Hatena::ブログ(Diary)

社会起業支援サミット2009 in 静岡 運営ブログ

 

  「社会起業支援サミット2009 in 静岡」開催します!     
  静岡の問題を吹き飛ばす、リアル・ヒーローに会いにいける!
   失業、貧困、障害者の自立、環境問題、農業再生、在日外国人問題…
   世の中には、切実な社会的課題がたくさんあります。
   政治や行政だけでは解決できないそうした社会的課題に対し、
   「ビジネスの手法」により 解決しようと努める人を「社会起業家」といいます。
   静岡県内の社会起業家が「背景の問題」「現在の活動」「今欲しい支援」について15分間語ります!


   たくさんのご来場、ありがとうございました!
  全国ではまだまだサミット継続中!!
  詳しくは 社会起業支援サミット2009HP(移転しました) 



  参加起業家インタビュー・プレゼン映像
   ・有限会社オグショー車椅子などの搬入可能な車「ライフスタイルカー」の提案 プレゼン映像(1) (2) HP
   ・Spice Cafe Bijaフェアトレード、有機農法で作る「地球を救うカレー」 プレゼン映像(1) (2) HP  
   ・株式会社ベラミ物理、精神両面による「双子ちゃんの親」支援 プレゼン映像(1) (2) HP
   ・有限会社ぬくもり工房伝統工芸「遠州綿紬」の復興 プレゼン映像(1) (2) HP
   ・夢咲來〜ゆめさくら〜高校生による地域活性活動 プレゼン映像(1) (2) HP
   ・NPO東海道・吉原宿どこにでもある商店街で「ちょっと違うまちづくり」 プレゼン映像(1) (2) HP
   ・一般社団法人 ピア治療や脱毛症などの脱毛期のウイッグ作成とケア プレゼン映像(1) (2) HP
   ・静岡学生NGOあおい … カンボジアの児童買春問題に取り組む プレゼン映像(1) (2) HP


  ミーティング議事録
  スタッフ紹介
 
  連絡先:shizuoka_ccc@yahoo.co.jp
 

  ドキュメンタリー映像対象

2009-07-16

メディアへの露出状況

昨日は発起人の杉村とメディア担当の苅谷さんで、

FMHaro!浜松エフエム放送さまの生放送に出演してきました!

RADIO H.|FmHaro!76.1http://www.fmharo.co.jp/program/radioh/


コーナーの名前はずばり「この人に注目!」ということで、注目されてきました。

パーソナリティの方が、「杉村くんと苅谷さんは付き合ってるの?」

なんて冗談で緊張を和らげて下さって、なにはともあれ楽しかったです!


現場の写真とりわすれたのがざんねんです。

影響があるといいです!

明日もFM−hi!の「ひるラジ!静岡情報館」、

午前11時20分からのコーナーに出演してきます。楽しみです!




そして今日は静岡新聞さまに取材していただきました!!

会議の様子をバシバシ、写真にとってもらいました。

あとサミットへの意気込みや目的、経緯を取材してもらいました。



以下は記者さんにいただいたヒトコトです。

「ガツガツ起業したい人の集まりだと思ってたらそうでもない、」

「むしろ純粋に社会のために動いているように感じた。」

うーん。この辺を感じていただけたのが一番嬉しかったです。


杉村は、社会起業家になりたいから社会起業家を学んでいるわけではないです。

だれか困っている人のために何かしている人、

かつその方法としてまったく新しい手法を取り入れている人、

課題へ果敢に挑む人に、あかるい未来を見出したから、学んでいるんです。


実は単純な理由だった!


静岡スタッフは主に18歳〜22歳のメンバーで構成されています。

みんな生まれてからずーーっと「未来は暗い暗い」と言われつづけて、

もういいかげん辟易していました。超うんざり。

「そんな未来を変えうる存在だと思った」ってのが、

社会起業家に注目した、最初のきっかけです。


政治や行政 →最大多数の幸福がテーマ →小さな課題まで手が届きにくい

NPO法ができて一時期注目されたけれども…

NPO →持続させるには寄付金が重要 →日本に寄付という文化が成り立たない


こんな現状を知る中で「社会起業家」の発見は衝撃的でした。

んもうたいへんな衝撃でした。

目の届かない、対処のしようがない課題を、持続可能なかたちで解決しようとして、

彼らはすでにビジネスモデルを作り、活躍していたのです。

知った瞬間、ひとりで日本の未来が明るくなったような気になっていました。


彼らのことをもっと知りたくなりました。そして、

「この衝撃をいろんな人に味わって欲しい!」

「いろんな人が彼らを知れば、未来が明るくなるはず!」

そう思ってサミット開いてみようと思ったんです。


そう思うとこの活動は「社会のために」というよりも、

むしろ「自分の未来のために」という要素が強いのかもしれません。

書いているうちに話がずれてしまいました。

運営ブログで書くべきことではない(笑)


サミットまであとすこし!

明日からはメンバーかわるがわるで更新したいなあ。