shpolskyの適当日記

2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |

2012-03-26 マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

[]マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

メリル・ストリープ主演。

内容は、晩年アルツハイマー過去とごっちゃになってきたサッチャー過去を思い返す、現代と過去を行ったりきたりするというもの政治家首相になり、自由化とかフォークランド紛争とか描かれるのですが、そのへんの歴史的背景は知ってること前提的な感じで、メインは亡くなった夫との対話かな。

夫の遺品整理で、そんなにつらいなら整理しなきゃいいのにと思ったり。若い頃にに一生茶碗洗うのは嫌だと言ったのと対称に、年老いてから茶碗くらい自分で洗うと言うシーンが印象的。

最近の伝記的な映画は、偉大な人を偉大なまま描写せずに、苦悩を主題として描くことが多い感じ。大なり小なり苦悩はあるもんだけど、クローズアップしすぎると偉大さが見えなくなる。アレキサンダー映画は大駄作だった。この映画のバランスもちょっと微妙かな。結構うるっとしちゃったけど。

[]「百姓から見た戦国大名黒田基樹著

戦国時代における村と領主の関係について書かれた新書

調査から戦国時代では季節ごとの餓死者数に周期があって、収穫期前には餓死者が増加することが示される。戦国時代餓死日常的に生じる出来事であることがわかる。

人が生き残るために村に所属する必要があり、村は日常的にいくさを行なっていた。利害の一致する村同士の同盟も盛んで、いくさになると広範囲の複数の村を巻き込む自体になった。

戦国時代の領主にとって、御家人や村の間の争いの調停重要であり、領主が公正な裁定ができないと国が乱れることになった。

大名意志だけで国が動くイメージがありますが、実際は村レベルの意志無視できないということですな。

2012-03-25 横井庄一記念館

横井庄一記念館に行って来ました。

http://www.kuronowish.com/~oshika18/newpage201.htm

毎週日曜日に開館、名古屋市中川区横井邸がそのまま記念館です。

ちょっと便が悪くて、自分中村公園から市バスに乗って千音寺で降りて歩きました。

館長の横井夫人も迷いませんでしたか?と聞かれましたが、確かにGPSがないと迷うかも。スマホにして一番はかどることはGPSのおかげで迷うことがなくなったこと。

話が前後しましたが、記念館では横井夫人が館長をやっていて、展示品の説明とか横井さんの昔話をしてくれました。一室にほぼ原寸大のジャングルの居住穴が再現されていて、名古屋芸大の方が作成したようです。

横井さんは晩年陶芸をやっていたようで、作品がいくつかあって、庭には釜のある小屋がありました。

横井夫人がお茶お菓子を出してくれて、無料のところなのでなんか親戚の家に遊びに行った感があります。

横井さんの満州の時の写真があって、階級章が実際と違うのは借りた服だからじゃないかとのこと。

お庭も梅が咲いていてなかなか良いところなのでおすすめのところです。

2012-03-23 時の娘

[]「時の娘」ジョセフィン・ティ著

負傷して入院中の刑事が、ふとしたことで目にした歴史上の人物の肖像画を見て興味を持ったことで、歴史真実を解き明かすお話

リチャード三世はイギリスだと、王位のために兄王の息子たちを殺した殺人鬼と言ったイメージだそうですが、この本だとそういう事実はなくリチャード三世は良心的ないい王様だったという結論にしています。とはいってもリチャード三世とかイギリス王族のことはほぼ予備知識ゼロなので人物関係から覚えるのが大変だったりしました。日本の歴史上の人物も実際はイメージとぜんぜん違うという人多そう。山風先生の妖説太閤記はすごかった。

[]バルジ大作戦

1965年アメリカ映画第二次大戦西部戦線末期のドイツ軍の反攻作戦であるバルジの戦いをえがいています。

といっても史実に忠実ではなく、娯楽映画的なノリです。戦車は本物使っててなかなかの迫力ですがティーガーじゃないのが残念。

2012-03-21

[]福井

出張福井行ってました。

日本海側の天気はコロコロ変わるので傘必要ですね。

えちぜん鉄道福井駅で恐竜がお出迎え。

f:id:shpolsky:20120318111853j:image

終点三国港駅。洒落た感じだけど無人駅

f:id:shpolsky:20120318123309j:image

から東尋坊行きのバスを待ってたら漁師おっさんが大して距離が無いので歩けと言う。途中から遊歩道で見晴らしが良いというので歩いてみました。

遊歩道入口

f:id:shpolsky:20120318125756j:image

東尋坊の近くに出る。

f:id:shpolsky:20120318131456j:image

東尋坊では海鮮丼の店がやたら多くて自殺する雰囲気ではないです。適当に入って海鮮丼食べたけど量が少なくてがっかりもっとリサーチするべきだった。

帰りはバス三国駅に行き、福井市内に戻る。

福井城内で結城秀康公に遭遇。じじいだな。

f:id:shpolsky:20120318155622j:image

福井神社松平春嶽公。

f:id:shpolsky:20120319170657j:image

福井神社の形状が変わってる。

f:id:shpolsky:20120319170729j:image

西光寺で柴田勝家の墓。

f:id:shpolsky:20120319164545j:image

市電終点田原町駅がなかなかのクオリティ

f:id:shpolsky:20120319160841j:image

クオリティといえば、市電福井駅前市役所間の盲腸線運用の仕方がなかなかおもしろい。何回も前後が変わるから運転手が往復忙しい。

2012-03-11 パットン大戦車軍団

今週末は、土曜は花粉症対策で耳鼻科行ったり、図書館行ったり、ホワイトデー対策したり。

日曜はどっかにでかけようかと思ってたけど、大震災自粛とか、名古屋マラソンで移動しにくいとかで引きこもることに。クルセイダーキングス2がなかなか面白いということもあり。

[]パットン大戦車軍団

1970年公開の第二次世界大戦パットン将軍お話

170分と長い割に、状況説明があんまりない初心者お断りな感じで、第二次大戦西部戦線の流れ知らないと意味不で終わりそう。

パットン将軍北アフリカ戦、シシリア戦、フランス侵攻、バルジの戦いの活躍が出てきます。

戦争シーンより、パットン将軍のムチャぶりと暴言で周囲がマジギレ展開が何回も繰り返されるシーンのほとんどのような印象です。もうちょっと一ヶ所の戦闘を掘り下げるとか、パットンのクレイジーな内面を掘り下げるとかしたほうがわかりやい内容になったような気がするな。

最後のバルジの戦いでの状況判断は最期の輝きといったところか。

2012-03-08 「大国の陰謀」W・H・マクニール著

[]「大国の陰謀」W・H・マクニール

世界史』とか『疫病と世界史』とか『戦争世界史――技術軍隊社会』とかのマクニール先生の著作。

題名から内容がわかりづらいですが、第二次大戦時の連合国側がどのように協力していったかという内容。

連合国米英ソは決して一枚岩ではなく、協力した理由はナチスドイツ存在たからに過ぎないとの指摘あり。

比較的協力体制が順調だった米英はともかく、ソ連との協調が困難だったことは、日米開戦後に米独間でも直ちに宣戦布告がなされたのに、日ソ間では中立状態が続いたことでもわかります。

米英間でも、アメリカの作戦主目標太平洋欧州かで対立があったり、第二戦線フランスにするかバルカン半島にするかで対立があったりします。

アメリカ側がフランス上陸を主張する一方で、チャーチルバルカン半島を主張した理由は、戦後ソ連東欧への影響を考慮したということがあるのですが、結局この頃にはイギリスアメリカに主張を通すのが難しくなっているのでした。もう米ソの2大国による冷戦の兆しが見え始めているわけで、英ソは意識し始めている一方アメリカドイツ敗戦後のソ連の脅威に気づいていないということですな。

他の戦線に比べると独ソ戦がかなり異質に見えるわけで、ソ連ドイツに打ち勝って強国として名乗りを上げたというのは、体制はともかく称賛に値することだと思ったりします。

2012-03-06 「レーガン」村田晃嗣著

[]「レーガン村田晃嗣

中公新書日本では珍しいレーガン大統領の評伝です。

レーガンが元役者で、冷戦終結の立役者というのは知識では知ってたのですが、実際はどうだったのか知らなかったので、この本は非常に参考になりました。

サッチャー中曽根と今思えば東側を影にして西側が輝いていた時代という印象。今は多極化が進んでカオスになってる感があります。

これから冷戦ソ連崩壊55年体制終焉といった事柄も研究が進んでいろんな書籍が出てくるといいです。

2012-03-05 ノーパソ新調

↓ここの日記で買ったノーパソが早くも電源が入らなくなってお亡くなりになったので、新しいノーパソ買いました。

http://d.hatena.ne.jp/shpolsky/20100717

新しく買ったのはドスパラの「Prime Note Galleria GT-H フルHD」。決算セールで89,980 円 → 64,980円でした。

http://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=13&tc=143&ft=&mc=2309&sn=0&st=1&vr=10

今まで使ってたの

HP Pavilion Notebook PC dv6a/CT 2010夏

Windows® 7 Home Premium 正規版 (64bit)

AMD Athlon™ II デュアルコアプロセッサ P320 (2.1GHz、1MB L2キャッシュ)

メモリ 4GB (2048MB×2)

15.6インチワイドHD(1,366×768)

ATI Mobility RadeonHD 5650

500GB HDD

新しいの

Prime Note Galleria GT-H フルHD

CPU インテル Core i5 2520M (デュアルコア/定格2.50GHz/TB時最大3.20GHz/L3キャッシュ3MB/ HT対応)

グラフィック 15.6インチ液晶( 1920 ×1080) / NVIDIA GeForce GT555M 2GB

メモリ 8GB DDR3 SO-DIMM (PC3-10600/4GBx2/デュアルチャネル)

ハードディスクハードディスク】 500GB (5400rpm)

光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ (DVD±Rx8/±R DLx4/-RAMx5/CD-Rx24/DVDx8)

マザーボード モバイル インテル HM65 Express チップセット搭載マザーボード

OS 【64bit】Windows7 Home Premium のインストール

15.6インチで1920 ×1080にすると細かすぎてwebとか見てられないよ!

CUDA普通に動くノートとか時の流れは早いですね。

2012-03-03

[]蒲郡三河三谷

今回は蒲郡方面。未だに昭和の薫りが漂うカオス地帯。

まずはJR蒲郡駅まで行き、名鉄に乗り換え。西浦で降りる。

西浦には西浦温泉、西にこどもの国、東に形原温泉観光資源豊富なのだ・・・

西浦の無量寺

f:id:shpolsky:20120303113325j:image

千仏洞戒壇めぐりの凄さに感動した。

http://www.sukima.com/19_gama01_03/05muryou.html

蒲郡に戻り、竹島へ。橋で渡れます。

f:id:shpolsky:20120303124023j:image

ふと東を見ると三谷弘法大師像が見える。

f:id:shpolsky:20120303124234j:image

竹島の中は八百富神社のやしろで、島の周囲を回ることができる。なかなか風光明媚

竹島から東に向かうとファンタジー館前のバス停が。残念ながらファンタジー館は既に閉鎖されている。

f:id:shpolsky:20120303132308j:image

そしてついに到着、三谷の「延命山大秘殿」入口がカオスすぎる!

f:id:shpolsky:20120303135201j:image

入り口付近にはなぜか乃木将軍が。

f:id:shpolsky:20120303143522j:image

中は謎の仏像と珍宝様のオンパレード。ググればカオスな紹介ページが色々あるのでここではあまり載せない。実際に行ってみるべきですな。

地下からの出口付近に歴代総理とかカオス

f:id:shpolsky:20120303141605j:image

最後に受付のおばちゃんに抹茶クッキーを出されてマターリ

人生相談もしてるそうです。

f:id:shpolsky:20120303143600j:image

三谷温泉街へ。弘法大師像を目指して丘を登る。

f:id:shpolsky:20120303144037j:image

近くから見ると結構キモかった。

f:id:shpolsky:20120303145253j:image

同じ丘にラバーズヒルという恋人名前を書いた錠前を取り付ける場所があり。

三河三谷から帰って終了。蒲郡付近カオスなセンスが多い感じ。