Hatena::ブログ(Diary)

どはは@ぐむむ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
ポチっと押すと、いろんな人のランニング日記が読めます にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
ランキング 三陸牡蠣復興支援プロジェクト「SAVE SANRIKU OYSTER」

2009-04-30

湘南国際マラソン エントリー完了 5月1日

01:08

5月1日に日付が変更した0時0分から、オンラインでエントリー画面にアクセスして、無事エントリーが完了したのが、25分後。やっぱり混み合っていて、なかなか画面が進まなかったな〜。

よーし、これで当日走る権利は獲得できた訳だ。申込時の予想完走タイムは、3時間44分00秒で登録(秒単位での登録が必要なのか?)しておいたからね。

これから半年間のドレーニング期間で、あ、サブフォーは楽に達成できちゃうかも、という感覚だった場合のために、一応もう15分だけ目標を短縮できるようにしておいた(笑)。

よーし、5月になったんだから、毎朝6時起きで天海の散歩を兼ねたジョギングの距離をもう少し伸ばして、もも上げも行程に加えてみようかな。

2009-04-29

12kmラン 4月29日

23:45

いい天気だったので、いつもの江ノ島手前まで往復の12kmコースを昼過ぎに。ガーミン405で、1kmを5分20秒台で走るペースを守ろうと。

最初の1kmは5分04秒と飛ばし過ぎたので、次からは5分18秒、5分25秒、5分26秒、5分27秒、5分35秒、5分28秒、5分24秒、5分19秒、5分24秒、と順調に推移していたら、突然ガーミンの画面が真っ白になった。

え〜っ、汗なんてそんなにかいてないけど、一応腕から外して裏側をハンカチで拭いたけど、画面は白いまま。仕方がないから、計測は10kmでストップ。ん、もう、どうなってるんだよぉ〜(結局は、バッテリー切れと判明したけど、でもなぁ〜)

1kmを5分30秒以内のペースで42.195kmを走り続けられれば、堂々のサブフォー達成となるわけである。だから、このペースで走れる距離を、少しずつ長くしていけばいいんだよな、あと半年かけて。

そう考えれば、なんとなくサブフォーは達成できそうな、前向きな予感がしてきたぞ。明後日の申込日に、エントリーしちゃおうっと。

じゅうくじゅうく 2009/04/30 14:17 相変わらず走ってますね(^^)
ガーミンはなかなか曲者ですね

あの本はまだ私は読み始めたばかりです(^^;)

そして私は体調やなにやらで、もう一週間走ってないです。。。
明日から5月、月日の経つのは早いですね
頑張って練習しなくては
でも、リディアード式に「鍛えよ、だが無理はするな」ですが(^^;)

お互いレースは違うけど、サブフォー狙いましょうp(^^)q

shonanbowzshonanbowz 2009/04/30 17:25 まぁ、ガーミン信じてついていきま〜す
あと6ヶ月、しっかり走りこみましょう!

2009-04-27

トウキョウソナタDVD 4月27日

00:37

メイキングを見る前に、本編をじっくり観てみた。この作品での小泉今日子の序盤の感情を押さえた演技=相手にあわせた「受け」の演技、凄いと感じた。

それが、後半になって徐々に感情を表に出して行く様を際立たせていると思った。うん、ほんとにいい映画女優になったなぁ〜。(舞台俳優としては、まだまだだと思うけどね)

それにしても、長男がアメリカに旅立つ、別れのバスターミナルという重要なシーンで。なぜにエキストラとしてのボクが、キョンちゃん、小柳友と3ショットになれたのか? 

それも、ボクをバスの荷物係にするべく助監督が上着からズボン、ネクタイまで着替えさせたのに、なぜにボクに帽子をかぶらせなかったのか?

う〜ん、わからないけど、一エキストラとして、主演女優とその息子との3ショットになっていることが、まさに凄いことなのだ。と、しみじみ思う。(そこまで目立つエキストラって、ないじゃん)

何といっても、その撮影シーンのときに、主演女優から声をかけてもらって会話できたことが、一生の想い出なんだけどね。

その想い出の日記はこちら↓

http://d.hatena.ne.jp/shonanbowz/20071213/1197471600

よしおよしお 2009/04/28 07:13 メイキングに、黒沢清監督が、エキストラについても語っていますね。

いくぴいくぴ 2009/04/29 07:26 キョンちゃんと会話できて嬉しいね(^^)
トウキョウソナタ、DVD借りて見てみるわ〜

湘南祭は残念やったね、でもいっぱい美味しいもの食べててうらやましいぞ!

出来れば写真もアップしてくれてたらなぁって思うぞ(^^)
今度、湘南に遊びに行こうかなぁ
マジで(^^)

shonanbowzshonanbowz 2009/04/29 09:41 >よしおさん
メイキング、まだ見てないんで。。GW中に見まーす。

>いくぴ
は〜い、写真もアップするようにしま〜

2009-04-26

湘南祭 4月25、26日

00:58

湘南祭の一日目は、大雨だった。雨天決行とプログラムにあったので、完全防水のウェアに身を包んで、30分かけて会場のサザンビーチまで歩いて行った。

湘南祭は、サザンビーチにテントの出店がいっぱい出て、地元出身のミュージシャンによるライヴ、ビーサン(ビーチサンダル)飛ばしコンテストやら、様々なイベントが楽しめる地元祭り。

中止だと会場の係の人に言われて、愕然とする気持ちと、あ〜やっぱりな〜と感じる気持ちが半分半分。贔屓のBar Fakeが出店している店の具だくさんパエリア、食いたかったのになぁ〜。

仕方がないので、先週レースのために参加できなかったKOUライヴに行けなかったサザンビーチ前のPOPSで、店長に、このまえ来れなかった訳を話して、白ワインとともにオムライスをいただいた。サラダにスープ、ドリンクにワインまで付いて1000円だなんて、こりゃ安過ぎでしょ。

湘南祭の二日目は、大風だった。

7時過ぎに8kmランに出た後で、帰りにFakeのテントに寄ったら、「今、一発目のパエリア、できたとこなんですよ〜」と声をかけてもらうが、走りの途中なんで、と会場を後にした。風が強過ぎて、砂が顔に吹き付ける。痛いほど。

今日は、海岸へは行かない方がいいな。ならば、ハレルヤの昼カレーだ。25日からいよいよ始まった、昼カレー玉葱スープに、にんじんピクルスがついて550円! この味でこの値段なら、神保町カレー戦争に参入しても勝利するだろう。トッピングはチーズと温玉が100円、唐揚げが200円。

夕方の天海との散歩も、海には出ず、住宅街のルートをぐるぐる。

囲碁リーグ戦デビュー 4月24日

18:46

囲碁サロンへ行ったら、「○○さんは今日から20級として登録しますので、リーグ戦に出ていただきます」ときたもんだ。

リーグ戦で3連勝したら、1級上がれるらしい。ふうん。いきなり対戦相手を紹介されるけど、どうやって対戦すればいいの?始め方も、まだ習ってないし。。。

なんか知らない間に始まって、終盤まで互角でいったけど、最後の詰めで二眼作れなくって、16目取られちゃって、力つきました。

先生は、終盤まで戦ったことは凄い、と一応褒めてくれたけど。いやぁ〜、ほんとに頭使うって、疲れるなぁ〜 でもおもしろいわ、これ。

2009-04-23

トレランの魅力 4月23日

01:55

ボクにとってのトレランの魅力は、「自然の中にいる自分を楽しむ」〜という側面は当然あるけれど、「下りの魅力」に取り付かれている部分が大きい。

若い頃、100m11秒台のスプリンターだったこともあって、斜面を下る際の加速感がなんともたまらないのだ。(それは最早平地では感じられないものだから)

トレランの一歩一歩は、全て異なる地形の上に記される一歩であるが故に、その足取り(どこに着地するか)に対して、一歩一歩の判断が必要になるわけで、その注意力がたまらなく気持ちいいと表現しても、理解してくれる人は少ないかも知れないけれど、気持ちいいんだよね。

(ほれ、マラソンは、一歩一歩を気にしないで機械的に走ることにより、ある意味「無」になれる気持ちよさがあると思うけど、それとは対極にある気持ちよさというのかな)

そのトレランの一歩一歩は、ラグビーの走りのステップに似ているところも、ボクにとって魅力的に感じられる要素の一つだろうな。

もう一つ、下りでのコース取りの判断は、スキーでのそれにとっても似ていること。まっすぐ下る直滑降ではなく、ウェーデルン的に、どういうコースをたどって、ここでスピードを殺して、ここは小刻みにステップ(曲がって)して、というようなコース取りの判断を瞬時にしなければならないことが、とっても魅力的なのである。

換言すれば、その瞬時の判断がまだできるぞ〜ということが実感できることが魅力的なのだろう。その判断に対してカラダが反応できなくなった時(当然、転倒を伴う)に、新たな挫折は必ずやってくるものだということは解っていてもね。

だから、今後も、鎌倉レベルのトレイルランニングは続けて行くと思います。マラソンの魅力とは違う楽しさがあるから。

2009-04-22

20級? 4月22日

03:28

囲碁サロンで、19路盤デビューしてから二日目の指導碁をしてもらいながら。先生から、「おっ、勉強された形跡が見られますねぇ〜」と褒められる。いひ。

9目のハンデ戦である九子局だけど、中盤まではなんとか連絡に気をつけて、ポカミスなく打てたのではないかな。それ以降はぼろぼろになるまでやられちゃったけど。それはボクが一定以上のレベルの打ち方ができたかららしい。

しかし、19路盤は一局打つだけで、頭だけでなく全身がどっと疲れる気がする。でも帰り際に先生から、「今日の手筋を見ていると、もう20級で行けると思いますけど」と言われたので、小さくガッツポーズをして、よろこんだ。

ハセツネ翌日 4月20日

17:45

ハセツネ30Kを走った次の日は、手堅く?有休をとってカラダを休めることにした。しかし、脚の回復を早めるためには、ジョギングしたりして、脚を動かした方がよいことは解っているので、犬の散歩や階段の上り下りなど、積極的に動かしてみた。

これは翌日の朝起きて解ったことだが、やっぱり筋肉痛の本格的なヤツは、翌々日にきたのだった。あ〜、有休とるのなら火曜日だったなー。階段の特に降りる方が、ガクガクと。。。

それはそうと、新兵器のご乱心=3時間を過ぎたあたりで、画面が方位計表示に勝手に変わって、そのまま切り替わらなくなってしまった愚行。いくらトレイルランといっても、欲している情報は、経過時間や走行距離や心拍数であるわけで、その情報がなくなった途端、やる気を失ってしまったのは事実。

さっそく販売会社に問い合わせると、汗を多量にかいて充電端子が濡れてしまったからだという。防水仕様なのに、汗には弱い訳か。そんならそうと、基本情報としてもっと大きく明記しとかんかい!

それにしても、ハセツネ30Kはトレイルランではないな。舗装されたロードを走る距離が長すぎで、自然の中を走っている気がせず、面白くない。同じコースなら二度と走らないだろう。

ハセツネ30Kを時間内に完走したのと、JRO(日本山岳救助機構)の会員なのとで、今秋開催されるハセツネカップ(=日本山岳耐久レース71.5km制限時間24時間)へ出場する権利を得たことになるわけだが、今の脚力では到底無理だと判断せざるを得ない。あったりまえだけど。

じゅうくじゅうく 2009/04/23 08:11 ハセツネ30お疲れ様でした(^^)
途中、ガーミンが調子悪くなったのは誤算でしたね。。。
でも、トップの記録はびっくりです

心配機能は大丈夫なのに足がもたないって気持ち

私もこの前の30キロ走で経験して気持ちよく分かります
やっぱり日々の走りこみで足を鍛える必要があるのかもしれないですね

それにしてもΩさん、体調が悪い中、6時間完走(^^)
お疲れ様でした

これからは当分レースとかはないのですか?
私は秋まで自主トレです

また会う機会があればハセツネの話を詳しく聞きたいです(^^)

shonanbowzshonanbowz 2009/04/23 12:38 体調も戻ってきて、太ももの筋肉痛もほとんどなくなりました。
お気遣いありがとう。
今後は11月の湘南国際に的を絞り込んで、走りのメニューを
組み立てようかと。それにあわせてのハーフとかの出場は
あるかもしれないけど。
サブフォー目指してがんばりましょう!
ハーフとかは

shonanbowzshonanbowz 2009/04/23 12:39  ↑ ハーフとかって、なあに?(笑)

2009-04-19

ハセツネ30K 4月19日

00:07

朝は、設定した目覚まし時計よりも早く、4時50分に起床。寝る前に飲んだユンケルが効いたのか、寝覚めの体調はすこぶる良い。おむすび3個とお稲荷さん2個を食いながら、パワージェルとエネルゲンを、それぞれの容器に詰め込む。

よしよし、ウェアも着替えて準備万端の出発。八王子駅から乗り継いで、7時前に武蔵五日市に到着。参加選手もたくさん乗っていたことに気づく。

駅から20分歩いて受付会場に。ゼッケンナンバーと計測チップスを並ばずにもらう。1000人参加の大会なのに珍しいなと思ったけど、受付開始10分後だったし、50代の列だったので、なーるほど、と。

手荷物預け所へ行くと、参加選手が着替えながら、おにぎりなどの朝メシを食べている。スタート1時間半以上も前なので、ここで食えばよかったな〜。

やることを終えたので、スタートラインへ約7分かけて移動する前に、持ち物検査のチェックポイント。持ち物と言っても2リットル以上の水分を携帯しているかだけの検査。簡単にOKで、そこからスタート地点まで、これも結構な山道だわい。

スタートは、招待選手、〜4時間まで、〜5時間まで、6時間までの到着時間自己申請制の並び順だったので、一応サブファイブ狙いで行くことにして並ぶ。

とかしてるうちに、どんどん選手が集まってきた。おー、これが千人の選手の集結状態なのだな。

主催者サイドのマイクを通じての諸注意が、ほとんど聞こえてこない。そういう諸注意は、先頭に並んでいる選手より、むしろ予定ゴール時間が遅い選手に伝えなくちゃならないんとかちゃうのん?

9時きっかりにスタート。最初は軽トラとか駐車してあったりして道幅が狭いので、ゆっくりスタートしてください、という主催者側の注意を無視して、選手団体はゴール直前の如く競い合って坂の山道を駆け上がって行く。

あ、そうか。スタートから登山道の入口までの山道は競って前に行かないと、登山道で渋滞する、というアドバイスがあったな。

というわけで、〜5時間までの最後尾に位置しており、心拍数は140台をキープしていたボクは、無抵抗のまま(笑)、面白いようにどんどん抜かれて行くのであった。

案の定、走ってきた舗装道路から刈寄登山道へ入るところで大渋滞発生。急に一人ずつしか通れない細くて急な山道になるのだから当然なんだけど。20分も待つと、この先の第一関門で足切りになるのではと、少々不安になった。

渋滞を超えてからは、急な登りも続くが、なんとかところてん方式(後ろの人に迷惑にならないよう、がんばって前の人についていく)で押し出されるように、入山峠の第一関門へ。

標高600m台の第一関門から、舗装された道路を一気に300m台の醍醐分岐まで駆け下りるルート。惰性でどんどんスピードが出せちゃうけど、後半を考えて、ここも心拍数150を超えることがないように、しかし効率よくストライドを長くして。

一旦300m台まで下がった標高を、700m台までだらだら登るのが第二関門までのルート。ここも舗装道路だぜ。少しでも登り傾斜が強くなると、全員が歩き始める。。。という集団に入ったんだからしょうがない。これが、もう少し前の集団だったのなら、全員が歯を食いしばって走り続けているんだろうな〜と、想像しながら、歩いたのだった。(笑)

第二関門の和田峠を通過して、トレイルに入るものだと思っていたら、急斜面の登山道をまた登る。この先がコース内で唯一の本格的なトレイルコースとなっているとのことだったが、それも大したことなく、ちょっと失望。なんだか走っていても楽しくないんだもん。

市動山分岐からトッキリ場までの峰見通りは、数々の試走者の証言通り、超キツいルートだった。のこぎりの刃のような鋭い昇り降りが約20も続くのだ。登りなんて、とてもじゃないけど走って登れる程度のモノじゃないし。

下りは下りで、もう太腿の踏ん張りが効かなくなっている。よくスキーで急斜面を滑りすぎると、「膝が笑う」状態になるけど、「太腿が笑う」状態になってきた。やっべー。もう何回も木の根につま先がひっかかり、倒れそうになるが、持ち前のバランス感覚で、なんとか持ちこたえること数えきれず。

この辺から、立ち止まれる余裕があるスペースで、しっかり立ち止まって、携帯フラスコに入れたパワージェルと水分を補給する頻度が増える。

なんとか第三関門の入山峠(二度目の通過)に到着したのは、制限時刻の30分前の13時半ごろだったか? もうここからは、基本は下りだし、ゴールまで歩いて行っても2時間半以内にはたどりつけると読んだボクは、クールダウンを兼ねて、ジョグペースで流して行くことにした。淡い目標だった5時間切りももはや無理みたいだし。

実は、スタートから3時間くらい経過した頃から、新兵器であるべきガーミン405が機能しなくなっていたので、現時点が何時何分なのかも解らない状態だったのだった。へろへろ。

第三関門を通過して、今熊神社への階段を登り切るときに、ついに太腿がつってしまった。ふくらはぎがなんとか「もった」ので褒めてやろうと思った矢先の、太腿の反乱で、その場で立ち尽くすしかなかった。

ふくらはぎがつっても、なんとかだましだまし走れたりするものだが、太腿がつったら、これはもうお手上げ状態だ。と思っていた。こんな所で棄権かよ〜という思いが脳裏をよぎる。

ところが携帯していた顆粒BCAA+クエン酸Freedomを、立ったまま一袋補給したら、2分後に状態が治まり、その即効性にびっくりして、また走り続けたのだった。

でも、ジョギングペースを上げることなく、というより上げるモチベーションもなく、心拍数も120台くらいだろうなーという感じ。要は心肺機能は大丈夫だが、「脚」が大丈夫じゃない状態。

変電所(これがびっくりするほど巨大だった!)脇を通り過ぎるときもほぼ歩き状態のジョギングで。ところがラスト250mの地点にいた係りの人が、「ラスト250mをがんばれば、まだ6時間切れるよ〜!」と叫んでいるではないか。

え〜、6時間だってぇ〜! と反射的に全力でダッシュするボク。まだスタミナは残っているんだから〜。2人は抜いたけど、ゴールタイムは6時間00分43秒。男子完走1021人中843番だった。

まあ、体調がすぐれないままのスタートで、制限時間内に完走できただけでもよしとしておこう。

優勝タイムは2時間40分だって!? やっぱ、ハセツネ参加者は別格だわ。奥多摩の山々のトレイルコースからも、「奥多摩なめんなよ」と言われているようで、なんともはや。

2009-04-18

レース前日 4月18日

14:46

6時に目覚めて、天海とジョギング散歩へ。調子は悪くない。レース前日は、じっくりレースの準備をしてみよう。走りの準備は、昨日の朝の1kmラン(ダッシュではなかったけど)で終了しているので、いわば装備と心構えの準備だ。

まず、ハイドレーションシステムに水を2リットル入れて、マーティンウィングに装備する。それを背負ってみて、口に入れて吸う管の長さを調整しようとして、ふと気がついたこと。

飲み口の根元部分に磁石が付いているのは、なぜ?。。。そういえば、パッケージに反対極の磁石が入ってたぞ。。。なーんだ、そういうことか、ベルトのどこかに磁石を付けておいて、飲み口部分はそれにひっつけて固定させておくんだ〜。

f:id:shonanbowz:20090418142545j:image

こういう感じで飲み口を固定している状態f:id:shonanbowz:20090418142617j:image

胸のベルトと、飲み口の根元に丸い磁石が! ←ビックリマークは大袈裟?

あ、そうそう、今回の手袋は登山用の820円の安物。新兵器が、指先でタッチする方式のスイッチなので、指の第一関節より先がないコレが適切かと。手のひらにはイボイボがついている。(ま、イボイボ軍手の薄いバージョンかな)

f:id:shonanbowz:20090418142657j:image

レースウェアは、上から、MIZUNOの夏用白いキャップ、asicsの黒かオレンジのTシャツに、モンベルのグレーのアームウォーマー、CW−X黒いスタビライクスロング、その上にモンベルの黒いウィンドブレイク短パン(両サイドのポケットが便利)、CW-Xの黒いソックスかX-SOCKS(雨の日用撥水性あり)、シューズはもちろん、BROOKSの赤いCASCADIA

f:id:shonanbowz:20090418153437j:image

バッグはTHE NORTH FACEの黒いマーチンウィングでハイドレーションシステムはナルゲンの2リットル。バッグには、パワーゼリーを4袋ずつ詰めた携帯フラスコを、梅味とバナナ味それぞれ一つずつ計2つ。雨具兼防寒具のモンベルの黄色いフード付レインウェア。もしものために、platypusのぺちゃんこになる0.5リットル用ボトル。

f:id:shonanbowz:20090418153026j:image

runnersのウェストポーチには、iPhone、顆粒スティックタイプのBCAA&クエン酸FREEDOMを5本、小さなポリ袋(ゴミ用)、水に溶けるティッシュ、フェイスタオル、ガーゼくらいでいいかな。

今回は、はじめてコースの試走をしていないので、関門ごとの経過時間目標をどうしようかと悩むところだが、体調も完璧じゃないので、最初から無理せずに心拍数140台をキープするようにしていこう。

新兵器ガーミン405の画面設定は、1)経過時間+走行距離、2)ペース+時刻、3)心拍数のみ、の3画面に設定。やっぱりトレイルで気をつけなきゃいかんのは心拍数だからね。ゆっくりでも急勾配だと平気で170とか超えちゃうのを防がないと、後半がくんと来ることは2週間前に体験済みなんだから。

スタートが申告時間制で、4時間、5時間、6時間と設定されるらしいので、6時間の枠でいいや。調子よければ後半ばらけた所で抜いて行けばいいんだから。

午前中から、ずーっと2リットルいれたバッグを背負って生活して、重さに慣らそうとしてるけど、あまりに泥縄?

夕食をとってから、八王子に1時間強かけてJRで移動。コンビニで朝食を買って、明日の準備をして、24時までにユンケル飲んで寝よう。当日は5時起きで、6時13分八王子発に乗れば、6時59分に武蔵五日市駅に到着予定。よ〜し、体調よ、戻ってくれよ〜

体調未だし 4月17日

14:14

朝はなにも不調さは感じないのだけれど、昼頃からだるくなりはじめるパターンは、ここ2〜3日変わらない。これじゃ、2kg背負っての山岳30kmは、残念ながら無理だろうな。

でも、参加費は戻ってこないし、前泊代も振込済みだし、大会の雰囲気をちゃんとこの目で確かめるために、とりあえず会場まで行くだけ行こう、と決心した。まだ一日あることだし。

ということで、晩ご飯は行きつけのイタリアンに行ってカーボローディング(レース直前の炭水化物の集中接種)のために、妻と二人でパスタを3皿注文。そしたら注文していないパスタを間違えてサーブされてしまい。。。気づかず食べてしまい。。。

結局二人で4皿(ボクだけで2.5皿)、料金は3皿分だったけど、こりゃ、食い過ぎだろうと。

あ〜、カラダが重くなってしまった。そうだ、と思いついて、ドラッグストアでユンケルを買って帰る。こういうときは、ユンケルに頼ってみようと、24時前に飲んですぐ寝た。

じゅうくじゅうく 2009/04/18 15:48 いよいよですねΩさん(^^)
ドキドキですね〜

今まで練習してきた成果を明日ドドーンとブツけましょう
イェイ(^0^)

くれぐれも怪我のないようにね~

shonanbowzshonanbowz 2009/04/18 18:54 ありがとう!
現段階では、なんとか体調も戻ってきたので、
ゆるゆるとスタートできそうな感じ〜

2009-04-16

定額給付金 4月16日

02:26

茅ヶ崎市役所から、「定額給付金及び子育て応援特別手当申請書(請求書)」在中 と記した親展封筒が届いた。

茅ケ崎市への寄付のお願い文書も入っていたけど、なんとも中途半端な間が抜けたお誘いだなぁ。

そうだ、今日は我々夫婦のそれぞれの誕生日なんだから、それを祝う?会食費にあてよう。

もう一つ、通販で注文しておいた「紙与作」が北海道からはるばる届いた。新聞紙をリサイクルして紙薪(ペーパーログ)にするという優れもののエコ道具だ。レースが終わったら、作り始めるぞ〜

ガーミン405をなんとか使いこなせるようになってきた。画面を経過時間と走行距離、心拍画面を心拍数とペースに表示を変えて、ウォーキングでテスト。うん、老眼鏡なしでも画面の数値は読めるし〜。本日はデータをMACに飛ばすことに成功!

いやな予感 4月15日

13:37

悪寒はなくなったけど、なんだか、いまいち、カラダに脱力感がある。なんだか、いやーな予感。40代の頃(多分、カラダを自衛するために)、2年に一度くらいぶっ倒れて、二日間くらい寝込んだときの初期症状に似ている気がする。

ひょっとしたら、週末のレースに出られないんじゃないかという不安が頭をよぎる。

でも、まあ、おいしい筍が食えるんだから、行かなくちゃ、と外食。京都西院の山で、特別な酵素肥料にして育てたという、筍名人の小野さんが収穫した筍だもの、美味しくないわけがない。味付けがどうのというより、筍そのものの味が凄いのだった。

早めに帰って、30年ぶりくらいにバファリンを飲んで午前1時前に寝た。

また3時に目が覚めたので、水をがぶ飲みしてまた寝たが、6時前に目がさえたので、天海とジョギングに。うん、だるさがなくなっているぞ〜 バッファリン、えらいっ!

カオサンカオサン 2009/04/17 09:13 ご結婚記念日だったんですねー。おめでとうございます。
どちらにお食事に行かれるんでしょうね。楽しんできて下さい。
広島市はまだ届きませんー今月末とかって言ってましたけど・・・うちもぱーっとお食事行って使おうかと思っております。

shonanbowzshonanbowz 2009/04/17 14:22 ありがとう、楽しんできますね〜
でも、ごめん、結婚記念日じゃなく、誕生日が同じ日なんですよ。
解りづらかったんで、「それぞれ」を追加しておきました。てへ。

2009-04-14

湘南国際マラソンの開催日 4月14日

00:45

そういえば、昨日の新聞に載っていたっけ。今年の開催日は11月8日。悪評だった「前日登録」をなくし、ゼッケンや計測チップは郵送するという。

当日朝の、大磯駅、二宮駅の混雑緩和に、JRと協力して努力するという。まあ、東京方面からの東海道線湘南新宿ラインを、大増発しないと、緩和できんとちゃうかな。

10月に「日本山岳耐久レース/制限時間24時間」が開催されるけど、それに出るのはやっぱりまだ無理だろうな〜と考えていたら少し悪寒がしたので、早めにベッドに入った。

夢の中で、諸々の手続きとかをてきぱきとこなし、これで安心という段階で目が覚めた。まだ午前3時前だ。2時間しか寝ていないけど、悪寒は消えていた。よしょし。5時半まで眠ろう。

2009-04-13

新兵器届く 4月13日

03:16

GARMIN Forerunner 405 =GPSを搭載したスポーツウォッチで、距離表示がない道を走っても何kmを何分で走ったのかが正確に把握できるし、例えば1kmごとの所要時間を知らせてくれるので、ペースをコントロールできる。

動きを3Dで捉えているので、坂の多い道でも移動距離や標高差が正確に解る、すなわち、トレイルランにうってつけなのだ。

自分が走ったコース(ルート)を、GoogleMap上で正確にトレースできるので、走行記録データとして残しておけるし。なんてったってそれが、普通の腕時計としても通用する小さいデザインになったことが凄い。

GPSによって山道で迷っても「さっきの地点に戻る」というコマンドを出せば、その地点までナビゲートしてくれる機能もついている。なんとも頼もしい。その上、心拍計まで付いているから、レース本番までにゲットしなくちゃ、と思ってネットで注文したのが土曜日で、月曜には届いているという早さ。

初期設定はなんとか終了したので(実は英語版の方が圧倒的に安価だったので英語版にした)、早速明朝の犬の散歩に装着してみよう。

2009-04-12

2kgの重さ 4月12日

02:21

GRERORYのルーファスに、1.5リットルのハイドレーション、0.5リットルのボトルを背負っての5km調整ラン。さすがに2kgの負担は、ずしんとくるなぁ。なんとかラストのスピードランもやったけど。

特に0.5lのボトルはルーファスの外部ポケットに入れたが、上下の揺れ幅が大きく、これは、ナイな。背負うバッグはルーファスではなく、THE NORTH FACEのマーチンウィングにしよう。

収納するのは雨具とパワーゼリーとケータイくらいだから、容量的に十分だし、ハイドレーションを軽便なメーカーの2.0リットルなら二千円台で購入できるし。(今日みたいに暑くなったら、2.0リットル必要になるかも知れないから)

f:id:shonanbowz:20090413023133j:image

もう、パンフレットに出場者として名前が掲載されている。ゼッケンナンバーは5126。(ハセツネでは千番台の位が、年齢になっているので解りやすい=5千番台は50歳代)

さあ、いよいよレースまであと1週間だ。

2009-04-09

些細な悩み 4月9日

01:30

ここのところ、悩んでいること。トレイルランニングの第一人者の一人、鏑木氏のDVD(雑誌の付録)で氏は、トレランで手袋着用を勧めていたけど、その手袋は指部分がない手のひらだけのものだったこと。

氏が言うには、太腿を手で押して登るときに、汗ですべらないようにこういう手袋を着用する工夫をしているとのことだが、そういう手袋(グラブ)は店頭では見当たらなかったのだ。

そうか、自転車売り場にあったか、と。お、それに、登山用ストック(トレッキング用ポール)用のグラブがあるじゃん。

確かに、はめ心地はいいけど、これを身につけて走ることがストレスになりはしないかな? 岩場を登ったり、転倒したときには、指部分もガードされている手袋の方がいいのではないのか?

という、些細な悩みなのでした。

19路盤デビュー! 4月8日

15:31

レース前に走る、最後の早朝8km。前半なんとか20分切りの19分58秒、復路が20分55秒で、計40分53秒。まだ昨年秋のスピードが戻らないけど、今回は2kgの水分を背負うんだから、とりあえず、よしとしよう。

就業後、千鳥ケ淵経由で麹町囲碁サロンへ。途中、サクラ吹雪の中での花見、まだまだ楽しんでいる人も少なくない。で、ついに19路盤デビューを果たした! のっけから六段の先生との指導碁で、碁盤面のあまりの広さに躊躇してしまう。どこから打ったらよいのやら。(笑)

そういうことも含めての指導碁をマンツーマンで一時間ほど。ぐったりと頭が疲れた。

ジョニージョニー 2009/04/10 19:59 Ωさん
グローブならこれおすすめですよ
http://blog.goo.ne.jp/thetrailstore/e/f1d2ba4bff0fc8993e0478ac40c6d5dc

マウンテンバイク・クロスカントリー向けなので通気性はいいし
汗を拭くためのパイル地も付いてます。走りながら額からの汗を
拭き取れるところがいいです
僕の愛用するトロイリーデザインズのXCグローブは数年前から
汗ふきが無くなって寂しい限りです

shonanbowzshonanbowz 2009/04/11 08:31 >ジョニーさん
ありがとうございます。
早速、探しに行ってきまーす!

ジョニージョニー 2009/04/12 00:43 おっレスポンスが良すぎですねっ
サイズは「少しきついかな」、というところにしておくと
なじんだときにちょうどいいと思います
自転車でですが、シワが入るくらいの緩さだとマメが出来たり
するんですよね
僕は真夏でも長指のグローブをはめて自転車に乗ります
汗で滑ることもないし安心感がちがうんですよね

参考になれば幸いです

shonanbowzshonanbowz 2009/04/14 03:23 うう、神田界隈のサイクルショップには、置いてないっすね。
三宿までは足を運べないから、今回は山岳用の安物にします。
アドバイスありがとうございました。

2009-04-07

記さずにはいられない 4月7日

00:44

とんでもなく重要なオバマ大統領の演説が、二日前にプラハでなされた。各メディアの扱いは、そんなに目立っていなかったので、じっくりと全文に目を通せたのは今日になってからだったが。

アメリカ大統領が、広島長崎への原爆投下を、太平洋戦争を終わらせるための肯定的手段としてではなく、「核を使用した唯一の保有国としての道義的責任」にきちんと言及し、「核のない、平和で安全な世界をアメリカが追求して行くことを明確に宣言」したのである。それも、ビロード革命の行われたプラハで。

演説の最後の方の下りからは、まるで「Imagine」を初めて聴いたときのような、静かだが「熱い思い」が伝わってきた。そう、共にならば我々にもできるはずだ。そういう希望が湧いてくる、素晴らしい歴史的な演説だと位置づけておきたい。いや、歴史的な演説となるよう、我々が努力しなければならない。

f:id:shonanbowz:20090407070959j:image

そんな中で我が家のソメイヨシノも満開となったf:id:shonanbowz:20090407070729j:image

オバマ大統領の演説を愛でるようにf:id:shonanbowz:20090407070907j:image

2009-04-06

シルクヱビスのポスター 4月6日

02:05

馴染みの酒屋に、シルクヱビスキョンちゃんポスターを取り寄せたら、言い値でケース買いするから、とオーダーしておいた。

そしたら、申し訳ありませんがシルクヱビスは限定生産なので、もう入手できませんでしたが、ポスターは束で送ってきました、という。おお、それでいいのだよ、でかした、よしよし、とその束をゲット!

しょーがないから(笑)、その酒屋ではなく、酒のディスカウントショップでシルクヱビスを安くケース買いする。店頭在庫があまりないようなので、買い占めておかなくちゃ、だな。

f:id:shonanbowz:20090407021010j:image

2009-04-05

至福の時 4月5日

17:30

f:id:shonanbowz:20090405141321j:image

我が家のソメイヨシノは7〜8分咲きf:id:shonanbowz:20090405145736j:image

そのサクラが間近に見える2階のベランダに、碁盤を出して詰め碁を解く。当然、日本酒を呑みながら。嗚呼、至福の時間なり。

f:id:shonanbowz:20090405141255j:image

f:id:shonanbowz:20090405161746j:image

もみじの花も、小さいながら咲き誇っているf:id:shonanbowz:20090405161951j:image

ブルーベリーの花も咲いた。小鳥に食べられる前に、収穫しなくちゃ。



ホノカアボーイの写真展のサイト発見。

先日のイベントで公表されたキョンちゃんの10年前の写真が。

ケータイサイトでお世話になっているオカマちゃんの写真もアップされてるやん。

https://yorimo.yomiuri.co.jp/csa/Yrm0101_C/1221732299566

鎌倉アルプスを試走 4月4日

11:23

6時半起床で、フル装備を整える。ハイドレーションパックには粉末エネルゲンを通常より2倍に薄めたものを1リットル、携帯チューブにパワーゼリーを2袋分注入。粉末BCAAも持参。

上半身はTシャツにアームウォーマー、ルーファスを背負い、下半身はCW−Xに、真っ赤なカスケディア!(走り出す前は、上下半身ともウィンドブレイカー着用)

2月のレースと同じコースを走って、どのくらいパワーアップできているのかを測る目的もあるので、わくわくしながら港南台高校前を8時半にスタート。レースの時より1kg重い水分を背負っていることを忘れる好調さ。心拍数は155を越えていたが、シューズの調子もいいので、そのまま跳ばしていく。1CPの大丸山頂上で31分、レース時より2分も早いペースだ。お、このまま行くと10分くらい縮められるかも?と期待がふくらむ。

明月院の脇を駆け下りて、アスファルトの道に出ても、ふくらはぎは大丈夫! さすがカスケディアと喜んでタイムをチェックすると1時間12分で、レース時より1分遅れている。あれれ?

やっぱり最初の跳ばし過ぎが、じわじわと脚(太腿)にキているみたいだ。少しの登りでも、走れない。太腿に手のひらを当てて押し上げながら登る。六国見山の山頂から大船高校前のバス停まで駆け下りて4CPでは1時間26分と、レース時より1分遅いままをなんとかキープしたが。

それまでのコースは、早朝だったこともあって、ハイカーの数は今までで一番少なかったが、10時ちょい前の北鎌倉駅前は人で大渋滞。さすが花見の季節だなーと、踏切越えるまではジョギングペースで人の間をすり抜けながら。

源氏山公園までの登りもきつい。登り切って平坦な道に入ってもピッチが上がらない。ふくらはぎは大丈夫だが、太腿がやばいのかよ〜。

最終CPの月影地蔵で2時間12分と、レース時より3分遅れとなる。墓地横の登り道は、もはや太腿手押し歩きでも辛いくらい。稲村ケ崎までの下りもペースが上がらないまま、ゴール。2時間25分と5分も遅い結果となってしまった。うへ〜。

やっぱりトレランは、最初とばし過ぎると後半はマラソン以上にへたることが実感できてよかったと、前向きに思っておこう。特にトレランは、登りに使う脚と、平坦な山道を走る脚とは微妙に違うからなぁ〜

それと、カスケディアのおかげで、ふくらはぎに異常が起こらなかったことは凄い! (まあ、ふくらはぎの筋トレなどで鍛えてきたことも影響しているとは思うけどね)これでハセツネ30Kでのシューズは決まった。

今日はけっこう暑かったのに、水分は500mlで十分だったので、当日は1.2l背負えば大丈夫だろう。携帯チューブからは、ゼリーを飲みにくいけど、登りで歩いている時ならなんとかなりそうだ。

稲村ケ崎から七里ケ浜まで、134号線の海側を、クールダウンのためのジョギングしてから江の電に乗り藤沢経由で茅ヶ崎へ。

ちょうど昼どきだったので、妻とモトキで待ち合わせ。湘南ビールシェリー樽で寝かせた日本酒をがぶ飲みする。うまぁ〜!

家に帰ったら、サクラが5分咲きくらいになっていた。

f:id:shonanbowz:20090404142458j:image

隣の家の窓からネコがこっちを見ていたf:id:shonanbowz:20090404063902j:image

じゅうくじゅうく 2009/04/05 15:08 Ωさん相変わらず凄いですね(^^;)
今日、私マラソンで走って思ったんだけど、日ごろアスファルトを走ってると土の道でしかも、雨上がりの土道ってメチャ走りにくかったです
土がクッションになり足の蹴りが思うように行かなくてペースダウンしてしまいました

トレイランってほとんど土道ですよね

マラソンと違って太ももの筋肉ってかなり必要ですね

私もいづれはトレイランもと思っているのですが
Ωさんの練習を見ているとまだまだですね(~~;)

でも、とても参考になります(^^)

でばでば

shonanbowzshonanbowz 2009/04/05 16:04 じゅうくさん、ようこそ。
最近はブームで、マラソンからトレイルランニングのレースに
参加してくる人が多いんですよ〜
お待ちしてますね〜

2009-04-04

碁盤を買う! 4月3日

21:45

囲碁教室で、念願の「囲碁セット」購入の許可がでた! わぁ〜い! 今まで、詰め碁とか考える際に、入門教室でもらった「ヒカルの碁」の9路盤ボール紙セットを使ってやっていたのだが、やっぱり「囲碁を打つ」ではなく「ボール紙を動かす」感じになって臨場感がでなかったのだった。

でも、ある程度実力が伴わないと、囲碁盤を持っちゃダメという教室の意向により、2ヶ月間悶々と勉強してきた結果、ようやく購入の許可がでたわけだ。うれしくないはずがない!

しかし! それからがくせ者で、碁盤を決めたら、それに合った(ふさわしい)碁石が必要だという。碁石を決めたら、それを入れる碁笥(ごけ)も決めなければならない。

う〜〜む、深い世界だ! 

あ。麹町囲碁教室に行くのに、千鳥が淵を通って歩いて行ったら、それはもう、すごい数の人たちが、シートを敷いて花見をしていた。壮観だったなー。

f:id:shonanbowz:20090403070718j:image

ウチのソメイヨシノは、まだ四分咲きかなf:id:shonanbowz:20090403070859j:image

2009-04-02

新シューズで早朝ラン 4月2日

17:12

昨日、ハセツネでもブースを出している神田のSスポーツに行って、専門家にじっくりとトレランシューズの話を聞いてきた。今まで、TEPAとMIZUNOで走ってきたが、山道からロードに入った途端、ふくらはぎが攣ってしまうこと、下りは結構なスピードで駆け下りられること、本格的に走り始めてまだ10ヶ月なこと、などなどを話して。

もう、即座に、TAPAやMIZUNOクラスだと軽すぎます。軽いというのはソールが薄いということで、よほど脚が出来てる選手じゃないと、ふくらはぎに来ちゃうんですよ。

と言って、BROOKSのカスケディアの昨年モデルを勧められた。日本ではまだなじみがないけど、アメリカの主要なレースでは一番履かれていますし、これならクッション性があるので、ふくらはぎにくることもないと思いますよ。

昨年モデルだから30%Offだし、履いた時のホールド感がすごくいい。派手な赤色も嫌いじゃないし。

というわけで、ハセツネ30Kまでもう2週間強しかないけど、今日からこのシューズに慣らしていこう。今朝5km走った感じでは、すごくよかったけど。今週末にでも鎌倉アルプス20kmを走ってこようかな〜。

それでふくらはぎが大丈夫なら、決まりだ。

今日から 4月1日

15:14

首都圏のJRの駅のホームで、全面禁煙となる。しかし、なぜ茅ヶ崎駅は除外なのだろう? 東海道線の禁煙区間は、大船駅まで。それ以西の藤沢辻堂茅ヶ崎は、首都圏じゃないっていうつもり?

フジテレビの入社式後の懇親会に、草なぎくんが登場し、ゆずとか青山テルマとかが歌を歌って盛り上がったらしい。その新入社員45人のうちの一人が友人の娘だ。「おじちゃん、エキストラで使ってあげるね!」とうれしいことを言ってくれたが、何年後のことやら。

日テレショコラでのキョンちゃんとYOU、それぞれファーストキスの話をしていたなー。それにしても砂羽ちゃん、バラエティでおとなしすぎ! そういえば、今日から新聞のラテ面での各局の並び順が変更されていた。フジの内側に12chが配置されているのが、なんとなく面白いなぁ。

よしおよしお 2009/04/03 23:04 砂羽ちゃん大人しかったですね。
4月になって、近藤さんの私の履歴書が、とても面白いです。

shonanbowzshonanbowz 2009/04/04 03:26 ブログで言及していたシーンはカットされてたみたい。
近藤さんって、ウチの近藤?

よしおよしお 2009/04/04 05:30 そう、著名人が自身の一生を振り返る、日経新聞文化面の連載記事です。
経営者だけではなく、芸能人、文化人の月もあるので、キョンキョンも30年後くらいに登場するんだろうな。

shonanbowzshonanbowz 2009/04/04 20:03 今月いっぱいまでのご愛読恐れ入ります(笑)