shpolskyの適当日記

2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |

2012-05-27 JR奈良線で京都寺社巡り

[]JR奈良線京都寺社巡り

友人とJR奈良線沿線の寺社巡り。

名古屋から新幹線京都まで行き、JR奈良線で南下。

まずは稲荷駅伏見稲荷へ。日曜日なのに修学旅行生いっぱい。観光タクシーの運ちゃんががんばって説明してたけどみんなあんまし聞いてないw

f:id:shpolsky:20120527082718j:image

お稲荷さんの本殿に参拝して、鳥居をくぐって奥へ。総本山鳥居には圧倒される。

f:id:shpolsky:20120527084546j:image

奥の院からさらに奥に行くと、お目当ての神宝神社への分岐。

f:id:shpolsky:20120527085331j:image

神宝神社では狛犬ではなく狛龍。天龍と地龍がお出迎です。辰年の今年中に行きたかったのです。

f:id:shpolsky:20120527085858j:image

伏見稲荷を後にして、JR桃山駅へ。駅から結構歩いて伏見桃山城へ行きました。

f:id:shpolsky:20120527100203j:image

今の伏見桃山運動公園内に城が存在し、昔存在した伏見桃山城キャッスルランドの目玉施設として建設されたとのこと。最近東映映画用に大阪城っぽく改修したので見た目は綺麗。ところが耐震性に問題があって中には入れない・・・

城の裏で放置されている昔の地方連隊の碑。扱いひどいなあ。

f:id:shpolsky:20120527101111j:image

城に歴史文化財価値は無いから説明書無いと言うひどいお知らせ。

f:id:shpolsky:20120527102655j:image

桃山駅に戻る途中で御香宮神社へ。祭りでやたら人で多し。屋台の200円カレーに惹かれたが、萬福寺の普茶弁当を予約してたので我慢。

f:id:shpolsky:20120527110036j:image

黄檗駅黄檗萬福寺へ。萬福寺中国風の禅寺で珍しい雰囲気です。本尊布袋はやたら悪人顔。

f:id:shpolsky:20120527115821j:image

中国精進料理の普茶弁当。当日予約可。普茶料理は前日予約で3人以上だそうな。結構繁盛してました。揚げ物があって不思議精進料理梅干しの揚げ物は酸っぱくなくてむしろ甘い。

f:id:shpolsky:20120527121115j:image

バットで殴る木魚

f:id:shpolsky:20120527125734j:image

寺に関帝とかカオス

f:id:shpolsky:20120527130111j:image

東福寺駅へ行き、天皇家菩提寺泉涌寺へ。

江戸時代天皇の陵墓のある月輪陵。

f:id:shpolsky:20120527151150j:image



パンピーなので奥には行けないけど、google mapだと奥に石塔がたくさんあるみたい。

http://goo.gl/maps/U91f

皇族の休憩するとことか見学して、東福寺へ。

到着したら東福寺の受付のおばちゃんが自転車を出して帰るとこだった・・・時間切れで終了。

京都駅駅ビルで夕食を取った後、新幹線で帰りました。新幹線だと京都名古屋間40分弱って早すぎ!

2012-05-20 ファイナル・デッドブリッジ

[]ファイナル・デッドブリッジ

ファイナルデッドシリーズの5話目らしい。R-18だけどエロシーンはなく、ひたすらグロシーン。

最初の橋が壊れるシーンが一番面白かったかな。他のシーンでも、人体は実際あんなふうに壊れるのかな?

家でDVDで見たんですが、3D版も公開されていたようで、映画館での3Dグロシーンもちょっと興味あり。正直橋以降はげんなりする可能性高そうだけど。

2012-05-17 「仏教、本当の教え」植木雅俊著

[]「仏教、本当の教え」植木雅俊著

中公新書中村元弟子の人が、原始仏教中国日本にわたって変質した仏教の違いを解説した内容。

インドサンスクリット語のお経と中国で訳された漢訳のお経を比較したりしてます

日本国内で日本の僧が漢訳のお経について超解釈してるのを、元のサンスクリットをたどると全然違った意味だったりします

新書だけどかなり学術よりな内容で、詳細を理解しながら読むのはきついかな。日本仏教界は、原始仏教との差異をもっと根本的に考えるべきだと思います

2012-05-14 チャーチルとか

[]「危機の指導者チャーチル」冨田浩司著

新潮選書。イギリスの首相チャーチルに関する評伝。

チャーチルは第一次世界大戦には海軍大臣で、現状打開のために行ったガリポリの戦いに失敗したせいで、好戦的すぎて危険な政治家とみなされるようになった。

第二次大戦前夜までに最も政治的キャリアの長い政治家となるも、周囲からは警戒されて一匹狼的であり、首相になることはできなかった。

ナチス・ドイツのヒトラーに対して、イギリスの首相チェンバレンは国論となっていた宥和政策を取るも、ついにドイツのポーランド侵攻にいたり、最も宥和政策に反対していたチャーチルが危機の指導者として首相になるという展開。

チャーチルがどういう人物かイメージ先行でよくわかってなかったのですが、これを読むことで勉強になりました。危機の時の政治家のリーダーシップと言うことを考えると、今の日本はどうかと考えてしまう。

[]「完全なる証明」マーシャ・ガッセン著

ポアンカレ予想を証明するも、ミレニアム問題の賞金100万ドルを拒否した数学者ペレルマンの評伝。

ペレルマンと同様に旧ソ連の数学エリート教育を受けた人間が著者で、旧ソ連の数学アカデミーの雰囲気が非常に詳細に述べられています。

ソ連の数学アカデミーの政治性の強烈さと、ペレルマンの特異なパーソナリティが印象的な内容です。

2012-05-06 末森城

覚王山東の城山八幡行って来ました。

昔は織田信長の弟の信行が城主だった末森城だったそうで、市内なのに堀がかなり残ってて驚きました。

神社の入口

f:id:shpolsky:20120506145211j:image

堀を渡る橋

f:id:shpolsky:20120506145521j:image

堀の中から橋を見る

f:id:shpolsky:20120506145424j:image

2012-05-05 坂祝、古井

[]坂祝、古井

GW後半、天気が良くなったのでローカル線山城へ。

名鉄鵜沼まで行き、JR新鵜沼に乗り換え、坂祝(さかほぎ)駅で下車。

から西側の山頂にちょっとだけ見える猿啄城(さるばみじょう)が目的地。

f:id:shpolsky:20120505102210j:image

信長東濃侵略で攻略された城だそうな。最近地元の人が山頂の城跡に展望台を建てたとのこと。

こんな感じで標識がいくつもあるのでわかりやすい。

f:id:shpolsky:20120505102813j:image

山頂の石碑。子供連れとか結構人が多い。

f:id:shpolsky:20120505110423j:image

名古屋方向の景観ナゴヤドームとか小牧山とか見えるらしい?

f:id:shpolsky:20120505110524j:image

坂祝駅に戻って、さらに東へ行き美濃太田で乗り換え。美濃太田の一つ東の古井(こび)駅で下車。日中は2時間に一本くらいしかないローカル駅。しかも簡易改札すらもないので、Suicaで降りられない!降りるときは運転手にSuica改札記録を有人駅で出すための証明書を出してもらうというめんどくささであった。

古井にはこびの天狗山という天狗を崇拝する新興宗教がある。

f:id:shpolsky:20120505130716j:image

御社はこんな感じ。

f:id:shpolsky:20120505132640j:image

社の中はこんな感じ。

f:id:shpolsky:20120505132507j:image

休憩所では釜からお茶をすくって飲むというクオリティ

f:id:shpolsky:20120505131344j:image

12mの大天狗が圧巻。

f:id:shpolsky:20120505133548j:image

2012-05-04 マッドマックス/サンダードーム

[]マッドマックス/サンダードーム

マッドマックス2の続編?らしいヒャッハー映画

前作に比べるとスケールダウンでイマイチかな。

サンダードームというのはデスマッチ会場のこと。

[]「小村寿太郎 - 近代日本外交体現者」片山慶隆著

中公新書外務大臣小村寿太郎の評伝。小村の伝記は珍しいですね。

外交でどんな業績を残したか年代別に詳細に紹介してます

2012-05-03 北斎展

松坂屋美術館北斎展やってたので見てきました。

かなり品揃えが良かった。

富嶽三十六景とか風景画の迫力抜群です。

80歳超えてからの龍とかの絵の画力が異常。

2012-05-02 奈良三日目

[]奈良三日目

三日目は近鉄奈良駅からバスで春日大社へ。

9時前なのと、雨降りでほとんど人がいなくて寂しい感じ。9時前でも参拝はできるけど、有料施設は入れないんだな。

f:id:shpolsky:20120502081414j:image

興福寺で開館と同時に国宝館に突入。それなりに人いたけど、阿修羅像とかゆっくり見られて満足。日中は結構人が多くて見るの大変でしょう。

興福寺で鹿に体当りされそうになる。

f:id:shpolsky:20120502092226j:image

強風で興福寺で北堂とか開かなくて残念。

近鉄で学園前へ行き、大和文華館へ。国宝4点公開とのこと。ここは公開内容の統一性が内容な感じ。

西大寺前に戻り、バスで秋篠寺へ。競輪場の直ぐ側なのに、非常に落ち着いた雰囲気のところ。

f:id:shpolsky:20120502110415j:image

西大寺は東大寺の対抗馬ということで、いろいろあります。

f:id:shpolsky:20120502114908j:image

西ノ京で唐招提寺へ。ここは国宝多すぎるだろう・・・中国の花瓊花(けいか)が満開でした。

f:id:shpolsky:20120502131248j:image

唐招提寺の横からバスで直接奈良駅へ。正直なところ、バスは結構人が多くて時間が遅れがちなので、電車が使えるなら電車を使うほうがいい気がする。

まだ時間があるので、奈良駅近くの商店街から元興寺へ。瓦が国宝。

f:id:shpolsky:20120502153614j:image

商店街をぶらつき、17時近くになったので切り上げて、近鉄特急で名古屋に帰りました。

天気は悪かったけど、奈良はどこに行っても国宝とかいいものがあるので非常に良かったです。

2012-05-01 奈良二日目

[]奈良二日目

二日目は大和郡山から郡山城へ。寺は9時や10時に開くので、一日中開いてる城から開始します

郡山城は江戸時代柳沢吉保から明治まで柳沢家の城で、敷地内に吉保が祭神柳沢神社があります

すぐそばに学校があるので、平日の朝早くに行くと通学ラッシュに巻き込まれます

堀の上の小径

f:id:shpolsky:20120501082801j:image

堀がまるまる残ってて、内側の整備もなかなかです。地元の誇りでしょう。

壺阪山駅からバスに乗って壺阪寺へ。平日でバスの本数が非常に少ない。

やたら石の大仏がある。

f:id:shpolsky:20120501105947j:image

f:id:shpolsky:20120501110222j:image

やたら盛大な石のお堂。

f:id:shpolsky:20120501111508j:image

儲かってんのかなあと思ったら、インドの石産業と縁があるみたい。

壺阪寺の横から抜けて、今回の旅の本命高取城へ。

壺阪寺から五百羅漢を経て高取城への道は正直道の体をなしていないような・・・普通もっと上まで車で行くのか?

f:id:shpolsky:20120501113405j:image

明治までは建物が残っていたらしい。

f:id:shpolsky:20120501121742j:image

明治写真と同じ位置

f:id:shpolsky:20120501121754j:image

天守への上り口。ジグザグ形状

f:id:shpolsky:20120501122937j:image

天守。非常に広い。

f:id:shpolsky:20120501123051j:image

天気が良かったから、結構ハイキング客が多かった。帰りは壺阪寺に戻らず。北回りで壺阪山駅まで歩いた。途中で奈良盆地を一望。大和三山が見える。

f:id:shpolsky:20120501125536j:image

途中で猿石に遭遇。飛鳥遺跡から高取城に持ちこまれたか

f:id:shpolsky:20120501130445j:image

壺阪山駅に戻る頃には昼過ぎで、駅前の喫茶店で遅い昼食。夕方までにまだ時間があるので西ノ京駅に行き薬師寺へ。

国宝の東塔は解体修理中。

f:id:shpolsky:20120501160733j:image

金堂で坊さんのありがたーい話を聞いてたら夕方に。尼ケ辻の垂仁天皇陵によって終了。

f:id:shpolsky:20120501172331j:image