shpolskyの適当日記

2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |

2014-07-24 「無幻諸島から」クリストファー・プリースト著

[]「無幻諸島からクリストファー・プリースト

地球とは違う地形の星の島々のガイドブック

ガイドブックと見せかけて、色々な奇譚が複雑にクロスしていて、記憶力の弱い自分には結構大変。謎が謎のまま終わるので、わりとモヤモヤ感がある。

序文書いた人の名前を覚えておくと面白いかも。

2014-07-20 兵庫の城めぐり

[]兵庫の城めぐり

21日に神戸お仕事なので、前日入り。

まずはJR明石駅に行くと駅のすぐ北が明石城

お堀が亀だらけで驚く。

f:id:shpolsky:20140720100436j:image

堀の内側の公園から本丸建物は櫓が二つ。写生している子供がたくさんいたり、近くの球場高校野球してたりいかにも地方のお城公園雰囲気

f:id:shpolsky:20140720100809j:image

本丸から北西方向に明石海峡大橋が見える。

f:id:shpolsky:20140720101434j:image

明石天文科学館で日本標準子午線

f:id:shpolsky:20140720104409j:image

駅前明石焼きを食べるも、予想以上に大量で苦しむ。

次に姫路城へ。白く塗ったばかりで限定バージョン

f:id:shpolsky:20140720121511j:image

別角度。ふつくしい・・・

f:id:shpolsky:20140720122340j:image

当然のごとく黒田長政押し中で、場内で黒田長政の展示多し。

f:id:shpolsky:20140720124840j:image

姫路駅から赤穂線に乗り、播州赤穂駅へ。

赤穂城堀の前の茶屋ソバのネーミングがすごい。

f:id:shpolsky:20140720143150j:image

堀をわたって空き地を抜けると赤穂城本丸跡。

f:id:shpolsky:20140720143912j:image

中は建物は残っていないのが残念。

f:id:shpolsky:20140720144243j:image

大石神社祭神は四十七士で、鳥居左右に義士石像が建ってる。

f:id:shpolsky:20140720145244j:image

神社内宝物館。正直忠臣蔵押しすぎで食傷

f:id:shpolsky:20140720145712j:image

庭に子宝陰陽石。形は微妙

f:id:shpolsky:20140720150613j:image

花岳寺忠義塚。奥が四十七士の墓。他に浅野家や森家の墓がある。

f:id:shpolsky:20140720153333j:image

ちょっと時間があったので、赤穂線に乗って港町に行くも、食事ができそうなとこが見つからなくて赤穂に戻る。岡山ちほんの自衛官募集ポスターに呆れ。

f:id:shpolsky:20140720171743j:image

2014-07-11 「アジア史概説」宮崎市定著

[]「アジア史概説」宮崎市定

宮崎先生によるアジア全体の歴史の解説。

日本中国インドはともかく、イラントルコ中央アジアも含んでいるのでほぼ人類歴史的な内容になっています

交通重視な視点で、文化がどのように伝播したとか、交易ルートにあたったから交流したとか詳しく解説されてます

オスマン帝国興隆して没落した理由が、アジアの中心の交易ルートを押さえたこと、交易ルートが海上に移り世界交通から浮いた存在になったこと、というのは参考になりました。

[]「死顔」吉村昭

吉村昭の遺作的な短篇集。身内の死について書かれた短編歴史上の事件について書かれた未発表の短編などで構成されています

吉村氏本人が若いころ、結核の手術をしたあとに温泉で療養する話が心に残りました。

吉村先生の死に対する姿勢が、一般的な人よりドライな感じが結構好き。

2014-07-07 「知的幸福の技術 自由な人生のための40の物語」橘玲著

[]「知的幸福技術 自由な人生のための40の物語橘玲

昔のエッセイの出し直し。著者が昔から言ってきた内容だけど、内容は古びてない。

幸福に生きるためには経済合理性を持つ必要があると一貫している。未だに新鮮に読めるということは、いかに世に経済合理性を欠いている人が多いかということでしょうね。

[]「いわゆる「当たり前の幸せ」を愚直に追い求めてしまうと、30歳サラリーマンは、年収1000万円でも破産します。」小屋洋一著

今の若い人が、親の世代と同じように奥さんを専業主婦にして、家を建てて、子ども教育に金をかけると、破産するというお話。前出の橘玲の本とあんまし変わらん内容を連続で読んでしまった(笑)

やっぱ出家が一番ですね。

2014-07-06 香取神宮-佐倉城

[]香取神宮-佐倉城

東京駅から高速バス香取神宮へ。関東鉄道より高速バスのほうが便利だったりする。

香取神宮本殿香取神宮は昔は香取海を支配していたわけで、さぞ栄えていたことでしょう。

f:id:shpolsky:20140706110847j:image

宝物館には国宝の鏡あり。鹿島神宮のと対っぽい要石もあり。

f:id:shpolsky:20140706112648j:image

香取神宮から路線バスにの佐原の町へ。佐原利根川水運で栄えた町で、東北から江戸への物流

鹿島から香取利根川を遡ってきたわけですな。

佐原歴史的街並み。

f:id:shpolsky:20140706120110j:image

伊能忠敬記念館。佐原伊能忠敬出身地で、忠敬が商人として財をなし、測量技術を向上させたのは佐原の立地とは無縁ではありません。

f:id:shpolsky:20140706120346j:image

伊能忠敬の測量道具は近年国宝指定されてます

佐原からJR京成と乗り継ぎ佐倉へ。佐倉城へ行きました。

佐倉萌えキャラカムロちゃん。結構かわいい。

f:id:shpolsky:20140706141342j:image

佐倉城天守跡。結構広く残っていて、建物はありませんが三の丸まであります

f:id:shpolsky:20140706142704j:image

敷地内に国立歴史民俗博物館がありました。

博物館の前から東京駅行きの高速バスがあったのでちょうどいいと乗ったら、乗客が自分一人だった・・・焦りました。

2014-07-05 梅雨の皇居

[]梅雨皇居

午前中は皇居東御苑に昨日のリベンジ

富士見台とか回って、天守跡。修学旅行生がやたらいる。

f:id:shpolsky:20140705100744j:image

北の丸公園を抜けて九段下へ行くルートを取りましたが、なかなかいい雰囲気ですね。

親戚と昼食を取る約束してたので上野へ。上野大仏

f:id:shpolsky:20140705111532j:image

夜は知人と横浜で夕食。関東行くとわりと挨拶回りが忙しいね

2014-07-04 梅雨東京-上野国立博物館

[]梅雨東京-上野国立博物館

関東の親戚への用事があったのでついでに東京観光

上野国立博物館故宮博物院展に行ったら、開館時間ちょいで白菜3時間待ちになっててびびる。

そんなに待ってられないので、白菜飛ばし故宮の宝物を見ました。超絶なものたくさんでしたが、書画に押された歴代の皇帝のハンコとか、赤ペン先生雍正帝の朱筆とかに感動したり・・・

常設展重文高村光雲の老猿とか、国宝の鉄舟寺の経文とか見ると落ち着きました。

上野から大手町に行き、皇居東御苑に行ったら月金休みしょうがないので神保町の豚大学豚丼を食べ、アキバ散策コトブキヤフィギュアを見物。ソフマップアミューズメント館で例の撮影スペースを見学しようとするも撮影券持ってないと入れないとのことで断念。

三井記念美術館明治工芸の粋展を見学。前に京都国立博物館で見た皇室の名宝と同じ作者の物品が多く、質的には皇室の方が良いのはしょうがない。

新橋のタミヤプラモデルファクトリーへ行き、艦船模型の資料を購入。

夜は友人と日の出町の第一亭でパタンとか食べました。ウマウマ。