが出ます。confiogure中にhead -lという記述があって、これでエラーを吐く。

head -n lと書き直したら無事configure成功。angstrom上でセルフビルドするおもしろさは、こういうちょっとした障害を乗り越えながらビルドしていくこと、なんでしょう。

zauを持たなければここまでlinux使うようにならなかったろうなあ、と思います。しみじみ買ってよかったけれど・・・なくなったのが残念至極。電子辞書として生まれ変わりました、っていわれもなー。

2009-02-09

[][]知る

SL-C3000上では、相変わらずあれこれとセルフビルド

現在はPekWMですかね。

Everything for your Enlightenment Desktop - enlightenment-themes.orgをだらだら眺めながら、svn coしたe17の最新版をビルドしていたら、偶然Themes for your Window Manager - box-look.orgといういわゆるBB系のWindowManagerのテーマなどを扱うサイトを知り、その中にPekWMのテーマもあったわけですがこれがけっこう好み。

というわけでPekWM本体をセルフビルド、と。e17は肝心のe-wmのconfigureで頓挫。現在原因を調査中(^^;)

そろそろzauではなくて、いわゆるNetBookをいじってみたくなってます。資金的にはなんとかなりそうなんですが、どれを買ってよいやら迷いますねー。

debianあたりのコンソール版をいれて、Xorgからコツコツとビルドしていく、というのが使用目的でしょうかね(^^;)

それならOpenBSD入れろ、という感じ。

2009-02-05

[][]SL-C3000

デスクトップ機であれこれやっている間、SL-C3000は地道にオンデバイスビルドに励んでいます。

やっとsubversionがビルドアップかな?