Hatena::ブログ(Diary)

技術教師ブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

リラックスチェア WAKATAKE 若竹 A11(シャンブレー生地) ブルー A11-181BL シャープSHARP 業務用プラズマクラスターイオン発生機 空気清浄機 病院・学校・オフィス用IG-840-Wfigma ファイアボール ドロッセル良いコミックデザイン(オロビアンコ) Orobianco バッグ BAG メンズ 2wayショルダーバッグ ナイロン レザー silvestra t3-d メンズ ブランド 並行輸入品 (レッド) [並行輸入品] T-fal 【Amazon.co.jp限定】 ディズニー・グルメ ツール5点セット Disney ディズニー ミッキー 生誕80周年記念 回転 ベゼル 腕時計 パープル スワロフスキー 紫 【並行輸入品】 [時計]キュレル 美白化粧水3 (リッチ) 140ml

2016-11-29

[][][][][]今年もあと1ヶ月、2016年のうちに目を通しておきたい本11冊

 ということで今年見つけた本を紹介。いろいろ面白い本からおかしな本までバリエーション豊かに出版された年でした。コミックもまとめたいけどまた今度。

〈オールカラー版〉 魚はエロい (光文社新書)
瓜生 知史
光文社 (2016-08-17)
売り上げランキング: 7,637

タイトル勝ちな上に、内容もガチで、魚の生態と性態を紹介する本。エロい。

海の見える理髪店
海の見える理髪店
posted with amazlet at 16.11.29
荻原 浩
集英社
売り上げランキング: 1,850

芥川賞コンビニ人間の裏でこっそり直木賞をとってたおっさんの本。短編で安定感のある文章力は、コスパ重視の人にオススメ。

物理と科学と兵器の進化についての本。ひとまず算数がわかれば読めるレベルのないようなので、あとは文章と向き合う気力さえあれば楽しめる。

オリバーサックスの幼少期のタングステンおじさんと化学エピソード。タイトルからしてワクワクする。文庫本が出たのでこのタイミングでぜひ。

マッチング理論でノーベル賞とったアルビンロスの本。たぶん書評検索するだけでも面白い話が読めるかもしれない。意識高い大学生やビジネスマンの間で大人気(キラッ

性風俗のいびつな現場 (ちくま新書)
坂爪 真吾
筑摩書房
売り上げランキング: 13,830

日本は社会福祉に風俗が負けてる国なので現状を確認する意味でもちゃんと目を通しておくとよい本。ゲス不倫から始まったし坂爪先生のはじめての不倫学〜「社会問題」として考える〜 (光文社新書)

も合わせて読んでおきたいですね

大麻解禁の真実
大麻解禁の真実
posted with amazlet at 16.11.29
矢部 武
宝島社
売り上げランキング: 81,426

いまチャゲに一番贈りたい本。大麻は毒にも薬にもなるものなので、中毒になった時の話などもちゃんと書いてある。海外で軽旅行で経験しようと思ってる人や解禁派が何を言っているか知りたい人は目を通しておくとよいかも。

ゲスママ
ゲスママ
posted with amazlet at 16.11.29
神田 つばき
コアマガジン
売り上げランキング: 130,177

宮台真司先生大絶賛の熟女AV女優性愛と反省を綴った本。タイトルとは裏腹に文体は物腰柔らかく、いろんな人とこれがなぜ文学賞を取らなかったのかとうなっていた本。

ダーク・ドゥルーズ
ダーク・ドゥルーズ
posted with amazlet at 16.11.29
アンドリュー カルプ
河出書房新社
売り上げランキング: 6,137

厨二病っぽさたっぷりのタイトル、出たばっかりなのでまだ読んでないけど何言ってるかわからないので気になる。

神様とメル友になれる本
田中 小梅
東邦出版
売り上げランキング: 41,135

これはすごい。書店で見かけて今年一番ツボッたタイトル。amazonレビューも大絶賛の一冊。あなたの心の中の神様と繋がってください。ちなみに書店の並べられてるカテゴリは「精神世界」。

日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない
湯山 玲子 二村 ヒトシ
幻冬舎 (2016-05-12)
売り上げランキング: 16,439

タイトルとは裏腹に、セックスは贅沢品かメンヘラの消耗品になっていくかもしれないという社会心理学的なお話。にむら監督はワーディングセンスがピカイチ。

いろいろ世相を反映したいなと思いつつ、こんなセレクションになりました。成功している人は、なぜ神社に行くのか?

とか、犯罪者はなぜみんなパンを食ってるのかみたいな本もネタで入れようかなと思いましたがやめました。みなさんもオススメを教えてください。

関連エントリ

二十歳までに出会っておけばよかった10冊 - 技術教師ブログ

「ポストモラトリアム時代の若者たち」は僕の中で2012年一番のスゴ本だった-書評-ポストモラトリアム時代の若者たち - 技術教師ブログ

世界よ、これが日本の漫画だ!ぼくなりに今読んでおきたい本7選2013 - 技術教師ブログ

読まずに死ねない哲学名著50冊 (フォレスト2545新書)
平原 卓
フォレスト出版 (2016-03-06)
売り上げランキング: 13,985

2015-11-08

[][][][][]消えたストリートの社会学-メディア評-映画「バケモノの子

 なぜ人はバケモノにすら承認を求めようとするのか。この映画ではバケモノたちが排除された存在でなく、人間(日本人)との住み分けを進めた異文化のコミュニティ象徴として描かれる。バケモノたちには心の闇がない。バケモノたちには武器がある。

 暗殺教室の紹介の時にも書いた、リフテクティブな存在の不在、心理的欠損の充足をテーマにした王道に王道を重ねた映画。しかし映画に描かれる90年代のトラウマとしての「キレる若者」「機能不全家族」「宗教テロ」といったモチーフを踏襲しながらも家族は多重であってもよいのではないか、親は子供の武器になるのではないか、人はトラック(進むべき道)から落ちて大きく外れてしまっても、もう一度這い上がれるのではないか、といった斬新なメッセージがちりばめられた快作であった。広瀬すずの声の未熟さは気になったものの、可愛いから許す。以下ネタバレあり。

D

 本作バケモノの子は、父親と離婚し母子家庭で育った主人公の少年が、母親と死別し、渋谷の街を浮游していたところをクマのバケモノに拾われ、弟子入りしながら関係を気づき成長していくビルドゥングスロマン映画。

日本作品へのリスペクト

 作品を見ていると最初に感動するのが、手塚治虫的なモチーフや西遊記オマージュ擬人化文化、学校といじめエヴァンゲリオンのような心の闇の問題など、日本的な作品が多く扱ってきたシンボルをこれでもかと散りばめて多くのことを語らせようとしていることである。調べてないのでわからないがウサギの偉い人もライバルのイノシシ干支花札的ななにかだろうし、マントヒヒはブッダに出てくる梵天さまにそっくりだし、サマーウォーズとちがって出てくるキャラ一つ一つがちゃんとこだわりを持って描かれている。「白鯨」や「山月記」から肥大化した自意識をコンセプトとして取り出したように、どの場面のどのキャラが何を意識しているのか、そう言った追求ができる作品としての技術もすごい。

監督が提示する新しい家族の形

 2000年代の映画は常に機能不全家族を題材にしてきた。援助交際を行う女子高生や街を浮遊する若者たちの原因の多くは家族と思われているコミュニティの機能不全に求められた。「心が叫びたがっているんだ」のようにシングルマザーが増える現代においてはさらにその物語は過酷に描かれることになるのだけれど、若者は街を徘徊浮遊することで、仲間の中に代理家族や代理親子を見つけ、理想的な家族を追体験しようとする。細田監督はずっとそんな新しい家族の形を模索してきた。そんな代理父としてのバケモノであるクマテツは、主人公に武術を教え、主人公に相手の呼吸の読み方を習い、お互いがお互いを高め合う新しい形の「家族」として監督はバケモノと少年を描く。

 家族は昔から象徴的に一緒にご飯を食べる存在として描かれる。最初は一緒にご飯を食べなかった少年は、気づけばバケモノそっくりな仕草でご飯を食べるようになる。最終的にバケモノは少年の武器となる。昔ながらの、子供を縛るものとして描かれてきた<親が与えたもの>を革新的に監督は書き換えた。<親が与えたもの>は子供の武器になる。そういうメッセージを監督は作品のクラマックスに込めた。

リフレクタブルな存在の不在

 自分を正統的に振り返らせる存在の不在こそが機能不全の本質であり、悲劇の源泉であるのかもしれない。お互いに縛り付けるのではなく、お互いがありたい自分でいるためにどうしたらいいかをアドバイスし合える間柄、そうした存在を求めて若者も、最近は大人たちも彷徨うのであるし、最初の少年が徘徊していた場面はそんな心象風景メタファであったのかもしれない。

 2000年代前半までは「ストリート」に出ると、昔はストリートダンスやマウンテンバイクスケボーなど、自分たちを受け入れてくれて、疑似家族として迎え入れてくれるコミュニティがあった。そうした「ストリート」の消失が、本作のバケモノたちを生んだのではないかと考える。バケモノたちは日本旧来の妖怪のように社会背景とともに発生したし、一方で本作においては「おおかみこども」のように障がい児や迫害を受けている人たちのメタファとしては描かれていない。まるで脳内会議に出てくる登場キャラクターたちのような、アドバイスしながら判断や決断を迫ってくる存在として登場する。暗殺教室のレビューでも書いたが、そうした消失を埋める存在として、バケモノに頼らざるをえないほど、人間関係の機能不全が深刻であるというメッセージを捉えることもできる。人はどうしても自分のリソースを奪われることに対して不安を抱くため、他人に規制禁止をしいたがる。コーチングや傾聴が一部でブームではあるものの、そんなものでは足りないほど、<リフレクタブルであること>は技能が必要で、常に意識していないと鍛えることは困難なことなのかもしれない。

 なお、余談であるが、文学に詳しい友人と見に行った為に教えてもらったのだが、川上弘美氏のコラム集「神様 (中公文庫)」に、クマは神様になるものである、ということが書かれていたらしく、見始めたあたりでオチが見えていたらしい。そうした教養の共有を行える作品としても本作は秀逸であった。

バケモノの子×OUTDOOR PRODUCTS デイパック 刀柄
エーシージー (2015-10-08)
売り上げランキング: 37,686


2014-06-09

[][][]レジリエンス(精神的耐久力)なんてあるわけねえだろ

 心理学界隈でこそーっと盛り上がり始めたレジリエンスという研究、”折れない心”という文言でNHKなんかでも特集された。

NHK クローズアップ現代

 実験なんかを見ててもストレスを与えて耐えれる人と耐えられない人の違いみたいなのを研究していて、耐えれた人は柔軟な思考がある、とかそういう偉そうな結論をつけている。

 だからといって僕はこういったレジリエンスの訓練が広まるのはあまり感心しない。レジリエンスを高めることとストレスをマネジメントすることは一見同じようで違う。

 心が折れるかどうかはもっと大きな要因がある。

 例えばそれがどういう意味があるのか見えないことを繰り返し行わされても人はストレスが極大化するだけ。実験者や実際の生活ならそれをやれと言った上司との人間関係の方が続けられるかどうかというのに大きく影響する。

 次に一番精神的耐久力に影響するのは利益連結性である。最近出川哲朗氏が車に落書きをされてそれを笑いにしようとした番組に批判が集まった。

出川哲朗の車にイタズラ! 全面に「バカ」落書き、ドッグフードで汚損…「アッコにおまかせ」演出に疑問の声 : J-CASTニュース

それが笑いとして成立するかどうかはともあれ、そういった一見いじめにちかいいじりを受けても耐えられるというのは、そこに金銭をはじめとした報酬や利益を生む関係性があるからである。逆に言うとわかりやすい、どれだけやっても利益が上がらない作業を繰り返させられたり、利益にならないのにいじめやいじりのようなことを行われると、耐えられる訳がないのである。コミュニケーションにも同じことが言える。居酒屋でお互いがバカにし合うようなコミュニケーションは、友人関係の維持ぐらいしか利益がない。

 日本の子供たちが特段自尊感情が少ないというのも当たり前で、利益連結的な活動というものを行わず、学校のほとんどが教師と生徒の関係、生徒同士の関係で、関係の維持を迫られるためである。対外的に利益連結的なイベントと言えば文化祭体育祭修学旅行くらいであるが、これらも学校側がある程度フレームを提供するため自由度が低い、機会不足であることが理由としてあげられる。

 レジリエンスを訓練することが叫ばれるのは後ろ向きな理由でしかない。不況で利益が出ないけど激務に耐えなければならない、そんなときレジリエンスが、といった文脈である。レジリエンスのあるなしや高低を問題にされると、それはつまり社会全体で議論すべき問題が個人の問題に矮小化されてしまう可能性がある。ブラック労働に堪えるためのレジリエンスと、リーダーシップとしてのレジリエンスではまるっきり性格が逆のものとなる。レジリエンスを叫ぶ前にちゃんと利益連結性を保つような仕組みを整備したほうがいい

2014-02-28

[][][][][][]ちきりん氏の科学教育論もそろそろ幕引きで

 チキリン女史が投げかけた俺流科学教育論がわけのわからん議論を呼び起こしている。

下から7割の人のための理科&算数教育 - Chikirinの日記

ちきりん氏のお粗末な科学教育論 - バッタもん日記

「役に立つ知識」としての学問: やまもといちろうBLOG(ブログ)

「ただの知識」だけ学校で教えてもあまり役には立たない - 脱社畜ブログ

科学とは、科学教育とはなにか – The Long Wait

「エセ科学」「エセ経済学」に騙されないために必要なのは「クリティカルシンキング」なんじゃないの? - lestructure's blog

はてな匿名ダイアリー

「強く生きていく力」を身につけるための学問、教育について – ただの通りすがり

上から3割の意識が高い信者のためのリテラシー教育 - あざなえるなわのごとし

学校教育で鍛えられる「なんとなく」の力の大切さ - chokudaiのブログ

教育を語るならトレードオフを見よう! 経験学習vs系統学習 - 彼氏は日本人。彼女はフランス人。

 そもそも下って何を基準に下なのかしら。境界線当たりの人達はすぐに入れ替わってしまうのが<若さ>だと思う今日この頃。この手の話は結局「俺が報われなかったのは学校で役に立つことを教えてくれなかったのが悪い」という心象に見事にフィットし共感を得てしまうので怖いんだけども、こんな話は「形式陶冶(とうやと読む)と実質陶冶」どっちが大事?どっちも!クソみたいな問い立てんなよ!!みたいな話で100年以上前からこの業界では議論されてきたし、結論がでちゃってる訳で、そろそろ前進したいところ。なんか高卒ニートがそんなトラウマからか、調べて頑張ってる様子だったのだけれど限界が見えているので細くしておこう。それよりニートに屑とか言っちゃダメだよ増田。

役に立つかどうかは関わる情報の規模による

 一人で山奥に籠って生活する上では狩猟や栽培の知識の方が大事で、ある程度身体能力がある人であれば企業が必要とするようなコミュニケーション能力なんかは優先度が低い。そんなもん置かれている環境が違えば変わるし、「その場で役に立つ」をベースに教育を考えるならそれは逆にその人のライフコースを狭めてしまう<可能性>だってある。ほんで<可能性>と言う言葉に対しては僕も昔から使って来たけれど、これって実はブラックスワンなのである、すなわち<ない>ことを証明できない。ブラックスワンというのは「白鳥が白かを証明しろ」と言われ一万羽調べたり検定したとしても、「1万1匹目は黒かもしれないじゃないか」という指摘のこと。確率統計で見れば宝くじ買う奴はアホだし、当たった奴から見れば買わない奴はアホなのだ。なんとなくちきりんあたりの騒動からはそんな臭いばかりがする。

 僕も大学に入って山形浩生氏の本に触発されて(笑)徐々に本を読むようになって始めて学校で教わったことの大切さを知ったし、ある領域で大事な基礎を学校で教えられて無いじゃないかと思って調べていたら意外と僕の記憶に無いだけで教科書に載っていたり、よくできている。

 そのまんまテレビだけ、ラジオだけ、ネットだけ、友達とのメールだけ、みたいな小さな情報規模のセカイで生きていたらそんな発見は無かっただろうし、その教養によっていろんな業界の人達と仲良くなることができた。熱伝達と熱伝導の違いを話題に出すことでつながる縁もあるのだ。逆に言うとこの教育は不要と言う主張は小さな規模の世界で生きることを想定しているとも読み取れる。同世代で集まれば使う言葉はパターン化できるし同じ考えの人達が集まればジャーゴンが産まれる。具体的な学習ばかりを想定するのはただのコクーニング(個人の世界に籠ること)を促進するだけで、むしろ問題はどんどん若者のセカイを矮小化させることにある。まさにちきりんインサイド。しかもポジティブリスト問題といって「教育すべき具体的内容」は年々増え続け絶対に減らない。これが実質陶冶の問題点。

「役立つ」教育論からの脱却

 与える知識や課題に取って大事なのは次のステージへの連結だったりするし、その内容が実社会へ応用しやすいみたいなのがよいという前提は確かにある。学び続けそうした応用が可能なレベルに達することを熟達という。

 我々教育側が丁寧に論じなければならないのは、どんな学習内容を用意するかでなく、学習を「とおして」何を得るか、なのである。そこには抽象的な概念が沢山並ぶ。科学的数学的な考え方、学んだことを現実に応用する際の方法論、精神的な教訓、など。コミュニケーション能力、みたいな科学的一元的に評価できない話が出て来たり、それからクリティカルシンキング崇拝って面白い現象を見かけたりとか、プログラムを学ぶとロジカルになる、みたいな全くロジカルじゃないお話とかも偉い人達はしがちだけれども。その中でもさらに抽象化してフレームを取り出したものをシェマ(スキーム)と言う。統計的な考え方の応用はかなりの示唆を与えてくれるし、技術的なものの見方は両義性を教えてくれる。学校ではわざと抽象的な内容を教え、受験にはそれに関する問題がでることになっている。理由は二つである。一つは生活に関するより具体的な内容を試験で出すと、家庭ごとに有利不利の差が出てしまうため、出来るだけ抽象的な内容であることが望ましい。二つ目にある分野を学び抽象化できる位に熟達することで、隣接分野への応用がしやすいという研究結果がある。これを学習転移という。形式陶冶の問題点はココにあり、前述の通り昔はラテン語を学ぶと皆哲学と科学がわかる、と言われていた時代もあったし、前述のプログラミングとロジカルシンキングもそうである。大事なのはスモールステップを効果測定可能な形で設計すること=インストラクショナルデザインである。また、学習転移はオセロが得意な子は将棋をマスターするのが早い、と言った風に隣接領域に機能すると言われている。数学が得意な子は物理も得意になりやすいし、その逆は意外と綺麗な結果がでないという話もある。教科ごとに転移させやすい分野があり、教科の裏にはベースとなる学問があり、教科編成の会議の資料を見る限り学問に対してステークホルダーが多い順に教科化され時間数が増加されて行くという政治的な部分も少なからずある。それから受動的な学習では学習転移は表れないと言われている。この結論のせいもあり、能動的な学習ばかりに焦点が当たって、学習のためにモチベーションをあげる必要があるのに、モチベーションをあげるために学習をないがしろにしてしまうという逆転現象もやはり散見される。

なぜ科学を学ぶのか

 一つの方針として示しておきたいのは「学習は、思考をトレースすることをベースに行う」ということである。LLPなどの教育理論を援用してもいいかもしれない。LLPでは社会の一員として簡単なワークに参加することで、先輩たちの仕事や知識や思考をその一部を模倣していくことで学ぶのである。その道を探求して来た人達の人文系だと想像しやすいのであるが科学者たちも、いろんな思考を張り巡らせて自然科学を拡張して来た。科学とは即ち自然科学の中でも再現性の高い方法を追求した結果である。科学は分岐するまでは哲学と一緒だったし誰の言葉だったか失念したが「科学は全ての現象を法則性で表すことが出来ると信じをそれを証明しようと追求する営み」である。営みである以上、営みを追体験することで思考のトレースは可能である。自然科学の先生たちはついつい活動自体の楽しさとか自然のすごさとか数字の美しさとか、そう言ったものに興味を引かせようと研究してしまうが、彼らが考えて来たことの一部を、公式や法則や仕様を学ぶことでより自己を拡張して行く。科学のスキームを抽象化したものが「何らかの問題解決能力」であり、抽象化されて逆に含まれる具体的内容が大きくなりすぎて、何も言ってないのと同じことになる。科学はより再現可能性が高いこと、それから思考のフレームとして参照しやすいことも、僕は重要だと思っている。

デールの円錐とは?

Id:Rlee1984の主張は、経済を勉強した学生によくありがちな「ハイ論破」のつもりで結局平面上を右往左往してる議論にしかかなってない。

トレードオフの話を取り出してくれたのは自分で落とし穴掘ったようなもので、結局つめこみvsゆとりの構造から脱却できてないわけでしょ?ぜんぜん脱構築もアウフヘーベンもしてないじゃん。系統学習か経験学習か、と言われれば両方横断するのが一番なのである。僕の好きなメタファの一つに「デールの円錐」と言うものがある。人は見た目が9割と同じ位根拠レスに使われる学習ピラミッドの元ネタである。

http://sofustudio.com/study/learning_pyramid/The_Cone_of_Experience.png

青木双風ホームページ:双風館

デールが実際に自分の本で使った学習体験の抽象度を段階化したもので、文脈とは違うが、学習は具体⇒抽象⇒具体と円錐をダイナミックに往復することで、精神的に成熟する、という考え方を示している。であれば、そうした活動設計を教育に用いることこそが我々が訴えるべきことである。

レディネスの変化

 なぜこんな議論をしなければ行けなくなったかと言う話をしっかり考えてほしい。若者が劣化しているなどと老害発言が昨今も聞こえるが、子どもたちを取り巻く変化として何が変わったのか。

一番に生活体験の質が変わった。場所によって差異はあるが、ものをつくらない、土に触れない、ネットワークにつながっている。そういったこれからの学習者を取り巻く環境が変化しており、経験的に如実に学習体験に差が表れてくる。要は我々が想定している具体的な内容を知らないため抽象的な話が通じない場合があるのである。新人研修や部下の扱い方のノウハウ本がバカ売れしていることが示すのは、そう言った事実である。ちょうどJAバンクがそれをネタにしたCMをつくっていて、みてにやにやしてしまった。

TVCMギャラリー | JAバンク

 教育現場にはいろんなノウハウがあり、具体的な経験を抽象化する蓄積されたノウハウがある。昔のレディネスを前提に組み立てられており、いつの時代もそのミスマッチを埋めることに成功していない結果、自然科学不要論を唱えるような大人が育ってしまったという可能性は高い。ベテランの教師が言う<子どもの本質>はかわってなくても、 子どもが経験しやすい項目はやはり時代とともに変わって行くのである。

学校で行われている教育は100年の改善を積み重ねて来た等しく必要な教育。

 今回の話って教育を「(内容)を経験させる」と読むか「(内容)を学習させる」と読むかの違いなのかもしれない。いつの時代も、教育論は現場の人間ですら表層ばかりなぞって過去の議論をトレースしようとしない。教育はミニマムな熟達の連続である。熟達に達するまで内容を吟味したいところだが、いくつかの調査で時間が足りず全ての内容をこなすだけの教員が大半だと言う結果も出ている。(そして教師向けの指南書は第2章当たりでだいたいそう言う先生を叩く)。

 教育は学校で完結するものではない。学校で時間が足りないため家庭と協力し、家庭での具体的な経験を学校で抽象化し理論を学ぶ、もしくはその逆といった役割分担がうまく機能すれば理想的である。だが現実は世帯平均年収が下がり公務員ですらも年々収入額を下げられ、夫婦共働きを選択しそういった教育を出来る余裕が無いも増えて来ている。学力は家庭の経済力に相関するし、大阪では2000年の時点で如実にこの格差が3極化していた。僕の友人は、震災後東京から宮城県に帰ってそういった経済的環境的に恵まれない人たちのために学校外での教育活動を行う団体を作って活動している。学校を批判するでもなく、学校現場にも出入りしながら支援を続けている。別に背景に震災があろうが無かろうが格差は広がるし、どんどん貧困は顕在化しているし、貧困な子たちでも科学や国語のリテラシーをちゃんと身につけ、努力すれば貧困の連鎖から脱出、逆転できる仕組みこそが義務教育という仕組みである。理科や算数を無くしてしまうというのはその逆転のチャンスを無くしてもいいと言う勝ち組の論理でしかない。もっというとこの辺の教育しろ論は「ここら辺の自分の飯の種になる業界にもっといろんな人が参入してほしいな」ってメッセージになっている。

今回のちきりんの主張に賛同した人達はぜひ協力をしてほしい。協力したいがどうしたいかわからない人は僕にぜひ相談していただきたい。

関連エントリ

&lt;&gt;を使い留保せよ。僕はキメ顔でそう言った-書評-「現象学は思考の原理である」 - 技術教師ブログ

やる気のなさって、その国の経済的成熟の指標じゃないの?? - 技術教師ブログ

奨学金を自己責任の問題にすると日本が滅ぶ - 技術教師ブログ

校長の役割って何なの?経営と運営の違い - 技術教師ブログ

「ポストモラトリアム時代の若者たち」は僕の中で2012年一番のスゴ本だった-書評-ポストモラトリアム時代の若者たち - 技術教師ブログ

イケダハヤト問題のイライラの原因がわかったので師を囲む周りの大人をぶん殴りたい - 技術教師ブログ

教授・学習過程論―学習科学の展開 (放送大学大学院教材)

放送大学教育振興会
売り上げランキング: 932,723

改訂新版 科学論の展開
A.F.チャルマーズ
恒星社厚生閣
売り上げランキング: 261,462

技術教師ブログ