shpolskyの適当日記

2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |

2014-04-19 河内二日目

[]河内二日目

河内二日目。秘仏は18日公開で終了、天気が微妙なので金剛山は諦め、河内あたりを適当に回ることに。

古市駅からまずは安閑天皇陵。高屋本丸になっていたらしいが、城の痕跡はわからない。

f:id:shpolsky:20140419090939j:image

大和武尊白鳥陵。ヤマトタケル関係の陵墓はいくつあるんでしょう?

f:id:shpolsky:20140419093032j:image

応神天皇陵にある誉田八幡宮元祖八幡宮といえなくもない。

f:id:shpolsky:20140419094841j:image

応神天皇陵はこの橋の向こう。

f:id:shpolsky:20140419095257j:image

宝物殿に国宝が数点あると楽しみにしていたのですが、なぜか昼過ぎに開館とのこと。今回は諦める。

富田林に行き、パーフェクトリバティー教団へ。PL本部。

f:id:shpolsky:20140419111041j:image

魔城ガッデムこと大平和祈念塔遠景。

f:id:shpolsky:20140419111804j:image

大平和祈念塔を真下から

f:id:shpolsky:20140419112413j:image

大平和祈念塔低層神殿。ここまでは拝観可能。結婚式場みたい。

f:id:shpolsky:20140419113122j:image

近鉄を乗り継いで西信貴ケーブルから信貴山へ。寅のケーブルカー

f:id:shpolsky:20140419134555j:image

信貴山世界一の福寅。

f:id:shpolsky:20140419142530j:image

信貴山本堂の戒壇巡りをして、さらに奥の院へどんどん登ると山頂に信貴山城跡が。

f:id:shpolsky:20140419145537j:image

軽トラが見えるように、本堂から逆方向から車で登れるっぽい。

降りて行くと、寅の体内めぐり前で黒猫の妨害にあう。

f:id:shpolsky:20140419151649j:image

信貴山から東方向にバスで降りて王子から近鉄帰宅信貴山バスの本数があまりないので大変でした。

2014-04-18 河内秘仏巡り

[]河内秘仏巡り

4/18は河内秘仏公開が数件あるので秘仏巡り。

近鉄フリーきっぷを購入し、特急急行普通と乗り継いで近鉄大阪線堅下駅で下車。

テクテク歩いて近鉄道明寺線柏原駅に乗り継ぐも、乗り継ぎというには結構距離がある。一本電車のがした・・・

柏原から道明寺駅で下車し、道明寺天満宮。梅の名所というけど既に季節ではありません。

f:id:shpolsky:20140418094610j:image

天満宮のすぐとなりが道明寺秘仏国宝木造十一面観音立像で毎月18日に公開。非常に細工が細かい仏像です。

f:id:shpolsky:20140418100353j:image

道明寺から土師ノ里駅に行き、藤井寺駅へ。

葛井寺で秘仏国宝乾漆千手観音坐像を参観。乾漆造りで数百本の手が作ってある千手観音です。毎月18日に公開。

葛井寺から少し南に仲哀天皇陵。神功皇后の夫。仲哀天皇応神天皇関連は筑紫河内に縁があるのかな?

f:id:shpolsky:20140418103825j:image

もうちょっと南に野中寺秘仏重文銅造弥勒菩薩半跏思惟像で飛鳥時代の頭が大きい可愛らしい仏像です。毎月18日に公開。和尚の説明では、公開日以外は金庫に入れてセコムに守ってもらっているとのこと。

f:id:shpolsky:20140418110030j:image

中寺から藤井寺駅に戻り、河内長野駅へ。バスに乗って観心寺。秘仏国宝木造如意輪観音坐像で4/17,18の年2日だけ公開。激混みでした・・・

国宝金堂。

f:id:shpolsky:20140418111323j:image

金堂内如意輪観音前は激混みで落ち着いて見られませんが、片膝ついた艶かしい感じの仏像でした。

f:id:shpolsky:20140418132256j:image

境内には南朝二代後村上天皇陵が。

f:id:shpolsky:20140418134127j:image

楠木正成首塚

f:id:shpolsky:20140418134659j:image

4/17,18は観心寺から金剛寺無料バスが出ているので利用して金剛寺へ。金剛寺南朝後村上天皇らの行在所や拉致された北朝の行在所がある面白いところです。

金剛寺金堂は修理中で、修理風景を見ることが可能。本尊大日如来は別の所。

f:id:shpolsky:20140418153541j:image

北朝光厳天皇の分骨所が境内にあり。太平記を読むと光厳天皇後村上天皇以上に苦労されましたね・・・

f:id:shpolsky:20140418154802j:image

無料バス河内長野に戻り、この日は終了。

2014-04-13 「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」夢枕獏

[]「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」夢枕獏

全四巻で、完結まで17年という大作。

空海遣唐使で唐に渡り密教を受け継いで帰国する間のお話

空海のことはあんまし知らなかったけれど、事績を見るとチートっていうレベルじゃねーぞ

長安についてから密教を受け継ぐまで半年とか意味がわからない。いったいどうなっているんでしょうか・・・

空海以外の玄宗皇帝楊貴妃、高力士安倍仲麻呂あたりのお話も興味深いです。空海と結びつけるとは夢枕先生さすがの着想力です。

空海に興味が出てきたので、関連本をあさってみたいです。

2014-04-05 月ヶ瀬-笠置-柳生

[]月ヶ瀬-笠置-柳生

友人と花見旅。鉄道に乗ってないけどカテゴリー分けめんどいので鉄旅タグ

東名阪道伊賀上野に行き、月ヶ瀬へ。伊賀上野では窓から忍者電車目撃。月ヶ瀬は梅の名所ですが、ちょっとは桜もあり。

f:id:shpolsky:20140405095538j:image

月ヶ瀬高山ダム

f:id:shpolsky:20140405105341j:image

木津川沿いに移動して笠置山。狭い山道を対向車に怯えつつ山を登って、昼食は笠置山松本亭のきじ定食きじ鍋ときじ釜飯が美味でした。

f:id:shpolsky:20140405121639j:image

f:id:shpolsky:20140405121922j:image

笠置山の磨崖仏。

f:id:shpolsky:20140405130136j:image

笠置山から心霊スポット、笠置観光ホテル

f:id:shpolsky:20140405131632j:image

後醍醐天皇行在所。

f:id:shpolsky:20140405133210j:image

笠置山は岩がゴツゴツでなかなかエキサイティング面白い。桜の名所ってわりには桜ないけど・・・麓の川沿いが名所なのかな?

南下して柳生の庄。陣屋跡でさくら祭り

f:id:shpolsky:20140405143417j:image

柳生菩提寺芳徳禅寺。

f:id:shpolsky:20140405144847j:image

芳徳禅寺に石舟斎塁城跡(柳生城跡)

f:id:shpolsky:20140405144916j:image

柳生烈堂の墓。

f:id:shpolsky:20140405150042j:image

奥の中央柳生宗矩、右が十兵衛、左が宗冬の墓。他にも友矩、厳勝、おふじなど柳生歴代のお墓あり。

f:id:shpolsky:20140405150238j:image

今回は花見目的だったけど桜は微妙。でもいいものがたくさん見ることができて満足度高し。

2014-04-03 「世界史の誕生─モンゴルの発展と伝統」岡田英弘

[]「世界史誕生モンゴルの発展と伝統岡田英弘

西洋史と東洋史には両方共欠陥があり、ユーラシア全体の歴史記述に向かないという著者の主張。

西洋史は二項対立(アジアヨーロッパキリスト教イスラム教)であり、東洋史皇帝歴史であるとのこと。

世界史と言えるのはモンゴル帝国からであり、以降は中央アジア遊牧民の動向が世界歴史を左右することになる。今まで辺境として取らえられた部分が実は歴史の中心であると言うことですな。

中華皇帝を中心とした歴史観では、モンゴル以降の歴史記述には適さないという意見には納得。遊牧民人種的民族から定義することはできないという話も感心。

[]「雪の花」吉村昭

幕末福井藩の町医者が、天然痘撲滅のために種痘普及に人生を賭けるお話

ご禁制の種痘の種を松平春嶽に掛けあって輸入を許可してもらうところとか、福井で種痘を普及させようとするところとか、結局一番の障害になったのはお役人無理解ってのがいかにも日本って感じだな。

2014-04-02 「消された一家―北九州・連続監禁殺人事件」豊田正義著

[]「消された一家―北九州連続監禁殺人事件豊田正義

まり悲惨な展開に、読んでると精神ウツウツしてきます。若干人間不信になったりして(^_^;)

自分がこの手の人間に目をつけられた時にどうするか対策を考えたりしたけど、どうすれば良いか思いつかない。脱兎のごとく逃げるのが一番か。倫理観が逸脱した人間と接触した経験はあるので、そういう気配を感じとれるよう危機感を持つようにします。

尼崎事件でもそうですが、人間奴隷化してコントロールする手法ってのは、裏の世界ノウハウが作られたりしているような気がします。

[]「遍路みち」津村節子

吉村昭の妻で作家の著者が、吉村が死去する前後の動揺を書いた短篇集。

読者が心配になるくらい、夫の死で動揺しまくっている著者の様子が逆に夫婦愛が感じられて切なくなりました。

2014-04-01 ポケットの中の戦争

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」今更見たけど名作過ぎて目から水が止まらないYO!嘘だと言ってよバーニィバーニィは本当のことを言うと嘘と言われるのがカワイソス

ハイゴッグはもう作ったけど、ケンプファーも作りたくなったなあ。ガンダムアレックスって売ってるの?

[]「雍正帝 中国独裁君主宮崎市定

中公文庫宮崎先生による清の第五代雍正帝の紹介本。

独裁体制を進めるために、地方官僚レポート提出させて、赤ペンで採点して官僚をクソミソにけなすというとんでもない皇帝お話

ワーカホリックすぎて在位10年程度で過労死という落ちがすごい(^_^;)

宮崎先生も触れてるけど、ここまですごい皇帝でも限界が見える皇帝制度ってのはやはり非人間的なんですね。