shpolskyの適当日記

2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |

2015-04-30 豊後竹田から阿蘇

[]豊後竹田から阿蘇

九州横断二日目は大分から始まって豊後竹田へ。あいにくの小雨。

駅の後ろに滝がある豊後竹田駅

f:id:shpolsky:20150430085323j:image

竹田軍神広瀬中佐出身地だそうで、広瀬神社があり。旅順港閉塞作戦に使われた石。

f:id:shpolsky:20150430090909j:image

陸軍大臣阿南大将の碑もありました。

100名城の岡城があり、入場券と地図がなかなか凝ってます

f:id:shpolsky:20150430093004j:image

岡城のよく出てくる構図。石垣スケールが最高です。

f:id:shpolsky:20150430094015j:image

阿蘇方面に抜けようとする途中、ガスって来て不安になるも、カルデラの内側ではガスが晴れて良い天気に。

宮地駅で降りて肥後国一宮阿蘇神社へ。楼門が立派。

f:id:shpolsky:20150430114348j:image

宮地駅から阿蘇駅へは特急しか無かったのでバスで移動。くまモンICカードゲット。

f:id:shpolsky:20150430124333j:image

阿蘇駅から阿蘇山。噴煙モクモク。

f:id:shpolsky:20150430130355j:image

バスに乗って阿蘇ロープウェーまで。阿蘇山活発化でロープウェーは停止中。ロープウェーにある阿蘇スーパーリングというアトラクションは500円もするのに8分で終了というコスパ悪すぎで唖然とする代物でありました。

阿蘇山からの噴煙が一番の迫力です。

f:id:shpolsky:20150430144339j:image

阿蘇駅のくろ駅長室。

f:id:shpolsky:20150430161043j:image

立野駅スイッチバック阿蘇駅方向だと下りなので上がっていくと勘違いしてた・・・

南阿蘇鉄道に乗り換えて最も長い駅名の南阿蘇水の生まれる里白水高原駅へ。なにもないけど非常に眺望の良いところでした。

f:id:shpolsky:20150430174111j:image

その後立野まで戻りJR熊本駅まで行き宿泊

2015-04-29 大分

[]大分

GWということで、九州横断企画。まずは新幹線小倉特急ソニック宇佐へ。

宇佐駅の萌キャラ

f:id:shpolsky:20150429110936j:image

神社っぽい宇佐駅。

f:id:shpolsky:20150429111023j:image

からあげ発祥の地宇佐

f:id:shpolsky:20150429114105j:image

宇佐神宮本殿特別拝観中でした。実はこれを狙った日程だったりする。

f:id:shpolsky:20150429120326j:image

宇佐神宮宝物館で国宝とか見て、おみやげ屋で昼食。名物団子汁を食べるも、団子というよりきしめん

f:id:shpolsky:20150429123443j:image

狙ってやっているようなUSA

f:id:shpolsky:20150429130345j:image

大分へ行き。100名城の府内城へ。堀とか天守跡とかは立派な感じがするが、堀の内側が駐車場で残念感・・・

f:id:shpolsky:20150429142357j:image

泊まりは大分駅前にしたのですが、別府温泉へ行ってみました。

f:id:shpolsky:20150429155129j:image

竹瓦温泉に入りました。

f:id:shpolsky:20150429160205j:image

別府駅前のとよ常の特上天丼コスパ最強でした。

2015-04-27 「脳と瞑想」プラユキ・ナラテボー、篠浦伸禎著

[]「脳と瞑想プラユキ・ナラテボー、篠浦伸禎著

脳外科医とタイ仏教僧の対話瞑想における脳の状態を脳科学的に考察するような内容かな?

プラユキ師がさらっと自我や時空は人間の心が発生した時に生み出されたのではないかと言ってて、クリシュナムルティの言ってたことに通じるなあと感じたり。過去未来想像上の産物なんです( ー`дー´)キリッ

2015-04-26 九頭竜から大野、勝山

[]九頭竜から大野勝山

友人と車で行ったのだけど便宜上鉄旅。

中部縦貫道を通って九頭竜へ抜ける。油阪峠道路無料だけあって道の状態は悪い。車もあんまし走ってない。

f:id:shpolsky:20150426093149j:image

九頭竜ダム付近では桜はほとんどツボミ・・・時期がなかなか難しい。

はじめてのダムカードをゲット。

f:id:shpolsky:20150426100552j:image

その後は大野へ抜けて大野城勝山城博物館越前大仏と見て帰宅

2015-04-25 「仏教の思想 7 無の探求<中国禅>」

[]「仏教思想 7 無の探求<中国禅>」

中国に至って展開した禅の解説

空の思想老荘的な無に割りと確信的にすり替わっているという話しです。

神秀と慧能逸話解説があるけれども、慧能については神会らによる創作の可能性が高いようなお話

私は仏性とか如来蔵のあたりは釈迦の無記にあたるところで、あんましまじめに考えても意味が無いような気がするんだな。正解の有無というより、群盲象を撫でるというやつで、議論にならない。

臨在と普化の挿話がなかなか面白い

[]「だから仏教面白い!」前後編 魚川祐司著

昨日大きな本屋に行ったら仏教思想ゼロポイントという本が出てたんで買ったんですが、偶然発売日だったのですね。本の存在を知らなかったし、大きな本屋に行くのは久しぶりだったのに本当にラッキーヒット。

この本はamazon電子書籍で数日前に購入したものですが、なかなか面白いです。

仏教の教えは現代倫理的ではないとか、仏教では輪廻肯定しているとか。

私も以前は仏教輪廻否定していると漠然と思っていたのですが、中村元先生原始仏教の本読んだらそんなことなくってモヤモヤしてました。魂が生まれ変わるのが輪廻と思うのが勘違いで、死んでも縁起が続いていくのが輪廻なんですな。そもそも死というのも、現在刻々と生成消滅を繰り返すものを将来の消滅について怖がるというのも無明なことであるわな。

2015-04-18 高山

[]高山

友人と高山花見自動車で行ったけど便宜上鉄旅。

高山城に行ったらクマショック!かつ倒木で立入禁止。そもそも城の桜はまだ早かった・・・

f:id:shpolsky:20150418100643j:image

川では咲いてました。

f:id:shpolsky:20150418102346j:image

下流に行くとなかなかの穴場。

f:id:shpolsky:20150418113219j:image

飛騨ゆるきゃらひだっち。あんましかわいくない。

f:id:shpolsky:20150418122847j:image

山岡鉄舟の親の墓所。そういえば鉄舟の父親は飛騨代官だった。

f:id:shpolsky:20150418123619j:image

飛騨一宮水無神社で見かけたウサギの生首。

f:id:shpolsky:20150418131404j:image

飛騨一宮ではちょっとだけ氷菓絵馬がありました。

飛騨一ノ宮駅。中を通って線路の向こうに臥龍桜があります。

f:id:shpolsky:20150418132850j:image

臥龍桜。花は咲いてないけどピンク色になってました。

f:id:shpolsky:20150418133221j:image

最後に光記念館。崇高真光教の美術館。やけにでかい。入口からまず地下三階に降りてトンネルを通ってピラミット下の吹き抜けに行く構造。入口からトンネルを通らせるのはこういうとこでは割りとよくある構造な気がする。

f:id:shpolsky:20150418141156j:image

恐竜がいたり、

f:id:shpolsky:20150418145549j:image

ツタンカーメンさるぼぼがいたり、

f:id:shpolsky:20150418150515j:image

ピラミッドがあったりしました。

f:id:shpolsky:20150418153039j:image

やっぱ宗教施設常軌を逸してて面白い

2015-04-05 「ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争」上下 デイヴィッド・ハ

[]「ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争上下 デイヴィッド・ハルバースタム

朝鮮戦争の全貌。

以前児島襄朝鮮戦争を読んだのですが、児島版は戦記っぽい内容ですが、こちらは戦争の背景というか政治的側面にもかなり詳しく書かれています。

マッカーサーについては父親の経歴から始まって、誇大妄想からくる仁川上陸作戦成功と北伐の大失敗、ホワイトハウスとの確執と解任と、悪い意味ですごい人だったということがわかりました。

マッカーサーの影響をなんとか振り払ってリッジウェイがなんとか国連軍を立て直す一方で、毛沢東妄想によって彭徳懐が散々苦労すると、ひどい展開だなあ。

カス野郎ども(スターリン毛沢東金日成マッカーサー等)のせいで、まともな人(リッジウェイ、トルーマンマーシャル彭徳懐現場兵隊等)が苦労する展開がひたすら繰り返されるというのはわりとげんなりします。

リッジウェイ、彭徳懐トルーマンマーシャル等、名前は知ってるけどどんな人か知らなかったのですが、なんとなくイメージを掴むことができるようになりました。マーシャルなんて日本語のページを検索するとプライベートライアンの無茶ぶり上司共産党の手先みたいなひどい内容のページしかなかったりするしね・・・

人民解放軍が音もなく国連軍を包囲して、鞭の罠で殺しまくるのは恐ろしい展開だけど、一度リッジウェイが対抗方法を見つけ出すと限界にぶち当たるというのは、ベトナム戦争イラク戦争米軍長所短所が見えてくるのと近い展開に見えました。歴史ある意味繰り返されているようです。

[]「橘玲中国私論

橘玲ネット上に連載してる中国論をまとめた内容。鬼城ガイドは一度行ってみたくなる。

中国問題点人口が多すぎることに由来するという点と、中国バブル解説は興味深い。元ネタ川島さんだったりすると思うけど、整理してあるので理解しやすいです。

2015-04-04 大高緑地でお花見

友人と大高緑地でお花見BBQ。雨が心配だったけど、日中暑いくらいに晴れてて良かった。

大高緑地には桜の園というとこがあって割と穴場でした。

f:id:shpolsky:20150404163234j:image

f:id:shpolsky:20150404163402j:image

f:id:shpolsky:20150404163933j:image

f:id:shpolsky:20150404165052j:image

2015-04-01 「仏教の思想 4 認識と超越<唯識>」

[]「仏教思想 4 認識と超越<唯識>」

唯識は中観の対抗かな?と漠然と思ってたけどそうでもなかった。

阿羅耶識のニュアンスちょっと違いがあって、そこで無相唯識派と有相唯識派にわかれるんですな。

中観が批判してたのは有相唯識派だったのね。

実は玄奘三蔵が持ってきたお経は有相唯識派唯識なんでそれに繋がる日本法相宗は有相的な考え方なわけですな。

ヨーガ実践から生まれた理論なわけで、凡夫にはどちらが正しいとかわかるはずもない・・・

[]「仏教思想 6 無限世界観<華厳>」

華厳経というより、華厳経を受けて中国で発展した華厳思想解説

中村元先生の本で読んだ華厳経解説は、いかにもインドのお経らしく、壮大過ぎて解説がないと主題がさっぱりわからない。

それで華厳経ネタ元にして中国で組み上げられたのが華厳思想なわけですな。

華厳思想と莊子の関連性については勉強になった。

西田哲学についてやたら書かれているのは不可解。