shpolskyの適当日記

2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |

2014-05-31 初夏京都

[]初夏京都

梅雨直前ということでまだ気候のいいうちに京都遠征と思ったら、30度超えでもはや夏・・・

京都市営地下鉄萌えポスター貼りまくり

f:id:shpolsky:20140531083842j:image

f:id:shpolsky:20140531085725j:image

京都駅から地下鉄北大路へ行きバス大徳寺へ。

f:id:shpolsky:20140531091510j:image

見学可能な塔頭全部見てきました。

大仙

f:id:shpolsky:20140531092101j:image

高桐院の細川三斎とガラシャの墓。

f:id:shpolsky:20140531095235j:image

高桐院の細川家代々の墓。奥が幽斎。

f:id:shpolsky:20140531095301j:image

特別拝観の興臨院の石庭。石庭に花はピンと来ないな。

f:id:shpolsky:20140531102144j:image

大友宗麟が建てたという瑞峯院の石庭。キリシタン大名から石の配置が十字だそうな。

f:id:shpolsky:20140531104633j:image

龍源院の日本最小の石庭。

f:id:shpolsky:20140531105946j:image

大徳寺の次は特別拝観中の相国寺。法堂の龍がなかなか。

龍谷ミュージアムへ行き、チベット仏教世界展。後期密教さらっと流してたので残念。

http://museum.ryukoku.ac.jp/exhibition/sp.html

京都国立博物館で南山城古寺巡礼展。南山城古寺は山の中過ぎてなかなか行く機会が無いので、質の高い仏像を見ることができてよかった。前に笠置山で不在だった仏像を見ることができたのも良し。

f:id:shpolsky:20140531135854j:image

http://www.asahi.com/event/minamiyamashiro/

豊国神社。修学旅行生がたくさん。結婚式もやってました。

f:id:shpolsky:20140531143532j:image

方広寺大阪の陣の原因の一つとされる鐘。なぜそのまま残っているのかよくわからない。

f:id:shpolsky:20140531144423j:image

三十三間堂修学旅行大杉なのでやめて、奥の智積院で長谷川等伯国宝の絵を見て、

f:id:shpolsky:20140531145555j:image

養源院で伏見城血天井を見て帰りました。

f:id:shpolsky:20140531153124j:image

2014-05-28 「わかっちゃった人たち」サリー・ボンジャース編

[]「わかっちゃった人たち」サリー・ボンジャース編

悟りを得た7人が語ったことをまとめたもの

過去未来存在しないというのはクリシュナムルティ脳科学本で認識済み。

この本を読んで思い出したのは達磨大師と梁の武帝との対話

武帝「これまでに寺にたくさん寄進しました。どんな利益があるでしょうか?」

達磨功徳はない」

武帝「聖なる教えとはなんでしょう?」

達磨「ただがらんとして、聖なるものはない」

武帝「朕に対しているものは誰だ?」

達磨「識らない」


自分が思うこととして、よく人は星のかけらであるという言葉がありますが、これは間違いで、人は星そのもの、というより宇宙のものであってかけらという一部分じゃないと思います。

2014-05-27 機動戦士ガンダムUC episode 7「虹の彼方に」

[]機動戦士ガンダムUC episode 7「虹の彼方に」

1から6まではDVD借りて見たんですが、最終話ということで映画館で見てきました。

劇場限定ジュアッグクリアバージョンまだたくさん余ってたので買ってしまいました・・・

結局リディちゃんがバンシィ乗ってる時になんであんなに激おこだったのか未だによくわからなかったりする。ミネバちゃんにふられたから

話は色々暴走してたけど、まあ良かったです。ついに終わったと思うとなかなか感慨深い。ミネバ姫とバナージわんわんが仲良さそうでよかった。

悲しくなるのは、あんなに頑張ったのに、宇宙世紀はこの後もやっぱり戦いは終わらないのよね。ガンダム世界永遠に戦いの終わらない悪夢のような世界なのでした。

2014-05-17 シェルタリング・スカイ

[]シェルタリング・スカイ

DVDで視聴。アメリカ人夫婦北アフリカ放浪するお話砂漠の美しさと異邦人としての孤独さが半端ない

視聴してる間は特に感想も無く、ロードムービーのように頭空っぽで見てた。

2014-05-11 ミレー展

名古屋ボストン美術館ミレー展を見ました。

http://www.nagoya-boston.or.jp/millet/

ミレーだけではなく、ミレーを中心にしたフランス風景画家作品を集めた感じ。

風景というよりむしろ農民主体作品が多いです。

イギリスターナーのほうがミレーより一世代ほど前っぽい。ターナーのほうが好きかな。

2014-05-09 シャガール展

愛知県美術館シャガール展を見ました。

http://m-chagall.com/

シャガールの絵は一見子供の絵のようですが、習作を見ると配色と構図を非常に計算していることがわかりますね。

2014-05-06 GW

GW中は瞑想会に参加。

[]「フロスト気質」R・D・ウィングフィールド

フロスト警部シリーズ四作目。

今回は珍しく女性刑事が登場。女性刑事最初最後で印象変わるけど、そんなに存在感は無かったかな。

フロスト警部担当する街は、いつも子供たちが変態犯罪者に狙われていて、若い女の子はどの娘もビッチ、いつもどこかに変死体という、本当にそんなとこあったらヤベーな。