Hatena::ブログ(Diary)

ションボリズム

2018.01.01

12月の読書メーター
読んだ本の数:22
読んだページ数:4684
ナイス数:149

カルマ真仙教事件(下) (講談社文庫)カルマ真仙教事件(下) (講談社文庫)感想
小説というよりルポみたいな書かれ方で作品は進むが、当時の緊迫感が伝わってきて面白い
読了日:12月31日 著者:濱 嘉之
夢裡庵先生捕物帳 (下) (徳間文庫)夢裡庵先生捕物帳 (下) (徳間文庫)感想
憎めない人々。読み終わるのが惜しいなあ。
読了日:12月30日 著者:泡坂妻夫
魔法陣グルグル2(9) (ガンガンコミックスONLINE)魔法陣グルグル2(9) (ガンガンコミックスONLINE)感想
魔法が尻から出る設定が24年ぶりくらいに出てきた。
読了日:12月25日 著者:衛藤ヒロユキ
夢裡庵先生捕物帳上 (徳間文庫)夢裡庵先生捕物帳上 (徳間文庫)感想
ミステリっぽいが、時代物らしい人情味もこもっている。
読了日:12月25日 著者:泡坂 妻夫
アマネ†ギムナジウム(2) (モーニング KC)アマネ†ギムナジウム(2) (モーニング KC)感想
設定が災いしてだいぶこじれてきた。
読了日:12月21日 著者:古屋 兎丸
ゴールデンカムイ(12): ヤングジャンプコミックスゴールデンカムイ(12): ヤングジャンプコミックス感想
本編の伏線はさらに広がった感。今回も変態多数。
読了日:12月20日 著者:野田 サトル
アキラとあきら (徳間文庫)アキラとあきら (徳間文庫)感想
長編。作中で時間が約30年経つのも珍しいパターン
読了日:12月17日 著者:池井戸潤
三十路飯 3 (ビッグコミックス)三十路飯 3 (ビッグコミックス)感想
ハッピーエンド。新シリーズ始動とな。
読了日:12月16日 著者:伊藤 静
決定版 日本のヤクザ100人 (宝島SUGOI文庫)決定版 日本のヤクザ100人 (宝島SUGOI文庫)感想
山口組以外はあまり知らなかったので通読
読了日:12月16日 著者:
なりたい (新潮文庫)なりたい (新潮文庫)感想
いつもの面々が出てきて安心する。今回は切ない話が多かったような。
読了日:12月15日 著者:畠中 恵
私の少年(4) (アクションコミックス(月刊アクション))私の少年(4) (アクションコミックス(月刊アクション))感想
成長した真修視点。前向きな真修と悲しそうな聡子さん。
読了日:12月13日 著者:高野 ひと深
教場 2 (小学館文庫)教場 2 (小学館文庫)感想
今回は短編集。淡々とした流れの中に風間洞察力や生徒の心の襞が見える。
読了日:12月12日 著者:長岡 弘樹
狂気の山脈にて 4 ラヴクラフト傑作集 (ビームコミックス)狂気の山脈にて 4 ラヴクラフト傑作集 (ビームコミックス)感想
完結。最後まで不気味な空気の漂う作品だった。
読了日:12月12日 著者:田辺 剛
絶叫城殺人事件 (新潮文庫)絶叫城殺人事件 (新潮文庫)感想
火村シリーズ短編集。どれも終わり方が切なく悲しいもの。
読了日:12月10日 著者:有栖川 有栖
サトコとナダ 2 (星海社COMICS)サトコとナダ 2 (星海社COMICS)感想
どんどん仲良くなる2人だが、ナダにお見合いの話が。ルームシェア生活はいつまで続くのかな。
読了日:12月09日 著者:ユペチカ
山と食欲と私 6 (BUNCH COMICS)山と食欲と私 6 (BUNCH COMICS)感想
鷹桑さん、今回も絶好調。いつか死ぬんじゃなかろうか。
読了日:12月09日 著者:信濃川 日出雄
吉祥寺だけが住みたい街ですか?(5) (ヤンマガKCスペシャル)吉祥寺だけが住みたい街ですか?(5) (ヤンマガKCスペシャル)感想
団地も変わってきてるんだなあ。
読了日:12月09日 著者:マキヒロチ
進撃の巨人 Before the fall(13) (シリウスKC)進撃の巨人 Before the fall(13) (シリウスKC)感想
立体機動装置が遂にお目見え。約束の2か月に間に合うのか。
読了日:12月09日 著者:涼風 涼,士貴 智志,THORES 柴本
進撃の巨人(24) (講談社コミックス)進撃の巨人(24) (講談社コミックス)感想
本巻を読むにあたり、21巻以降のあらすじを調べてようやく展開を思い出す。チラチラ出ていた人物が彼だったとは。
読了日:12月09日 著者:諫山 創
フードファイタータベル 6 (ジャンプコミックス)フードファイタータベル 6 (ジャンプコミックス)感想
ホームセキュリティ品川(人名)
読了日:12月06日 著者:うすた 京介
ハイキュー!! 29 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 29 (ジャンプコミックス)感想
日向頭脳プレーと、それを可能にする身体能力
読了日:12月05日 著者:古舘 春一
夢で見たあの子のために (1) (角川コミックス・エース)夢で見たあの子のために (1) (角川コミックス・エース)感想
新作も穏やかじゃない始まり方。犯人にたどり着けるかな?
読了日:12月02日 著者:三部 けい

読書メーター

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shonborism/20180101

2017.12.01

11月の読書メーター
読んだ本の数:37
読んだページ数:9768
ナイス数:276

百姓貴族(5) (ウィングス・コミックス・デラックス)百姓貴族(5) (ウィングス・コミックス・デラックス)感想
連載10年!もまだまだネタが尽きないのは凄い。釧路地震はうちの町も地盤の弱い場所がふにゃふにゃになっていた。
読了日:11月27日 著者:荒川 弘
残像に口紅を (中公文庫)残像に口紅を (中公文庫)感想
壮大な実験小説。章ごとにかなが一つずつ消えていく。その章で出ていたものが次章でパッと消えたのには笑う。後半の方の表現はまさに本領発揮。
読了日:11月26日 著者:筒井 康隆
雪炎 (集英社文庫 は 31-7)雪炎 (集英社文庫 は 31-7)感想
作品部隊がよく見知った土地だけに、情景が思い浮かぶ。
読了日:11月25日 著者:馳 星周
はじめアルゴリズム(1) (モーニング KC)はじめアルゴリズム(1) (モーニング KC)感想
中盤に岡潔っぽいセリフが。
読了日:11月24日 著者:三原 和人
1122(2) (モーニング KC)1122(2) (モーニング KC)感想
怨念が渦巻いておる。
読了日:11月24日 著者:渡辺 ペコ
辞令 (文春文庫)辞令 (文春文庫)感想
バブル期作品だけに今の感覚からすると贅沢なもんだと感ずる点はあるが、人間模様は面白い
読了日:11月24日 著者:高杉 良
決戦!大坂城 (講談社文庫)決戦!大坂城 (講談社文庫)感想
決戦シリーズ第2弾。豊臣家の末期だけに悲しい雰囲気が立ち込める。
読了日:11月23日 著者:葉室 麟,木下 昌輝,富樫 倫太郎,乾 緑郎,天野 純希,冲方 丁,伊東 潤
JJM 女子柔道部物語(3) (イブニングKC)JJM 女子柔道部物語(3) (イブニングKC)感想
ランニングがわりのクロカンは本当に辛く、かつ汗臭い
読了日:11月22日 著者:小林 まこと
下町ロケット (小学館文庫)下町ロケット (小学館文庫)感想
文句なしの面白さ。
読了日:11月19日 著者:池井戸 潤
朱色の研究 (角川文庫)朱色の研究 (角川文庫)感想
犯人が相当ややこしい仕掛けをしている感。
読了日:11月19日 著者:有栖川 有栖
銀河英雄伝説 8 (ヤングジャンプコミックス)銀河英雄伝説 8 (ヤングジャンプコミックス)感想
ヤンの万能感よ。
読了日:11月18日 著者:藤崎 竜
ブラックナイトパレード 2 (ヤングジャンプコミックス)ブラックナイトパレード 2 (ヤングジャンプコミックス)感想
まだだいぶ謎が残っている感。
読了日:11月18日 著者:中村 光
ましろのおと(19) (講談社コミックス月刊マガジン)ましろのおと(19) (講談社コミックス月刊マガジン)感想
田沼おっぱいモギュッ‼︎事件
読了日:11月18日 著者:羅川 真里茂
ランウェイで笑って(2) (講談社コミックス)ランウェイで笑って(2) (講談社コミックス)感想
一つ階段を上る二人。
読了日:11月17日 著者:猪ノ谷 言葉
不滅のあなたへ(5) (講談社コミックス)不滅のあなたへ(5) (講談社コミックス)感想
だいぶ人間ぽくなったフシとサイコパスなあの人。
読了日:11月17日 著者:大今 良時
金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(1) (講談社コミックス)金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(1) (講談社コミックス)感想
犯人側の視点から描かれた金田スピンオフ段取りがことごとく打ち破られる犯人の苦労が偲ばれる。
読了日:11月17日 著者:船津 紳平
ダリの繭 (角川文庫)ダリの繭 (角川文庫)感想
火村シリーズ初期の作品。ちぐはぐな謎が粛々と解きほぐされていく。
読了日:11月16日 著者:有栖川 有栖
ふしぎの国のバード 4巻 (ハルタコミックス)ふしぎの国のバード 4巻 (ハルタコミックス)感想
道半ばにして伊藤の苦悩が続く山形編。
読了日:11月15日 著者:佐々 大河
ちはやふる(36)特装版 (プレミアムKC BE LOVE)ちはやふる(36)特装版 (プレミアムKC BE LOVE)感想
予選ラストスパートシュリンクを開けて初めて特装版を買ったことに気づく。
読了日:11月13日 著者:末次 由紀
七つの会議 (集英社文庫)七つの会議 (集英社文庫)感想
同じ企業舞台にした短編集…と思いきや、中盤から内容は一つの不祥事を中心に進む。前半の不可解な出来事もこういうことだったのかと。
読了日:11月13日 著者:池井戸 潤
鍵の掛かった男 (幻冬舎文庫)鍵の掛かった男 (幻冬舎文庫)感想
アリスの奮闘記および中之島観光ガイド。かなり長い作品だがグイグイ読まされる。
読了日:11月12日 著者:有栖川 有栖
かばん屋の相続 (文春文庫)かばん屋の相続 (文春文庫)感想
表題作はどこかで聞いたことのあるような舞台設定。
読了日:11月10日 著者:池井戸 潤
地底旅行 4 (ビームコミックス)地底旅行 4 (ビームコミックス)感想
大作のコミカライズも遂に完結。壮大なスケール感は男子のツボに入る。
読了日:11月09日 著者:倉薗 紀彦
アルスラーン戦記(8) (講談社コミックス)アルスラーン戦記(8) (講談社コミックス)感想
神前決闘の終わりとおっさん達の死、次から新展開。
読了日:11月09日 著者:荒川 弘
金融探偵 (徳間文庫)金融探偵 (徳間文庫)感想
銀行員探偵活躍銀行要素は薄く,連作ミステリーの味わい。
読了日:11月08日 著者:池井戸 潤
舟を編む 下巻 (KCx)舟を編む 下巻 (KCx)感想
原作同様、コミック版も素敵だった。辞書作りにかける思いはもはや執念。
読了日:11月07日 著者:雲田 はるこ
新コボちゃん(39) (まんがタイムコミックス)新コボちゃん(39) (まんがタイムコミックス)感想
風邪気味のネタ多し。
読了日:11月07日 著者:植田まさし
シャイロックの子供たち (文春文庫)シャイロックの子供たち (文春文庫)感想
住宅街銀行支店悲喜こもごも…と思っていたら、ストーリーは一つの事件を軸に展開していく。本作は救われないパターンが多い。
読了日:11月07日 著者:池井戸 潤
空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)感想
最後には正義が勝っててカタルシス経営者はやっぱり大変だ。
読了日:11月05日 著者:池井戸 潤
空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)感想
自動車メーカーリコール隠しテーマ。上巻で外堀は徐々に埋まっているが、まだ残り半分。展開はどうなるのかな?
読了日:11月05日 著者:池井戸 潤
民王 (文春文庫)民王 (文春文庫)感想
親子の入れ替わりという変化球。内容は池井戸節。
読了日:11月04日 著者:池井戸 潤
銀行仕置人 (双葉文庫)銀行仕置人 (双葉文庫)感想
こちらはサスペンス要素強め。死者多し。
読了日:11月04日 著者:池井戸 潤
昭和天皇物語 1 (ビッグコミックス)昭和天皇物語 1 (ビッグコミックス)感想
昭和天皇能條純一の組み合わせが面白く、何はなくとも読んでみる。
読了日:11月03日 著者:能條 純一,永福 一成
とんかつDJアゲ太郎 11 (ジャンプコミックス)とんかつDJアゲ太郎 11 (ジャンプコミックス)感想
大団円。空腹時に読むんじゃなかった。
読了日:11月03日 著者:小山 ゆうじろう
ファイアパンチ 7 (ジャンプコミックス)ファイアパンチ 7 (ジャンプコミックス)感想
どんどん鬱々となっていく。
読了日:11月02日 著者:藤本 タツキ
プラチナエンド 7 (ジャンプコミックス)プラチナエンド 7 (ジャンプコミックス)感想
ストーリーちょっとずつ進む。
読了日:11月02日 著者:小畑 健
約束のネバーランド 6 (ジャンプコミックス)約束のネバーランド 6 (ジャンプコミックス)感想
最大の危機は逃れられたが、最後に出てきた奴が気になる。
読了日:11月02日 著者:出水 ぽすか

読書メーター

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shonborism/20171201

2017.11.01

10月の読書メーター
読んだ本の数:37
読んだページ数:10130
ナイス数:264

最終退行 (小学館文庫)最終退行 (小学館文庫)感想
終盤近くまで蓮沼がかなり苦労するが、最後は色々な要素が一つになってどんでん返し
読了日:10月31日 著者:池井戸 潤
愛される資格 (小学館文庫)愛される資格 (小学館文庫)感想
久しぶりに読む樋口さん。狂気かと思われる場面もあれど、最後には美しくまとめられている感。
読了日:10月31日 著者:樋口 毅宏
零落: ビッグ コミックス〔スペシャル〕 (ビッグコミックススペシャル)零落: ビッグ コミックス〔スペシャル〕 (ビッグコミックススペシャル)感想
いにおさんの作品でこんなに背筋が凍ったのは初めてかもしれない。
読了日:10月30日 著者:浅野いにお
政治的に正しい警察小説 (小学館文庫 は 17-1)政治的に正しい警察小説 (小学館文庫 は 17-1)感想
ブラックユーモア満載。個人的に好きなのは「リビング・ウィル」。
読了日:10月30日 著者:葉真中 顕
仇敵 (講談社文庫)仇敵 (講談社文庫)感想
エリート街道から転落させられた庶務行員が探偵役。勧善懲悪もの。
読了日:10月29日 著者:池井戸 潤
鉄の骨 (講談社文庫)鉄の骨 (講談社文庫)感想
ゼネコン談合の話。後ろ暗い話が多いが、最後スッキリくる仕掛け。読み終わってみると、当初のタイトル案『走れ平太』の方がしっくりくるなあ。
読了日:10月29日 著者:池井戸 潤
果つる底なき (講談社文庫)果つる底なき (講談社文庫)感想
小説家デビュー作。最初でこんなにレベルが高いとは。
読了日:10月28日 著者:池井戸 潤
花咲舞が黙ってない (中公文庫)花咲舞が黙ってない (中公文庫)感想
合併前の東京第一銀行斜陽組織内では舞の正論が鼻に付く感じがあったが、最終話で救われた感じだろうか。
読了日:10月26日 著者:池井戸 潤
謎の館へようこそ 黒 新本格30周年記念アンソロジー (講談社タイガ)謎の館へようこそ 黒 新本格30周年記念アンソロジー (講談社タイガ)感想
「白」に比べて変化球が多い印象。最後作品ホラー系かと思ったら、意外な結末。
読了日:10月24日 著者:恩田 陸,はやみね かおる,高田 崇史,綾崎 隼,白井 智之,井上 真偽
BOX~箱の中に何かいる~(3)<完> (モーニング KC)BOX~箱の中に何かいる~(3)<完> (モーニング KC)感想
パズルというか今回は錯視メインで面白い。しかしすごい作品だった。現代の怪作では。
読了日:10月24日 著者:諸星 大二郎
学生 島耕作 就活編(1) (イブニングKC)学生 島耕作 就活編(1) (イブニングKC)感想
さすがに過去編はやり尽くしただろうと思ったら、驚愕就活編。大手採用が羨ましくもあり。
読了日:10月24日 著者:弘兼 憲史
会長 島耕作(9) (モーニング KC)会長 島耕作(9) (モーニング KC)感想
遺伝子編。また曽烈生が出てくる。ハローハリネズミの新作読切が収録されてて嬉しい。
読了日:10月23日 著者:弘兼 憲史
新装版 不祥事 (講談社文庫)新装版 不祥事 (講談社文庫)感想
花咲舞登場作。どれもスカッとする終わり方で,半沢シリーズへの流れを感じさせる。
読了日:10月23日 著者:池井戸 潤
ペガサスの解は虚栄か? Did Pegasus Answer the Vanity? (講談社タイガ)ペガサスの解は虚栄か? Did Pegasus Answer the Vanity? (講談社タイガ)感想
なるほどと思わせるタイトル

ウグイがよいところで出てくる。キガタの代わりにセリフが増えたアネバネ。
読了日:10月22日 著者:森 博嗣
新装版 銀行総務特命 (講談社文庫)新装版 銀行総務特命 (講談社文庫)感想
銀行員不正に絡んだ短編。結末は読者の想像に委ねられているのでサラッとした書かれ方。
読了日:10月21日 著者:池井戸 潤
先生白書先生白書感想
冨樫
読了日:10月21日 著者:味野くにお
モブ子の恋 1 (ゼノンコミックス)モブ子の恋 1 (ゼノンコミックス)感想
モブ感が分かりすぎて困るが、こんな恋も若者特権
読了日:10月21日 著者:田村茜
レイリ 第4巻 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ)レイリ 第4巻 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ)感想
おかしくなっていく勝頼、サイコパスのような信長、まだまだまっすぐなレイリ。
読了日:10月21日 著者:室井大資 岩明均
探偵が早すぎる (下) (講談社タイガ)探偵が早すぎる (下) (講談社タイガ)感想
怒濤の勢いで放たれる刺客の罠。
読了日:10月20日 著者:井上 真偽
ちびしかくちゃん 1 (りぼんマスコットコミックス)ちびしかくちゃん 1 (りぼんマスコットコミックス)感想
狂気セルフパロディ。まるこが陰気に、たまちゃんクズになっとる。
読了日:10月18日 著者:さくら ももこ
さよなら私のクラマー(4) (講談社コミックス月刊マガジン)さよなら私のクラマー(4) (講談社コミックス月刊マガジン)感想
恩田が遂に覚醒監督がいい味出してるなあ。
読了日:10月18日 著者:新川 直司
探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)感想
読書探偵もさることながら、橋田さんも謎が多い。
読了日:10月17日 著者:井上 真偽
銀翼のイカロス (文春文庫)銀翼のイカロス (文春文庫)感想
どんどん相手がでかくなっていく半沢。今度は国が相手
読了日:10月15日 著者:池井戸 潤
ロスジェネの逆襲 (文春文庫)ロスジェネの逆襲 (文春文庫)感想
最後は半沢が勝つと分かっていても、どうやって勝つのかワクワクしながら読み進める。ロスジェネ世代よりさらに下の自分たちは何世代になるんだろう。
読了日:10月15日 著者:池井戸 潤
経済と人間の旅 (日経ビジネス人文庫)経済と人間の旅 (日経ビジネス人文庫)感想
経済学巨人の来歴。経済音痴自分には読み下す知識が足りてない部分もあるが、非常に面白い
読了日:10月15日 著者:宇沢 弘文
北北西に曇と往け 1巻 (ハルタコミックス)北北西に曇と往け 1巻 (ハルタコミックス)感想
変な特殊能力を持った主人公だなあと思っていたが、弟に関するサスペンス要素が出てきて引き込まれる。
読了日:10月12日 著者:入江 亜季
重版出来! 10 (ビッグコミックス)重版出来! 10 (ビッグコミックス)感想
何度この作品もらい泣きさせられたか。
読了日:10月12日 著者:松田 奈緒子
初恋の世界 3 (フラワーコミックスアルファ)初恋の世界 3 (フラワーコミックスアルファ)感想
3巻は他の3人のストーリー。 誰も一筋縄ではない。
読了日:10月11日 著者:西 炯子
初恋の世界 2 (フラワーコミックスアルファ)初恋の世界 2 (フラワーコミックスアルファ)感想
買い忘れ。小鳥遊の正体がちょっとだけ明らかに。
読了日:10月11日 著者:西 炯子
たーたん 2 (フラワーコミックスアルファ)たーたん 2 (フラワーコミックスアルファ)感想
鈴が真実を知る時が来るのが怖くて怖くて。
読了日:10月11日 著者:西 炯子
プリニウス6 (バンチコミックス45プレミアム)プリニウス6 (バンチコミックス45プレミアム)感想
ネロの方には陰謀が渦巻き、プリニウスの方にはけったいおっさんが集まっている。
読了日:10月10日 著者:ヤマザキマリ,とり・みき
三成さんは京都を許さない 2: -琵琶湖ノ水ヲ止メヨ- (BUNCH COMICS)三成さんは京都を許さない 2: -琵琶湖ノ水ヲ止メヨ- (BUNCH COMICS)感想
あるあるすぎてフフッとなる。滋賀県民も湖西線トラップに引っかかるのかな?
読了日:10月09日 著者:さかな こうじ
螺旋の手術室 (新潮文庫)螺旋の手術室 (新潮文庫)感想
読書。状況が二転三転して緊迫感がある。ラストは切ない。
読了日:10月08日 著者:知念 実希人
オレたち花のバブル組 (文春文庫)オレたち花のバブル組 (文春文庫)感想
今回も小気味良い展開。
読了日:10月08日 著者:池井戸 潤
私たちは生きているのか? Are We Under the Biofeedback? (講談社タイガ)私たちは生きているのか? Are We Under the Biofeedback? (講談社タイガ)感想
ネットワークに繋がらない時のウグイ知識現代っ子っぽい。デボラもだんだん完全無欠化してきた。
読了日:10月07日 著者:森 博嗣
魔法使いの嫁 5 (BLADE COMICS)魔法使いの嫁 5 (BLADE COMICS)感想
ジョエルとリャナン・シーのやり取りが悲しくも美しい。
読了日:10月04日 著者:ヤマザキコレ
ハイキュー!! 28 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 28 (ジャンプコミックス)感想
まさかの宮兄弟(双子)
読了日:10月04日 著者:古舘 春一

読書メーター

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shonborism/20171101

2017.10.01

9月の読書メーター
読んだ本の数:34
読んだページ数:8172
ナイス数:154

3月のライオン昭和異聞 灼熱の時代 5 (ヤングアニマルコミックス)3月のライオン昭和異聞 灼熱の時代 5 (ヤングアニマルコミックス)感想
また妙なキャラが出てきて去る。
読了日:09月29日 著者:西川秀明
3月のライオン おでかけエコバッグ付き特装版 13 (ヤングアニマルコミックス)3月のライオン おでかけエコバッグ付き特装版 13 (ヤングアニマルコミックス)感想
二階堂、よく頑張った!
読了日:09月29日 著者:羽海野チカ
うらみちお兄さん (1)うらみちお兄さん (1)感想
何故彼らはこんなにも絶望しているのか。
読了日:09月28日 著者:久世 岳
カラスヤサトシの日本文学紀行カラスヤサトシの日本文学紀行感想
読書メーター登録8周年・読了2,000冊目。近代文学が面白く料理されてる。最近の著者の作品で一番好み。
読了日:09月28日 著者:カラスヤ サトシ
いぬやしき(10) (イブニングKC)いぬやしき(10) (イブニングKC)感想
最終巻。じじい宇宙へ。
読了日:09月28日 著者:奥 浩哉
魔法使いの嫁 通常版 4 (BLADE COMICS)魔法使いの嫁 通常版 4 (BLADE COMICS)感想
2人の心が少し通ってきた感。45ページの「挙骨(げんこつ)」は誤植
読了日:09月26日 著者:ヤマザキコレ
ランウェイで笑って(1) (講談社コミックス)ランウェイで笑って(1) (講談社コミックス)感想
文句なし面白い!!
読了日:09月26日 著者:猪ノ谷 言葉
オレたちバブル入行組 (文春文庫)オレたちバブル入行組 (文春文庫)感想
今更ながら読み始める。スッキリする勧善懲悪もの。解説ドラマ化以降差し変わったらしいが、目次は前の解説者の名前になっている。
読了日:09月25日 著者:池井戸 潤
ころころ手鞠ずし―居酒屋ぜんや (時代小説文庫)ころころ手鞠ずし―居酒屋ぜんや (時代小説文庫)感想
お妙と只次郎の関係が近づきそうで近づかない。雑炊が美味そうだなあ。
読了日:09月25日 著者:坂井 希久子
謎の館へようこそ 白 新本格30周年記念アンソロジー (講談社タイガ)謎の館へようこそ 白 新本格30周年記念アンソロジー (講談社タイガ)感想
館もののアンソロジー。周木さんはやっぱり大掛かりだった。
読了日:09月24日 著者:東川 篤哉,一 肇,古野 まほろ,青崎 有吾,周木 律,澤村 伊智
虹の歯ブラシ 上木らいち発散 (講談社文庫)虹の歯ブラシ 上木らいち発散 (講談社文庫)感想
アオリはこんなのだが本格的。この著者のハッチャケぶりが好きだなあ。
読了日:09月23日 著者:早坂 吝
シュークリーム・パニック (講談社文庫)シュークリーム・パニック (講談社文庫)感想
ひたすらコミカルミステリが続くのかと思いきや、最後作品でグッときた。
読了日:09月23日 著者:倉知 淳
ランド(5) (モーニング KC)ランド(5) (モーニング KC)感想
この世の秘密が分からずモヤモヤ
読了日:09月23日 著者:山下 和美
波よ聞いてくれ(4) (アフタヌーンKC)波よ聞いてくれ(4) (アフタヌーンKC)感想
突然の釧路ディスに笑う。本巻は色々な伏線が張られている感。
読了日:09月23日 著者:沙村 広明
CITY(3) (モーニング KC)CITY(3) (モーニング KC)感想
誰もが元気だなあ。
読了日:09月23日 著者:あらゐ けいいち
聖☆おにいさん(14) (モーニング KC)聖☆おにいさん(14) (モーニング KC)感想
仏様を乗せるならこの車(霊柩車)
読了日:09月23日 著者:中村 光
魔法使いの嫁 通常版 3 (BLADE COMICS)魔法使いの嫁 通常版 3 (BLADE COMICS)感想
エリアスの謎は深まる。
読了日:09月22日 著者:ヤマザキコレ
魔法使いの嫁 2 (BLADE COMICS)魔法使いの嫁 2 (BLADE COMICS)感想
いきなり大変な展開になってる。
読了日:09月18日 著者:ヤマザキコレ
魔法使いの嫁 1 (BLADE COMICS)魔法使いの嫁 1 (BLADE COMICS)感想
アニメ化に合わせて購入。色々と訳ありっぽいが、まだ詳細は分からず。
読了日:09月18日 著者:ヤマザキコレ
新装版 七回死んだ男 (講談社文庫)新装版 七回死んだ男 (講談社文庫)感想
初読。突飛な設定なのにのめり込んでしまう。
読了日:09月17日 著者:西澤 保彦
サイタ×サイタ EXPLOSIVE (講談社文庫)サイタ×サイタ EXPLOSIVE (講談社文庫)感想
やっと新刊に追いついた。今回は事件にかなり巻き込まれる。ラスト1冊。
読了日:09月16日 著者:森 博嗣
星明かりグラフィクス 1 (ハルタコミックス)星明かりグラフィクス 1 (ハルタコミックス)感想
ジャケ買い。思った通り面白い
読了日:09月15日 著者:山本 和音
不滅のあなたへ(4) (講談社コミックス)不滅のあなたへ(4) (講談社コミックス)感想
4年後。展開が早い。悲しみがまとう巻だった。
読了日:09月15日 著者:大今 良時
デボラ、眠っているのか? Deborah, Are You Sleeping? (講談社タイガ)デボラ、眠っているのか? Deborah, Are You Sleeping? (講談社タイガ)感想
今度はあの地が出てくる。人間人間たらしめているものがどんどん分からなくなっていく。
読了日:09月15日 著者:森 博嗣
七つ屋志のぶの宝石匣(5) (KC KISS)七つ屋志のぶの宝石匣(5) (KC KISS)感想
乃和が気になるが今後も出てくるのかな?
読了日:09月14日 著者:二ノ宮 知子
風は青海を渡るのか? The Wind Across Qinghai Lake? (講談社タイガ)風は青海を渡るのか? The Wind Across Qinghai Lake? (講談社タイガ)感想
百年シリーズで出てきた物事があちこちに。そしてラストの1行は今後どうストーリーに関わるのか?
読了日:09月13日 著者:森 博嗣
映像研には手を出すな! 2 (ビッグコミックス)映像研には手を出すな! 2 (ビッグコミックス)感想
恐るべきイマジネーション
読了日:09月13日 著者:大童 澄瞳
銀狼ブラッドボーン 6 (裏少年サンデーコミックス)銀狼ブラッドボーン 6 (裏少年サンデーコミックス)感想
戦闘はひとまず終結
読了日:09月13日 著者:
月曜日の友達 1 (ビッグコミックス)月曜日の友達 1 (ビッグコミックス)感想
詩的な作風平和な展開を祈りつつ。
読了日:09月12日 著者:阿部 共実
亜人(11) (アフタヌーンKC)亜人(11) (アフタヌーンKC)感想
ストーリーはあまり進まず。
読了日:09月10日 著者:桜井 画門
約束のネバーランド 5 (ジャンプコミックス)約束のネバーランド 5 (ジャンプコミックス)感想
脱出なるも次の謎が。
読了日:09月05日 著者:出水 ぽすか
硝子の探偵と消えた白バイ (講談社文庫)硝子の探偵と消えた白バイ (講談社文庫)感想
力技のトリックがすごい。
読了日:09月04日 著者:小島 正樹
魔法の色を知っているか? What Color is the Magic? (講談社タイガ)魔法の色を知っているか? What Color is the Magic? (講談社タイガ)感想
なかなか緊迫感のある展開。結局マガタ博士の掌の上なのか。続きが気になる。

ナクチュってひょっとして、百年シリーズのあの街と関連が?
読了日:09月03日 著者:森 博嗣
武家屋敷の殺人 (講談社文庫)武家屋敷の殺人 (講談社文庫)感想
二転三転からのどんでん返し。著者の作風は「やりすぎミステリ」と呼ばれるらしいが、それも納得。てんこもり
読了日:09月02日 著者:小島 正樹

読書メーター

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shonborism/20171001

2017.09.01

8月の読書メーター
読んだ本の数:33
読んだページ数:7877
ナイス数:142

ヒャッケンマワリヒャッケンマワリ感想
ジャケ買い百鬼園先生のユーモラスな感じがなんとも。阿房列車絡みのエピソードが多いのも嬉しい。
読了日:08月31日 著者:竹田昼
ドラえもん物語 ~藤子・F・不二雄先生の背中~ (てんとう虫コミックススペシャル)ドラえもん物語 ~藤子・F・不二雄先生の背中~ (てんとう虫コミックススペシャル)感想
店頭で見かけて購入。泣いちゃったじゃないか。F先生が旅立ってもう20年以上になるのか。
読了日:08月30日 著者:むぎわら しんたろう
サトコとナダ 1 (星海社COMICS)サトコとナダ 1 (星海社COMICS)感想
ムスリム女子キャラにした作品ってほとんどないのでは。面白い
読了日:08月29日 著者:ユペチカ
名探偵傑作短篇集 御手洗潔篇 (講談社文庫)名探偵傑作短篇集 御手洗潔篇 (講談社文庫)感想
長編数作しか読んでなかった御手洗シリーズ。こんなに人情に篤いひとだったかしら。
読了日:08月28日 著者:島田 荘司
彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone? (講談社タイガ)彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone? (講談社タイガ)感想
百年シリーズを経て、Wシリーズ初読。もはやSF世界だが、やはりあの人が出てくる。
読了日:08月26日 著者:森 博嗣
目玉焼きの黄身 いつつぶす? 9 (ビームコミックス)目玉焼きの黄身 いつつぶす? 9 (ビームコミックス)感想
壮年期を終えたオムライス」という表現が印象的。また、みそ汁位置は確かに不安が強いが、ああいう成り立ちになっていたとは。
読了日:08月26日 著者:おおひなた ごう
アンゴルモア 元寇合戦記 第8巻 (角川コミックス・エース)アンゴルモア 元寇合戦記 第8巻 (角川コミックス・エース)感想
時間はあまり進まず、高麗のターン。時代の理といえど悲しいこと。
読了日:08月26日 著者:たかぎ 七彦
将棋めし 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)将棋めし 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)感想
本当にカロリーを使うんだろうなあ。将棋食べ物関係が色々と研究されている。
読了日:08月23日 著者:松本 渚
とんがり帽子のアトリエ(2)特装版 (プレミアムKC モーニング)とんがり帽子のアトリエ(2)特装版 (プレミアムKC モーニング)感想
不穏な影がちらつきながらも、知恵で道を切り開いていくさまがいい。
読了日:08月23日 著者:白浜 鴎
カラスヤ、YouTuberになる (ヤンマガKCスペシャル)カラスヤ、YouTuberになる (ヤンマガKCスペシャル)感想
本編を読んでから動画を見て、カラスヤ・K田両氏の動く姿を見て感動。
読了日:08月23日 著者:カラスヤ サトシ
白に染まる 着物始末暦(九) (時代小説文庫)白に染まる 着物始末暦(九) (時代小説文庫)感想
余一とお糸が夫婦の絆を深めていく。だんだん色々なものが上手く回ってきている感だが、井筒屋の出方が気になるところ。
読了日:08月22日 著者:中島要
カルマ真仙教事件(中) (講談社文庫)カルマ真仙教事件(中) (講談社文庫)感想
サリン事件から幹部刺殺あたりまで。展開が早くなる。次巻でもうラストか。
読了日:08月22日 著者:濱 嘉之
本所おけら長屋(九) (PHP文芸文庫 は 3-10)本所おけら長屋(九) (PHP文芸文庫 は 3-10)感想
万松が大人っぽくなってきてる。
読了日:08月20日 著者:畠山 健二
あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇 (時代小説文庫)あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇 (時代小説文庫)感想
6代目。智恵でどんどん商いを成功させていくさまが気持ちよい。
読了日:08月19日 著者:高田郁
赤目姫の潮解 LADY SCARLET EYES AND HER DELIQUESCENCE (講談社文庫)赤目姫の潮解 LADY SCARLET EYES AND HER DELIQUESCENCE (講談社文庫)感想
百年シリーズ最終作。非常にとりとめのない感じで、一読ではよく分からない。
読了日:08月19日 著者:森 博嗣
ゴールデンカムイ 11 (ヤングジャンプコミックス)ゴールデンカムイ 11 (ヤングジャンプコミックス)感想
新脱獄囚。次から次へと変態が。
読了日:08月19日 著者:野田 サトル
銀河英雄伝説 7 (ヤングジャンプコミックス)銀河英雄伝説 7 (ヤングジャンプコミックス)感想
ヤン
読了日:08月19日 著者:藤崎 竜
未完成ピアニスト 1 (花とゆめCOMICS)未完成ピアニスト 1 (花とゆめCOMICS)感想
あがってない時はどんな音が出ているのだろう。
読了日:08月18日 著者:筒井美雪
銀の匙 Silver Spoon 14 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 14 (少年サンデーコミックス)感想
久しぶりの新刊。高3冬来る。やっとくっついた。
読了日:08月18日 著者:荒川 弘
ちはやふる(35) (BE LOVE KC)ちはやふる(35) (BE LOVE KC)感想
予選。太一はどこへ行こうとしているのか。
読了日:08月11日 著者:末次 由紀
僕のジョバンニ 2 (フラワーコミックスアルファ)僕のジョバンニ 2 (フラワーコミックスアルファ)感想
別れと邂逅。
読了日:08月11日 著者:穂積
マロニエ王国の七人の騎士 1 (フラワーコミックスアルファ)マロニエ王国の七人の騎士 1 (フラワーコミックスアルファ)感想
新作。将軍過去他国派遣意図、夜の長い国の思惑など、気になる謎がたっぷり。2巻は10ヶ月後。
読了日:08月11日 著者:岩本 ナオ
ダンジョン飯 5巻 (ハルタコミックス)ダンジョン飯 5巻 (ハルタコミックス)感想
邪教の偶像
読了日:08月11日 著者:九井 諒子
ダンジョンのほとりの宿屋の親父 2 (ビッグコミックススペシャル)ダンジョンのほとりの宿屋の親父 2 (ビッグコミックススペシャル)感想
登場人物が全員クズでとても清々しい。
読了日:08月11日 著者:東谷 文仁
はたらく細胞(5) (シリウスKC)はたらく細胞(5) (シリウスKC)感想
赤血球がほぼ出てこない回。
読了日:08月11日 著者:清水 茜
進撃の巨人 Before the fall(12) (シリウスKC)進撃の巨人 Before the fall(12) (シリウスKC)感想
立体機動装置ができるまで。
読了日:08月10日 著者:涼風 涼,士貴 智志,THORES 柴本
進撃の巨人(23) (講談社コミックス)進撃の巨人(23) (講談社コミックス)感想
前巻を飛ばしたのかと思うくらい新展開だが、どうやら数年後の話らしい。ライナー目線
読了日:08月09日 著者:諫山 創
迷宮百年の睡魔 LABYRINTH IN ARM OF MORPHEUS (講談社文庫)迷宮百年の睡魔 LABYRINTH IN ARM OF MORPHEUS (講談社文庫)感想
人間非人間、生と死の境界ぼんやりしてくる世界。ミチルとロイディの会話が漫才みたいになってきた。
読了日:08月08日 著者:森 博嗣
ムカシ×ムカシ REMINISCENCE (講談社文庫)ムカシ×ムカシ REMINISCENCE (講談社文庫)感想
永田さんがこっち側の人として再登場。小川さんがいつになく優しい。最後のは伏線かな?
読了日:08月05日 著者:森 博嗣
ファイアパンチ 6 (ジャンプコミックス)ファイアパンチ 6 (ジャンプコミックス)感想
不思議な展開になってきた。
読了日:08月05日 著者:藤本 タツキ
ハイキュー!! 27 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 27 (ジャンプコミックス)感想
全国大会1回戦。まだ成長するメンバー。
読了日:08月04日 著者:古舘 春一
大きい犬 (torch comics)大きい犬 (torch comics)感想
本当に大きくて驚く。こういう理知的な犬なら仲良くなれるかも。
読了日:08月03日 著者:スケラッコ
女王の百年密室 GOD SAVE THE QUEEN (講談社文庫)女王の百年密室 GOD SAVE THE QUEEN (講談社文庫)感想
百年シリーズ初読。ミステリありのSF人間機械関係などは手塚治虫近未来ものを思い出した。
読了日:08月01日 著者:森 博嗣

読書メーター

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shonborism/20170901

2017.08.01

7月の読書メーター
読んだ本の数:52
読んだページ数:12749
ナイス数:128

キウイγは時計仕掛け KIWI γ IN CLOCKWORK (講談社文庫)キウイγは時計仕掛け KIWI γ IN CLOCKWORK (講談社文庫)感想
いつものメンバー勢揃い。今回一番驚いたのは犀川禁煙だったかもしれん。
読了日:07月30日 著者:森 博嗣
食の軍師(6) (ニチブンコミックス)食の軍師(6) (ニチブンコミックス)感想
大衆食堂編。こういう店での飲み食いに憧れる。
読了日:07月29日 著者:泉 昌之
柔道部物語 11 (ヤングマガジンコミックス)柔道部物語 11 (ヤングマガジンコミックス)感想
一気に読了。やっぱり不朽の名作だ。
読了日:07月29日 著者:小林 まこと
柔道部物語 (10) (ヤンマガKCスペシャル (261))柔道部物語 (10) (ヤンマガKCスペシャル (261))感想
西野のただの悪ではない感もあって気味が悪い。
読了日:07月29日 著者:小林 まこと
柔道部物語 9 (ヤングマガジンコミックス)柔道部物語 9 (ヤングマガジンコミックス)感想
西野が急に悪人ヅラになる。
読了日:07月29日 著者:小林 まこと
柔道部物語 (8) (ヤンマガKCスペシャル (219))柔道部物語 (8) (ヤンマガKCスペシャル (219))感想
トントン拍子で武道館
読了日:07月29日 著者:小林 まこと
柔道部物語 (7) (ヤンマガKCスペシャル (198))柔道部物語 (7) (ヤンマガKCスペシャル (198))感想
IH終了。小柴に泣かされる。
読了日:07月29日 著者:小林 まこと
柔道部物語 6 (ヤングマガジンコミックス)柔道部物語 6 (ヤングマガジンコミックス)感想
樋口
読了日:07月29日 著者:小林 まこと
柔道部物語 5 (ヤンマガKCスペシャル)柔道部物語 5 (ヤンマガKCスペシャル)感想
決勝が熱い!!
読了日:07月29日 著者:小林 まこと
柔道部物語 4 (ヤンマガKCスペシャル)柔道部物語 4 (ヤンマガKCスペシャル)感想
主人公がぐんぐん強くなっていく王道感が気持ちよい
読了日:07月29日 著者:小林 まこと
柔道部物語 3 (ヤンマガKCスペシャル)柔道部物語 3 (ヤンマガKCスペシャル)感想
出たヒョットコ顔。
読了日:07月29日 著者:小林 まこと
柔道部物語 (2) (ヤンマガKCスペシャル (82))柔道部物語 (2) (ヤンマガKCスペシャル (82))感想
五十嵐監督が素敵。
読了日:07月29日 著者:小林 まこと
柔道部物語 (1) (ヤンマガKCスペシャル (62))柔道部物語 (1) (ヤンマガKCスペシャル (62))感想
機会があり10数年ぶりに再読。そうだそうだこんな始まりだった。
読了日:07月29日 著者:小林 まこと
創作の極意と掟 (講談社文庫)創作の極意と掟 (講談社文庫)感想
著者でしか持ち合わせていない視点なのでは。しかしよく本を読んでいる。
読了日:07月29日 著者:筒井 康隆
ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~ 7 (MFコミックス ジーンシリーズ)ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~ 7 (MFコミックス ジーンシリーズ)感想
さすがにニーチェの出番も減ってきたか。怒濤の30連勤はすごい。
読了日:07月27日 著者:ハシモト
ワニ男爵(1) (モーニング KC)ワニ男爵(1) (モーニング KC)感想
これはまたシュール作品と出会った。
読了日:07月26日 著者:岡田 卓也
大魔王のOFF 1 (torch comics)大魔王のOFF 1 (torch comics)感想
大魔王(おっぱい)
読了日:07月26日 著者:水野まどか
狂気の山脈にて 3 ラヴクラフト傑作集 (ビームコミックス)狂気の山脈にて 3 ラヴクラフト傑作集 (ビームコミックス)感想
超古代文明残滓。いよいよクトゥルフ用語が増えてきたが、次巻でラストらしい。
読了日:07月26日 著者:田辺 剛
君に届け 29 (マーガレットコミックス)君に届け 29 (マーガレットコミックス)感想
遂に卒業。次で終わりらしい。
読了日:07月26日 著者:椎名 軽穂
決戦!関ヶ原 (講談社文庫)決戦!関ヶ原 (講談社文庫)感想
文庫化したので初読。恵瓊の怪僧っぷりがはんぱない。
読了日:07月24日 著者:葉室 麟,冲方 丁,伊東 潤,天野 純希,矢野 隆,吉川 永青,木下 昌輝
ジグβは神ですか JIG β KNOWS HEAVEN (講談社文庫)ジグβは神ですか JIG β KNOWS HEAVEN (講談社文庫)感想
前作から少し時間が経ってて驚く。水野の正体はやはりあの人だろうか。
読了日:07月22日 著者:森 博嗣
少女ファイト(14)特装版 (プレミアムKC イブニング)少女ファイト(14)特装版 (プレミアムKC イブニング)感想
怨念が渦巻いておる。
読了日:07月22日 著者:日本橋 ヨヲコ
ふつつか者の兄ですが(6) (モーニング KC)ふつつか者の兄ですが(6) (モーニング KC)感想
最終巻。ああ、こういう風に着地するのか。誰も不幸せにならない終わり方。
読了日:07月22日 著者:日暮 キノコ
山賊ダイアリーSS(1) (イブニングKC)山賊ダイアリーSS(1) (イブニングKC)感想
自分はからっきしだけに憧れる。今回は海編。
読了日:07月22日 著者:岡本 健太郎
タカイ×タカイ CRUCIFIXION (講談社文庫)タカイ×タカイ CRUCIFIXION (講談社文庫)感想
すっかり大人になった萌絵がいよいよXシリーズに絡む。椙田の狼狽ぶりが面白い
読了日:07月21日 著者:森 博嗣
カーサの猫村さん4カーサの猫村さん4感想
猫村さんフォトショ疑惑
読了日:07月20日 著者:ほしよりこ
キラレ×キラレ CUTTHROAT (講談社文庫)キラレ×キラレ CUTTHROAT (講談社文庫)感想
普通にありそうな事件が森風味に味付けられる。最後アクションシーンは白熱してたなあ。
読了日:07月20日 著者:森 博嗣
新装版 星降り山荘の殺人 (講談社文庫)新装版 星降り山荘の殺人 (講談社文庫)感想
新装版発売に合わせて初読書。各小節の冒頭に丁寧な注意書きがあるのにクスッとなったが、しかし騙された。
読了日:07月18日 著者:倉知 淳
おとむらいさん(4)<完> (BE LOVE KC)おとむらいさん(4)<完> (BE LOVE KC)感想
ネタネタだけにいつも目頭が熱くなる本作もひとまずの完結。
読了日:07月17日 著者:大谷 紀子
イナイ×イナイ PEEKABOO (講談社文庫)イナイ×イナイ PEEKABOO (講談社文庫)感想
Xシリーズ1作目。曰く付き屋敷の割に解決はあっさりか。ただ久しぶりに犯人のはっきりした密室系だったような。
読了日:07月17日 著者:森 博嗣
新装版 虚無への供物(下) (講談社文庫)新装版 虚無への供物(下) (講談社文庫)感想
推理に次ぐ推理。結末はなんだか純文学的。読まれ続けているのも分かる気がする。
読了日:07月16日 著者:中井 英夫
新装版 虚無への供物(上) (講談社文庫)新装版 虚無への供物(上) (講談社文庫)感想
ようやく読み始める。推理が出るたびにそれが打ち消され、また新たな犠牲者が。物語がどう着地するのか気になりながら下巻へ。
読了日:07月16日 著者:中井 英夫
ましろのおと(18) (講談社コミックス月刊マガジン)ましろのおと(18) (講談社コミックス月刊マガジン)感想
ライブツアー編。またひと皮剥けたなあ。
読了日:07月14日 著者:羅川 真里茂
きょうの日は、さようならきょうの日は、さようなら感想
神戸の話。キャラが多彩で面白い
読了日:07月14日 著者:石田香織
目薬αで殺菌します DISINFECTANT α FOR THE EYES (講談社文庫)目薬αで殺菌します DISINFECTANT α FOR THE EYES (講談社文庫)感想
キャラが成長しておる。事件根本は相変わらず謎のまま。
読了日:07月13日 著者:森 博嗣
私の少年(3) (アクションコミックス(月刊アクション))私の少年(3) (アクションコミックス(月刊アクション))感想
ここで急展開とは思わず。次からどうなるんだろう。
読了日:07月12日 著者:高野 ひと深
ηなのに夢のよう DREAMILY IN SPITE OF η (講談社文庫)ηなのに夢のよう DREAMILY IN SPITE OF η (講談社文庫)感想
いよいよ事件そのものに拘泥しなくなってきた感。登場陣は豪華。今回もまた萌絵成長回。
読了日:07月11日 著者:森 博嗣
λに歯がない λ HAS NO TEETH (講談社文庫)λに歯がない λ HAS NO TEETH (講談社文庫)感想
裏で色々動いてる伏線が気になって。
読了日:07月10日 著者:森 博嗣
εに誓って SWEARING ON SOLEMN ε (講談社文庫)εに誓って SWEARING ON SOLEMN ε (講談社文庫)感想
ここで叙述トリックが来るとは!
読了日:07月08日 著者:森 博嗣
レタス・フライ Lettuce Fry (講談社文庫)レタス・フライ Lettuce Fry (講談社文庫)感想
Vシリーズの彼らがそれぞれ出てきたのが嬉しい。
読了日:07月08日 著者:森 博嗣
τになるまで待って PLEASE STAY UNTIL τ (講談社文庫)τになるまで待って PLEASE STAY UNTIL τ (講談社文庫)感想
密室ミステリはあっさり解かれるも、その他の謎がゴロゴロ
読了日:07月08日 著者:森 博嗣
少年たちのいるところ (BUNCH COMICS)少年たちのいるところ (BUNCH COMICS)感想
明るく切ない青春もの。
読了日:07月07日 著者:古屋 兎丸
山と食欲と私 5 (BUNCH COMICS)山と食欲と私 5 (BUNCH COMICS)感想
ぶり大根うどん
読了日:07月07日 著者:信濃川 日出雄
新コボちゃん(38) (まんがタイムコミックス)新コボちゃん(38) (まんがタイムコミックス)感想
岩夫の老化ネタ多し。
読了日:07月06日 著者:植田まさし
大相撲殺人事件 (文春文庫)大相撲殺人事件 (文春文庫)感想
まさか重版で購入。衝撃のあらすじは伊達ではなく、この一冊で力士が20人以上死んでいる。
読了日:07月05日 著者:小森 健太朗
江神二郎の洞察 (創元推理文庫)江神二郎の洞察 (創元推理文庫)感想
江神シリーズの27年越しの短編集。ミステリであっても大学生ものは青春香りがして眩しい。
読了日:07月05日 著者:有栖川 有栖
約束のネバーランド 4 (ジャンプコミックス)約束のネバーランド 4 (ジャンプコミックス)感想
ノーマンは何に驚いた?
読了日:07月04日 著者:出水 ぽすか
ど根性ガエルの娘 3 (ヤングアニマルコミックス)ど根性ガエルの娘 3 (ヤングアニマルコミックス)感想
例の第15話掲載。連載を開始してヤングアニマルに移るまでの闘いの記録。
読了日:07月04日 著者:大月悠祐子
やれたかも委員会 1巻やれたかも委員会 1巻感想
やれてないから当然なのだが,すっごいピュア
読了日:07月03日 著者:吉田 貴司
θは遊んでくれたよ ANOTHER PLAYMATE θ (講談社文庫)θは遊んでくれたよ ANOTHER PLAYMATE θ (講談社文庫)感想
ラブちゃん再登場回。S&Mメンバーが多めでGメンバーが若干霞んでいる感。
読了日:07月02日 著者:森 博嗣
女王国の城 下 (創元推理文庫)女王国の城 下 (創元推理文庫)感想
どう絡んでくるのか分からなかったエピソードが全部最後に回収された。すごい。
読了日:07月02日 著者:有栖川 有栖
女王国の城 上 (創元推理文庫)女王国の城 上 (創元推理文庫)感想
一行はまた怪しい土地へ。
読了日:07月01日 著者:有栖川 有栖

読書メーター

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shonborism/20170801

2017.07.01

6月の読書メーター
読んだ本の数:36
読んだページ数:10244
ナイス数:163

φは壊れたね (講談社文庫)φは壊れたね (講談社文庫)感想
Gシリーズ1作目。萌絵が大人になって主役交代。この後の展開が楽しみ。
読了日:06月30日 著者:森 博嗣
富士山噴火 (集英社文庫 た 61-10)富士山噴火 (集英社文庫 た 61-10)感想
どんどん事態は深刻化するのに次の章題がもっと絶望的。非常にスリリング。
読了日:06月28日 著者:高嶋 哲夫
エマは星の夢を見る (モーニング KC)エマは星の夢を見る (モーニング KC)感想
ミシュラン調査員は実在するんだなあ。絵柄も何となく洋風原作コミットされてる気がする。
読了日:06月27日 著者:高浜 寛
女の友情と筋肉(6) (星海社COMICS)女の友情と筋肉(6) (星海社COMICS)感想
ユウヤが落ち着いていい人になってる。
読了日:06月27日 著者:KANA
四季 冬 (講談社文庫)四季 冬 (講談社文庫)感想
四季最終章四季の登場時間が長いほど内容は観念的に。未読のシリーズとの繋がりもあるらしい。
読了日:06月25日 著者:森 博嗣
四季 秋 (講談社文庫)四季 秋 (講談社文庫)感想
四季本人はほとんど登場せず。S&MシリーズとVシリーズが初めて時間軸を明示して交わったのが本作かな?
読了日:06月25日 著者:森 博嗣
虚空の逆マトリクス(INVERSE OF VOID MATRIX) (講談社文庫)虚空の逆マトリクス(INVERSE OF VOID MATRIX) (講談社文庫)感想
トロイの木馬」が本格的。「ゲームの国」の回文はすごい。
読了日:06月25日 著者:森 博嗣
今夜はパラシュート博物館へ THE LAST DIVE TO PARACHUTE MUSEUM (講談社文庫)今夜はパラシュート博物館へ THE LAST DIVE TO PARACHUTE MUSEUM (講談社文庫)感想
どれも好きな話。短編ならではか、明かされないままの謎が結構あるので後で答え合わせをしよう。
読了日:06月25日 著者:森 博嗣
地球儀のスライス A SLICE OF TERRESTRIAL GLOBE (講談社文庫)地球儀のスライス A SLICE OF TERRESTRIAL GLOBE (講談社文庫)感想
小鳥の恩返し」が好き。S&Mは諏訪野回。
読了日:06月24日 著者:森 博嗣
へうげもの(24) (モーニング KC)へうげもの(24) (モーニング KC)感想
大坂夏の陣も決着がつき、クライマックス間近。
読了日:06月23日 著者:山田 芳裕
魔法陣グルグル2(8) (ガンガンコミックスONLINE)魔法陣グルグル2(8) (ガンガンコミックスONLINE)感想
恐怖のへこき村
読了日:06月23日 著者:衛藤ヒロユキ
双頭の悪魔 (創元推理文庫)双頭の悪魔 (創元推理文庫)感想
3度に渡る読者への挑戦など、ボリューム満点の事件
読了日:06月23日 著者:有栖川 有栖
いぶり暮らし 6 (ゼノンコミックス)いぶり暮らし 6 (ゼノンコミックス)感想
結婚はもうちょっと先かしら? 燻した肉じゃが食ってみたいなあ。
読了日:06月21日 著者:大島千春
四季 夏 (講談社文庫)四季 夏 (講談社文庫)感想
四季人間になる過程。Vシリーズで謎になっていた部分がまたちょいちょい明らかになっている。
読了日:06月20日 著者:森 博嗣
カルマ真仙教事件(上) (講談社文庫)カルマ真仙教事件(上) (講談社文庫)感想
wikipediaで当該の項を見ながら。著者は元公安
読了日:06月18日 著者:濱 嘉之
四季 春 (講談社文庫)四季 春 (講談社文庫)感想
もう一度「F」を読み返さねばなるまい。
読了日:06月18日 著者:森 博嗣
赤緑黒白 (講談社文庫)赤緑黒白 (講談社文庫)感想
Vシリーズ最終巻であり、次のシリーズへの伏線阿漕荘メンバーとこれでお別れは寂しいなあ。
読了日:06月18日 著者:森 博嗣
朽ちる散る落ちる (講談社文庫)朽ちる散る落ちる (講談社文庫)感想
超音波研究所再び。シリーズ通底する謎へも言及多し。
読了日:06月17日 著者:森 博嗣
図書館の主 15 (芳文社コミックス)図書館の主 15 (芳文社コミックス)感想
遂に大団円オーナーにはびっくりさせられた。
読了日:06月17日 著者:篠原 ウミハル
さよなら私のクラマー(3) (講談社コミックス月刊マガジン)さよなら私のクラマー(3) (講談社コミックス月刊マガジン)感想
登場人物紹介の恩田のところが「男子チームに所属していたた」になってる。
読了日:06月17日 著者:新川 直司
不滅のあなたへ(3) (講談社コミックス)不滅のあなたへ(3) (講談社コミックス)感想
小康回。グーグーが健気で。
読了日:06月17日 著者:大今 良時
捩れ屋敷の利鈍 (講談社文庫)捩れ屋敷の利鈍 (講談社文庫)感想
S&Mシリーズとの夢のクロスオーバー。不幸にも考察サイトでこの2作間の関係を知ってしまった身だが、本作に関してはそのためにより楽しめたかも。
読了日:06月14日 著者:森 博嗣
プリンセスメゾン 4 (ビッグコミックス)プリンセスメゾン 4 (ビッグコミックス)感想
本編だけでなく、幕間のアンケート調査も興味深い。
読了日:06月12日 著者:池辺 葵
([な]13-8)ズッコケ中年三人組: 43歳のズッコケ事件探偵 (ポプラ文庫)([な]13-8)ズッコケ中年三人組: 43歳のズッコケ事件探偵 (ポプラ文庫)感想
裁判員制度への問題提起
読了日:06月12日 著者:那須 正幹
孤島パズル (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)孤島パズル (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)感想
本筋の殺人事件だけでなくパズルも楽しかった。謎解きは今回も鮮やか。
読了日:06月11日 著者:有栖川 有栖
六人の超音波科学者 (講談社文庫)六人の超音波科学者 (講談社文庫)感想
ミステリ要素の強い巻。練無の危機解説は人選ミス
読了日:06月10日 著者:森 博嗣
MIX 11 (ゲッサン少年サンデーコミックス)MIX 11 (ゲッサン少年サンデーコミックス)感想
高1夏〜高2春まで一気に時間は進む。
読了日:06月10日 著者:
恋恋蓮歩の演習 (講談社文庫)恋恋蓮歩の演習 (講談社文庫)感想
策士が跋扈する中、あの人もまた然りだった。しかし、しこちゃんがかわいそう。
読了日:06月09日 著者:森 博嗣
おとぼけ課長(29) (芳文社コミックス)おとぼけ課長(29) (芳文社コミックス)感想
まさかの最終巻、まさかの昇進。
読了日:06月08日 著者:植田まさし
([な]13-7)ズッコケ中年三人組: 42歳の教室戦争 (ポプラ文庫)([な]13-7)ズッコケ中年三人組: 42歳の教室戦争 (ポプラ文庫)感想
かっこいい大人たち。
読了日:06月05日 著者:那須 正幹
魔剣天翔 Cockpit on Knife Edge (講談社文庫)魔剣天翔 Cockpit on Knife Edge (講談社文庫)感想
保呂草の本業が出てきたり、ミステリらしいトリックがあったりで盛り沢山回。
読了日:06月05日 著者:森 博嗣
フードファイタータベル 5 (ジャンプコミックス)フードファイタータベル 5 (ジャンプコミックス)感想
五反駄ハンドクリーム博物館
読了日:06月04日 著者:うすた 京介
ファイアパンチ 5 (ジャンプコミックス)ファイアパンチ 5 (ジャンプコミックス)感想
すさまじい鬱展開。
読了日:06月04日 著者:藤本 タツキ
プラチナエンド 6 (ジャンプコミックス)プラチナエンド 6 (ジャンプコミックス)感想
ガチバトル編。
読了日:06月03日 著者:小畑 健
月光ゲーム―Yの悲劇’88 (創元推理文庫)月光ゲーム―Yの悲劇’88 (創元推理文庫)感想
デビュー作でこんなにすごいとは。
読了日:06月03日 著者:有栖川 有栖
夢・出逢い・魔性 (講談社文庫)夢・出逢い・魔性 (講談社文庫)感想
タイトルからしてよくできてる。
読了日:06月03日 著者:森 博嗣

読書メーター

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shonborism/20170701