shpolskyの適当日記

2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |

2013-01-28 さみしさサヨナラ会議

[]さみしさサヨナラ会議

小池龍之介宮崎哲弥による「さみしさ」についての対談。

一応仏教的な背景のもとの対談だけど、内容は脳科学的なお話が多い。

脳神経への情報の刺激は麻薬的側面があり、現代人のように四六時中ネットから情報を受け続けているとネットジャンキーになり、反動としてさみしさを過剰に感じることになる。

いかにして脳神経の過剰反応感情のぶれをコントロールするかというのが対論の方向。

方法論はともかく、ネットから自己コントロールはかなり重要と思う。

[]「解錠師」スティーヴ・ハミルトン

kindleマーケットで定価で買ったら半値セールやっててショックだった作品。

金庫破りの才能があるばかりに、裏の世界に生きる少年青春を描いた作品というところか。

恋愛の部分はそんなに惹かれなかったけど、解錠シーンがやけに緊迫感に満ちてて読んでてのめり込む。

映画化しそうな内容だけど、解錠シーンの映像化は難しそうな気がする。

2013-01-27 知的唯仏論

[]知的唯仏論

宮崎哲弥呉智英仏教に関する対談集。

呉氏が仏教に関して話題を出して、宮崎氏がその解説というのが主な流れ。

宮崎氏がこれほど仏教知識が豊富だとは知らなかった。

いったん犀の角のように孤独修行した上で、無我に抜けるという筋道を示されたのは参考になる。

この本で示された参考書をチェックしていくだけで、読む本には困らないね。

2013-01-20 日泰寺とか映画鑑賞とか

日曜の午前は覚王山に用があって行ったついでに日泰寺に参拝。法要やっててやたら坊主がいてビビる

日泰寺三門はどう見ても二階に上がる所が無いのだけどどういう構造なのだろうか?

[]「ダークナイト ライジング

バットマン三作目。前半は全然バットマン出なくて、中盤以降も爽快感全然無くて、どうするんだろうかと心配だったけど最後まで見たら結構面白かった。

途中の牢獄はどこなんだ、アメリカじゃないよね?とツッコミを入れたけど、まあよし。

核兵器の扱いの雑さもワロチ。

バイオレンスジャックっぽくヒャッハーな展開は心躍るものがありました。

善良な市民はいないけど、助けるんだよ!という気概はアッパレな感じ。

前作よりは劣るものの十分良策だと思います。

[]「高丘親王航海記澁澤龍彦

平城天皇皇子で、空海弟子、60歳を超えてから唐に渡り、さらに天竺に行こうとして東南アジア消息を絶ったという非常に魅力的な生涯をおくった高岳親王主人公にした幻想小説

親王の夢の話が大半で、官能的な描写も多い大人のお伽話的内容です。

著者が咽頭がん死ぬ寸前に書いた小説とあって、親王が喉の痛みで苦しむのは印象的です。春丸と秋丸はどうなっちゃったんだろうなあ。もしかして迦陵頻伽だったの?

[]「ドイツ人住職が伝える 禅の教え 生きるヒント33ネルケ無方著

ネルケ無方の著書なので読んでみたけどちょっとピンとこなかった。

教えを伝えるのに、水増ししてもいいけど混ぜ物をしてはいけないと最初に言ってるのに、仏教の教えについて混ぜ物しているような話がある。

執着はいけないけど家族愛はいいとか、それは仏教じゃないような。それこそそのあたりを変えちゃったら仏教本質から離れると思う。鎌倉以降の日本仏教的にはありなのかなあ。

2013-01-19 五色園、岩崎城

[]五色園、岩崎

スポット巡り。星ヶ丘から名鉄バスに乗って、五色園に行きました。

五色園は大安寺という寺の敷地内の公園で、親鸞の生涯を模した像がたくさんあります。

像を作ったのはかの浅野祥雲先生ということで堂々たる珍スポットですね。

f:id:shpolsky:20130119143849j:image

やたら坊主が座っているところ。

f:id:shpolsky:20130119144310j:image

最近色を塗り替えられたとのことできれいな像が多いのですが、たまに怖いのがあります。

f:id:shpolsky:20130119144520j:image

面白い顔の不動さん。

f:id:shpolsky:20130119150546j:image

誰?

f:id:shpolsky:20130119152142j:image

布団の中に仏像

f:id:shpolsky:20130119152317j:image

矢作川での日吉丸と小六の出会い。やたら人口密度が高い。

f:id:shpolsky:20130119152731j:image

謝罪 x3

f:id:shpolsky:20130119153003j:image

帰りは岩崎城に寄ってみました。最近建てたとはい結構立派で驚きました。

f:id:shpolsky:20130119161430j:image

中は資料館になってて無料で上まで登ることができます。

岩崎城は小牧長久手の戦いで中入りした池田・森軍によって陥落しているのですな。岩崎ちょっと北に長久手古戦場があって、池田や森の戦死した跡があるようです。

2013-01-14 ひきこもりデイ

三連休最後は雨なので引きこもり関東大雪でやばそうな雰囲気

[]プロメテウス

人類起源を探りに別の銀河系の星に調査に行くというSF映画。剛力ちゃんが主演女優吹き替えやって炎上してたので吹き替えスルー字幕で見ました。

背景は壮大なんですが、内容はこまけーことはいいんだよ的なB級パニックホラーで、一番ビビるのはエリザベス・ショウ演じる主人公女の驚異的生命力でした。開腹手術直後すぐにアクションしまくれるって、農家の嫁いびりでもそんなことできねーぞ!

「すべての謎が明らかに」って何も謎は明らかになってないような・・・ていうかデビットは何がしたかったのか。てっきり宇宙人に乗っ取られてると思ったのに。

続編作るって本気なんだろうか・・・ちょっと見たいかも。

[]「グーグル ネット覇者真実スティーブン・レヴィ著

Kindleストアで安売りしてたので購入。GOOGLE歴史

GOOGLEのことは漠然しか知らなかったのですが、これを読んで、どのように起業して大きくなったのか、どのように収益を得ているのか、検索革新性、検索以外のサービス等々非常に勉強になりました。

中国検閲サイバー攻撃との戦い、後発のフェイスブックへの苦戦等最近のトピックも面白いです。

かなり分量があって読むのが大変ですが、GOOGLEのことを知るには最初に読むべきかと思いました。

2013-01-13 大高周辺

[]大高周辺

JR大高駅周辺を探索。

南西の方へてくてく歩いて、家の間の小道を通るって小山に登ると大高城跡。小山が丸っと残っていて、城の縄張りはなんとなくイメージできる感じがあるのですが、建物や堀は残っていません。

大高城を抜けて高速の下をくぐると氷上姉子神社

ヤマトタケルの奥さんのお姉さんの神社で、なかなか立派です。

f:id:shpolsky:20130113150940j:image

大高駅の東に行くと大高緑地すぐのあたりに丸根砦跡。大高から徒歩30分程度で、桶狭間合戦前夜の緊張感が伝わってきそうです。

丸根砦から線路沿いを北上して大高駅少し北に鷲津砦。小山頂上まで住宅地化していました。

2013-01-12 嵐山線周辺

[]嵐山線周辺

京都嵐山線周辺を回りました。新幹線京都駅に行き、JR太秦駅へ。京福電鉄帷子ノ辻駅に乗り換えて、500円の一日乗車券を購入。まずは蚕ノ社駅へ。

f:id:shpolsky:20130112083549j:image

蚕ノ社の三方鳥居。この写真だと見づらいですが、三方向を向いた珍しい形です。

f:id:shpolsky:20130112084317j:image

蚕ノ社から本日のメイン広隆寺へ徒歩で向かいました。

広隆寺三門前を通過する嵐電

f:id:shpolsky:20130112085416j:image

広隆寺ではお目当ての半跏思惟弥勒菩薩像を見ました。シンプルの美の極致と感じます。不空羂索観音弥勒菩薩に負けず劣らず良いと感じました。

太秦広隆寺から帷子ノ辻に戻り、北野線に乗り換えて妙心寺へ。

妙心寺では大庫裏、経蔵、東海庵が特別公開です。

まずは普通に拝観できる法堂の龍の絵と明智光秀風呂を見た後、特別公開の東海庵の庭を見ました。庭は非常に禅風味な小さめのシンプルなのですが、やたら人が多くて、ちょっと残念な感じ。特別公開は人が押し寄せるから逆に良くないのかなあ。大庫裏、経蔵も人大杉でげんなり。

普通に公開している退蔵院は人が全然いなくて、庭も広々としてて非常に良かったです。

f:id:shpolsky:20130112110754j:image

桂春院も人がいなくて、苔のむしぐあいが良かった。

妙心寺から徒歩で仁和寺へ。金堂と五重塔が特別公開。

仁和寺皇室ゆかりとあって、空間スケール間と建物の宮的な感じがとても素敵。

御所寝殿を移築した金堂。中も拝観したところ、独特な雰囲気ハイソな感じ。

f:id:shpolsky:20130112124408j:image

仁和寺の庭の白砂。空間スケール間がすごい。

f:id:shpolsky:20130112130915j:image

庭園五重塔

f:id:shpolsky:20130112131147j:image

仁和寺東の駐車場の脇にある蓮華寺の五体の仏像

f:id:shpolsky:20130112132848j:image

御室仁和寺から北野白梅町駅へ。

北野天満宮に初めて行きました。時期だけに結構な混み具合。

f:id:shpolsky:20130112140436j:image

北野天満宮の南に大将軍神社。周辺の商店街妖怪まちおこししているみたい。

f:id:shpolsky:20130112143833j:image

北野白梅町から帷子ノ辻まで戻り、車折神社へ。

芸能人御用達みたいでやたら有名人名前がある。着物姿の女の子が多い。

f:id:shpolsky:20130112151821j:image

車折神社の隣の駅の鹿王院。もう拝観時間終了寸前で拝観者は私だけでした。苔むしてとても落ち着いた雰囲気

参道

f:id:shpolsky:20130112153523j:image

苔の庭。

f:id:shpolsky:20130112154709j:image

f:id:shpolsky:20130112155305j:image

嵐山へ行き、天龍寺前まで行ったもののタイムオーバー

竹の小道を行き、野宮神社へ。縁結びの神様カップルばっかしです。鳥居が珍しい形。

f:id:shpolsky:20130112162739j:image

竹の小道もかなりの人口密度でほどほどに切り上げて嵐山駅に戻りました。四条大宮まで乗って嵐電完乗達成!

もう夜になって真っ暗でしたが、壬生寺の位置を確認しつつ、JR丹波口から乗車し、新幹線帰宅しました。

2013-01-06 西青山

[]西青山

新幹線帰省ラッシュだし、北の山のほうは雪なので、近鉄田舎に行ってみました。

近鉄でよくわからんキャラうーまちゃんのラッピング電車誰得

f:id:shpolsky:20130106074622j:image

近鉄伊勢中川で乗り換えて西へ。東青山で数分待ち合わせがあったので降りて写真を取りました。

東青山駅駅前公園で清々しい感じです。

f:id:shpolsky:20130106100205j:image

西青山で下車。他に降りた人は無く、駅員もいない。駅には誰もいない・・・

霜がはって寒い

f:id:shpolsky:20130106101620j:image

ホームの下は柵が張ってあって広いデッドスペース

f:id:shpolsky:20130106101803j:image

駅前には公衆電話しかない。自販機もない。

f:id:shpolsky:20130106102446j:image

外の青山高原行きの朽ちかけた階段

f:id:shpolsky:20130106102414j:image

階段の上の遊歩道は、旧線路跡という話もある。

f:id:shpolsky:20130106102531j:image

40分ほどで伊勢中川行きが来たので戻る。

車内にはまだ板東英二広告があった。

f:id:shpolsky:20130106105710j:image

榊原温泉口で下車。駅のホームからカオス空間が見える。

f:id:shpolsky:20130106105932j:image


スポットルーブル彫刻美術館および大観音寺である

f:id:shpolsky:20130106110758j:image

二館セットで1800円で見ることができる。

ルーブル彫刻美術館古代エジプトローマギリシャ、ハムラビナポレオン自由の女神仏像等々やたらカオスである

観音寺も何が何やらわからない空間である

f:id:shpolsky:20130106114300j:image

f:id:shpolsky:20130106114327j:image

500円分のお賽銭の用意とか初めて見た。

f:id:shpolsky:20130106114408j:image

天狗も金。

f:id:shpolsky:20130106115035j:image

金の大観音像。

f:id:shpolsky:20130106115224j:image

げんなりして駅に戻る。

帰りは津城と九華公園桑名城跡)に寄ってみた。

津城はお堀と石垣の中には建物は無いけど庭園風。

f:id:shpolsky:20130106131510j:image

九華公園水路が広いけど、あんまり城の面影は無いかな。

f:id:shpolsky:20130106145105j:image

2013-01-05 笠寺

[]笠寺

ドニチエコきっぷを使って愛知県図書館に行った後、思い立って笠寺観音に行くことに。

地下鉄笠寺に行くには、桜通線桜本町に行くのが一番近いのですが、2km弱くらいあって結構遠かった。

笠寺観音は寺のくせに神社のような雰囲気正月より節分のほうが混んでるそうです。

帰りは名鉄本笠寺から呼続まで乗り、妙音通から地下鉄に乗って帰りました。このあたりの名鉄の駅は結構雰囲気があって面白いです。

2013-01-03 桃巌寺

午前中に去年のリベンジ本山の桃巌寺に行きました。

元旦から5日まで特別拝観です。去年は忘れてて特別拝観時に行けなかった。

門の二階の鐘をつくことができるのでついて、本堂で1000円払って特別拝観の眠り弁天見ました。眠り弁天撮影不可。

奥は陽物でいっぱい。

f:id:shpolsky:20130103095944j:image

屋上の祠には蛇様。

f:id:shpolsky:20130103100516j:image

本堂でしるこを頂いた後、大仏を見て帰還。象もおめかし

f:id:shpolsky:20130103101642j:image

2013-01-02 初詣?

[]初詣

名鉄新春フリーきっぷを使って友人と豊川稲荷へ。

なかなか混んでて、本殿の前でちょっとづつ進む状態。人ごみの仲、近くでひたすらでかい声でしゃべってるおばさんがいて、頭が痛くなりました・・・

豊川稲荷屋台のお面。今はミクさんとかプリキュアとかなめこかいるんですね。

f:id:shpolsky:20130102110924j:image

本殿参拝後、奥の霊狐塚へ。

f:id:shpolsky:20130102113953j:image

キツネが大量にいてなかなか壮観。

f:id:shpolsky:20130102115654j:image

岩に挟まってるコインをほじりってます

f:id:shpolsky:20130102115358j:image

豊川稲荷の次は神宮前に行って、熱田神宮で人ごみ地下鉄上前津に行って大須の人ごみと、人ごみ三昧でした。

労多くして益少なしだなあ。

友人から東京都神社庁のチラシ貰ったのが最大の収穫か。

http://blog-imgs-55-origin.fc2.com/n/i/n/ninjyaoh/121205ktaimasubig.jpg

2013-01-01 2013年はじめ

あけおめです。

年越しは紅白を見てから近所のお寺。特筆することはなくマターリ

テレビは見る番組がないので、録画して積んでた空から日本を見てみようを大量消費。

[]「古寺巡礼和辻哲郎

青空文庫にあるのをkindle paperwhiteに入れて読みました。

和辻先生大正8年30歳の時に京都奈良を回った感想記です。今と違って、駅から人力車で行って、寺の奥さんに庫裏で食事を出してもらったとか牧歌的雰囲気。今みたいに整備されて観光客いっぱいな雰囲気とはだいぶ違いますね。

広隆寺弥勒菩薩とか聖林寺十一面観音とか見に行きたくなりました。