Hatena::ブログ(Diary)

技術教師ブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

リラックスチェア WAKATAKE 若竹 A11(シャンブレー生地) ブルー A11-181BL シャープSHARP 業務用プラズマクラスターイオン発生機 空気清浄機 病院・学校・オフィス用IG-840-Wfigma ファイアボール ドロッセル良いコミックデザイン(オロビアンコ) Orobianco バッグ BAG メンズ 2wayショルダーバッグ ナイロン レザー silvestra t3-d メンズ ブランド 並行輸入品 (レッド) [並行輸入品] T-fal 【Amazon.co.jp限定】 ディズニー・グルメ ツール5点セット Disney ディズニー ミッキー 生誕80周年記念 回転 ベゼル 腕時計 パープル スワロフスキー 紫 【並行輸入品】 [時計]キュレル 美白化粧水3 (リッチ) 140ml

2016-08-15

[][][]今後も個人個人の活躍は変わらないのにSMAP解散するとなぜ問題なのか

 国民的アイドルグループSMAPが突如解散を発表し、オリンピック中継中のNHKですら速報を出すレベルでニュースになった。

芸能記者たちはみんな気づいていたらしく、ほら年始の騒動の時に言ったろ、予言した通りだったろ、と言わんばかりの態度で連日記事をどんどん上げている。

no title

しかし、冠番組が減るとはいえ個人個人がメディアに出続けることには変わりはない。では解散の何が問題なのか。

ジャニーズにはグループそれぞれにファミリーと呼ばれるファンクラブへの入会の是非を問わない応援団が存在するという。その大半は女性で、彼女らはライブチケットを取ってグループで見に行くという習性を持つ。その中で、私は誰が好きだ、というのを担当と呼ぶ。例えば嵐のファンであれば、私は櫻井担、私はニノ担、といった具合にアイデンティティを持つ。そうして担当かぶりしないようにしながらグループの応援を続ける。小学校や中学校でもこの現象は変わらず、本当は松潤が好きなのに中心的な子がその担当であるから、仲間外れにされないよう自分は別の担当をやっていた、といった話もある。

ジャニーズのグループを好きでいること、はファンにとっては仲間をつなぎとめる鎖やアイデンティティとして機能する。遠方からオフ会をするノリでライブに集まって今日のライブの何が良かった、と語り合って帰る、という文化はいまやジャニーズだけにとどまらずいろんなアーティストに見られるが、SMAPが活躍をはじめた時代から、彼らは音楽市場を大きく拡大しながらファン文化の浸透に貢献したと言って良いだろう。

また、男性アイドルや韓流アイドルファンの間では最初は担当と言いながら、徐々にメンバー同士の関係性を楽しむようになっていく「関係性消費」の傾向が見て取れる。BLを読む心理に近いのであるが、とくに恋愛要素がなくても問題はない。

例えばハワイロケでメンバーのうち二人がお出かけするだけの、何の盛り上がりもない映像がDVD化され爆発的に売れていく。ただクネクネするだけでファンたちは楽しめるのであり、この辺はモー娘。のまーどぅーのようなCP(カップリング)の方が壁ドンやアゴクイをしている分過激かもしれない。

このグループのあの二人は楽屋で仲がいい、このグループのあの二人が全く会話をしないけれど実はおなじスイーツを分け合って食べるくらい仲良し、あの二人がライブ中によくアイコンタクトをしている、などその瞬間を見るためだけにライブに行くファンもいるという。今回のSMAP解散についても、香取と草なぎが結婚するからだ、などという飛ばし記事が出たくらいである。SMAPのライブや楽曲は今後も聞けるとはいえSMAPとしてライブが行えなくなると、そうした楽しみを消費する機会が極端に減ってしまうのである。

それぞれ事務所は違うけど同じグループに所属して歌っているAKBのような事例もあるので、歌番組で今後共演が全くない、といったことはないと思われるものの、不仲や事務所NGによってメンバーのうち特定の二人が共演NGといった話は浮上してくるかもしれない。(それはそれで関係性消費の材料にはなるのであるが。)紅白で有終の美を飾って欲しいという声もあるし、ジャニーズという規制がなくなった分個人個人は活躍の幅が増える可能性も十分にある。今後も定期的に交流している写真や映像を出してファンを楽しませて欲しい。

がんばりましょう
がんばりましょう
posted with amazlet at 16.08.15
SMAP
ビクターエンタテインメント (1994-09-09)
売り上げランキング: 598

ATARU Blu-ray BOX  ディレクターズカット【初回生産限定】
TCエンタテインメント (2012-11-07)
売り上げランキング: 8,028

2014-10-10

[][][]続ぼくを探しに ビッグ・オーとの出会い-書評-私の男 pic.twitter.com/nWaaJF1ZC5

 男は娘を血の袋として愛してしまう。自分と同じ血が入った袋として、それを娘のように、母親のように、そして自分のように愛そうとした。「欠損家族」の中でハカり知れない孤独と、それによって繰り返し訪れる破壊衝動とを情愛に依って覆い隠し、血がつながっている他の個体に自己を憑依させ、それを愛す。一度血のつながりを知ってしまえば、それはただの理由の一つにすぎないはずなのに、血がつながっていない者を愛せなくなる。そんな狂ったような実直さを淡々と再現した物語。

私の男 (文春文庫)
私の男 (文春文庫)
posted with amazlet at 14.10.10
文藝春秋 (2012-09-20)
売り上げランキング: 1,927

 本書「私の男」は桜庭一樹による同名の映画の原作小説で直木賞受賞作。小説なんて滅多に読まないのだけれど、映画を見たと言ったら批評家クラスタに原作も読んでみて下さいと言われたので図書館で借りてみた。

 映画とは逆の時系列で、この物語は群像劇形式で各章の主人公視点から始まる。ヒロインである花が映画とは違う男と結婚するところから始まり、過去にさかのぼりながら、一つ、一つ、主人公達の放つ「象徴的な言葉」の発生したエピソードが描かれていく。いちいちねっとりした表現と、女々しい語り口調に作者は女流作家かと錯覚したら、本当に女流作家だったらしい。

 90年代以降主流なテーゼとなった機能不全家族を、快活にあつかった作品を何度かブログでも紹介してきたけれど、気づけば逆にここまで女々しい作品は見たことが無かった気もする。すべて希望へつなげようとするか破壊衝動につなげる作品が多かった中、本書は「消える」。どこへかはわからないが、「消える」。近親相姦を扱った本作は、第一章で、父が消えてから物語が始まるのである。

 本書でも取り扱わなかった、愛情と血が濃すぎて父を嫌いになる描写の代わりに、スローモーションのように<恐怖>が愛情へ、母性へと少女を変えていく描写が何度も何度も描かれる。少女と男の中には自己、親密な異性、家族、他者、各々にすべてが住まっており、イベントごとにペルソナを変えていく。お互いがお互いの望むものを、今力の及ぶ限りに於いて贈与しあい、やがてその世界を守るために人を殺してしまう。あっけなく死んでいく描写については何とも言えないのだけれど、(そして殺す必要あったのかという議論もあるのだろうけれど)本書のミソはそこではなく、やはり自己愛を家族へ投影することの病理をこれだけ極端な例で描いたことである。家族というもの、血統というものが呪いとしてしか機能しなくなってしまった現代に於いて、ある程度のしがらみを感じながらも自由な野に放たれた二つの個体は、アメーバのように溶解し合成しては分裂する。合成し分裂するたびに、お互いの一部を自己の一部として身体に刻み、やがてもう一人の自分を愛するようにもう一人を愛するようになる。それは決して方翼のからすのような生易しい描写ではない。

 作中、彼らは妄想をしない。互いに思いを馳せることや、過去を振り返ることはあっても、想像や妄想の世界を広げることは無い。えんえんと、判断についてが記述され、それが一番病的な世界観を醸し出しているのかもしれない、

 何人か映画と原作を両方見た人の話を聞いたが、皆やはり原作の方が良かったという話をしている。現代の映画は基本的に2時間かけてPVをつくるような構成になっているため、作品自体の魅力が消臭されてしまっている気もした。

 読んだのはハードカバーだったのだけれど、文庫本も出ているらしいので、そちらを求めるのも良い。欠損した何かを埋めるための恋愛と、欠損した自己を肯定するための恋愛が両立するのだと気づかせてもらった作品であった。

関連エントリ

汝は我、我は汝-映画評-私の男 - 技術教師ブログ

尊敬しているからこそ、親を越えなければならない 反抗期の王道映画-映画評-「荒川アンダーザブリッッジ」 - 技術教師ブログ

耽美系正統派ミステリーにホモォ-書評-神様が殺してくれる pic.twitter.com/kmJGiU143B - 技術教師ブログ

精神分析学と言う思想の行く末-書評-フロイト以後 - 技術教師ブログ

教育格差は問題じゃない、貧困が問題だ-書評-学力を育てる - 技術教師ブログ

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (角川文庫)
KADOKAWA / 角川書店 (2012-10-01)
売り上げランキング: 227

2014-07-28

[][][][]汝は我、我は汝-映画評-私の男

 個人的になかなか楽しめた。本編中二階堂ふみはえんえんディープキスし続けるし脱いで妖艶な体をこれでもかと魅せるしがんがんもまれるし、なぞのスプラッタ表現がでてきたり、浅野忠信がまじめキャラの高良健吾を脱がして肌をなめる謎のBL展開があったりと、無駄に刺激的で隣りのカップルは映画のエンドロールで早々に帰っていったので、そこそこリテラシーが必要な映画かもしれない。本エントリを書いてる今でもあてられた感が抜けない。丸の内TOEIで見てきたが、一階の映画館は地下鉄の音が響くのでいまいち。ただの背徳映画としてみるといまいちだけれども、人が何にすがるかが、誇張してよく描かれていた。

http://watashi-no-otoko.com/:title=http://watashi-no-otoko.com/introduction/images/mainvisual.png]

 本作「私の男」は桜庭一樹氏による直木賞受賞作品を映画化したもの。作者は元ライトノベル作家で、モスクワ国際映画祭でも最優秀作品賞を受賞するなど、なかなかキョーレツな作品となっている。

あらすじは、震災津波孤児の花(二階堂ふみ)が親戚の浅野忠信に引き取られたはいいけどガッツり性的な関係を結んでしまう。

 ただ表層だけをなぞるのであればこのドラマはインモラルな恋愛や欲望を描いただけとなるが、この作品は自己愛の物語ではないかという見方をしていた。所々出てくる殺人も、自分を愛する主題のための飾り付けにすぎない。


心理的欠損モデルと恋愛

 作中、浅野忠信は終止「家族になりたい」と抽象的な台詞を繰り返す。そして娘役の二階堂ふみは同時に配偶者の役割もしながら「わたしには(浅野のことが)わかるの」を繰り返す(そして終わりにいくにつれてその台詞がどう変わるかも注目なのだけれど)。

 物語の最初のほうですでに二人とも親から孤立し、身寄りが無い状態であることが示され、その共通点からお互いに漠然と足りないものを埋めようとする。ゼロ年代以降の食事をすることが家族であることの象徴のように描かれてきたが、彼らは会食をするときも二人で孤立するし、恋人がいてもお互いを特別な存在だとして認め合おうとし続ける。血縁や地縁、そういったレガシーなネットワーク自体が、彼らに恒常的不足感・欠損感を与え、強化し、焦燥感を与え、結果、作中ではそれを埋めようとして二人はより親密になろうとする。愛情表現のために人も殺すし愛情表現のためにもらったアクセサリーを飴のようになめ続ける。

 次第にその光景が、ある種のペルソナに見えてくる。もう一人の自分を召還して、自分を一生懸命愛する。他人に自分に似ているところを見つけて、それを愛する。そうしてペルソナを使った自己充足と、充足感への渇望を強化し続ける。もしかして自分を愛する二階堂ふみは存在しない(もしくは妄想の中の)妖精のようなものではないのだろうか、そう解釈しても前半は物語が成立してしまう。後半はむしろ夢オチのようにそうあってほしいと思ってしまった。

 こうした自己投影型の恋愛は若者たちに恋愛一般がこういうものであるというロールモデルとしてバブル崩壊後から共有されてきた。共依存型恋愛や、命かけて俺がお前を守る的なかけがえの無いあなた論は、自分を愛してくれる自分と似た人愛する、という形式のドラマに埋め込まれ、ひっそりと自己投影という心理戦が息をひそめて行われてきた。そういった自己投影型の恋愛は、ある日突然相手に"自分(が持っている性質)と同じような"嫌いなところを見つけ、そこをお互いに責め合うことで終わっていく。

 自己が満たされていると意識的あるいは無意識的に自己肯定感のある若者たちは、とたんに恋愛が不必要なものに映ってしまい虚無感にさいなまれる。

その相互自己投影が家族という絆の中で行われその過激なところがこうして映画として描かれてしまった、故に不幸であるし、同時に自己愛に満たされた不思議と幸せそうな二人やその愛の営みを2時間ずーっと見続けることとなる。


 作品が始まってすぐ、最初はすごい昭和っぽい映像の作り方をしていると思ったのであるが、時代背景として設定してあるのか携帯電話が出て来ないことが物語を加速させないようにできている。またカメラはしょっちゅう小刻みにぶれるし、二人の出会いのシーンを描いた前振りの長さや登場した老婆の意味不明さなどはマイナスポイントだったし、しきりに「感情が人を狂わせるんだ」と叫ぶ老人の言葉の重さなどは見ていくほどに、そしてきっと見返すたびに重く重く作品全体を象徴する言葉になっていくだろう。

 作中の浅野忠信はオイディプスにはなれない。親離れ子離れせず、娘を自己の延長にしてしまった。そんな不幸な映画であった。ただの光源氏計画や自己憐憫描写だけでなく、愛情が一周回って嫌いになる描写まであれば僕の中では名作であった。

私の男 (文春文庫)
私の男 (文春文庫)
posted with amazlet at 14.07.28
桜庭 一樹
文藝春秋
売り上げランキング: 1,012

二階堂ふみフォトブック 進級できるかな。
二階堂 ふみ
講談社
売り上げランキング: 138,416

2014-06-09

[][][]レジリエンス(精神的耐久力)なんてあるわけねえだろ

 心理学界隈でこそーっと盛り上がり始めたレジリエンスという研究、”折れない心”という文言でNHKなんかでも特集された。

NHK クローズアップ現代

 実験なんかを見ててもストレスを与えて耐えれる人と耐えられない人の違いみたいなのを研究していて、耐えれた人は柔軟な思考がある、とかそういう偉そうな結論をつけている。

 だからといって僕はこういったレジリエンスの訓練が広まるのはあまり感心しない。レジリエンスを高めることとストレスをマネジメントすることは一見同じようで違う。

 心が折れるかどうかはもっと大きな要因がある。

 例えばそれがどういう意味があるのか見えないことを繰り返し行わされても人はストレスが極大化するだけ。実験者や実際の生活ならそれをやれと言った上司との人間関係の方が続けられるかどうかというのに大きく影響する。

 次に一番精神的耐久力に影響するのは利益連結性である。最近出川哲朗氏が車に落書きをされてそれを笑いにしようとした番組に批判が集まった。

出川哲朗の車にイタズラ! 全面に「バカ」落書き、ドッグフードで汚損…「アッコにおまかせ」演出に疑問の声 : J-CASTニュース

それが笑いとして成立するかどうかはともあれ、そういった一見いじめにちかいいじりを受けても耐えられるというのは、そこに金銭をはじめとした報酬や利益を生む関係性があるからである。逆に言うとわかりやすい、どれだけやっても利益が上がらない作業を繰り返させられたり、利益にならないのにいじめやいじりのようなことを行われると、耐えられる訳がないのである。コミュニケーションにも同じことが言える。居酒屋でお互いがバカにし合うようなコミュニケーションは、友人関係の維持ぐらいしか利益がない。

 日本の子供たちが特段自尊感情が少ないというのも当たり前で、利益連結的な活動というものを行わず、学校のほとんどが教師と生徒の関係、生徒同士の関係で、関係の維持を迫られるためである。対外的に利益連結的なイベントと言えば文化祭体育祭修学旅行くらいであるが、これらも学校側がある程度フレームを提供するため自由度が低い、機会不足であることが理由としてあげられる。

 レジリエンスを訓練することが叫ばれるのは後ろ向きな理由でしかない。不況で利益が出ないけど激務に耐えなければならない、そんなときレジリエンスが、といった文脈である。レジリエンスのあるなしや高低を問題にされると、それはつまり社会全体で議論すべき問題が個人の問題に矮小化されてしまう可能性がある。ブラック労働に堪えるためのレジリエンスと、リーダーシップとしてのレジリエンスではまるっきり性格が逆のものとなる。レジリエンスを叫ぶ前にちゃんと利益連結性を保つような仕組みを整備したほうがいい

技術教師ブログ