shpolskyの適当日記

2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |

2013-05-31 「彷徨える艦隊 8 無敵戦艦インビンシブル」ジャック・キャンベル著

[]「彷徨える艦隊 8 無敵戦艦インビンシブル」ジャック・キャンベル

7巻までは紙の本を買っていましたが、8巻から電子本。

人類同士の戦いから今度は異星人との戦い編に突入

最初は散漫な展開にならないか心配でしたが、異星人の個性がなかなか面白くて飽きさせません。

敵がどんなでもだいたい展開は、ピンチになる、ギアリー悩む、デシャーニとリオーネいじめられつつなんとか打開というパターンはあんまし変わりません。それでも裏の陰謀とか単純には行かないのが面白いところ。むしろ敵より味方の相手のほうがめんどい

牛さんとクモさんは次回あたりまた関係が二転三転する予感。

2013-05-30 「太陽を曳く馬」上下 高村薫著

[]「太陽を曳く馬」上下 高村薫

あらすじだけ見ると殺人事件と自殺の可能性のある事故を中心にしたサスペンスなんだけど、実際は小説の皮をかぶった宗教談義なわけで、ドストエフスキーカラマーゾフの兄弟的な感じです。

高村薫三部作の三番目とは知らなかった・・・宮崎哲弥仏教教理問答に出てきたので、仏教教理問答を参考書にして読みました。

私は仏教は大きく二つに分けて、教学的な流れと密教的な流れがあるとイメージしてたんですが、この本の中の坊主たちの対話で、<日本的(アニミズム?)>、<近大精神>、<ブッダ(超現実主義)>、<インド世界>というカテゴライズが出てきたのが衝撃的でした。日本曼荼羅宇宙観とインドブラフマン共通点があるように見えて実はかなり思考形態が違うと。

諸行無常と言っても日本的な文脈とインド的文脈ではだいぶ違いがありますわね。

私が今まで感じてた仏教バクっとしたイメージが多少はカテゴライズされて、ちょっと輪郭がついてきた感じですが、だったら完全に見えたかというと逆にわからんことが多くなったような・・・

2013-05-26 「よくわかる!自衛隊」シリーズDVD三作ゲット。

「よくわかる!自衛隊シリーズDVD三作ゲット。

不肖秋山ゆかりコメンタリー付きの陸上自衛隊10式戦車がかっこよくて一番良かった。

航空はスクランブル対応中心で、戦闘機が古くてイマイチかな。

海上はヘリ空母ひゅうがの紹介が良かった。格納庫にヘリ10機載るとかゴイス!あとはイージス艦凄さもっとアピールすると良かったな。現代はどの艦も対空対艦対潜ミサイルつけて装備は代わり映えしないから・・・

[]おおかみこどもの雨と雪

細田守監督アニメ映画面白いことは面白かったけど、ストーリーは色々突っ込みたい気分になる。

子供が狼人間より、母親完璧超人すぎるほうがファンタジーだろ・・・とか、テーマ拡散しすぎてもうちょっと絞ったほうが良かったとか。

娘の回想という形だから、娘が知らない母親の苦労が裏にあったんだという考察があってわりと納得。

娘が中学校の時点で母親は30代前半なわけだから、まだまだ全然若いね。大学入り直すとかまだまだ可能性あるね。経済的なことはこの映画では気にしてはいけない(^_^;)

2013-05-24 『「カルト宗教」取材したらこうだった』藤倉善郎著

[]『「カルト宗教」取材したらこうだった』藤倉善郎

筆者が大学在学中から始めたカルト宗教への取材について書いた新書

ライフスペースラエリアン親鸞会幸福の科学等と渡り合ったという内容で、裁判で戦ったという部分が多いのですが、私はカルトの活動内容が面白かったです。ラエリアンフリーセックスは知らなかったなあ。

太陽を曳く馬」を読んでて、作中オウム真理教の教義について議論してるのと比べると、この本の中のカルトは即物的な感。

2013-05-18 阪急京都線、大阪モノレール

[]阪急京都線大阪モノレール

北急モノレール 京都おでかけきっぷを購入して阪急京都線大阪モノレールに乗りに行きました。

http://rail.hankyu.co.jp/otoku/detail/21/

新幹線京都駅に行き、地下鉄四条駅へ。四条駅すぐ横の阪急烏丸駅で上記おでかけ切符を買おうとしたらここでは売ってないとのことで、地下道を歩いて隣の阪急河原町駅へ行って購入。烏丸から河原町まで地下通路(非地下街)で歩いていけることを確認するも、ちょっと距離があるので阪急乗るほうが良さげ。

河原町から阪急に乗ってまずは長岡天神へ。東口から歩くと途中でJR長岡京駅の旧名神足駅の看板発見

f:id:shpolsky:20130518090827j:image

JR踏切をわたって勝竜寺城。細川家の城。堀の内側は公園でした。

f:id:shpolsky:20130518091424j:image

長岡天神駅の西側に長岡天満宮。花の季節に行くのが良さげ。

f:id:shpolsky:20130518094326j:image

長岡天神駅から特急で一気に南下して淡路で下車。今回お目当ての淀川橋梁へ。

貨物線線路と人道が併設された珍しい形状。秋には人道閉鎖だそうな。

f:id:shpolsky:20130518104052j:image

f:id:shpolsky:20130518105133j:image

淡路から阪急千里線山田に行き、大阪モノレール万博記念公園へ。

万博記念公園駅の構内広すぎ!万博当時の混雑ぶりは夢の跡。

f:id:shpolsky:20130518114357j:image

から太陽の塔を見る。

f:id:shpolsky:20130518114528j:image

太陽の塔の後ろ。

f:id:shpolsky:20130518115939j:image

国立民族学博物館レストランで昼食。特別展マダガスカル展やっててマダガスカルカレーを食す。トマトと豆のカレートマト風味。

f:id:shpolsky:20130518122146j:image

国立民族学博物館の展示物は世界中民族の資料でかなりおもしろ。個人的にはチベット仏像の充実ぶりに感激。

万博記念公園駅から南茨木阪急に乗り換え。水無瀬で降りて水無瀬神宮へ。後鳥羽天皇神宮で名水で有名。水のところはポリタンク持ったひとがひっきりなしに並んでてびっくし。

f:id:shpolsky:20130518142626j:image

サントリー山崎蒸留所のウィスキー館。当日の工場見学は満員で受付終了だった/(^o^)\。

試飲コーナーでちょっと試飲しておみやげの山崎買って帰りました・・・

f:id:shpolsky:20130518144932j:image

JR山崎駅の横から天王山登り口。

f:id:shpolsky:20130518152334j:image

天王山中腹宝積寺時間が遅くて仏像の拝観はできず。ちょっと酔ってたので天王山登山は諦めて下山

f:id:shpolsky:20130518152754j:image

天王山中腹から淀川の向こうに見えるのが石清水八幡宮のある男山天王山男山の間の狭隘部は京都大阪間での戦略要衝で古来から何度も重要な戦いの舞台に。

f:id:shpolsky:20130518154152j:image

山崎駅前の離宮八幡宮によってから阪急大山崎駅から烏丸に帰還。京都文化博物館のインカ展が6時までやっててまだ時間あったので、烏丸からちょっと歩いて見て来ました。4体のミイラが衝撃的。

f:id:shpolsky:20130518162150j:image

インカ展見てから新幹線で帰還しました。

2013-05-17 「現代人のための瞑想法」アルボムッレ・スマナサーラ著

[]「ひとりで生きるということ」アルボムッレ・スマナサーラ

スマナサーラ師のエゴについての教え。犀角経の解説が参考になる。

[]「現代人のための瞑想法」アルボムッレ・スマナサーラ

テーラワーダ仏教瞑想法の紹介。止観の止にあたる心を沈める瞑想法は世の中によくあるけど、観にあたる自らを観察するヴィパッサナー瞑想法はあまり聞いたことがないので、この本は非常に参考になった。

スマナサーラ師の言うことにはヴィパッサナー瞑想法を極めないと悟りの境地に達しないらしい。

自分が思いついたこととして、龍樹中論などの教典は文章を読むだけでは意味がなくて、瞑想による空の実感も必要なのではないかという点があり。龍樹大乗だからちょっと違うかもだけど。本を読むだけじゃダメなんだなあ。

2013-05-13 kindleセール本

[]「日本国家破産に備える資産防衛マニュアル橘玲

アベノニクスがどう転んでもいいように資産防衛の仕方を解説した内容。

最後の『日本人はあまりにも「合理性」を軽視しています。ネットでもマスコミでも、日本じゅうのあちこちに「合理的なもの不愉快だ」と叫ぶひとがあふれています。もちろん合理性幸福人生約束しませんが、市場では合理的な行動からしか富がもたらされないことも確かです。』という一節に感心。これは本当に同感ですよ。

自分は以前から海外インデックス投信ドルコストなので、スタイル継続中。

[]「暴力団溝口敦

最近暴力団の実態について書かれた新書

暴力団に関する基礎的な内容で、組織形態や活動内容、今後の展望など解説している。

近年の警察の取締で暴力団は衰退しつつあり、暴対法範囲外の半グレ集団が台頭しつつあるそうな。

自分殆ど知識がないので入門書として勉強になった。

2013-05-12 太平洋奇跡の作戦 キスカ

[]太平洋奇跡の作戦 キスカ

太平洋戦争奇跡的に成功したキスカ島撤退作戦のお話米軍の姿がほぼ見えないし、女性が一人も出てこないのはかなり異色。

三船敏郎艦隊司令官がやたら慎重で、濃霧が薄かったから島を目前に帰ったり、二回目も慎重に慎重に行こうとするから視聴者としてはかなりハラハラ。日本軍雰囲気で、こんなに慎重に作戦を遂行するのはすごい精神力と感心。軍令部参謀西村晃いかにもイジワルそうでワラタ。

[]「人間はこんなものを食べてきた」小泉武夫

人間の食の歴史に対する著者のエッセイ集。食材の保存方法とか、発酵方法調味料、酒等々食に関する面白いネタをたくさん仕入れることができました。

[]「黒田如水吉川英治

平将門上杉謙信黒田如水の半生記。一番面白かったのは黒田如水で、姫路城主から秀吉の客将になり、謀反を起こした荒木村重を説得しに行って幽閉され、一年後に解放されるまでのお話でした。秀吉が最も苦労して、かつ最も成長した時期はこの中国戦線だったろうなと感じ入る次第。この後秀吉が天下を取って、官兵衛が中央から距離を置かれてからの話も面白いと思うので、吉川先生にはもっと書いて欲しかった。と思ったら来年大河ドラマ黒田官兵衛で驚いた。裏の関ヶ原、官兵衛の九州制覇行もやって欲しいなあ。

2013-05-10 「チベット旅行記」河口慧海著

[]「チベット旅行記」河口慧海

日本人で初めてチベット旅行した坊さんの話。漢訳された仏典に疑問を持ち、原典に近い仏典を探すというのが動機。

チベット鎖国していて外国人が潜入するのは困難で、関所のない山越えとか中国人のふりとか危ない橋渡りまくりです。

前半がインドからネパールを経由してチベットに潜入、ラサに到着するまでのお話で、山越えやら山賊やら波瀾万丈この上ないです。

ラサ到着後はチベット仏教学習のため現地滞在の話になり、チベット風俗について色々書かれています

後半は日本人であることが発覚しそうになり、インドに出国するお話。なんだかんだで関所を高速で通過してしまうのは衝撃の展開。

河口師はこの本の中でチベット仏教堕落ぶりに触れてますが、日本仏教にも疑問を持たれていたようで、晩年在家仏教を唱えて日本仏教から離脱してしまいます自分もこのあたりの話は気になるので、河口師の著作「在家仏教」を読んでみるつもり。河口師の生き方は憧れるなあ。

2013-05-09 「ザ・グレート・ゲーム―内陸アジアをめぐる英露のスパイ合戦」ピー

[]「ザ・グレート・ゲーム―内陸アジアをめぐる英露のスパイ合戦ピーター ホップカーク著

19世紀ごろの中央アジアをめぐるイギリスロシアの勢力圏争いについて書かれた内容。

中央アジアを勢力圏に収めつつインドを目指すロシアと、インド植民地としたイギリスが、主にアフガニスタンをめぐって勢力圏争いを繰り広げます

イギリスアフガニスタン保護国にしようとして侵攻するも、現地人の反抗にあって全滅状態になるという顛末は、その後くり返されるアフガニスタンへの大国の侵略と悲惨な状況を彷彿とさせます

グレートゲームは最終的に極東舞台を移し、中国大陸制覇を目指すロシアイギリスの代理人たる日本による日露戦争が勃発し、日本の勝利でロシアが没落することで、ゲームセットになります

英露によるグレートゲームは集結しましたが、アフガニスタンを中心とした中央アジアをめぐるグレートゲームは依然進行中であり、ゲーム行方は予断を許しません。

2013-05-05 小谷城

[]小谷城

青空フリーパス米原まで行き、琵琶湖線で北近江方面へ。まずは河毛に行き、コミュニティバス小谷城へ。

小谷城のふもとから途中までバスが出ているのですが、途中の出丸などを見たかったのでバスに乗らずに登山口から登りました。

出丸跡。

f:id:shpolsky:20130505095242j:image

金吾丸付近。謎看板

f:id:shpolsky:20130505100514j:image

茶屋から信長本陣の虎御前山。すぐ近くであそこに信長がいると圧迫感やばかったでしょうね。

f:id:shpolsky:20130505102051j:image

琵琶湖にうっすらと竹生島が見える?

f:id:shpolsky:20130505103126j:image

本丸跡奥の大堀切。

f:id:shpolsky:20130505104306j:image

京極丸で秀吉が攻めてきた水手道を探すも見つからず。

山王丸の大石垣。北側に残る。

f:id:shpolsky:20130505111354j:image

六坊を抜けて月所丸へ。ここは越前方面へ抜ける道らしい。堀切が残る。

f:id:shpolsky:20130505115338j:image

清水から武家屋敷跡を抜けて下山

小谷城歴史館を見てからバス時間が合わず、歩いて河毛駅に戻りました。途中で虎御前山の登り口を発見し、後ろ髪を引かれるもスルー

f:id:shpolsky:20130505125710j:image

次に高月駅に降りて、渡岸寺観音堂で国宝十一面観音を拝観。宝物館に設置され、後ろからも見ることができます。ここは浄土真宗なのに大日如来とかもあるおもしろいところ。天台→真言→真宗と移り変わったのか。

f:id:shpolsky:20130505133454j:image

木ノ本で木之本地蔵院へ。ここはでかい地蔵戒壇巡りがあっておもしろい。

f:id:shpolsky:20130505144233j:image

地蔵院のすぐ近くにサラダパンで有名なつるやパン。サラダパンゲット。

f:id:shpolsky:20130505144623j:image

長浜長浜城。外装はがんばっているけど、内装なんちゃって城っぽいのが残念。GWですごい人なので早々に退散。

f:id:shpolsky:20130505153826j:image

長浜鉄道スクエア

f:id:shpolsky:20130505155849j:image

長浜海洋堂フィギュアミュージアム黒壁

f:id:shpolsky:20130505161910j:image

ミクさん

f:id:shpolsky:20130505163001j:image

長浜名物のっぺいうどん。あんかけうどんなんだけど、あんをかけているというより汁が全部あんでゼリーをかき分けてうどんを食べているような感じ。なかなか美味。

f:id:shpolsky:20130505164228j:image

海洋堂でゲットしたフィギュアドラゴン長浜限定らしい。

f:id:shpolsky:20130506115546j:image

2013-05-04 苗木城、桃介橋

[]苗木城、桃介橋

青空フリーパス中央本線に乗って中津川へ。中津川からバスに乗って苗木城。地図で見ると駅から近そうに見えるけど実際は結構距離がある。

苗木城大門

f:id:shpolsky:20130504115816j:image

岩山を登っていくのですが、整備されていて登りやすいです。

f:id:shpolsky:20130504120057j:image

天守後。岩山にむりくり建ててる感が素晴らしい.

f:id:shpolsky:20130504120315j:image

天守から木曽川がいい眺め。

f:id:shpolsky:20130504120615j:image

中津川駅に戻って南木曽へ。

近代遺産桃介橋。

f:id:shpolsky:20130504144540j:image

途中で中洲に降りられます

f:id:shpolsky:20130504144230j:image

昔は階段に手すりがなかったそうな。

f:id:shpolsky:20130504144303j:image

近くの読書ダムは近所の三ヶ所地名の頭文字のよ、み、かきを組み合わせて作った名前だそうな。

福沢桃介記念館。落石の多い地形で、床下の柱に無理やり感があり。

f:id:shpolsky:20130504153923j:image

福沢桃介福沢諭吉の婿のくせに貞奴を妾にするとか感心します福沢桃介松永安左エ門あたりは日本の電力を語る上で外すことはできません。戦前の電力会社競争、戦中の日発、戦後の分割とこの辺の経緯を踏まえた上で発送分離等の議論を行うべきでしょう。

2013-05-02 GW中日の東京

[]GW中日東京

伊香保から新宿に戻ってきてそのまま一泊。

午前中に六本木アーツセンターミュシャ展。珍しく出展カタログを購入。カタログめくるだけでふつくしい・・・

後半生のスラブ民族系の出品をもうちょっと充実させて欲しかったかなと思ったり。

お昼は知人とランチ

午後は上野東京国立博物館国宝 大神社展。熊野速玉大社宗像大社の出品の数が多かったな。宗像大社のは以前現地で見た物が多かったのでするっと流したけど、熊野のは現地行っても見せてくれなさそうなので気合入れて鑑賞。七支刀とか平家納経、沃懸地螺鈿金銅装神輿を見ることができて感激!

国立博物館の他の館、本館や法隆寺宝物館、アジア館などもゆっくり見てたら時間切れになったので新幹線帰宅

2013-05-01 伊香保二日目

[]伊香保二日目

二日目は旅館に入場無料券があったので伊香保グリーン牧場へ。

f:id:shpolsky:20130501094833j:image

f:id:shpolsky:20130501100615j:image

乳牛

f:id:shpolsky:20130501102716j:image

シープドッグショー

f:id:shpolsky:20130501103902j:image

牧場で昼食後、特に他に行きたいところもなかったので、高速バス新宿に帰還。

昼過ぎにバスに乗って、二時間半かかるので到着は夕方。

新宿ビジネスホテルチェックインして、夜はションベン横丁で友人と飲み会