shpolskyの適当日記

2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |

2015-05-30 鞍馬

[]鞍馬

京都鞍馬へ。JR東福寺から京阪出町柳へ行き、叡山電鉄に乗り換え。

出町柳駅にはきんモザの立て看板が!

f:id:shpolsky:20150530094258j:image

日記とスタンプ台もあり。

f:id:shpolsky:20150530094304j:image

修学院駅叡山電鉄会社事務所

f:id:shpolsky:20150530095658j:image

f:id:shpolsky:20150530095736j:image

カレンちゃんの旅日記もあり。

f:id:shpolsky:20150530095807j:image

鞍馬駅きんモザ切符コンプリート

f:id:shpolsky:20150601201640j:image

鞍馬ではがんばって登山鞍馬寺本殿

f:id:shpolsky:20150530105849j:image

宝殿仏像はなかなか。

奥の院へ続く木の根道

f:id:shpolsky:20150530113447j:image

奥の院魔王殿。

f:id:shpolsky:20150530113846j:image

貴船神社に抜けました。

f:id:shpolsky:20150530120437j:image

貴船からバスに乗って貴船口駅へ。まだ時間に余裕があったので、京阪祇園四条阪急に乗り換えて松尾大社へ。

f:id:shpolsky:20150530143520j:image

妙にリアルな亀と鯉の像。

f:id:shpolsky:20150530143754j:image

重森三玲の庭があり。

f:id:shpolsky:20150530144050j:image

f:id:shpolsky:20150530150133j:image

奥には磐座登拝口。

f:id:shpolsky:20150530150356j:image

阪急嵐山から渡月橋をわたってJR嵯峨嵐山から帰りました。

2015-05-26 「「昭和天皇実録」の謎を解く」

[]「「昭和天皇実録」の謎を解く」

文春新書。半藤氏保阪氏たちが昭和天皇実録について漫談するといった内容。

藤氏の著作にあるような、近衛文麿松岡洋右あたりの悪い印象が実録では若干フォローされてるとか、実録の筆者の意図をどう読み取るかという話が続く。

昭和天皇の言動は、読み手思想でこう言うはずだとか、こんなこと言うはずがないとか勝手に決めつけちゃうことが多いので、現実をちゃんと受け止めて考える必要があるね。自らの思想フィルター現実の間には必ず大なり小なり差があることを認識するべき。

[]「昭和史上下 中村隆英著

戦後が知りたかったので、戦前戦中は飛ばし戦後メインで読みました。

ほとんど経済の話で、政治家たちの争いや外交などはあんまし印象に残らない。

高度成長の前のGHQ統治のあたりがお話的には面白いですね。

戦後政治家たちの系譜を整理することができて勉強になりました。

2015-05-23 天理方面

[]天理方面

奈良二日目は八木西駅から今井町に行きました。古くからの町並みの残る寺内町

f:id:shpolsky:20150523090745j:image

いくつか見学可能な町家があって、二階が見学可能なところもあり。

f:id:shpolsky:20150523092027j:image

あやめ池に行き、東洋民族博物館へ。館長のじいさんに展示品の説明を受けました。秘宝館的な品物も複数

f:id:shpolsky:20150523121601j:image

天理へ行き、レンタサイクルを借りました。お昼に天理スタミナラーメンを食す。ピリ辛スープ白菜たくさん。

f:id:shpolsky:20150523132011j:image

天理本殿。昇殿してみたところ、神社のようで信者のお祈りが特殊なのでドキドキ。

f:id:shpolsky:20150523134336j:image

さらに奥の教祖殿。パイプ椅子を並べていました。

f:id:shpolsky:20150523134843j:image

天理参考館でシュリーマン展やってたので見学

f:id:shpolsky:20150523135854j:image

石上神宮。改修中でよく見えなくて残念。

f:id:shpolsky:20150523143742j:image

山の辺の道を通って。夜都伎神社屋根コケコケ

f:id:shpolsky:20150523145915j:image

山の辺の道アップダウンが激しく、畑横の道で自転車だと怖いので幹線道路に逃げる。

長岳寺へ寄った後、大和神社

f:id:shpolsky:20150523160621j:image

戦艦大和ゆかりということで、大和模型もいくつか展示していました。

f:id:shpolsky:20150523161143j:image

絵馬艦これ勢に侵食されている・・・

f:id:shpolsky:20150523161230j:image

その後天理駅から近鉄企画切符で帰りました。

2015-05-22 奈良春日大社特別拝観

[]奈良春日大社特別拝観

春日大社本殿特別公開中ということで、近鉄奈良世界遺産切符奈良に行きました。

平日朝10時くらいで既に修学旅行生と中国人と老人の団体結構密度が高い。

f:id:shpolsky:20150522095653j:image

春日大社遷宮一時的神様本殿に不在ということで、普段は入れない本殿や磐代のあたりまで入れてくれました。

f:id:shpolsky:20150522095908j:image

東大寺人口密度はさらにやばかった・・・

f:id:shpolsky:20150522103842j:image

東大寺で虹を見ることが出来ました。

f:id:shpolsky:20150522104437j:image

東大寺ミュージアムは去年はスルーしてしまって後悔したので、今回は見学平安時代仏像は良いです。

それから興福寺に行くも、去年と同様今年も改装工事中ちょっと微妙

大和文華館に行くも、今回のテーマにはあまりそそられず。

また新たな壁ドン定義

f:id:shpolsky:20150522130436j:image

いつもは近鉄でつっきるだけの平城京跡に少しだけ侵入。ひたすら野っ原だ・・・

f:id:shpolsky:20150522140334j:image

法華寺秘仏拝観の時期と花の時期両方共外したのでちょっとさびしい感じ。庭園はきれい。

f:id:shpolsky:20150522143524j:image

かなり感動した海龍王寺本尊国宝の小塔が恐ろしいほどの近さから見ることができる。

f:id:shpolsky:20150522144833j:image

奈良ピラミッドの頭塔。まずは仲村表具店のインターホンを押してじいさんを呼んで、入口を開けてもらう必要がある。

f:id:shpolsky:20150522153245j:image

住宅地の脇の小山にいきなりあって驚き。

f:id:shpolsky:20150522153526j:image

それから崇道天皇社と連城寺。連城寺では秘仏特別公開中でした。

夜に平城京跡の周りを見るとライトアップされててなかなかよい雰囲気でした。

2015-05-11 「仏教思想のゼロポイント」魚川祐司著

[]「仏教思想ゼロポイント」魚川祐司著

解脱涅槃とは何か、釈迦は悟った後なぜ死ななかったのかという論点についての考察

非常に明快な内容で、内容について賛否はあるにせよ、今後はこの本の内容を下敷きにして議論を進めるような感じがします

一度「アップデートする仏教」でこれで仏教に新しい潮流が来るかと期待したのですが、山下師の3.0はコレジャナイ感がして保留していました。無我について解釈が変な気がしてたのですな。魚川氏の無我、輪廻、無記等の説明は納得できるもので、よく言語化していただいたと感謝しております

ミャンマー仏教タイ仏教の違いにも言及があり、アーチャン・チャー師や坐禅に慣れてる自分としては、タイ仏教的な姿勢のほうが親しみやすい感じがします

今後はジョーティカ師のヴィパッサナー瞑想法を勉強して、修行していきたい。

2015-05-03 岐阜城

[]

GWで親戚の子が遊びに来たので、岐阜城へ遊びに行きました。

金華山ロープウェーが30分待ちという脅威の混み具合。山の上も広くないのにすごい人でした。

麓の名和昆虫博物館に始めて行ったら思ったより色々な昆虫を見ることができて満足度大。ホログラム蝶はお腹がむしってあって結構グロ・・・

f:id:shpolsky:20150503125559j:image

岐阜駅前では濃姫バスや二両連結バスの清流ライナーに遭遇しました。

f:id:shpolsky:20150503140058j:image

f:id:shpolsky:20150503140113j:image

2015-05-02 「進化の謎を数学で解く」アンドレアス・ワグナー著

[]「進化の謎を数学で解く」アンドレアス・ワグナー著

進化論適者生存理屈では、環境適応できない種は淘汰されて適者が残るということですが、その適者がどうして生まれるかが進化論では言及されていない。この本では適者が生まれる仕組みを数学的に説明したというお話

偶然によって適したDNAタンパク質が生じるかという問題で、解が少数ならほとんど可能性は無いのだけど、実際の自然もっと強靭に出来てて解はネットワーク的に無数に存在するというのが肝でした。

大腸菌遺伝子の水平伝播を煩雑に行ってて、とんでもないスピード進化しているという話に驚き。

話が生物だけではなく、自然自体まで及んでくると、昔読んだドイッチュの「世界の究極理論存在するか」につながってくるような気がしたりしました。

[]「ゆるす」ウ・ジョーティカ著  魚川祐司訳

から仏教面白い!の魚川氏の訳によるミャンマーの坊さんの法話。ネガティブなことへの対処法とゆるすの二本立てで、一応ネットにも文章があがっているよう。

感情奴隷にならないこと、怒りを解き放つこと等、マインドフルネスの考え方に慣れていない人でもわかりやすい内容です。ティク・ナット・ハン師の一般人向けの本だと詩が多くて、理屈っぽい人の多い日本人にはジョーディ師のほうがとっつきやすい気がします。

2015-05-01 熊本

[]熊本

九州横断三日目は熊本

熊本市電新型車両

f:id:shpolsky:20150501084049j:image

最初水前寺公園。なかなか広くて整備が行き届いていてきれい。

f:id:shpolsky:20150501084844j:image

そして100名城の熊本城。さすがの迫力です。

f:id:shpolsky:20150501100951j:image

本丸御殿の昭君之間。屋根まで特別。秀頼公をお迎えするところとの触れ込み。

f:id:shpolsky:20150501100727j:image

おてもやん。

f:id:shpolsky:20150501105955j:image

熊本ラーメンの老舗桂花で昼食。スープうま。

f:id:shpolsky:20150501111821j:image

その後細川刑部邸に行き、本妙寺へ。灯籠の山。

f:id:shpolsky:20150501124149j:image

本堂の脇を抜けて長い階段を登ると8mの巨大加藤清正像。

f:id:shpolsky:20150501125405j:image

清正像の前から見る熊本市街は絶景でした。

f:id:shpolsky:20150501125643j:image

熊電に乗ると北熊本駅長コロちゃんに遭遇。

f:id:shpolsky:20150501151041j:image

近くにはくまモン

f:id:shpolsky:20150501151046j:image

熊電のくまモン車両

f:id:shpolsky:20150501151857j:image

帰ろうと熊本空港に行ったら阿蘇山の影響で飛行機欠航・・・なんとか新幹線でその日のうちに帰ることが出来ましたがだいぶ余計な出費でした。