shpolskyの適当日記

2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |

2014-01-25 「Dell Venue 11 Pro Atom」

[]「Dell Venue 11 Pro Atom

今使用しているノートPCが不調(電源が常に0%、夏場にゲームをやるとすぐハングアップ)なので、新規PCを物色中、ウィンタブでも見てみるかと思ってDellタブレットを注文してみました。

以前買ったノートPCの記事。

http://d.hatena.ne.jp/shpolsky/20120305

ウィンタブはDellキャンペーンで3000円引きでAtomのを購入。

http://kakaku.com/item/K0000597539/

注文から到着まで2週間程度かかりました。

到着までに小さいキーボードや32GBのmicroSDを確保。

キーボード英語配列になって困ったのですが、このページの方法2でレジストリいじったら日本語配列になりました。

http://support.microsoft.com/kb/416037/ja

PCの性能はなかなかサクサクで、特に不満はありません。steamを入れてPortal2をインストールしたら中々快適です。タッチパネルFPSは無謀なのでマウス必須ですが・・・

ただディスク容量が64GBなので、ネックは容量食うゲームインストールするのがきついです。XCOMはきつい。

CIV4もBTSまでインストールできました。これもタッチパネルは無謀です。


このタブレットを数日使ってみて感じたのは、10.8インチという大きさはモバイルにはきついですね。寝転がってネット見たり、テレビ見ながら2chの実況みたりにはnexus7のお手軽さが非常に良いです。

Windows8アプリもそれなりにあるのですが、androidアプリに比べると質量共に足りてない感じはあります。これまでのWindowsアプリはほぼ動くので莫大なソフト資産はあるわけですが、タブレットととして使うには不便ですね。

持ち運びを考慮するより、マウスキーボードをつなげて、ノート的な使い方が良いのかなあ。

2014-01-16 楢山節考

[]楢山節考

主演が緒形拳坂本スミ子のやつ。小説は未読。

ババアを山に捨てるという話だけは知っていたので、悲喜劇半ばなセックスシーンとか歯を折るシーンとか泥棒家族を埋めるシーンとかなかなか衝撃的。

この山ならばあさん何日か生きちゃうんじゃねえのと思ってたら、雪が降ってきて逆に安心した。

[]「B29撃墜記」樫出勇著

本土防空戦で二式複座戦闘機屠龍を駆って、B29を26機撃墜した樫出勇大尉の体験記。

高高度におけるB29との激戦はなかなかの緊迫感。

一度の体当たりによる巻き込み攻撃でB29を2機同時撃墜の野辺軍曹の話もすごいなあ。

B29は舐めプかと思ってたら結構反撃食らっていたのですねえ。

2014-01-13 神戸

[]神戸

三宮で一泊し、朝は生田神社から成人式なので振袖姿の女性がちらほら。

f:id:shpolsky:20140113085343j:image

神戸市立博物館ターナー展を見ました。東京開催の次は神戸開催。

http://www.turner2013-14.jp/

ターナー表現力には実に感動しました。細部の隅々まで神性を感じます晩年境界曖昧になっていく境地には変な笑いが出てしまいます

南京町肉まんを立ち食い。

f:id:shpolsky:20140113103916j:image

f:id:shpolsky:20140113104719j:image

阪神近鉄初詣1dayチケットを使用。

元町から高速神戸へ行き、湊川神社へ。

神社入口脇に楠公墓。

f:id:shpolsky:20140113110838j:image

湊川神社は割と新しい感じ。

f:id:shpolsky:20140113111130j:image

神社の奥に楠公戦没地。

f:id:shpolsky:20140113111345j:image

初詣チケットの特典としてミニ凧をゲット。

f:id:shpolsky:20140113111635j:image

宝物殿には楠公の鎧とか横山大観の絵とかなかなか面白いもの多し。

高速長田駅に行き、長田神社へ。

f:id:shpolsky:20140113120022j:image

湊川公園駅へ行き、湊川公園楠公騎馬像。周りは日雇いっぽいおっさんが多い。騎馬像の前で立ちションしてるおっさんには参った。

f:id:shpolsky:20140113123301j:image

元町南京町に戻り、遅めの昼食。担々麺定食

f:id:shpolsky:20140113131449j:image

西宮へ行き、西宮神社十日戎で有名なとこで、この門から福男たちが走りだすのですな。

f:id:shpolsky:20140113140201j:image

甲子園へ行き、甲子園球場脇の素盞嗚神社通称甲子園神社

星野仙一の夢。

f:id:shpolsky:20140113143347j:image

掛布野球塚とホームベース置き石

f:id:shpolsky:20140113143721j:image

甲子園から難波経由で近鉄奈良方面へ。河内一宮枚岡神社へ。

f:id:shpolsky:20140113155111j:image

初詣チケットの特典としておみくじを引いたら凶でした(^_^;)

修行ができるお滝場がありました。

f:id:shpolsky:20140113155914j:image

帰りの瓢箪山駅で小楠公こと楠木正行の墓を発見

f:id:shpolsky:20140113160838j:image

ここまでにして近鉄特急で帰りました。

2014-01-12 大阪-池田-宝塚

[]大阪-池田-宝塚

近鉄特急を使って難波に行き、まずは地下鉄本町坐摩神社

住吉に対向する摂津一宮です。

f:id:shpolsky:20140112094016j:image

地下鉄を使って大阪港へ。天保山に登頂しました。天保山山頂4.53m。

f:id:shpolsky:20140112102037j:image

天保山渡船場で渡し船に乗って対岸の桜島へ。

f:id:shpolsky:20140112101928j:image

桜島から天保山を望む。

f:id:shpolsky:20140112103822j:image

JR桜島駅から西九条大阪と経由して伊丹へ。伊丹駅前有岡城結構しょぼい。黒田官兵衛ゆかりでもあることだしもっとがんがって!

f:id:shpolsky:20140112114358j:image

伊丹から川西池田へ。駅前清和源氏の祖、源満仲像が立ってました。

f:id:shpolsky:20140112121534j:image

川西池田から連絡橋を通って阪急川西能勢口駅へ。阪急に乗って池田へ。池田城址公園に行きました。

公園に、好きだった連続ドラマてるてる家族原作てるてる坊主の照子さんモニュメント

f:id:shpolsky:20140112132155j:image

池田城址公園日本庭園風の公園と模擬天守空堀が整備されていました。模擬天守

f:id:shpolsky:20140112132813j:image

イノシシ出没注意の看板

f:id:shpolsky:20140112133555j:image

池田駅西川インスタントラーメン発明記念館安藤百福翁像がお出迎え。

f:id:shpolsky:20140112135315j:image

ひよこタワー。マイカップヌードルファクトリーは人気スポット子供連れが列をなしていました。

f:id:shpolsky:20140112135447j:image

阪急に乗って宝塚へ。手塚治虫記念館に行きました。入口に火の鳥像。

f:id:shpolsky:20140112144631j:image

中は人気キャラの像とか過去アニメ見放題とか通うと良さげです。

宝塚南口駅から仁川駅へ。阪神競馬場によりました。開催日ではないので馬券販売のみ。

f:id:shpolsky:20140112151942j:image

西宮北口駅からバスに乗って広田神社へ。中々立派。かわいい巫女さんが掃除していて好印象。

f:id:shpolsky:20140112163633j:image

三宮まで移動して一泊。

2014-01-07 「コンテナ物語」マルク・レビンソン著

[]「コンテナ物語」マルク・レビンソン著

物流を一変させたコンテナ歴史

コンテナが普及したのは1960年台で、それより以前は港湾労働者がえっちらおっちら積み荷を動かしてた。

自体はすごい技術を使っているわけではないが、システムが普及し始めると、世界破壊的な革新を及ぼしていくことに。コンテナ最適化していない港はどんどん廃れて、新しくコンテナ用に作られた港が巨大化していく。コンテナ船もどんどん巨大化し、パナマ運河サイズを超える船まで出来る始末。

物流コスト破壊的に削減し、世界的分業が現実のものとなった。

[]「私は何も信じない」クリシュナムルティ対談集

政治家とか宗教者とかいろいろな人との対談集。

愛情を得たいというのは内なる空虚を満たそうとしていること。空っぽの漏りやすいバケツを満たそうとしているようなもので本当に観察するとこれをし続ける必要がないことがわかる。

クリシュナムルティ言葉を見ていて感じたことですが、これまでに聞いたことのあるような内容に感銘を受けやすいということを感じます。聞いたことのないわかりにくいことはスルーしがち。結局自分記憶によって作られた過去の円内で動いているだけなのだろうか?

2014-01-04 瀧原宮

[]瀧原宮

青空フリーパスを使用。快速みえで多気まで行き、紀伊方面に乗り換え。

青空フリーパスでいける最南の駅紀伊長島へ。

乗り換え時間込みで鈍行で三時間半とか・・・

から西に橋を超えて、長楽寺の裏山を登って行くと紀伊長島城。

シダの中を登る。30分位。

f:id:shpolsky:20140104113516j:image

頂上に長島城跡の石碑。

f:id:shpolsky:20140104113837j:image

頂上周辺はそれなりに城跡。

f:id:shpolsky:20140104115300j:image

皇太子殿下が来た!?

f:id:shpolsky:20140104120026j:image

城跡から見た紀伊長島の港。

f:id:shpolsky:20140104120116j:image

紀伊長島から滝原まで戻り、伊勢神宮内宮の別宮である瀧原宮へ。

f:id:shpolsky:20140104140707j:image

手水は川。

f:id:shpolsky:20140104141129j:image

お社。

f:id:shpolsky:20140104141339j:image

鉄道の本数が少ないので、三重交通バスを使って津に戻る。時間があったので、津にある建武中興十五社の一つ結城神社へ。

f:id:shpolsky:20140104163650j:image

手水は菊と右三つ巴。

f:id:shpolsky:20140104163701j:image

祭神結城宗広公の墓。

f:id:shpolsky:20140104164107j:image

ここで新年最初おみくじをひき中吉でした。

2014-01-01 新年

年末年始は暇なのでガンプラを買ってきて作成していました。

作成中は無心になるので禅の境地。

[]劇場版花咲くいろは

1時間ちょいと短いものの、内容は濃くて短さは感じませんでした。

なこちの涙にほろりときて、なこち親にヘイトが向かったり。

おはな父のイケメンぶりにマジギレ!ロリコンタイーホするべし!

[]「子供たちとの対話クリシュナムルティ

クリシュナムルティインドの子供たちとの対話集。子供相手でもいつもと変わらない問答内容にKの本気が伺えます。

私は17.生の河の内容が印象に残りました。我々は伝統宗教自分の周りに壁を築き、安心を得ようとする。しかし河の流れのような生は常にその壁に浸透し、倒そうとする。安心や永続性を求める心は腐敗や闇に繋がる。