shpolskyの適当日記

2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |

2008-10-29 ワンナウツとか

温泉旅行の詳細を書くと言いながら放置松茸>赤目四十八瀧だったりして・・・


今日は久々に仕事展望が見られて鬱気味だった気分がだいぶ良くなりました。結構自分の精神安定って単純なのね。


アニメワンナウツ」がかなり面白いです。ほぼ原作通りなんで原作が面白いとは言える。

2008-10-26 赤目温泉

土日は友人と三重の赤目温泉に行ってきました。

松茸うまかったなあ。

詳細は後日。

2008-10-24 発達障害の子どもたち

[]「発達障害子どもたち」杉山登志郎

講談社現代新書発達障害の紹介と、その子どもたちへの治療をどうすればよいかという内容。発達障害自体より、配慮無しで成長して、周囲の無理解やいじめ、勉学の遅れからの自信喪失による情緒障害が生じるほうが、社会への適応に問題があるとのこと。

小さいうちに早めに周囲が子どもの特徴を理解して、あった育て方をすれば、発達障害があっても幸福に生きていくことができるということですね。

多分自分もADHDのけがあるので、子どものうちから対応していれば、もうちょっと良かったかな?と思わなくもない。まあしょうがないね。


マンガ勇午香港編

中国返還前の香港で、香港の所有権を巡って勇午が塩漬けになります。話が大きすぎてちょっとリアリティが微妙な感あり。

2008-10-22 デジカメに1000万画素はいらない

[]「デジカメに1000万画素はいらない」たくきよしみつ著

題名通りに、デジカメ常識とされてきたことが嘘で実際に良い写真を撮るにはどうすれば良いかを解説した新書

確かにパーソナルユースのプリンタレベルでは500万画素あれば充分なんだよなあ。

今までは漫然とオートで撮ってたけどモードとか露光とか考えるようにします。


「半七捕物帳」青空文庫で公開されている四話

たまには半七が失敗するお話。あのキーワードからはわからんやろ・・・

2008-10-19 日間賀島

[]「漂流物」車谷長吉

車谷氏の過去話のような短編集。料理屋で働いていたころに、同じようにサラリーマンから身を持ち崩して料理人になった人の話が印象に残りました。茅ヶ崎で生まれ育って日産自動車に入ったものの、急に蒸発して今に至るといった話。自分もなんとなく蒸発願望見たいなものはあるんだよなあ。


我が家のお稲荷さま。」一巻 柴村仁

原作読んでみました。だいたいアニメと一緒ですね。


「半七捕物帳」青空文庫で公開されてる二話と三話

半七のデビュー戦である商家の娘失踪事件と、お芝居中に商家の息子が事故死した事件。鬼平とかよりちゃんと推理物になっててある意味新鮮です。


今日は親を連れて日帰りで日間賀島にふぐを食べにいきました。名鉄のパックで名鉄乗り放題と連絡船とふぐ料理で13000円くらいのお得なコースです。ホテルの一室で食事をしまして、ふぐさし、鍋、ひれ酒、伊勢海老のサシミ、タコの丸煮、ふぐの唐揚げと非常に豪勢で食べきれないほどでした。来年もまた行きたいなあ。

2008-10-18 業柱抱き

[]「業柱抱き」車谷長吉

父は気が触れて柱を抱いていた、とか著者の詩とかエッセイとかまとめたもの。生きるのは業。


ブルーカーバンクル青空文庫より

シャーロックホームズ短編。見逃すこともあります。


映画鉄人28号 白昼の残月」

鉄人あれば日本戦争に勝てたのでは?

ちなみにジャイアントロボとは全然関連ありませんでした。

2008-10-16 ロザバンゲスト声優

今週の「ロザリオとバンパイア」

相変わらずゲスト声優が豪華。キャラ母親役に皆口裕子本多知恵子ってどんなんやねん。

本多さんは自分にとっては「八神くんの家庭の事情」の野美さんかなあ・・・ってマイナーすぎるか。


マンガ「勇午 下北半島編」

珍しく小暮が拷問を受けるお話。相変わらず勇午の世界だとメインキャラとヒロイン以外の扱いがむごいね。ロシア編の図書館館長どうなったのさ・・・

2008-10-13 勇午 ロシア編

アニメ勇午 ロシア編」見ました。

今回のメニューはKGB精神拷問自白剤、-40度のシベリア30km踏破です。

勇午が会った人物はみんな拷問されてカワイソス

ナージェンカも年食ったらガラーホワ少将みたいになるんかなあ・・・

RuseRuse 2008/10/13 19:28 勇午は様々な組織の陰謀渦巻くようで
事の真相は、結局個人の私怨ってのが多くて
真犯人にがっかりすることが多かったりします・・・

勇午って、ベクトル違うけどゴルゴ並のスーパーマンですよね

shpolskyshpolsky 2008/10/14 18:58 アフタヌーンで読んでたころは、拷問シーンが楽しみだったなあ。

2008-10-12 映画「赤目四十八瀧心中未遂」

映画赤目四十八瀧心中未遂」見ました。

主演の寺島しのぶはそれほど美人には感じなかったけど、逆にリアル

大体原作通りで、たまに映画オリジナルのへんてこなシーンがありました。子供人形とかなんなのかなあ?

2008-10-09 近頃の体調

最近医者パキシルジェイゾロフトに変えたら、副作用がほとんどなくなった。効き目があるかはよくわからない。たまに非常にダウナーな時があるけど、薬をやめたらもっと多くなるかも。

睡眠障害は無呼吸と診断が出て、マウスピースをはめて寝ている。下顎を前方に固定することで気道を確保して睡眠時の無呼吸状態を緩和するそうな。つけてると違和感はあるが、起床時のだるさは減ったような気がする。

2008-10-06 銭金について

[]「銭金について」車谷長吉

最近かかれたエッセー集。作者の銭に関する考え方、関わった物書きへの評論、直木賞受賞の顛末といった内容。

若いころにこの作品なくして私の小説家としての人生はありえない・・・ってあんたそういう作品何本あるねん!

私小説家だけあって、そういう嘘と本当の入り交じった文章がうまいのですな。自意識との戦いってことで真に因果な商売であります。当分自分は車谷先生小説読むんだろうな・・・


今期のアニメ初回感想

ロザリオとバンパイア カプッチュ」パンチラ度大幅増で、安心のでき。OPの力の入り方が半端ないです。今期期待度一位。

かんなぎ神様美少女の形を取って現れて一緒にすることになっちゃったよ〜ってこういう展開はいいかげんにしてほしいところですが、とりあえず視聴します。

黒執事」腐向けですか?切り。

クラナドアフター」べたべたな展開ですが視聴。

他のもぼちぼち見ていきます。

2008-10-05 新婚家庭にお呼ばれ

友人の家にお呼ばれして夕食をご馳走になってきました。

新婚家庭はまだ仲良さそうで、部屋は小奇麗で、奥さんの手料理はウマーでした。

結婚式アルバム見せられたけど、他人の見てもそれほど面白くないなあ。

仮に自分がああいう新婚家庭を持ったとして、あの今風でおしゃれな雰囲気に耐えられるのだろうか・・・

2008-10-04 花電車

岐阜ストリップ「まさご座」に友人と行ってきました。

土曜の岐阜の閑散ぶりは恐ろしいほどで、まさご座はぱっと見気づかないような路地にありました。

踊り子は5人で、目当ては花電車のヨーコさんです。

ヨーコさんがやった芸は、ラッパでカッコーの演奏、紐を引っ張ってクラッカーをならす、鉛筆を折る、吹き矢でタバコを飛ばす、火炎放射です。人生で得がたい貴重な経験でした。

2008-10-01 狼と香辛料 対立の町

[]「狼と香辛料 対立の町上下」

狼と香辛料最新刊読みました。ホロの影薄い・・・

具体的描写が少ないからか、あのキャラはすごいすごいと書かれても、あんまりすごさを感じなかったです。