shpolskyの適当日記

2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |

2016-02-23 「ヒトラーとナチ・ドイツ」石田勇治著

[]「ヒトラーナチドイツ石田勇治著

講談社現代新書ヒトラーナチス最初から最後までの経緯という内容。

政権を取るまでにかなり運に左右されつつも、チャンスを活かしきったというのがすごい。ヒトラー政権を取れなかった可能性もかなりあると思うけど、もしヒトラーがいなくてもあの政治状況だとドイツ極右政権が現れるのは必然的という気もする。

戦争よりユダヤ民族絶滅を優先させたというのは聞いたことはあったけど、それが必然となる思想だったというのがすごい。

[]「秀吉はい知ったか山田風太郎

ちくま文庫。山風先生の住んでる住宅地の話とか、戦国モノの小話とか、魔群の通過の元ネタとか。

2016-02-01 「知られざるクリシュナムルティ」ナラヤン著

[]「知られざるクリシュナムルティナラヤン著

クリシュナムルティの甥から見たクリシュナムルティ

期待して読んだけど、クリシュナムルティ神通力的な話で、どうでも良い話であった。クリシュナムルティ自我記憶の集積とかしっかり言ってるのに、なんでこっちの方向をありがたがっちゃうかなあ。

解説の人とかなんかアレな感じ・・・

[]「秀吉接待 毛利輝元上洛日記を読み解く」二木謙一著

学研新書天正16年(1588)に毛利輝元秀吉に始めて謁見するために上洛した際の記録。

秀吉九州平定後、北条攻め前夜といった時期か。とっくに毛利政権に組み込まれているかと思ったら、まだ関係微妙だったんですねえ。

ゲームとか小説だと大名の移動は描写なしでさっさと進むものですが、実際には風待ちとか何日も苦労しながら移動してるのが実感しました。新幹線乗ってりゃ数時間で到着なんて現代からすると時間や距離感覚は違いますわなあ。あとは電話とかネットとかに慣れてると、情報感覚、交友の感覚全然違いますわね。譜代国人衆との関係とか、父祖の代からの付き合いとか、いろんな義理からみ合って大変。武将だけじゃなく、公家坊主結構顔出してきます。

北条上洛していれば、180度考え方が変わっていた可能性大ですね。

気になったのは、讃岐が仙石領になってて、改易されたんじゃないのかと疑問に思いました。