サッカーは麻薬だ! このページをアンテナに追加 RSSフィード

<ご指定のscriptタグは許可されていません。詳しくははてなダイアリーで使えるブログパーツをご覧ください><ご指定のscriptタグは許可されていません。詳しくははてなダイアリーで使えるブログパーツをご覧ください>

2010-06-30 日本VSパラグアイ

スカパーで観戦

結果はご存知のとおり120分0−0

延長でも決着がつかずPK戦で負けちゃいました。

試合の感想はよくやったとも思うし、もう少しやれたんじゃないかなとも思いました。

身体を張った守備はパラグアイ以上に評価できるものの、

シュートチャンスなのに消極的な選択してしまいブールを失う場面が目に付いた。

つくに本田、この日はフリーキックは延長での1本?

もっとエゴイスティックにゴールを目指してもよかったのではないか?

彼だけではなく全体的にリスクを恐れて消極的な内容で終わってしまった

皮肉にも一番攻撃に積極的だったのが最後にPKを外してしまった駒野だったように思います。

とはいえ大会前の予想に反してのグループリーグ突破

デンマーク戦での遠藤と本田の美しいFKは世界中のサッカーファンが南アを振り返るとき必ず思い出すはず。

それを考えただけでもパチパチ拍手ですw

大分サポとしては関係した選手が出なかったことが悔やまれます・・・

ボギョン出なかったし

あとスカパーで日本戦のゲストにポポビッチが居たことがささやかな喜びでした

気になったのはそのコメントではなくファッション!

Yシャツの襟を通さずに首に直接巻いていた

あれってネクタイ?スカーフ?

嫁はサンタクルスの男前度以上に気にしてました

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sho5/20100630

2010-06-26 南アW杯

サッカーの素晴らしさを再確認する日々

開幕から毎日1.2試合見てますがこれでもまだ約半分の試合は見ていない

今回スカパーはすべてHD放送してくれています

なので自分の主戦場であるJ2リーグ戦に戻ったときに感じるであろうギャップに恐れていますw

しかし南米勢は強い

5チームすべて決勝トーナメントなんてすごすぎ

ブラジルアルゼンチンの強さは想像してましたがチリの強さが一番の驚きでした

それに反してフランスイタリアの敗退には失望しましたが総じてヨーロッパ勢の出来の悪さはなんなんだ・・・

勝ち抜いたドイツスペインイングランドも内容的にはいまひとつ、

自分的にはポルトガルだけがかろうじて合格点でした

高地順応もそれなりに研究してただろうし気候的にも秋の南アならそう問題でもない

うーん

自分的にたどり着いたのは南半球での開催であること

南アは1勝1分1敗、オーストラリアも1勝1分1敗、ニュージーランドは3分

これを加えても南半球勢は12勝9分3敗!

1チームずつみるとフムフムよく頑張ってるジャンってレベルなんだけど

8チームが3試合ずつ消化して3敗なんて違和感ありすぎです

きっと何かがあるんでしょうね〜

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sho5/20100626

2010-04-11 J2第6節 大分VS岡山

天気予報では午後から雨の予報傘持参で大銀ドームへ

現地は雨は降っていなかったものの屋根は閉まってました

f:id:sho5:20100411230417j:image

予想を超えるほどの岡山サポ

太鼓もよかったしサポの声も大きかったです

f:id:sho5:20100411230415j:image

岡山スタメンは正直誰も知らんかったので割愛

今までどんなチームでも2・3人は知ってたんだけど・・・スマン

大分は前節と同じ

GK      下川

DF コテ ギョンジン 菊地 刀根

MF 梅田 宮沢  姜  ボギョン

FW   ジョンハン  東


で、試合はというと前半主導権を握った大分でしたが決定機まではいかない

前半14分に梅田が貰った右からのFK東が蹴って

ニアに飛び込んだルーキー刀根がすらしてJ初ゴール

その後も何度か迎えたチャンスを生かしきれず前半終了1-0

後半は修正した岡山のペースでしたが逃げ切って結果は1-0

ボギョンの左足は試合を通してマークされほとんど機能してなかった

試合としてはあまり褒められた内容ではなかったです

ただ前線の二人、東とジョンハンは足が攣るほど走ってました

まだ少しドタバタする場面が多いですがこのスタイルで今後も行って欲しいと思います

刀根クンは前回このBLOGで酷評したんですが

この日決定的なミスはなく少しずつ成長してます

しかしまだまだ不満、菊地もその辺は心得ていて何度も彼に檄を飛ばしていました

ポジショニングや、カバーリング、相手との間合いなど素人目にも甘い

だけど、前線への駆け上がりやこの日のヘッドなど身体能力は非凡なものが見えるだけに

もっともっと伸びて欲しい選手です

彼は清水の市川選手クラスに化ける可能性がある

菊地よドゥンガになってもっと鍛えてくれ!

あ、直接接点はなかったけ?w

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sho5/20100411

2010-04-04 J2第5節 徳島VS大分

家族サービスも兼ねて前日四国入り

善通寺讃岐うどんを堪能し(二日で計3回たべましたw)

翌日に高松道から一旦淡路島へ渡り鳴門ポカリスエットスタジアムへ向かうという

f:id:sho5:20100405002250j:image

観光客にありがちな無駄なコースで会場へ

f:id:sho5:20100405002102j:image

天気がよくて安心してたら後半上着にひざ掛けでは間に合わない寒さになり娘はダウン

でもここは再入場OKのシステムだったので車で休ませることができました

f:id:sho5:20100405002040j:image

ゴール浦にスタンドをつけた大分市陸といった趣のあるスタジアムでなんだか懐かしい

到着は開門時間前だったんですがすでにビジター入り口は結構な列ができてました

ゴール裏対決では圧勝でした


徳島は前節2ゴールの津田が居ない

4−4−2なのか?

    日野

平島 ぺ 三木 輪湖

倉貫 浜田 青山  島田

  平繁   柿谷

大分は菊地を最終ラインに戻しての4−4−2

     下川

コテ ギョジン 菊地 刀根

梅田 宮沢  姜  ボギョン

  ジョンハン  東

序盤からこの日の大分の守備は身体を張って奪えていた

森島がいないぶん東とジョンハンの前線からのプレスが効いていたし

宮沢と菊地、梅田と小手川の縦のバランスがよかった

最終ラインに菊地がいると安定感が格段にアップする本来はもう少し前で見たい選手なのだが

しばらくはこの位置での起用になりそうです

前半15分

中盤でドリブルを仕掛けたボギョンが倒されFK

それをいとも簡単にゴールに結びつけたボギョンの左足は中村俊輔級だった

徳島も三木が存在感を発揮して奮闘してたんだけど残りの2発ともノーチャンスといえるミドルでした

結果は0-3

うーんあらためてサッカーってわかんないもんです

栃木戦での守備の崩壊は

八分がた負けを覚悟させてくれてたんだけどねw

でもまだまだ、この日センターから左サイドバックでの出場となった刀根君

前半最初の決定機、ボギョンが左へはたいて駆け上がった彼からのクロスは素晴らしかった

でもこの日はそれだけ。

DFとしてまだまだミスが多すぎる、

コテも梅田のフォローがなければ怖いレベルだし・・・

この日の勝利はアウェージャックした大分サポへのプレゼントとなりましたが

菊地とポギョンで勝ったようなものだし・・・

冷静に考えると収穫は村山クンが使えそうだったことくらいですかね

ファンボ監督が組み合わせを間違えないことを祈ります

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sho5/20100404

2010-03-29 J2第4節 大分VS栃木

個人的には今季初の生観戦

相手は調子に乗れてない栃木だし連勝が続くとタカをくくってました

が結果はご存知のとおり

遠くからこられた栃木サポおめでとう

つうか、ヒロシマツダのすべらない話ってなんだ?

f:id:sho5:20100329085710j:image

序盤からプレッシャーを受け続けロボに裏を取られて失点

前3試合同様にDFに安定感がないなあと思っていたら

サイドから直接ズドン!

これは決めた赤井もほめないといけないですがフリーで打たせちゃいかんですハイ

前半0−2

で後半開始

個人的には変えて欲しい選手もいたんですが交代ナシでした

開始早々の菊池の右サイドへのオーバーラップにこれは!と思ったのですが

それ以降は尻すぼみというか修正もうまくいってなかったです

逆にサイドを突かれてロボに3点目を決められ

1点を返すも再び左サイドからクロス、ヘッドでトドメの4点目

とにかくサイドでフリーにしすぎ

あそこまでなめちゃいかんでしょ?

大分市陸でやってた時代はドフリーでもミスしてくれることが多かったですがW

とにかく昨日の試合は全員失格!

次節は4連勝と波に乗る徳島横浜FC戦見ましたがDFは安定してるし

島田・津田・平繁といい補強してきたし

美濃部さんいいサッカーしてるので勝てる気はしませんが栃木だってこんなこともある

ってことでポカリスエットに参戦

惨敗はもちろん覚悟してますww

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sho5/20100329

2010-03-07 J2開幕戦 柏 VS 大分

更新さぼってますw

スカパーにてテレビ観戦でした

とりあえず開幕を迎えられてよかったです

トリサポの誰かが開幕感謝!て書いたゲーフラ掲げてましたがジンと来ました

とにかく愛するチームのある喜びをかみ締めてます

負けてしまいましたが

ふと

今年の初めに深谷クンの送別会で彼に聞いた質問を思い出しました

『今年のキャプテンを選ぶなら誰がいい?』

少し考えたあと答えてくれたんですが

今日はその答えの選手が光ってました

しばらく見守りたいと思います

しかしフランサの2点目は凄かったな〜

では

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sho5/20100307

2009-12-25 前社長の溝畑宏氏が観光庁長官に

前回から約一ヶ月トリサポとしては凹むニュースばかりなのと

個人的に多忙のため更新できずにいましたが

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091225AT3S2500C25122009.html

なんと溝畑宏氏が観光庁長官になるらしい・・・

クラブは倒産の危機におびえ続けているというのに、

その張本人は官僚復帰ですか・・・

社長辞任時、J2降格の責任については謝罪の言葉はあったものの

あってはならない経営については不況を言い訳に触れなかった彼を

個人的には許せない

クラブはいまも苦しんでいるのに・・・

公私共に最低な一年はもうすぐ終わります

来年こそは希望の光が見えますように

追伸

募金活動中のサポのかたご苦労様です

自分も参加したいのですが正月中も仕事のため動けそうもありません

こんなときに申し訳ないす

どこかで募金はしようと思います

では

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sho5/20091225

2009-11-21 あってはならない経営が行われた

「経「あってはならない経営が行われた。」経営破綻(はたん)に近いと言っても過言ではない。」

これは17日Jリーグ理事会後にチェアマンが大分に対して残したコメントです。

そこまでいわれるほどの経営状態でありながら理事会には欠席

しかも社長不在の中6億もの融資とは・・・

正直とてもありがたいですが素人には理解不能です

それを受け19日付けの合同新聞の溝畑社長インタビュー

http://www.oita-press.co.jp/localNews/2009_125859465782.html

「今年の局面については真摯に受け止める。

だが、親会社のない地方クラブが必死の思いでJ1の灯を守るために7年間頑張った。

今まで培った歴史は誇りに思う。」

ですと・・・

その後

20日にようやく辞任を発表した溝畑社長ですが・・・

公式から

http://www.oita-trinita.co.jp/information.php?_mode=detail&id=4024

Q:トリニータがこういう経営状態になってしまったことで最も後悔していることは。

「経済状況が動いていく中で、選手、監督のコストを厳しく管理すべきだった。

昨季優勝したことで彼らの給料を上げてあげたいという愛情がこういう事態を招いてしまったと感じている。」

昨今の経済状況から経営に行き詰まりながらも愛情から給料を上げてしまったことが原因らしいです。

しかし、

Q:Jリーグ側によると1月末までに約12億の借金があり、今回融資された6億を足すと18億の借金となり、そのうち2億が金融機関への返済分と考えれば16億ほど足りない計算になるが

「12億の中には3.5億が入っており、それ以外に返済予定分もありますので、計算すると1月末時点で7〜8億足りない計算になる。」

なんで急に支出が億単位で増えちゃうんだ?

だから

あってはならない経営が行われた

なんて言われちゃうんだろ!!

どっから見ても放漫経営が原因です!

最後ぐらいはサポに対しても全国のサッカーファンに対しても頭を下げるべきだと思うのですが・・・


で今日の記事

http://mainichi.jp/select/biz/news/20091121k0000m020134000c.html

ペイントハウス事業停止らしい・・・

このタイミングは「あってはならない経営が行われた」ことと何らかの関係がありそうですが・・・

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sho5/20091121

2009-11-15 溝畑社長退任?

2億円の緊急融資の件で

クラブの動向を気にしながら心配していたのですが

大分の再建請負人に熊地氏が就任だそうです

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2009/11/14/09.html

なっ!

朗報ではないですかw

不謹慎ですが

11億もの累積赤字と7億の債務超過を抱えるクラブのサポとしては

存続こそが残された希望でしたから・・・

とにかく

溝畑さんありがとう

(今まで、ではなく辞めてくれて)

うん

ダンマクに使えるなww

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sho5/20091115

2009-10-19 J1第29節 大分 VS 清水

柏戦も天皇杯も行けなかったため一ヶ月ぶりの九石ドーム

f:id:sho5:20091019191517j:image

清水は勝てば去年のナビスコのお返しと首位が待っている状況なので同カードとしては過去最多のサポータ。

開門直後にバックスタンド『走れ大分』の所にかぶせる形でいつもの『こんな大分に誰がした?!』ダンマクを貼ったのですが・・・

5分もしないうちにクラブスタッフのお姉さんがとんできました。

やりとりは基本的にこのスタッフの方とCERTOの幹部の二人でした。

自分と数人の仲間はそばで見守ってました。

『上からの指示ですぐに剥がして欲しい』と言うので、

『理由は?誹謗中傷とは思いませんがどこか規約に引っかかるのでしょうか?』と質問。

『とにかくこういった形態のダンマクは認められません、上からの指示なので・・・』とお姉さん。

『前回(27節)のようにコミッショナーからなの?』

しばらくトランシーバーで確認を取るお姉さん。

『今回はクラブの判断です』との回答に

『剥がさないわけじゃないけど社長の指示と考えていいんですね』と念を押すと、

『・・・』

今回はCERTOの会長も居なかったのでまあすんなり指示に従いましたが

テレビ中継にまで映すつもりは無いので即刻撤去の指示になんか釈然としなかったです。

撤去後、自分がこのスタッフに話しかけました。

『内容が問題ではないのですね?』

『はい、あくまでもこういった形でのダンマクがいけないのです』

この言葉にあくまで白い布キレにスプレーで手書きのダンマクはダメと受け取りました。

禁止事項にそんな文言は無かったのにな〜と仲間と話しながらもその場を退散。

で試合前になってゴール裏がこんな形でのダンマクを掲げてました。

f:id:sho5:20091019191146j:image

う〜ん話が違うww。

このダンマクは試合終了までそのままでした。

とにもかくにも試合のほうは清水の早い攻撃にも集中力は切れず、

家長のクロスから高松が意地のヘッドで清水に辛勝、首の皮はまだ残っています。

状況は残り5試合引き分けも許されないどころか全勝しても望みは薄い・・・

なのに高松の逆転ゴールにみんなとハイタッチしながらも鼻がツンときた。

やはり最後まで諦めないわけにはいかない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sho5/20091019
PROFILE

sho5

sho5

ほとんどサッカーの話

CALENDAR
<< 2018/08 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
COMMENT
PAGE VIEW
94883