Hatena::ブログ(Diary)

shouhの日記

2016-11-08

ggc その3

引き続きご意見ご感想ありがとうございます。凡愚な私にはもったいないくらい多数の方からコメントをいただき、私ではひらめかなかった視点も多数存在していて、目からウロコが落ちるとはまさにこのことなのだと痛感しています。

先日 ggc 騒動に関する謝罪と、考察ベースの啓蒙 - shouhの日記 を書きましたが、どうやらこれは正解ではなかったようです。どのような文章を書けば私が反省したと通じるのでしょうか。それとも反省したことを通じさせるというこのコメントそのものが不愉快の元凶の一種になっていたりするのでしょうか……論点観点、ゴール、落とし所。数多の意思が錯綜し、正直収集がつかなくなっています。

本当はこれ以上記事を書いても火に油を注ぐだけなのではと思ったのですが、中途半端に終わらせてはいけないとも思っています。そこで色んなアイデアを採用してみました。

とりあえずブコメ上位三件への返信を試みる

http://b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/shouh/20161108/1478576593:はてなブックマーク - ggc 騒動に関する謝罪と、考察ベースの啓蒙 - shouhの日記] の、16/11/08 22:30 時点での上位三件です。

尊厳という言葉がピンと来ないことに気付いたのですが、そういえば「人へのリスペクトが足りない」というコメントもありましたし、実際に言われたことも何度もありますので、そういうことなのだと理解しました。閾値ではなかったのですね。リスペクトを持つ、という観点で今後の行動方針を練り直したいと思います。その際、『ゼロイチの話』ということから、リスペクトとは有るか無いかという二極性を備えていると読めますので、(量の過多ではなくイチでもいいから)手に入れることさえ考えればいいのだという視点を忘れないようにします。

これはおそらく「閾値が問題じゃないことは自明だが、そんなこともわからないのなら、言ってるとおり極端なスタンスで安全マージン担保するのが確実だ」というアドバイスなのだと思います。閾値でない真の問題にありつけなければ、そうするつもりです。

感情的かつ挑発的な意図はありませんでした。意図がないのにそうなっているということは、私の文章力がそういう文章を生み出しやすい性質を備えているからなのだと思います。

まとめ: リスペクト(ゼロイチのイチ)を手に入れよ

ピンと来たご意見に対する返信

言われてみれば確かに、「自分を守るため」よりも「皆さんに迷惑かけないため」と表現した方が、本質的には同じことであっても心象はまるで違いますね。勉強になりました。

あと、

誤字訂正ありがとうございます。気が向いたら直します。

まず途中の「、」が謎ですが、これはおそらく「。」と解釈すればいいと思いますので、その前提で行きます。おっしゃる通りだと思います。これは、

このご指摘にも通じるものがあります。上手いたとえが思い浮かびませんが、運動してこなかった運動オンチの40代のおじさんにフルマラソンでサブ3切れと言うようなものだと思っています。もちろん頑張れば(かつ適性があれば)出来ないことはないのでしょうが、私にはモチベーションも適性もおそらくありません。あるなら、もっと優秀なエンジニアになって、今頃 GitHub で 100 スターくらい稼いでると思います。

……少し話が逸れました。要するに、色々ご意見ご指摘をいただいてはいるのですが、私にはこれらを全て律儀に正しく吸収する力がない、ということです。だからこそ二回目の記事(ggc 騒動に関する謝罪と、考察ベースの啓蒙 - shouhの日記)も、自信があったにもかかわらず見当違い(?)の内容となってしまったのだと思います。(弱音で申し訳ないですが)たぶん10記事くらい繰り返しても皆様を納得させることはできそうにありません。

そこで『全部言え』が、まさにそのとおりで、はっきりと鮮明に答えを提示していただければ、私もそれを読むだけで理解できると思いますので、効率的だと思うのです。

思えば今までの人生もそうでした。みんな、本当に言いたいことは直接言ってきません。間接的に、やんわりと、間者に怯える織田信長かってくらいに遠回しに言ってくるばかりです。もちろん、今となっては原因は理解しています。そういうことは暴言になりかねないし、人権問題やらパワハラやらにもなりかねません。だから安全マージンを取って、遠回しに言うか、何も言わずに放っておくことしかできないのだと思っています。

ggc 騒動もある意味同じ状況ではないかと思いました。……すいません、言いたいことが上手くまとまりませんね。まあ鉄は熱いうちに打てといいますし、とりあえず公開してみることにします。

ggc のネーミングについて

  • gcc と似ててうざい
  • 真ん中は Girls じゃなくて単数形でしょ?
  • Tokyo Girls Collection から取ったのかな?

などのご指摘がありました。ggc のネーミングに深い意味はありません。なんとなく語呂が良いように決めただけです。Girls とあえて複数形にしたのもそうですね。もしかしたら潜在的に Tokyo Girls Collection という概念が働いていたのかもしれません。

飲みに行こうぜ

一件だけブコメにてお誘いがありましたが、申し訳ありませんが辞退させていただきたく。

理由は、私がぼっちであるがゆえに、見ず知らずの人とサシで飲んで雑談するなど成立できないからです。そんなこともできないからこそぼっちなのですし、ついでに言えば童貞なのですし、ggc なんてものを作っちゃうのだと思います。

反省してないだろ

反省はしているつもりです。が、これを証明する方法が己が文章しかなく、その文章の表現内容が未熟ゆえに反省しているようには見えなかったのだと考えられます。私の未熟ゆえです。引き続き文章力鍛錬に邁進します。

あとは、記憶力も関係しているかもしれませんね。私は長編小説を書けない(書いたことや設定を覚えきれない)程度には記憶が弱いので、当然以前書いた記事の内容およびコンテキストも全ては頭に入っていません。それが前後関係に矛盾を生み、支離滅裂を生じさせ、反省をしていない色が滲み出てしまっているのではないか、と愚考しています。

問題はセクハラに限らないよ?

二回目の日記のコメント( http://d.hatena.ne.jp/shouh/20161108/1478576593#c1478604595 )他、数件のご指摘をいただいています。

『矢張り ggc の件に関して正しく認識できていない可能性が高いです。考えてみてください。』 今のところ何も解がひらめきません。引き続き考えています。ヒントをいただければありがたいです。

おわりに

煮詰まったので今回は色んなやり方を試してみました。これで少しは正解に近づけましたでしょうか?それとも、遠のいちゃったでしょうか?はたまた、正解どうこうの問題ではない可能性もありますか。だとしたらそれは何でしょうか。……と、まだまだ問題は山積みだと自認しています。

学校の教科書や問題集、あるいはコンパイラのように答えがはっきりとわかれば楽なのですが。現実はそう甘くないなと改めて痛感しています。引き続き精進してまいります。この度はご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。

ggc 騒動に関する謝罪と、考察ベースの啓蒙

謝罪

女性エンジニアの皆様、この度は ggc リポジトリにより多大な迷惑をかけてしまい、申し訳ございませんでした。
今後このようなことを起こさないよう反省するのはもちろん、二次災害が発生しないよう本記事による啓蒙も(考察という形で)行わせていただきます。

考察: インプット

考察: 何がいけなかったのか

貴重なご意見ご感想をありがとうございました。読ませていただいています。

おかげさまで「何がいけなかったのか」に対する答えもわかりました。一言で言うと「セクシャルハラスメントやろそれ」ということでした。

ggc において問題があったのは以下性質です。

  • 女性ユーザの容姿を(主観的に)ランク付けした
  • 「女性だから〜〜だ」「男性だから〜〜だ」のように性指定のコメントを書いていた
  • これらを public なリポジトリに置いた(誰でも見ることができる。ggc に追加された女性も)

性指定や容姿に対するコメントなどは、それだけでセクシャルハラスメントと解釈されてしまう恐れのある爆弾的文章です。解釈されるかどうかは読み手の主観に委ねられるわけですが、その数が多い場合、それはもうセクハラだと認定されてしまう(便宜上「認定しきい値」と呼ぶことにします)のが世の常です。その証拠に、GitHub 運営側も認定者の一人となり、問答無用でアカウントを停止する措置を取っています(GitHub の規約にひっかかったのだと考えられます)。これはそれだけ認定が強かったことの証左に他ならないでしょう。

つまり ggc はセクハラの認定しきい値を越えてしまったがゆえに炎上しました。認定しきい値を正しく見積もれなかった私の見積もり能力、あるいはそのための知識や経験の欠如などが原因と考えています。

私は学習します。今後は認定しきい値を越えてしまわないよう、安全マージンを多めに取るという方針で日々の言動を制御する所存です。

考察: 教訓「セクハラの認定しきい値は思っているよりも低いぞ」

ggc にて行ったことは

  • ネット上から簡単に集められる範囲の情報(アバターや所属や名前や使用言語など)をまとめた
  • 各女性に対して5段階で主観的なランク付けをした

です。これがセクハラと認定され、GitHub アカウント停止にまで至りました。

さて、皆さんは上記を見てどんな感想を抱いたでしょうか。今までの皆さんの反応を見た限り、以下に二分されていると思いました。

ここで、反対派の皆さんは注意が必要です。セクハラの認定しきい値は思っているより低いのです(だからこそ私は理由もわからないまま粛正された)。認定されてしまえば、GitHub アカウント停止のような甚大なダメージを負う可能性もあります。それほどに認定は強力な攻撃です。

反対派の皆さんにも「自分ではそのつもりがなかったのにセクハラと認定され、強力な攻撃を受けて痛手を追ってしまう」可能性があるわけです。そのことを(もちろん私含め)肝に銘じなければなりません。 はてなブックマーク に多数のコメントが寄せられているので、一度目を通すと良いでしょう。

あとは、「性に関する発信は一切行わない」という極端なスタンスを取るくらいがちょうどいいのかもしれません。下ネタや容姿に関する発言はもちろん、「女性だから能力的に〜〜」みたいなコメントも控えるべきです。ggc にもそのコメントがありましたが、その点について指摘された方も多数いらっしゃいました。

賛成派の方は呼吸するかのようにこの辺に配慮できるのでしょうが、反対派の皆さんはそうもいかない可能性があります。だからこそ、今一度意識的に自分の言動を振り返ってみるべきです。セクハラ認定されて痛手を追ってしまう前に。