shpolskyの適当日記

2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |

2014-11-29 「生物から見た世界」エクスキュル、クリサート著

[]「生物から見た世界」エクスキュル、クリサート著

岩波文庫

人間自分の見ている世界が真の世界の形だと思いがちだけど、世界の形はその生物が持つ知覚に依存しているというお話独自の知覚と行動で生物の数だけ環世界存在する。

例えばマダニ感覚は、生物の汗の匂いを感知する嗅覚、汗の匂いを感じると落下して触れたものに取り付く触覚、皮膚の暖かさがあると噛み付いて血を吸う温度感覚の三つしかない。

さらマダニ生物が近くに来るまで何年も何もせず待つことができるという時間感覚を持つ。このような生物主観的世界の形とは、人間が感じている世界の形とは全然かけ離れたものである

ぶっちゃけると、世界存在してそれを生物が感じているというより、生物が感じているからその世界存在する、主客転倒なわけですな。このへんは仏教でも割りと根本的な考え方(五蘊)と思われます

2014-11-25 「昭和史 1926-1945」半藤一利著

[]「昭和史 1926-1945」半藤一利

授業形式の戦前昭和史解説本。なぜ二二六事件が起きたのかよくわかってなかったのですが、皇道派統制派の考え方の違いもわかり、非常に勉強になりました。

結局、一番大局的に見えてたのは天皇で、臣下たちは全然陛下の気持ちをそっちのけにした不忠の臣ばかりだったということですな。

国民政治家も大局的に全然見えてないというのは今も変わらないような・・・

2014-11-22 掛川-高天神城

[]掛川-高天神城

武田徳川最前線だった高天神城に行きました。

まずは新幹線掛川。ここは30分に一本のこだましか止まらないのでちょい不便なとこ。

掛川北口バス停から大東行きに乗り、土方で降りますしずてつジャストラインバスSuicaが使えるようになってました。

バス停から見えるところに立派な標識。ここからちょい脇道を進むと登城口。

f:id:shpolsky:20141122092448j:image

茶畑の向こうに見える小山高天神城になります

f:id:shpolsky:20141122092721j:image

多少山道はあるもたいしたことはない。

f:id:shpolsky:20141122093636j:image

トイレ三の丸跡の休憩所など設備はなかなか充実してます

f:id:shpolsky:20141122094106j:image

三の丸から富士山

f:id:shpolsky:20141122094203j:image

本丸跡。

f:id:shpolsky:20141122094726j:image

御前曲輪跡。

f:id:shpolsky:20141122094909j:image

武田に反抗した武将が八年間幽閉されていたという土牢。黒田官兵衛もびっくりだな。

f:id:shpolsky:20141122095544j:image

西ノ丸跡にある高天神神社。山の上にある割に立派。

f:id:shpolsky:20141122100406j:image

脱出ルートの甚五郎抜け道

f:id:shpolsky:20141122100947j:image

バス掛川駅方向に戻り、さわやかで昼食にしようとするも2時間待ちで断念。掛川花鳥園へ。

お昼寝中のふくろう。

f:id:shpolsky:20141122114655j:image

インコに餌やりをやったりとなかなかアメイジングスポットでした。

f:id:shpolsky:20141122115003j:image

2014-11-10 「長沙作戦」佐々木春隆著

[]「長沙作戦佐々木春隆著

著者が1少尉としてはじめて中国戦線に赴任し、一下級将校視点作戦がどのように推移したかというお話。新品少尉成長物語として見ると非常に面白い

実際の戦争としては、第二次長沙作戦作戦の甘い見込みから敗北しており、撤退戦が非常に痛々しい。戦争は過誤の連続で、お話のようにうまくは進まないことがよく分かる。作戦指揮官阿南大将で、終戦時陸軍大臣としての振る舞いは立派とはいえ、そんなに戦争はうまくなかったのかなと思わせる。

2014-11-09 東山御物の美展

親戚の用事で関東へ。

空き時間三井記念美術館東山御物の美展を見ました。

茶入れが素晴らしかったです。

[]「あの戦争日本人半藤一利

明治維新から太平洋戦争にかけて、ある事件ごとにテーマを分けて解説する内容。

日露戦争までは指導者リアリティを持って行動していたが、日露戦争後は国民全体がリアリティに欠けるようになったとのお話日露戦争公式戦記であっても結構お話が作ってあって、実情に則した記録を探してみると、現実はよく知られているお話とは大違いというのがザラらしい。

最後の、昭和天皇皇太子に当てた手紙が、結局現実が一番見えていたのは天皇だったんだなあと感慨深い。

[]「蜜蜂乱舞」吉村昭

養蜂家が花の蜜を求めて、鹿児島から北海道まで半年以上旅をするお話養蜂がこんな大変な仕事とは初めて知りました。

トラックに蜂箱を載せて新潟を走っている最中フェーン現象が起きて蜂が熱死しそうになって、ガソリンスタンドホースを借りて水をかけるシーンとか、よくこんな仕事続けられるなあと観心しきり。

2014-11-03 「日本のいちばん長い日」半藤一利著

日間賀島フグを食べに行きました。来年はおとはに行こうと思ったので備忘録

[]「日本いちばん長い日」半藤一利

1944年8月14日ポツダム宣言受諾の御聖断から8月15日玉音放送までの、一日を描写したもの

ポツダム宣言受諾に関する大臣たちの動向や、陸軍青年将校たちのクーデター未遂の顛末阿南陸相自刃玉音放送の流れ等盛りだくさんの一日です。

前に映画で見て、笠智衆鈴木首相三船敏郎阿南陸相存在感を覚えています。横浜警備隊佐々木大尉天本英世が演じたけど、実際はデブだったみたいですね。

天皇陛下決断の心情を思うとうるっとくるけど、青年将校たちの手前勝手理屈には全然共感できません。

2014-11-02 オリンパスxz-2

今まで写真撮影にはソニーコンデジRX100を使っていて、画質に関して満足度大なのですが、近接撮影に弱いという欠点があります。

amazonオリンパスのxz-2が2万円ちょっとで安売りしていたので買ってしまいました。

マクロが優秀で、かつスーパーマクロという1cmで焦点が合うというすごい機能があります。

マクロタミヤ1/48コマツ国産1号ブルドーザー撮影

f:id:shpolsky:20141102110754j:image

スーパーマクロブルドーザーの運転手を撮影

f:id:shpolsky:20141102111237j:image