ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

古本おもしろがりずむ:一名・書物蔵

2018/9/25(火)

書国畸人伝で唯一、匿名の人

書国畸人伝で唯一、匿名の人を含むブックマーク

これで唯一、匿名の人

悪筆の人もリジェクトされないタイプライター原稿

悪筆の人もリジェクトされないタイプライター原稿を含むブックマーク

半年以上前の飲み会でのメモが出てきた。

公刊前のプレメディア

稿本―閲覧―公刊

プレパブリッシング

タイプライター廻し読み=悪筆によるリジェクトが減る

ワープロ前 コピー機の普及←筆耕

稿本が校本に

査読ピアピアフレンズ

複製技術が低かった時代の、手書き原稿廻し読みが査読起源だったとか、タイプライターで悪筆ゆゑのリジェクトが無くなったこととか、みな森サンの話のような。

しかし、かの稲村テッちゃんが超悪筆で、それゆゑに手紙に返事が書けなかったというのは有名(受けた側が何が書いてあるのかわかんないので返事のしやうがない)。

2018/9/5(水)

村井佐造のプロフィールが判明した

| 村井佐造のプロフィールが判明したを含むブックマーク

2点発行を確認されている雑誌回覧会がらみの単行書のうちの1つ、

村井佐造『回読雑誌・貸本業実地案内 : 附新古書籍雑誌業早わかり』(古典社, 1935)

の著者は復刻解題にても不詳となっていたが、ようやくわかったよ(´・ω・)ノ

西成区では松通り一丁目の第一書店村井佐造は大阪業界長老であったが、去る三月十五日に八十歳で逝かれたばかり。

※〔氵奠;テン〕水荘主人「大阪古本屋探訪(下)」『日本古書通信』40(5)p.8-9(1975.5)

この記述によれば、1895(明治28)年生まれ1975年3月15日没ということになる。あわてて架蔵の『昭和18年7月末日全国古書籍商組合連合会現在組合員名簿』を見たら、

西成区柳通二ノ六

にいたとも判明。

いまネット情報を見ると、大阪古書店ネットhttp://www.osaka-kosho.net/shop/)に第一書店なる古本屋があり、同じ住所で住所でポンに、村井達平なる人がいると判るから、これはもうもう…

2018/9/3(月)

いろいろ文債が

いろいろ文債がを含むブックマーク

こまったな。

適宜まとめないと。

2018/8/10(金)

写字生の歴史

| 写字生の歴史を含むブックマーク

いまでこそ皆アホみたいにコピーを撮ってをったり、複写即日本著作権法の話だなどと即断して怪しまないが、その昔、本は筆写するのが常道で。

筆写する人は古代ギリシャではビブリオグラフォス(bibliographos、ローマではリブラリウス(librarius)などと呼ばれ。西欧中世で写字生(カリグフス)は修道院などで本の複製に励んでをったものぢゃ。

本朝でも、版本が江戸時代に流行るやうにはなってをったが。西欧中国に比べ、写本で流通していた本が多かった。といふのも江戸幕府の(本屋仲間を通じた)言論統制は多分にタテマエ主義で、版本ではダメものでも手書きなら不問だったからぢゃ。実録(と称するフィクション)軍談などは手書きの写本で流布するのが普通ぢゃった。

「板本にあらねども多く筆耕をして写本おびただしく弘めたり」(俳諧・一字般若、1772)とぞ。「筆耕」は前近代から言葉。「写本(しゃほん;うつしぼん)」も同様。

明治初年の大学校で…

1869(明治2)年に設置された大学校職員に「写字生」があり、公文を写し、書史を謄録する担当判任官(大・中・少の三等級あり)の扱いを受けたといふ。「大写字生」とでもいうのかすらん? ただ官職としては短くて、同年12月17日大学校大学と改称するにあたりそのままその職員となったが、1871年大学廃止でなくなった。この大中少の写字生は、さながらコピー屋さんが官職を与えられた瞬間かと思う。

職業としてのコピー屋さん

 一般にも「写字を職業とする人」も写字生と呼んだ。1877(明治10)年の『団団珍聞』(25)には「一(ある)写字生が有名の俳諧師の処へ頼まれ古人の秀句を抜萃し漸く書上たるに」などとあるから、単に書き写すだけでなく、秀句の抜萃という判断も一緒に代行していたことがわかる。田山花袋「妻」(1908-1909)には「一つは府庁の写字生で月給十五円」とあり、写字生を役所が月給で雇っていたこともわかる。

 筆耕者、筆耕書とも言った。「傭書生(ヒッカウカキ)も又二名に托し」と仮名垣魯文高橋阿伝夜刃譚』(1879)にある。

 「影写本(えいしゃぼん)」などといふそっくりまねした写本技法用語があるのも、彼等、職業としてのコピー屋さん写字生の活躍によるものだらう。

 高たて

カキカケ

ジアゾ複写機「青焼き機」

1920 (独)ジアゾ式複写機発明

1937 (米)電子式複写の原理発明 Charles F. Carlson (1906-1968)

1960 (米)Xerox916(普通紙複写機PPC, 1959発売) ヒット

1962 富士ゼロックス設立

1967 リコー、湿式複写機を発表

1974 電子写真複写機がジアゾ式を抜いて主流に

小寺, 謙吉, 1927-198? || コデラ, ケンキチ

| 小寺, 謙吉, 1927-198? || コデラ, ケンキチを含むブックマーク

書物蔵:古本オモシロガリズム

‏ @shomotsubugyo

1 時間1 時間

書物蔵:古本オモシロガリズムさんがカトウジンリツイートしました

おゝΣ(゚◇゚;) 

さういや数年まへ夏の渋谷デパート展で、小寺謙吉非難する共同執筆者パンフレットを5000円だかで買ったっけ(σ^~^)

収集の極意は殺意」とて紀田順一郎先生古本屋探偵モノにも登場するね( ^ - ^ )

ほとんど犯罪まがひのことをして稀覯詩集を集める伝説上の人物

スゴイなぁ…

書物蔵:古本オモシロガリズムさんが追加

カトウジン

@moonymoonman

いろいろ書棚からモノが行方不明になっているが、やっとひとつ発掘。2009年末に小寺謙吉旧蔵書が市場に出品された際に各古書店に送られたFAX

f:id:shomotsubugyo:20180810113807j:image:w360

このスレッドを表示

1件の返信 5件のリツイート 2 いいね

書物蔵:古本オモシロガリズム

‏ @shomotsubugyo

51 分51 分前

拙ブログ書誌メモにこんなものが(σ・∀・)

「豪華本のかげに”不協和音”/詩集を返してー:プンプンの詩人たち/編者へ疑念が…:推薦文を取り消し大岡さん/仕事に夢中で…:あいさつ遅れてしまい小寺さん」『東京新聞』1971.6.16朝 p.8-9

1件の返信 0件のリツイート 0 いいね

書物蔵:古本オモシロガリズム

‏ @shomotsubugyo

51 分51 分前

この、小寺, 謙吉, 1927-? || コデラ, ケンキチのスゴイとこは、絶対に返さないと言はないところ(σ^〜^)

逆に絶対に返すといふ

いひ続ける

これはモノスゴイ

1件の返信 0件のリツイート 0 いいね

書物蔵:古本オモシロガリズム

‏ @shomotsubugyo

43 分43 分前

今となっては127億円の国会デジデジも出来、日本の古本屋アマゾンマケプレ、オクもあり、レア文献でもちょっと見る、入手することができるやうになったが。

1件の返信 0件のリツイート 0 いいね

書物蔵:古本オモシロガリズム

‏ @shomotsubugyo

43 分43 分前

紙メディアオンリー時代新幹線代、高騰古書価、さらに古書業界内のコネなどを調達できないと、ほとんどお仕着せの新刊古本を買ふしか手がなかったんよ(まあ図書館も似たやうなもん)

1件の返信 1件のリツイート 2 いいね

書物蔵:古本オモシロガリズム

‏ @shomotsubugyo

そんな情報飢餓時代、かういった「一見実直なサラリーマン」(@紀田順一郎)がトンデモないことして稀覯書・古本を集めまくる話は、一種ピカレスクロマンのやうに感じられたものぢゃった(´・ω・)ノ

10:52 - 2018年8月10日

1件のリツイート

3件のいいね

折口カイエ

very far from here

秋田犬祭り

0件の返信 1件のリツイート 3 いいね


2018/8/8(水)

岡田の寝返りが考査局員の高給に結びついたΣ(゜∀゜;) 

岡田の寝返りが考査局員の高給に結びついたΣ(゜∀゜;) を含むブックマーク

書物蔵:古本オモシロガリズム

‏ @shomotsubugyo

月収12万円で働く39歳男性司書矜持と貧苦(東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180808-00231481-toyo-soci … @YahooNewsTopics

司書に同情的な記者も、レファレンスサービスを引き合いにその待遇改善を訴える。1960年代以降の貸出至上主義が果たした負の成果は大きいな(゜〜゜ )

9:23 - 2018年8月8日

86件のリツイート

82件のいいね

モモロウ

Eiji Hoshimi

ともなりたすく

®️ieei....

川泉ゆうき11月或る図参加予定

ましょ

秋丸@カラーヒヨコ(レモン)

さかゑや( ³ω³ )〽

とみQ

1件の返信 86件のリツイート 82 いいね

新しい会話

書物蔵:古本オモシロガリズム

‏ @shomotsubugyo

8月8日

米国司書も、当初は社会的威信が低かったに、レファレンスサービスを中核にして100年以上かけて地位を上げたのぢゃっったが、日本でせっかく70年まへに教へてもらふたに、50年まへに貸出中心にしちゃったから地位が寝たきりになった…

ってなことをちゃん司書課程の教科書に書いてないのが問題

1件の返信 11件のリツイート 13 いいね

書物蔵:古本オモシロガリズム

‏ @shomotsubugyo

8月8日

「遅れた」日本でも国会の図書館員例外的地位給与)が良いのは、実はあそこが、議員向けのレファレンスサービスを中心に制度設計されてゐからなんだよね長期的に見ると。

さういったことをちゃん教科書に書かないといけない。

2件の返信 9件のリツイート 14 いいね

書物蔵:古本オモシロガリズム

‏ @shomotsubugyo

8月8日

40歳くらゐなら、月給額面で50くらゐぢゃないかな(゜〜゜ )

わちきはネ、帝国図書館長だった岡田ナラウが転向した意義を、かういったところに感じちゃふ

戦前地位が寝たきり―帝国図書館長ですらせいぜい課長職―だったのが、レファレンスサービス局中心の国会附属図書館岡田寝返り

1件の返信 5件のリツイート 9 いいね

書物蔵:古本オモシロガリズム

‏ @shomotsubugyo

8月8日

一部ライブラリアン待遇が劇的に良くなったのぢゃった(´・ω・)ノ

さういった日本官僚の賢さを岡田温は持っていたことは、ちゃんと書かれたことがないのよ。

0件の返信 4件のリツイート 9 いいね