Hatena::ブログ(Diary)

技術教師ブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

リラックスチェア WAKATAKE 若竹 A11(シャンブレー生地) ブルー A11-181BL シャープSHARP 業務用プラズマクラスターイオン発生機 空気清浄機 病院・学校・オフィス用IG-840-Wfigma ファイアボール ドロッセル良いコミックデザイン(オロビアンコ) Orobianco バッグ BAG メンズ 2wayショルダーバッグ ナイロン レザー silvestra t3-d メンズ ブランド 並行輸入品 (レッド) [並行輸入品] T-fal 【Amazon.co.jp限定】 ディズニー・グルメ ツール5点セット Disney ディズニー ミッキー 生誕80周年記念 回転 ベゼル 腕時計 パープル スワロフスキー 紫 【並行輸入品】 [時計]キュレル 美白化粧水3 (リッチ) 140ml

2009-10-06

HIPHOPの否定は貧困の否定


回生ゼミ発表は「ヒップホップ」。

実は「ヒップホップ」という音楽概念が私にはよくわからない。

そんなことを言えば「ロック」も「ポップス」一義的な概念規定があるわけではない。

たぶんそういうのは「空気」で何となく決まるのだろう。

アメリカの音楽マーケットにおける「ヒップホップ」は、それと排他的に競合する他の音楽ジャンルとの差別化の中で位置づけられているはずである。

ヒップホップと司馬遼太郎と村上春樹 (内田樹の研究室)

 内田先生がHIPHOPについてよくわかっていらっしゃらないようなので僕なりのHIPHOPについてのレジュメを提出しておきたい。

この1エントリーでおおよそ概要だけわかるようにしておきたいが、わからない場合は各自で調べてほしい。

内田先生のこの書き方だと、まるでHIPHOPという音楽概念、思想文化自体が不完全なものだとして否定されているような受け取り方ができるが、音楽の表層とムーブメントばかりを捉えても本質が見えないのは当たり前で、HIPHOP音楽を語るためにはまずHIPHOP文化について語らなければならない。

本質を語るとすればHIPHOPとは"恵まれない者たちに与える表現手法”でありHIPHOP文化とは"恵まれない者たち(主に若者)への救済活動・救済思想"である。

HIPHOPとは

 内田先生が言うようにHIPHOPも局所的な文化が発祥であり、地域性というのがことは確かだ。

 アメリカにサウスブロンクスという地域がある。ニューヨーク市内でも貧困層が集まる都市で、識字率が低く*1黒人やユダヤ教徒が多いのも特徴的だという。1970年代、「HIPHOP」という文化はそこで産声を上げた。

 HIPHOPの若者たちが語る"real"*2はそこにあった。realとはすなわち貧困(poor)を指し、(精神的にも物理的にも)人に与えるものを持たないことや、貧困者たちを指す。そこでは貧困からくる悲劇-窃盗・強盗、暴力、殺し-が日常茶飯事であったという。同時に若者たちはギャングと呼ばれる徒党を組み、組織として犯罪行為を繰り返していた。

 そんな中ZULU NATIONというグループが「同じブラザー同士(黒人同士)で殺し合うのは馬鹿げている。暴力や銃で争うのはやめて、お互いの文化で争うべきだ。そしてお互いの文化を理解し合い尊敬しあうべきだ。」と唱えて回ったのが始まりだという。

 彼らのいう文化とは、RAP,DJ,DANCE,GRAFITTI(絵)であると認識されており、当時そこに独立してあったそれぞれの文化がHIPHOPという思想に組み込まれることとなった。例えばHIPHOP文化の一つとして語られるストリートダンスも、当時中産階級以上しか学ぶことができなかったバレエジャズダンスを真似しだしたのが出発点だといわれている。当時はダンスを舞台で踊ることが主流であり、ハーレムシアターにオーディションに来るダンサーたちを見て屋外(ストリート)で真似しだしたのがはじまりだ。なのでバレエのような柔軟な身体イメージや高尚な文学と結びついたイメージと差別化し、硬い身体とコミカルなカートゥーンのイメージを取り入れて踊ることでアイデンティファイされたという経緯を持つ。

 DJ文化などは特殊で、流れているレコードを手で押さえたりずらしたりする手法「スクラッチ」やそれによって同じビートを繰り返す「ブレイクビート」などの手法を持つものがHIPHOPの音楽としてアイデンティファイされた。

 

 現代でもこの貧困の現状は緩和はされているが解決はされていないという(僕は現地に行ったことがないのでわからない)。多くのHIPHOP映画が必ずこの若者のギャング性や貧困を描いてきた。

 

 この思想が普及し若者たちに表現の手法を与えることで、争いを減らし、悲劇を減らそうという救済活動こそHIPHOPの原点である。

以下のリンクが詳しい

ヒップホップ - Wikipedia

ヒップホップ音楽の歴史 - Wikipedia

動画見るならOnGenムービー(スマホ)

思想としてのHIPHOP マーケットとしてのHIPHOP

 思想の重要性に影響された多くのアーティストがこの思想の普及を切望し、その方法の一つとしてマーケットにのせて流通させることを考えた。しかし、普及させる間に多くの誤解が発生していった。貧困層、すなわち犯罪者が多数いる地域からの文化ということでダーティなイメージが染みつき、若者の社会や大人に対する反抗のための文化として広まってしまった。HIPHOPという文化はホームパーティーやクラブイベントで初めて表現するものとして扱われ、クラブカルチャーとして派生していった。

 クラブカルチャーを作ってきたオリジネイターたちは、今のクラブカルチャーの現状を嘆く。HIPHOPファッションがだぼだぼなのは、「ムショ帰り」をアピールしたアメリカのヤンキー文化であり、女性が短いズボンをはくのはセックスアピールではなくズボンの余った布で兄弟の服を作るためであり、たばこやお酒やドラッグは一部の日常的に使用していた層が持ち込んだ文化であり我々が望んでいたものではない、それらをクラブカルチャーと結びつけるべきではないと。

初心者にもわかるクラブカルチャー - 技術教師ブログ

 ロックミュージックは完全なカウンターカルチャーであり、破壊の思想であった。

 ヒッピー文化などは若者の開放の思想であり、自由思想であった。

 しかし、HIPHOP貧困における若者救済の思想であり、まったくレイヤーが異なるものである。

 HIPHOPを語る際、思想としてのHIPHOP文化を語っているのか、マーケティング(に乗った結果)としてのHIPHOPを語っているのかを読者側が判断しなければならない。

 HIPHOP音楽は、技術の進歩と合わせて変わっていく。DJが新しい技術(例えば打ち込み)でビートを作り、ダンサーがその音に合わせて新しいムーブメントを作る。他の文化のいいところを尊敬し取り入れて進化していくことと、それに伴い多様な若者に自由な表現のできる場所を確保すること。そういう表現と社会貢献の方向にHIPHOPは舵をきっていった。

バイトとサンプリング

 マーケットに流通したHIPHOP音楽は、また別の問題を抱えた。それは作品性の問題である。

 バイト(bite)とは丸パクリのことであり、他人の作品を丸々もしくはほとんど模倣して自分の作品として表現することである。HIPHOPが普及するにつれてアイデンティティ(個性・他人とどれだけ違うか)を表現する手法としてのHIPHOPが普及したため多くの人がバイトを個性の否定と捉えるようになり、同じ表現を行うことに不寛容な風潮が生まれた。お互いの文化(すなわち表現や作品)を理解し尊敬するという思想の中に、「ただし、相手の表現を模倣しない」という但し書きが付くことになった。

 これによって表現の手法が自由でなく制限されることとなった。多くのHIPHOPアーティストが自己表現の確保と若者の救済思想の普及との間でジレンマを抱えるようになったのである。

 HIPHOPの文化は韻を踏み他者の歌をオマージュする日本の短歌の文化のような派生をたどってきた。

 サンプリング(sampling)は、尊敬をこめたオマージュの手法として、ある程度有名な楽曲の一部分を切り取りループさせることで、DELA SOULJAY-Zなどが特徴的だ。多くのアーティストが尊敬を表明するためにサンプリングを多様してきたのだが、現在は著作権による規制が強く、莫大な金を積まなければ権利を譲ってもらえない。金銭という敷居が表現規制として働くようになり、貧困を救済するために与えられた表現手法であったのに、お金のない者は表現を規制される(あくまで私的利用に限っては例外だが)という現状があることも頭に入れておきたい。

 

 しかしちゃんとHIPHOPの思想をくみ取り、マーケットに載ったHIPHOPは対象を広げ、貧困も含めた多くの恵まれない若者たちの支援にまで発展する事例も増えてきた。

 僕の友人はダウン症児たちにストリートダンスを教えDA PUMPなどアーティストを集めてチャリティイベントを行うことで社会貢献を行っているし、また別の友人はHIPHOPの発祥の歴史を大学などで講義することで世界中のrealを普及させ若者に問題意識を持ってもらおうと必死で活動している。

 

ZULU NATIONのパンフレット

 友人がHIPHOPのオリジネータ、ZULU NATIONが配布しているパンフレットを翻訳してくれてた。掲載許可をもらったので最後にここに書いてこのエントリをしめたい。

Universal Zulu Nation San Diego Chapter

The San Diego Chapter of the Universal Zulu Nation is into Preserving our Hip Hop Culture while enriching and giving back to our youth and community. With monthly projects which include: Tutoring sessions, Beach clean up, Toy drives, Movie nights, Book drives, Drawing night, Park and neighborhood clean ups, Infinity night, Can food drives, Mentoring programs, Seminars, Conferences, Newsletters, Concert/Events, and Monthly meetings.

ユニバーサルズールーネイション サンディエゴ

サンディエゴズールーネイションヒップホップという文化を保護している、そしてヒップホップの拡充また若者やコミュニティーへのヒップホップの返還も行っている。

その保護はビーチの清掃、トイドライブ(クリスマスに子供達にプレゼントをあげる車)、ムービーナイト、ブックドライブ(本を分け与える車)、ドロウイングナイト、公園・近所の清掃活動、インフィニティーナイト、カン・フードドライブ(食べ物を分け与える車)、指導相談プログラムセミナー、会議、新聞、コンサート・イベント等でそれらは月一で行われるプロジェクトで決められている。

What is the Universal Zulu Nation?

The Universal Zulu Nation is an organization of men, women, and youth which was founded by the Godfather of Hip-Hop  Africa Bambaataa. With hundreds of chapters around the world, it is the oldest, largest & most respected grass roots Hip Hop organization. The members who come from many different races, cultures, nationalities, countries and religions believe in Freedom, Justice, Peace, Unity, Love, Fun, Respect, Work, Economics, Overcoming the negative to the positive, Mathematics, Science, Life, Truth, Facts, Equality, Knowledge, Wisdom, Understanding and Faith. Zulu Nation members discourage divisions and want to see peace and unity on Earth with all races. Without these, we all face social, economic, physical and spiritual destruction. This is The Universal Zulu Nation.

ユニバーサルズールーネイションとは何か?

ユニバーサルズールーネイションとはヒップホップの父であるアフリカバンバータが見つけた若い世代とその他男女で構成されている組織である。

世界中にその組織はあり、また最も古く、最も大きく、最も尊敬されているヒップホップの組織である。メンバーはさまざまな種族、文化、国籍、国、自由を信仰する宗教、正義、平和、協力、愛、楽しむ気持ち、尊敬、仕事、経済ネガティブからポジティブへと乗り越える気持ち、数学、科学、生活、真実、事実、平等、知識、学問、理解そして信仰心のどれかを持っている人たちである。ズールーメンバーは分裂や争いを避け、全ての種族が地球上で平和と協調を願うことを求めている。これらなしで、我々は社会的、経済的、身体的、そして魂の消滅につながるだろう。これがユニバーサルズールーネイションである。

The Future

One of our main goals is to teach, give back, and inspire the youth. We believe that the vast majority of people do not understand what the true Hip Hop culture is actually about. We Zulus believe that Hip Hop can be used as a vehicle for reaching and teaching the youth. Within the past 30 years, Hip Hop culture has greatly influenced the entertainment world with its creative contributions in music, dance, art, poetry, and fashion. Due to the lack of knowledge about the whole of the Hip Hop culture, many of our worlds youth are mistaken in thinking that activities such as: smoking blunts, drinking 40’s, wearing designer label plastered across their chest, carrying a gun, or going to strip clubs are “Hip Hop”. Hip Hop is also being portrayed negatively by the media, TV, Radio & many artists who work in the element of Rap (emceeing). This negativity is usually instigated and promoted by the record industry and various other corporations who exploit the culture at the expense of the youth state of mind and morality. San Diego Zulus are here to show the youth that there is another way, and what the true inspiration and essence of our Hip Hop culture is.

未来へのビジョン

我々のゴールの一つは教える事、返してもらう事、若者を刺激する事である。多くの人が本当のヒップホップの文化が実は何なのか理解していないと思う。ズールーである我々はこう信じている:ヒップホップとは若者達に手をさし伸ばしたり、何かを教えていく為の

乗り物になりえるものだと。過去30年間ヒップホップは音楽、ダンス、詩やファッションというクリエイティブなアイデアでエンターテイメントという世界に非常に影響を与えてきた。ヒップホップ文化全体の知識が不足したせいで、世界中の多くの若者が間違った考えを持つようになっている、例えばガンジャを吸う、酒を浴びるように飲む、胸の辺りにデザイナーのラベルが張ってある服を着る、銃の所持、ストリップクラブに行く等が「ヒップホップ」だと勘違いしていることだ。ヒップホップはまたテレビ、マスメディアラジオやラップ(MC)にのめり込んだアーティスト達によってネガティブなものとして描写されてきている。このネガティブさは、若者の心と道徳心を犠牲にしてヒップホップ文化を利用するレコード会社や様々な企業によってそそのかされている。サンディエゴズールーは若者達へ別のやり方で本当のひらめきや我々のヒップホップの真髄がなんであるかを示すためにここにいる。

The Elements

Hip Hop DeeJaying had no name at the beginning, but the DJ element started in the West Bronx, by a DJ, whose name was Kool DJ Herc. Hip Hop as culture was started and named by Afrika Bambaataa in the South Bronx. It is Afrika Bambaataa who pulled the 4 elements together (DeeJaying, B-Boys, B-Girls, MCing {Rap}, and Graffiti Art) and gave it the 5th Element which is Knowledge. He later added Culture, and Overstanding which holds all of it together. In the 70’s, ten years prior to gaining global recognition, Hip Hop was a celebration of life gradually developing each of its elements to form a cultural movement. Due to its energy, dynamics, and momentum, Hip Hop culture has become, ultimately, a key to upliftment and reformation, as well as a billion dollar industry. Hip Hop culture is defined as a movement which is expressed through various mediums which we call “elements”. The main elements are known as MCing (Rapping) & DJing. This is our music. There is also Writing (Aerosol Art). This is our art. Several dance forms which include B-Boying, Up-Rocking, Popping, and Locking. This is our dance. Zulu Nation promotes and actively tries to educate the masses about the history and foundational elements of true Hip Hop culture.

エレメンツ

ヒップホップのDJingは初めは名前がなかったがウエストブロンクスのあるDJがその名前を使い始めたのである。そのDJの名前はDJクールハークである。文化としてのヒップホップは、サウスブロンクスに住んでいたアフリカバンバータによって名づけられた。4つのエレメント(DJ、BBOYING&BGIRLING、MCそしてグラフィティ)をまとめたのがアフリカバンバータである。そして5つめのエレメントである"知識"を加えたのもアフリカバンバータである。彼は後に文化(Culture)と(芸術を生み出す)理解(Overstanding)を付け加え、それらはヒップホップのエレメンツ全てを統合するものである、とした。70年代、10年間に渡りヒップホップの世界的認知を優先してきた。ヒップホップは文化的な運動を作り上げるためにエレメンツ(DJ, Bboying, Bgirling, MC, Graffiti, Knowledge, Culture, Overstanding)の発展させるための人生の祝賀会であった。ヒップホップエネルギー、ダイナミックさや勢いのため、ヒップホップ文化は最終的に改革と向上のキーとなった。また同様に1000億円以上の産業にもなっていったのだ。ヒップホップ文化はこう定義付けされている。ヒップホップとは我々がエレメンツと呼ぶ様々な媒体を通し表現されている運動である。主なエレメンツはみんなが知っている通りMC、DJである我々の音楽、またグラフィティーである我々のアート、様々なダンスの形(例えばbboying, up-rocking, poppingそしてlocking)である我々のダンス。ズールーネイションは活発的に真実のヒップホップ文化の歴史と成長段階であるエレメンツについての多くを教育、促進していくようにしている。

JONTE'オネエマン扱いで日本デビュー - 技術教師ブログ

初心者にもわかるクラブカルチャー - 技術教師ブログ

内田樹絶賛のヤンキー本-書評-教育をぶっ飛ばせ 反学校文化の輩たち - 技術教師ブログ

perfumeのダンスはゲイカルチャーを許容するか - 技術教師ブログ

ヒップホップはアメリカを変えたか?―もうひとつのカルチュラル・スタディーズ
S.クレイグ ワトキンス
フィルムアート
売り上げランキング: 130146
おすすめ度の平均: 5.0
5 読んでよかった!
5 口先だけのヒップホップはいr¥もういらないんです!!
5 ヒップホップを通してアメリカ社会が見える
5 ヒップホップアメリカ社会を変え始めたのか?


ダンス・レボリューション 【プレミアム・ベスト・コレクション¥1800】 [DVD]セイブ・ザ・ラストダンス デラックス版 [DVD]ステップ・アップ [DVD]ストンプ・ザ・ヤード ストリート・ビート・パック(3枚組) [DVD]フラッシュダンス [DVD]

ヒップホップ・ジェネレーション 「スタイル」で世界を変えた若者たちの物語ヒップホップダンスでセクシーな体になる―1日5分・自宅で楽しくダイエット[DVD付き]日本のヒップホップ―文化グローバリゼーションの〈現場〉

*1:これについては学びの共同体理論による驚異的な改善が報告されているが、それは別エントリーで。

*2HIPHOPスラングとして

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

技術教師ブログ