Hatena::ブログ(Diary)

技術教師ブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

リラックスチェア WAKATAKE 若竹 A11(シャンブレー生地) ブルー A11-181BL シャープSHARP 業務用プラズマクラスターイオン発生機 空気清浄機 病院・学校・オフィス用IG-840-Wfigma ファイアボール ドロッセル良いコミックデザイン(オロビアンコ) Orobianco バッグ BAG メンズ 2wayショルダーバッグ ナイロン レザー silvestra t3-d メンズ ブランド 並行輸入品 (レッド) [並行輸入品] T-fal 【Amazon.co.jp限定】 ディズニー・グルメ ツール5点セット Disney ディズニー ミッキー 生誕80周年記念 回転 ベゼル 腕時計 パープル スワロフスキー 紫 【並行輸入品】 [時計]キュレル 美白化粧水3 (リッチ) 140ml

2017-02-07

[][][]オープンウェブ終焉

RSS終焉と言ってもいいかもしれない。

SNSタイムラインという概念がうまれてから、もう10年以上経つことになる。

我々はプッシュ型でブログやニュースを見る時代から、更新情報が送られてくるツイッターFacebookタイムラインの中で興味のあるものをクリックやタップして情報を得ることになった。

情報にはストック型とフロー型があり、ホームページなどはストック、ブログなどはフローとしてSEO強化やその時その時のトレンドを流すために使われてきた。しかし、企業のオウンドメディアや2ちゃんまとめブログの隆盛が、そのブログの記事のストックがその書き手の輪郭を現す時代を終わらせようとせめぎあっている。

SNSフィジカルの逆襲

 先日話してみて面白かったのが、20代の子達はテキストサイトを知らない。ましてやブログとの違いがパーマリンクだということも知らない。僕個人も90年代までは黒い画面にいちいち数字だのURLだのを打ち込んでネットをしていたという話は、先人から見聞きしたことがあるので同じような現象だ。

 そこからmixiやFBのようなSNSが登場し、公開範囲という機能によりリアルな人と人との関係性にランクをつけられるようになる。彼が見れる記事は僕には見れない、というリアルがあらたなwebのユーザ体験として登場する。次第にmixi疲れだのSNS疲れだのという言葉が登場し、オープンウェブであるブログやバカみたいな企画を行うキャンペーンサイトが見直されることになった。

 しかし、結局それらの話題を共有することでしかコミュニティが維持できないためSNSを使い続けるしかない、そしてある程度の情報量を処理できる人でないとSNS平衡感覚を持って使い続けるのは難しい。

 結果SNSは自慢、不服、偽善、新年の共有くらいしかすることがなくなっていく。そんな地縁でつながった人たちとの、感情の共有でしか維持できないコミュニティは息苦しい。その上共感できなければSNS八分をくらう。そこで若者は裏垢という戦略をとる。鍵付きアカウントを利用しながら、SNS上で共通の知り合いが少ない、興味範囲が近い人を探し、信頼できる人を見つけ、その人づてで友達を増やし、そこでしか出会えない人たちとネット以外の場を楽しむという選択肢を見つける。

 若者はネットを捨てリアルに戻った。皇居ラン、バブルサッカーボルダリングサバゲーフットサル、カラーラン、代々木公園で鬼ごっこ、フェス、サーフィン、スキー、スノボ、ボドゲ猫カフェフクロウカフェ、御朱印集め、七福神巡り。10年前、皇居ランが流行った時は、スポーツ人口自体は増えていなくて他のスポーツからランニングに移行する人が増えた、という結果だったが、今は多分スポーツ人口自体が増えている。フィジカルなものを利用し、その記録としてSNSを使い、同時におもしろいフィジカルはないかとアンテナを張り、新しいSNSを利用する。

 そうしてinstagramyoutubeが使われるようになる。文章を読んで人の輪郭が浮き出ることを楽しむ人はもういない。もちろんほとんどいないという意味である。かわりに動画や画像で直接人を見る。今までテレビでしか見れなかった人たちの、テレビ以外の顔を見て、親近感を持ち仲良くなりたいと願う。200万人に届くテレビタレント一人を追いかける時代は終わり、20000人に届く100人のタレントの中から好きなものを選ぶことで自分のアイデンティティが形成され、他者と区別をつける時代に突入し、10年が経ち、ネットTVの普及に伴いそれがスタンダードになりつつある。

webディレクションの難しさ

 株式会社たかだまなみというプロジェクトのwebをつくり一瞬だけバズった求人ページが。)。と言っても3日間で2万PV程度、駆け出しとしてはまあまあくらいの結果でおわり、それから毎日10〜100人くらいの人たちがサイトに訪れるくらいの話だ。多分リピーターは少ない。本人自体はちょうどいいブス感のある顔も話題性の強さもあり各メディアから取材が来て、インタビューされていて、その記事自体は好評なのだが、肝心のwebページに流入してくる率なんてバカみたいに少ない。yahoo砲も炸裂したのにぜんぜんPVは伸びなかった。みんなその時その時の時間を潰せるコンテンツが見つかればそれでいいのだ。

 一部のオタク気質な人やオタサーの騎士気質な人たちだけが彼女のwebの更新を定期的にチェックする。FBページのいいねも大して伸びない。ただし、そこからのイベントを立ち上げた時の参加者のコンバージョン率と言ったらなかなかのものである。みな、フィジカルなものを探しにウェブに訪れる。自分の言葉を代弁してくれる人を探してブログ記事を読む時代は終わりに差し掛かりつつある。

 次世代のプロモーションはいかに体を動かせるか、参入障壁の低いフィジカルであるか、いかに新しい人たちと出会えるかというセレンディピティにある。サロン型のクローズドなウェブサービスアプリで更新情報をプッシュするサイトやサービス、時間が経てば消えてしまう画像や動画共有サービスなど、オープンウェブは囲い込みサービスに殺されたのだ。

関連リンク

続・FC2 liveは一晩で77万稼げる - 技術教師ブログ

カレーは常識の逆を行くことで格段においしくなる!! - 技術教師ブログ

生活が変わる掘り出し物、2chオススメ人気座椅子まとめ - 技術教師ブログ

オタクになろうとするヤンキーと、ヤンキー化する秋葉原-いまさらC84レポート- - 技術教師ブログ

no title

行動経済学の逆襲 (早川書房)
早川書房 (2016-07-31)
売り上げランキング: 35,723

THE KIDS
THE KIDS
posted with amazlet at 17.02.07
SPACE SHOWER MUSIC (2017-01-25)
売り上げランキング: 6

無明寺無明寺 2017/08/12 08:07 真善美の探究【真善美育維】

【真理と自然観】

《真理》
結論から言って, 真偽は人様々ではない。これは誰一人抗うことの出来ない真理によって保たれる。
“ある時, 何の脈絡もなく私は次のように友人に尋ねた。歪みなき真理は何処にあるのかと。すると友人は, 何の躊躇もなく私の背後を指差したのである。”
私の背後には『空』があった。空とは雲が浮かぶ空ではないし, 単純にからっぽという意味でもない。私という意識, 世界という感覚そのものの原因のことである。この時, 我々は『空・から』という言葉によって人様々な真偽を超えた歪みなき真実を把握したのである。


我々の世界は質感。
また質感の変化からその裏側に真の形があることを理解した。そして我々はこの世界の何処にも居ない。この世界・感覚・魂(志向性の作用した然としてある意識)の納められた躰, この意識の裏側の機構こそが我々の真の姿であると気付いたのである。


《志向性》
目的は何らかの経験により得た感覚を何らかの手段をもって再び具現すること。感覚的目的地と経路, それを具現する手段を合わせた感覚の再具現という方向。志向性とは或感覚を具現する場合の方向付けとなる原因・因子が具現する能力と可能性を与える機構, 手段によって, 再具現可能性という方向性を得たものである。
『意識中の対象の変化によって複数の志向性が観測されるということは, 表象下に複数の因子が存在するということである。』
『因子は経験により蓄積され, 記憶の記録機構の確立された時点を起源として意識に影響を及ぼして来た。(志向性の作用)』
我々の志向は再具現の機構としての躰に対応し, 再具現可能性を持つことが可能な場合にのみこれを因子と呼ぶ。躰に対応しなくなった志向は機構の変化とともに廃れた因子である。志向が躰に対応している場合でもその具現の条件となる感覚的対象がない場合これを生じない。但し意識を介さず機構(思考の「考, 判断」に関する部分)に直接作用する物が存在する可能性がある。


《思考》
『思考は表象である思と判断機構の象である考(理性)の部分により象造られている。』
思考〔分解〕→思(表象), 考(判断機能)
『考えていても表面にそれが現れるとは限らない。→思考の領域は考の領域に含まれている。思考<考』
『言葉は思考の領域に対応しなければ意味がない。→言葉で表すことが出来るのは思考可能な領域のみである。』
考, 判断(理性)の機能によって複数の中から具現可能な志向が選択される。


《生命観》
『感覚器官があり連続して意識があるだけでは生命であるとは言えない。』
『再具現性を与える機構としての己と具現を方向付ける志向としての自。この双方の発展こそ生命の本質である。』

生命は過去の意識の有り様を何らかの形(物)として保存する記録機構を持ち, これにより生じた創造因を具現する手段としての肉体・機構を同時に持つ。
生命は志向性・再具現可能性を持つ存在である。意識の有り様が記録され具現する繰り返しの中で新しいものに志向が代わり, その志向が作用して具現機構としての肉体に変化を生じる。この為, 廃れる志向が生じる。

*己と自の発展
己は具現機構としての躰。自は記録としてある因子・志向。
己と自の発展とは, 躰(機構)と志向の相互発展である。志向性が作用した然としてある意識から新しい志向が生み出され, その志向が具現機構である肉体に作用して意識に影響を及ぼす。生命は然の理に屈する存在ではなくその志向により肉体を変化させ, 然としてある意識, 世界を変革する存在である。
『志向(作用)→肉体・機構』


然の理・然性
自己, 志向性を除く諸法則。志向性を加えて自然法則になる。
然の理・然性(第1法則)
然性→志向性(第2法則)


【世界創造の真実】
世界が存在するという認識があるとき, 認識している主体として自分の存在を認識する。だから自我は客体認識の反射作用としてある。これは逆ではない。しかし人々はしばしばこれを逆に錯覚する。すなわち自分がまずあってそれが世界を認識しているのだと。なおかつ自身が存在しているという認識についてそれを懐疑することはなく無条件に肯定する。これは神と人に共通する倒錯でもある。それゆえ彼らは永遠に惑う存在, 決して全知足りえぬ存在と呼ばれる。
しかし実際には自分は世界の切り離し難い一部分としてある。だから本来これを別々のものとみなすことはありえない。いや, そもそも認識するべき主体としての自分と, 認識されるべき客体としての世界が区分されていないのに, 何者がいかなる世界を認識しうるだろう?
言葉は名前をつけることで世界を便宜的に区分し, 分節することができる。あれは空, それは山, これは自分。しかして空というものはない。空と名付けられた特徴の類似した集合がある。山というものはない。山と名付けられた類似した特徴の集合がある。自分というものはない。自分と名付けられ, 名付けられたそれに自身が存在するという錯覚が生じるだけのことである。
これらはすべて同じものが言葉によって切り離され分節されることで互いを別別のものとみなしうる認識の状態に置かれているだけのことである。
例えて言えば, それは鏡に自らの姿を写した者が鏡に写った鏡像を世界という存在だと信じこむに等しい。それゆえ言葉は, 自我と世界の境界を仮初に立て分ける鏡に例えられる。そして鏡を通じて世界を認識している我々が, その世界が私たちの生命そのものの象であるという理解に至ることは難い。鏡を見つめる自身と鏡の中の象が別々のものではなく, 同じものなのだという認識に至ることはほとんど起きない。なぜなら私たちは鏡の存在に自覚なくただ目の前にある象を見つめる者だからである。
そのように私たちは, 言葉の存在に無自覚なのである。言葉によって名付けられた何かに自身とは別の存在性を錯覚し続け, その錯覚に基づいて自我を盲信し続ける。だから言葉によって名前を付けられるものは全て存在しているはずだと考える。
愛, 善, 白, 憎しみ, 悪, 黒。そんなものはどこにも存在していない。神, 霊, 悪魔, 人。そのような名称に対応する実在はない。それらはただ言葉としてだけあるもの, 言葉によって仮初に存在を錯覚しうるだけのもの。私たちの認識表象作用の上でのみ存在を語りうるものでしかない。
私たちの認識は, 本来唯一不二の存在である世界に対しこうした言葉の上で無限の区別分割を行い, 逆に存在しないものに名称を与えることで存在しているとされるものとの境界を打ち壊し, よって完全に倒錯した世界観を創り上げる。これこそが神の世界創造の真実である。
しかし真実は, 根源的無知に伴う妄想ゆえに生じている, 完全に誤てる認識であるに過ぎない。だから万物の創造者に対してはこう言ってやるだけで十分である。
「お前が世界を創造したのなら, 何者がお前を創造した?」
同様に同じ根源的無知を抱える人間, すなわち自分自身に向かってこのように問わねばならない。
「お前が世界を認識出来るというなら, 何者がお前を認識しているのか?」
神が誰によっても創られていないのなら, 世界もまた神に拠って創られたものではなく, 互いに創られたものでないなら, これは別のものではなく同じものであり, 各々の存在性は虚妄であるに違いない。
あなたを認識している何者かの実在を証明できないなら, あなたが世界を認識しているという証明も出来ず, 互いに認識が正しいということを証明できないなら, 互いの区分は不毛であり虚妄であり, つまり別のものではなく同じものなのであり, であるならいかなる認識にも根源的真実はなく, ただ世界の一切が分かちがたく不二なのであろうという推論のみをなしうる。


【真善美】
真は空(真の形・物)と質(不可分の質, 側面・性質), 然性(第1法則)と志向性(第2法則)の理解により齎される。真理と自然を理解することにより言葉を通じて様々なものの存在可能性を理解し, その様々な原因との関わりの中で積極的に新たな志向性を獲得してゆく生命の在り方。真の在り方であり, 自己の発展とその理解。

善は社会性である。直生命(個別性), 対生命(人間性), 従生命(組織性)により構成される。三命其々には欠点がある。直にはぶつかり合う対立。対には干渉のし難さから来る閉塞。従には自分の世を存続しようとする為の硬直化。これら三命が同時に認識上に有ることにより互いが欠点を補う。
△→対・人間性→(尊重)→直・個別性→(牽引)→従・組織性→(進展)→△(前に戻る)
千差万別。命あるゆえの傷みを理解し各々の在り方を尊重して独悪を克服し, 尊重から来る自己の閉塞を理解して組織(なすべき方向)に従いこれを克服する。個は組織の頂点に驕り執着することはなく状況によっては退き, 適した人間に委せて硬直化を克服する。生命理想を貫徹する生命の在り方。

美は活活とした生命の在り方。
『認識するべき主体としての自分と, 認識されるべき客体としての世界が区分されていないのに, 何者がいかなる世界を認識しうるだろう? 』
予知の悪魔(完全な認識をもった生命)を否定して認識の曖昧さを認め, それを物事が決定する一要素と捉えることで志向の自由の幅を広げる。予知の悪魔に囚われて自分の願望を諦めることはなく認識と相互作用してこれを成し遂げようとする生命の在り方。


《抑止力, 育維》
【育】とは或技能に於て仲間を自分たちと同じ程度にまで育成する, またはその技能的な程度の差を縮める為の決まり等を作り集団に於て一体感を持たせること。育はたんなる技能的な生育ではなく万人が優秀劣等という概念, 価値を乗り越え, また技能の差を克服し, 個人の社会参加による多面的共感を通じて人間的対等を認め合うこと。すなわち愛育である。

【維】とは生存維持。優れた個の犠牲が組織の発展に必要だからといっても, その人が生を繋いで行かなければ社会の体制自体が維持できない。移籍や移民ではその集団のもつ固有の理念が守られないからである。組織に於て使用価値のある個を酷使し生を磨り減らすのではなく人の生存という価値を尊重しまたその機会を与えなければならない。

真善美は生命哲学を基盤とした個人の進化と生産性の向上を目的としたが, 育と維はその最大の矛盾たる弱者を救済することを最高の目的とする。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/showgotch/20170207/1486492134
技術教師ブログ