shpolskyの適当日記

2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |

2011-02-28 真田太平記 九 関ヶ原

[]「真田太平記 九 関ヶ原池波正太郎

ついに関ヶ原で東軍と西軍の決戦。吉川毛利軍は様子見、小早川軍が裏切ったせいで西軍は完敗し、あっさり片がつくのでした。あとは関ヶ原の後始末で、毛利輝元はあっさり降伏、上杉も恭順して、真田昌幸・幸村親子は九度山に流されることに。信幸兄貴は信之に改名して、徳川政権の下で気苦労の多い人生を送るのでした。

滝川一益の孫三九郎が昌幸の娘お菊と結婚して、米子中村一忠に仕えたのにはびっくり。横田騒動で柳生宗章(宗矩の兄)が巻き込まれたのは荒山徹小説にもあったけど、滝川三九郎も当事者だったとは。

関ヶ原は終わったけど、真田太平記はもちっとだけ続くんじゃ。

2011-02-27 プレデターズ

[]「プレデターズ

プレデター映画の3作目。戦闘能力高い人間拉致ってどこかの星に集めてプレデターさんたちが狩ります

個人的に出来は1>2>>>3って感じかな。3のプレデターAVPよりしょぼいような。

日本人ヤクザ戦闘力高杉!とか女キャラあんかかっこうでやる気あるの?とか突込みどころはいつものハリウッド

トレホさんはマチェーテだと強かったのに、脇役だとこんなものか・・・

2011-02-26 仮釈放

[]「仮釈放」吉村昭

主人公は浮気した妻を刺殺し、浮気相手に重症を負わせ、浮気相手の家に火をつけて老母を焼死させた罪で無期懲役の刑を受ける。懲役16年目に仮釈放され、娑婆に出ることになる。保護司の指導のもとで真面目に働いているように見えたのだが、彼はまったく悔恨の情を覚えていないのだった。

吉村先生懲役犯の精神構造とか、保護司の活動とか詳しすぎるだろ・・・あと養鶏業も詳しすぎ。どうやってネタを集めたんだろうか。

2011-02-24 日露戦争陸戦の研究

[]「日露戦争陸戦の研究別宮暖朗

別宮先生の例によって司馬史観喧嘩売る本です。

日本参謀ボンクラで、ひどい作戦のもとで指揮官や兵士ががんばって日露戦争の陸戦を戦ったんだよというお話

日露戦争旅順攻防戦あたりは203高地とかでよく触れられてるけど、それ以降の奉天会戦とかあんまり深く扱ったものが少ないんよね。

CIV3でもCIV4でも歩兵が出て鉄道引かれて戦車が出る前の戦争ダルい・・・

2011-02-23 BIOSHOCK2 クリア

[]BIOSHOCK2 クリア

箱○版のBIOSHOCK2をノーマル難度でグッドエンドしました。

ゲームメカニズムとか雰囲気は1と全然変わらないので、2というよりスピンオフという感じです。

前半は結構難易度高くて、後半になって主人公の能力が高くなると無双ゲームになります

意外にストーリーが良かった。ボスキチガイババアが小物過ぎて怒りしか感じない一方で、娘のエレノアたんが萌えすぎる!ダディ大歓喜!

オンラインはもう過疎りすぎてて誰もいない・・・実績一個も取れないよ!

2011-02-22 真田太平記 八 夜雨

[]「真田太平記 八 夜雨」池波正太郎

第二次上田合戦で秀忠軍が足止めされ、家康は秀忠軍を待たずに関ヶ原に進出。ついに関ヶ原の戦いが始まりました。

お江たち真田忍が家康暗殺を企てるものの失敗。家康暗殺ネタって多いね

第二次上田合戦は第一次上田合戦に比べるとそんなに緊迫感なかった。秀忠軍が時間をかけて攻めるわけにはいかないことがわかってるからなあ。この時の本多正信の判断はボンクラだけど、なんでだろう・・・信之が優秀すぎて徳川の将がみんなボンクラに見える不思議

2011-02-20 「ナポレオン 獅子の時代」全巻そろえる

マンガナポレオン 獅子の時代長谷川哲也 を全巻集めてしまった。

ある時からアワーズ買わなくなって、獅子の時代単行本も買わなくなってたのですが、急に読みたくなりました。

獅子の時代エジプト遠征後のクーデター実験把握までなんですな。ナポレオンの指揮能力マジでチートレベルだよな・・・日本人で匹敵する人っていないんじゃない?

[]「真田太平記 七 家康東下」池波正太郎

ついに家康上杉討伐のため諸将を集めて東下。その隙に石田三成が挙兵し、関ヶ原へのカウントダウンが始まりました。

一応真田関係の記述は犬伏の陣から沼田城で小松殿が昌幸を門前払いするところなどありますが、この巻はほとんど関ヶ原前の群像劇であります。このあたりの流れは本当におもしろい。関ヶ原の野戦一回で大勢が決まったのが不思議なくらい。

福島正則の去就が違っていたら、だいぶ流れが違っていたんだろうなと思います。清須まで西軍の勢力圏になってたら三河で決戦になってたのかなあ。中仙道を秀忠軍が来るから西軍はあまり東海道を進めないような気もするけど。

2011-02-16 最近購入したマンガ

「解剖医ハンター」1,2巻 吉川 良太郎, 黒釜 ナオ

18世紀、治療といえば瀉血だった時代に死体解剖しまくった異端医者ハンターお話ハンターは実在の人物らしく、マンガでは他の実在キャラであるクック、ダーウィン(祖父)あたりも絡んできます。クック船長の話がおもしろい。


ねこめ〜わく」7巻 竹本泉

竹本先生マンガデフォ買い。なんかいつの間にかキャラが増えてるような気が・・・主人公がいつの間にか大学入学して(一浪してたよね?)成人してるし、何気に時間つの早いなあ。ネコ世界とは時間の流れが違うのだろうか?


みつどもえ11巻 桜井のりお

ギャグマンガとしての面白さは6巻あたりがピークで、それ以降はキャラ萌えに移行。この巻は松岡さん押し巻ですな。


超級機動武闘伝Gガンダム」1,2巻 島本和彦

Gガンの漫画化なんですが、島本先生ってことで半ばギャグマンガと化してます。元々Gガン自体ギャグ寄りなんですが、ジョルジュがひどい扱いとかむしろサイサイシーのほうがいい扱いとかどうなの・・・でもそれがいい!

2011-02-15 真田太平記五 六

[]「真田太平記 五 秀頼誕生」「真田太平記 六 風雲」池波正太郎

朝鮮征伐のさなか、秀吉嫡子秀頼誕生秀次の立場が微妙に・・・

そんなこんなで秀吉は病死。gdgdの内に朝鮮征伐も終了します。

秀吉亡き後、実力者徳川家康前田利家が抑えて平穏に過ぎるのですが、利家死去後はパワーバランスが崩れて家康の独走が始まるのでした。

真田家的には、くノ一お江が生還したり、向井佐平次の息子佐吉忍者デビューしたり、矢沢のジジイが死んだりとかこのあたりではそれほどの展開ではないかな。鈴木右近剣豪属性がついてワロタ。池波先生はくノ一に妄想を抱いているのか、妙にくノ一エロ描写が多くて困る。

2011-02-13 名鉄新羽島

今日名鉄新羽島方面に行ってきました。

まず岐阜行きに乗ろうと思って快速特急に飛び乗ったら、次ぎの停車駅は岩倉とのアナウンスで早速乗る電車を間違えたことが発覚。調度いい機会なのでそのまま犬山遊園まで行き、岐阜行きの各務原線普通に乗り換え。各務原線各駅停車岐阜までたらたら行きました。JR高山線と線路がつかず離れずで面白い区間です。

岐阜名古屋本線に乗り換え。笠松で乗り換えて新羽島に向かいます笠松から新羽島は竹鼻線羽島線という二つの路線が合わさっています現在では実質ひとつの路線です。

新羽島は東海道新幹線岐阜羽島駅に隣接した駅です。駅前には岐阜羽島駅を誘致したと言われる政治家大野伴睦夫妻の銅像があります。経緯からすると必要な駅なんですが、夫妻の銅像があるところが政治駅と言われる所以ですね。

f:id:shpolsky:20110213124132j:image

駅の周りにはビジネスホテルが結構あるのですが、飲食店ほとんどない。岐阜羽島駅の一階にはうどん屋と喫茶店があったので昼食はうどん屋でキシメンを食べました。このへんで泊まったら夕食はどうするんだろう・・・

新羽から笠松に戻り、名鉄一宮に移動。名鉄一宮尾西線に乗り換えて玉ノ井に行ったんですが、名鉄一宮駅での尾西線が特殊でした。尾西線は北方向の玉ノ井行きと南方向の津島行きで違う電車に乗り換えなのですが、どちらも1番線から発車で、ひとつの線路を二つの電車で同時に使っているのです。同時に発車もよく有ります

f:id:shpolsky:20110213141508j:image

名鉄一宮駅のホームが長くて尾西線が両方共二両編成だから出来る芸当ですが、運輸省がよく許可してるなあ。

玉ノ井は終点のくせに無人駅。周りは特に何も無いのでそのまま折り返し名鉄一宮に戻り、尾西線津島行きに乗り換え。弥富まで行く時間はなかったので津島から名古屋方面に戻りました。

金券屋に行ったら、トランパス5000円券が5200円だった・・・今なら交通局とかで同額買取してるから割引は無いとしても割増とは驚きました。

2011-02-09 四畳半神話大系

アニメ四畳半神話大系」全話見ました。最後は怒涛の展開で、今までの設定を全回収したのは素晴らしい。小津はリア充だったのか・・・

[]「真田太平記 四 甲賀問答」池波正太郎

秀吉小田原攻めによって呆気無く北条滅亡。関東徳川に任されます

秀吉によって天下統一され平和になったと思いきや、秀吉の野望は大陸に向かうのでした。

真田長男信之は本多忠勝の娘小松姫を貰い、沼田城で独立します。徳川への義理が出来てしまい、父昌幸とは微妙に溝が出てくる事に。

秀吉に衰えが見え始めたことで裏の世界駆け引きが始まります真田のくノ一お江は甲賀に潜入するのですが行方不明に。まあキャラたってるんで死にはしないでしょう。

朝鮮征伐だと真田あんまし出番ないんで、忍者動かないと話がつまらんということかな。

2011-02-06 日本のいちばん長い日

今日名古屋市長と愛知県知事名古屋市議会解散のトリプル選挙

河村さんは名古屋弁がわざとらしくてあまり好きじゃないのだけど、自民県連とか民主県連とか公明とかも嫌いなんで非常に難しい選択です。愛知は昔から民社党系が強くて民主王国になってたんだけど、こんな展開になるのは傍からみると面白くもある。予想通り9時になった瞬間市長知事当確でるんだけどね。


映画日本のいちばん長い日」見ました。

1967年公開の岡本喜八監督作品。

1945年8月14日正午に御前会議において天皇の御聖断でポツダム宣言受諾を決定。それから15日正午に玉音放送を流すまでの24時間を描いた映画です。

近衛師団将校が負けを受け入れられずにクーデターを起こし、反対した近衛師団長を殺害。近衛師団長の偽命令で宮城を占拠するも、玉音放送レコードは見つからず、東部軍が同調しなかったためクーデターは失敗するのでした。

二二六事件でもそうだけど、陸軍将校って表面上は天皇に忠誠あるようなこと言うくせに、天皇の意思はガン無視だよね・・・

三船敏郎演じる陸軍大臣阿南大将切腹がすごい。笠智衆鈴木首相も味がある。

今の時代の人はなぜもっと早く戦争を終わらせなかったかと言うけど、言うは易しってやつでそう簡単にはいかないんだな。今の時代こそ見るべき映画と〆。

2011-02-03 真田太平記 三 上田攻め

[]「真田太平記 三 上田攻め」池波正太郎

小牧長久手の戦いのあと、豊臣と徳川間の緊張は緩和し、余裕が出てきた徳川による真田の本城上田攻めが開始されます

徳川の大軍の前に、兄貴信之が大活躍して大勝利!なんとなく影の薄かった兄貴が大活躍でした。

その後徳川は豊臣に臣従し、真田徳川の与力扱いになります兄貴信之はその縁で本多忠勝の娘を嫁に貰うことになるのでした。小松姫の鬼嫁シーンが全然紹介されなくてこの点は不満。

徳川真田が豊臣傘下に入って平和になったと思いきや、KY北条上野方面の領地で真田ともめており、豊臣に屈する様子もありません。四国九州を傘下に収め、いい加減ん関東をどうにかしようと思った秀吉は一計を案じるのでした。

秀吉の策謀で、北条の部隊は独断専行して真田の名胡桃城を奪取。真田昌幸は状況を把握し名胡桃城を見殺しにします。こうして北条に対する大義名分のたった豊臣による小田原攻めが始まるのでした。

2011-02-01 後水尾天皇

[]「後水尾天皇熊倉功夫

江戸幕府が成立した頃に即位した後水尾天皇の評伝です。

後水尾天皇は1596年に生まれ、1611年に即位、1630年明正天皇譲位、1680年に崩御されました。

昭和天皇についで長寿天皇です。妃は秀忠の娘和子。

和子の子供を次の天皇にするという幕府の意思があったんですが、結局和子との間に男の子は育たなかったので、娘が明正天皇として即位して、それ以降には徳川の血は入らなかったんですな。

後水尾天皇が退位するまで和子以外の相手の子供は生まれなくて、どうも幕府が裏で子供を処理してたみたいです。このあたりの話は隆慶一郎の「花と火の帝」にも出てきます

退位した理由の一つに、単なる武家の娘である春日局幕府の圧力で官位を与えられて参内するということもあります

退位した後は子供が生まれて、明正天皇以降は後水尾天皇の息子が継ぎました。

後水尾天皇江戸時代初期の寛永文化の中心だったということもあり、なかなか見所の多い人物であります