shpolskyの適当日記

2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |

2016-03-31 「マネー・ショート 華麗なる大逆転」

[]「マネー・ショート 華麗なる大逆転

リーマン・ショックの際に空売り勝負お話最後どうなるかわかってるので、緊張感には欠けるけど、当時の雰囲気がわかって面白かった。

金融用語は予習しとかないとついていけないかも。

ブラッド・ピットどこに出てるかわからなかったけど、オーガニックヒゲだったんだね。

2016-03-30 「中国4.0 暴発する中華帝国」エドワード・ルトワック著

[]「中国4.0 暴発する中華帝国エドワード・ルトワック

文春新書2000年以降の中国外交を1.0(胡錦濤初期、平和的台頭)、2.0胡錦濤-習近平初期、対外強硬路線)、3.0(現在、選択的攻撃)と分析し、今後どうなるかという分析

中国戦略が下手で、大国小国に勝つことは出来ないことを理解していないのが現状を招いているとの解説大国小国に勝てないというのは、小国には周りがどんどん味方になるからというのは納得できるのですが、ロシアクリミア半島取れたのはどうなのかなと思ったり。ロシア戦略能力がすごいということか。

[]「アイヌ縄文: もうひとつ日本の歴史瀬川拓郎著

ちくま新書アイヌ縄文人末裔かと漠然と思っていたのですが、実はもっと複雑な経緯を経て成立した文化であるとの内容です。

もともと北海道には縄文狩猟文化があったのですが、東北日本海側の大和王権の影響と、東北太平洋側のエミシ古墳文化)があり、樺太からオホーツク人の進出があったとのこと。本州との交易の発展、エミシ北海道への移住による古墳文化の流入等で、自給するための狩猟から交易するための狩猟へと性格が変わっていったとのこと。鉄器などを輸入して、毛皮やタカなどを輸出するようになったと。決して閉鎖的な文化ではなく、大陸とも交易したり、モンゴル戦争してたりしたそうな。

阿倍比羅夫北海道遠征で、奥尻島オホーツク人を征伐した話が面白かった。

2016-03-29 「「地政学」は殺傷力のある武器である。」兵頭二十八著

[]「「地政学」は殺傷力のある武器である。」兵頭二十八

兵頭氏による地政学解説本。前半分くらいは地政学者の紹介で、読んでて割と辛い。

日本地政学の話になると俄然面白くなり、蒸気船時代石炭基地重要で、その観点基地位置を見る必要があるとか、もし明治以降日本大陸進出しなかったらロシア朝鮮半島樺太から方面から圧力をかけることができるので地政学的にヤバイとか面白い話でいっぱいです。満鉄を得ることで、シベリア横断鉄道に途中で圧力をかけることができ、樺太方面進出を止めることができるのですな。スターリン時代大陸から樺太トンネルを掘る計画があったとのことで、これできてたらシベリア横断鉄道が樺太まで続いてて、北海道やばかった。

南シナ海日本にとって生命線と言うのは実はそうではなくて、むしろ中国生命線であり、中国日本とで有事になったら、日本中国沿岸機雷で封鎖して、天然ガス太平洋から調達することで中国を締めあげることが可能であると。かなり感心する視点

[]「中継ステーションクリフォードシマック

1960年台のSFで、アメリカの片田舎一人暮らししている男性が、実は宇宙結節点管理人をしているというお話時代冷戦の驚異を感じている背景ですが、内容的には人(宇宙人?)の善意から成り立っているお話。古き良きSFって感じかな。

2016-03-28 仙台

[]仙台

3/24-28仙台出張。土日なのに仕事観光はほぼ無し・・・

仙台市営地下鉄東西線が開通してたので便利に!

ちょうどSuica相互利用できるようになってました。

f:id:shpolsky:20160326093225j:image

仙台市営地下鉄鉄道むすめ青葉あさひたん。

f:id:shpolsky:20160326093301j:image

やたら階数の多い八木山動物公園駅エレベーター

f:id:shpolsky:20160326175146j:image

日本一標高の高い地下鉄八木山動物公園駅

f:id:shpolsky:20160326175234j:image

牛タン定食を食べたり、

f:id:shpolsky:20160326184912j:image

ずんだシェイクを飲んだりしました。仙台(゚д゚)ウマー。

f:id:shpolsky:20160326190633j:image

東北ずん子白石行きたかった。

f:id:shpolsky:20160326191628j:image

国宝大崎八幡宮

f:id:shpolsky:20160327085612j:image

帰りの新幹線牛タン弁当(゚д゚)ウマー。

f:id:shpolsky:20160328180015j:image

2016-03-24 「真田四代と信繁」丸島和洋著

[]「真田四代と信繁」丸島和洋

平凡社新書真田幸隆・信綱・昌幸・信之と信繁について、物語ではなく歴史資料に基づいて実像を描いた内容。

天正壬午の乱について書かれた本はこれまであまり無く、この本の昌幸の章で触れられていて参考になりました。信繁が大阪にいた時は、人質ではなく秀吉の馬廻りであり、1,2万石程度は貰っていた大名だったというのは驚きました。

[]「満洲暴走 隠された構造 大豆満鉄総力戦安冨歩

角川新書満州日露戦争までは森林地帯で、日本植民地化で急速に農地化して夕日が見える平原になったという事実は驚き。

様々な要素が互いに原因と結果になって加速度的に進んでいくポジティブフィードバックについて解説があり、満州農地化したのは、満鉄の延伸、国際的大豆の高騰、総力戦に向けた日本による入植等がポジティブフィードバックを起こしたという解説です。

後半の立場主義は本の主題としては脱線気味な感じがしまして、日本固有の現象というより、ハンナ・アーレントの悪の凡庸さと同じことじゃないかと思いました。現代日本にそんなにストレートに当てはめられるかなと疑問。

2016-03-23 「ヘイトフルエイト」

[]「ヘイトフルエイト

タランティーノの最新作見ました。

この予告編全然内容違うじゃねーか!

http://www.nicovideo.jp/watch/1454912226

特に密室要素もトリックもない、タランティーノらしいグダグダおしゃべりして殺しあうお話です。

手紙を見せるシーンで汚すだろうなと思ったら、さくっと汚したので吹いた。

2016-03-21 「自由に生きる」プラユキ・ナラテボー著

[]「自由に生きる」プラユキ・ナラテボー著

タイ日本人プラユキ師による仏教解説書。

これまでの集大成的な内容で、プラユキ師の学生時代から現在までのお話とか、呼吸瞑想法の解説とか非常にためになる話でいっぱいです。

ヴィパッサナー瞑想ラベリング副作用を起こす要因の話とか、慈悲の瞑想は実際に人に慈悲を施せば瞑想必要ないとか、参考になります。必ずしもニルヴァーナを目指さないというのは、タイ仏教ミャンマー仏教の違いかな。

[]「性風俗いびつ現場」坂爪真吾著

ちくま新書。激安店の現実とか、母乳風俗が意外に優良経営とか、デッドボールの実際とか、非常に勉強になる内容です。箱型店舗がほとんど取り締まられて、ほとんどがデリヘル型になっているのが現状。

ひどい条件で働く女性知的障害とか精神障害が多く、どのようにして社会福祉の仕組みで状況を改善させるか、著者が現実的な解答を得ようと努力し、ある程度の結果を出しているのがすごいです。

2016-03-20 「劇場版ガールズアンドパンツァー 4DX」

[]「劇場版ガールズアンドパンツァー 4DX

4DX見てきました。未だに人気で、劇場の席がほぼ埋まっているという・・・

ガルパンは二回目ですが、4DX映画を見るというより、遊園地アトラクション的な感じですね。席が想像以上に揺れて飲み物を飲んでる場合じゃないです。

これはこれで面白いですが、映画を落ち着いて見ることができないのが難点かも。

2016-03-14 「ヴィパッサナー瞑想」マハーシ・サヤドー著

[]「ヴィパッサナー瞑想」マハーシ・サヤドー著

ミャンマーのマハーシ師のヴィパッサナー瞑想法の実践教本。

名や色にラベリングして観察する方法です。

私はヴィパッサナーを知った当初はラベリング法がそうだと思ってやってましたけど、今のところ呼吸瞑想法で鼻の空気の出入りを見る方法と、心身をラベリング無しで観察するだけをやってます。あれもこれもと色々な方法を追わず、知っている方法を使えば良いと思います。と言いつつ、気になる本があると買ってしま・・・自己啓発ポルノにハマっているっぽいな。

[]「スーパーヒューマン誕生! 人間はSFを超える」稲見昌彦著

NHK出版新書義体とか電脳化とか現状どんな状況かというお話

自分の体という感覚がわりと曖昧で、今の技術でどんどん拡張できると。

人工知能もどんどん進んで、攻殻機動隊世界が近くなってますね!

2016-03-06 「火星の人類学者―脳神経科医と7人の奇妙な患者」オリヴァー・サッ

[]「火星の人類学者―脳神経科医と7人の奇妙な患者オリヴァー・サックス

サックス先生による7人の特異な症状の患者お話

元々見なかった人の視力回復しても、目で光を捉えられても脳で画像分析できないという事例は興味深い。子供のうちから画像処理回路を生成していないと見えるようにはならないのね。このへんはヴィパッサナー的な五蘊お話に繋がるような気がする。

チック症外科医とか、精密描写能力がすごいサヴァンの子とか心に残る事例が多い。

最後表題自閉症建築家は、人の心は理解できないのに、家畜こころ理解できるというのがどうなっているのかよくわからん一般的人間の持っている能力とか価値観なりが普遍性を持つか?という疑問が出てくるね。

[]「コーチングプロが教える 「ほめる」技術鈴木義幸著

これビジネス書的な本かと思ったら、意外に人の心の本能的な動きに迫る、かなり実用的な内容で驚いた。

いかに相手をアクノレッジメントするか。ほめるというより、観察して、相手存在を認めるということですな。

アクノレッジされるのを待ってる人がほとんどで、アクノレッジを積極的にするほうが人に影響を及ぼせるというお言葉