shpolskyの適当日記

2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |

2016-08-31 「『正法眼蔵』を読む 存在するとはどういうことか」南直哉著

[]「『正法眼蔵』を読む 存在するとはどういうことか」南直哉

講談社選書メチエ。たまにこういう本に出くわす僥倖をなんというべきか。

南直哉師は前に宮崎哲弥仏教教理問答で見たことがあり、禅宗坊主はこんなこと考えてるのかと面白かったですが、モデルと言われた太陽を曳く馬を読んで、禅はテーラワーダに比べてよくわからんなと思いつつ、藤田一照師の本を読んでまた雰囲気が違うな、禅やる人もいろいろいるなと思った次第。ネルケ無方師という人もいたな・・・

この本はかなり異端的な読み方をする本で、公案でWho are you?と聞かれているのを、実は疑問形じゃなくてYou are whoと言われているのだと、価値観の転倒をもたらす内容なんですな。そうなってくると、達磨大師と梁の武帝対話とか、澤木興道師が「坐禅してもなんにもならん!」と言った真意がわりとクリアに見えてくる感じがありますな。

2016-08-28 ローン・サバイバー

[]ローン・サバイバー

アフガニスタンにおける米軍レッドウィング作戦お話

シールズの偵察部隊が現地のヤギ飼いを見逃す所と、生き残りの隊員を現地人が匿う所が、主題にあたりますな。

最初アフガニスタン人はみんなタリバンかよ!って思わせといて、タリバンじゃない人もいるんだねと異文化理解を進める内容ですね。バーミヤン大仏爆破事件では現地部族激怒したって聞いたから過激派一般人は必ずしも同じ考えではないっていうのは当たり前ではある。

実際のところ、タリバンは50人程度しかいなかったとか、最後の村への襲撃は無かったとかありますけど、そのへんは映画表現重視といったところか。かくまった現地の人これからどうするんだよって見た直後は思いました。

2016-08-27 大給城

[]大給城

地下鉄乗り継ぎで豊田市駅まで行き、おいでんバスで大給城へ。大給松平家のお城だそうな。

f:id:shpolsky:20160827115119j:image

縄張り図。

f:id:shpolsky:20160827120437j:image

展望から豊田市尾張方面

f:id:shpolsky:20160827121047j:image

普段ロッククライミングやる人多いそうだけど、一人も遭遇せず。虫が多くて閉口

ついでに松平氏発祥の地松平郷に足を伸ばす。

f:id:shpolsky:20160827135840j:image

徳川家康産湯の井戸。一体何箇所あるんだ・・・

f:id:shpolsky:20160827141144j:image

2016-08-20 河鍋暁斎展

碧南の藤井達吉現代美術館で開催の河鍋暁斎展に行きました。

河鍋暁斎は異常にうまいです。動物人間も、水墨も錦絵もなんでも書けるというのがすごい。

2016-08-12 お盆休み

8/12から15までお盆休みを取ったが、親戚の子が遊びに来たので子守に明け暮れる日々。

8/12は超久しぶりにリトルワールド。30年位ぶりか。全然覚えてなくて懐かしさは全く無い。民族衣装来て、ちょっとづつ料理食べて回るところですな。今は夜間もやっててそちらも面白そう。

8/13はノリタケの森で恐竜ロボを拝見。

スティラコサウルス

f:id:shpolsky:20160813141601j:image

ティラノサウルス

f:id:shpolsky:20160813141742j:image

カルノウルス

f:id:shpolsky:20160813142656j:image

唸り声をあげて動くのでなかなかのクオリティ子供はびびって近寄れず。

8/14はセントレアで空港島一周ツアー。滑走路をバスで一周り。逆時計回りするので右側の座席に乗らなくてはダメ

2016-08-11 X-MEN:アポカリプス

[]X-MEN:アポカリプス

三部作最終章らしい。ハゲ回、スットコさんが劇場版活躍!?ジーンはやっぱチート

三部作見た人向けかな。

2016-08-02 シン・ゴジラ

[]シン・ゴジラ

見てきました。エヴァQが辛かったので心配でしたが、ゴジラ結構面白く見ることができました。

災害に対する社会実験みたいな映画な感じがしました。大田区いたことがあるので、蒲田から北品川京急沿いがやられるのが辛かった。大震災のことがフラッシュバックして目頭が熱くなる人が多そうな感じ。

2016-08-01 「ねぼけ人生」水木しげる著

[]「ねぼけ人生水木しげる

水木先生の半生記。漫画じゃなくて文章です。奥さんの本は前に読んで、漫画家としての話は割りと重複しているので、前半の子供の頃から従軍して南方に行く話が面白かった。一人だけ現地の人達と仲良くなっちゃうのはすごい。年食ってからまた行ったら、文明化途上でがっかりというのはありがち。

青年の頃の、就職しても学校に入ってもすぐやめちゃうのはすごいなあと思ったけど、なんでそういう人が漫画成功ちゃうのかも不思議。やりたいことは頑張れるというのも違うような。

[]「日本軍インテリジェンス なぜ情報が活かされないのか」小谷賢

講談社選書メチエ第二次大戦時の日本軍情報活動についての内容。これまで思われてたより、日本軍情報部のレベルは高く、連合軍暗号をかなり解読していたそうな。結局のところ、上層部情報活用方法問題があったと。現代でも情報にかぎらず、日本社会構造そのままのような・・・