shpolskyの適当日記

2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |

2016-09-26 「あなたの中の異常心理」岡田尊司著

[]「あなたの中の異常心理岡田尊司

幻冬舎新書。誰の心にも潜んでいる異常心理の紹介。

有名人の異常行動の紹介が多い。

完璧主義が異常につながるという解説勉強になった。

ディオ名言人間は誰でも不安や恐怖を克服して安心を得るために生きる」という人間心理がよく分かるね。

[]「「相続税、私が払うの?!」とあわてる前に子どもがやるべき相続準備の本」五十嵐明彦

相続税のことほぼ知らないので勉強のため読書。新税法とか、遺産分割とか、節税方法かいろいろ勉強になった。財産が少ない方が揉めるというのはさもあらんと納得。

2016-09-24 亀岡

[]亀岡

ひさびさに天気の良い週末ということで、京都亀岡に行きました。

嵯峨野線馬堀駅で降り、駅前自転車置き場でレンタサイクル。あまり使われていないのか、管理人探すのに一苦労・・・

足利尊氏倒幕の旗揚げをした篠村八幡宮

f:id:shpolsky:20160924101810j:image

明智光秀の城亀山城。今は大本教本部で、受付で見学希望して見せてもらいました。

堀の内側まで入れますが、天守跡などは聖地扱いで禁足地でした。

石垣などはきれいに積まれていましたが、これは信徒が積み直したとのこと。写真は遠慮して非掲載

丹波国一宮出雲大神宮最近の大雨でだいぶ破損したそうで、工事中のところ多くて残念。

f:id:shpolsky:20160924114624j:image

徒然草ネタにされた狛犬。変わった向きになっていたのを上人がありがたがったら子供のいたずらだったというオチ

f:id:shpolsky:20160924115253j:image

途中偶然前を通った走田神社がやたらクオリティ高くて驚き。時代劇撮影によく使われているようです。

茅葺きの社務所

f:id:shpolsky:20160924125925j:image

大木と苔のクオリティが高い。

f:id:shpolsky:20160924130250j:image

穴太寺で寝仏の布団をめくってサワサワ。

帰りはトロッコ列車亀岡から嵯峨まで乗りました。やたら中国人多いなあ。

生八ツ橋コーラ。それほど美味しくはない。

f:id:shpolsky:20160924141229j:image

トロッコ亀岡駅乗車証明書 鉄道むすめ記念バージョン

f:id:shpolsky:20160924141336j:image

まだ紅葉には早いのですが、増水で保津川下りができないせいか、トロッコ列車はかなり混んでました。初めて乗って、それなりに面白い

嵯峨駅でJR帰宅

2016-09-19 「乱流 米中日安全保障三国志」秋田浩之著

[]「乱流 米中日安全保障三国志秋田浩之著

習近平国家主席となり、中国覇権主義的な姿勢を一層顕に。

オバマ大統領就任当初は中国協調路線志向するも、実際に習近平会談するに至り、幻想は無くなり対立路線に変更することに。次の大統領が誰になろうとも、結局は中国とは対立することになるとの見方

日本日米同盟維持が最も現実的選択肢であるが、トランプの言うように、アメリカ国外基地を持って関与するという姿勢に疑問を持つアメリカ国民は多く、日本自らの国防努力は一層必要になる。

一番この本で興味深い内容は、米中の外交の裏話的な部分で、あの出来事の裏ではこんな事情があったのかという話を読むことができる。

[]「恐山―死者のいる場所―」南直哉

新潮新書。以前読んだ「正法眼蔵を読む」の筆者の著書。

南師は曹洞宗僧侶で、恐山の院代をしているということで恐山に関する新書を書いたとのこと。

恐山はあまり知らなかったので、曹洞宗の寺であるとか、温泉があるとか、イタコは寺とは関係ないとか、色々勉強になった。

恐山に死者を求めて訪れる人達エピソードはなかなか強烈で、筆者の、霊魂の有無はわからないが、死者は存在するという言葉に重みを感じた。

あとは筆者の恐山に来るまでの話が興味深い内容で、永平寺で20年過ごした後、紆余曲折を経て恐山の院代になったと。人の縁というのは面白いものだと感じ入る。

2016-09-18 神聖ローマ、運命の日

せっかくの三連休なのに、微妙な天気で引きこもり

[]神聖ローマ運命の日

DVD借りて見ました。オスマン帝国軍ウィーン包囲して大決戦!というお話

オスマン帝国軍オーストリア軍、ポーランド軍衣装が良かったです。

戦闘シーンは予算問題からか、ちょっちチープな所があったかな・・・

修道士関連のエピソードは省いて、普通に戦闘シーンやっとけばと思ったり。

2016-09-03 守山区

[]守山区

奈良にでも行こうかと思ってたけど、台風の影響で近畿の天気が不安定なようだったので近場。実際はほとんど雨振らなかったっぽい。

JR新守山で下車し、道を南方へ行くと宝勝寺。そこの裏山が守山城なのですが、行き方は宝勝寺から行くのではなく、看板横のアパート敷地内に侵入して山道入るのだな。

この看板の右のアパート敷地内に入る。

f:id:shpolsky:20160903111823j:image

この段を登って草をかき分ける。

f:id:shpolsky:20160903112420j:image

守山城址の石碑。夏なので草ボーボー。

f:id:shpolsky:20160903112526j:image

守山台地西端で見晴らしはそれなり。

f:id:shpolsky:20160903112907j:image

それからゆとりーとラインに乗って龍泉寺に行きました。

f:id:shpolsky:20160903121102j:image

仁王とにゃんこ

f:id:shpolsky:20160903123248j:image

竜泉寺の宝物館は城を模しててこれも見たかったんですが、日曜祝日のみ開館で行けず・・・

2016-09-02 「海洋帝国興隆史」玉木俊明著

[]「海洋帝国興隆史」玉木俊明著

ヨーロッパ諸国大航海時代いかにして世界覇権を握ったか実証ベースで語った内容。

リスボンアムステルダムロンドン貿易の中心が移っていき、電信による情報革命イギリス覇権を握ったという話は新鮮。

南北アメリカ最大の商品砂糖で、最大の消費地イギリスというのも面白いイギリス関税が高額で、スウェーデンなどの密輸による輸入量がかなり大きいという話もあり。

[]「古代インド思想山下博司著

ちくま新書インド亜大陸モンスーン気候いか過酷で、外部からの侵入を拒んだか、内部の文化独自の発展を遂げたかという内容。

古代アーリア人インド侵入し、土着思想と融合し、どのように思想の経緯を辿ったか。遊牧民族的思想が、雨季と乾季のある土地農耕民族となった時にどのように思想が変わっていったか説明されています。

雨季と乾季のある土地では、欧米的な勤勉が良しとされる価値観は成り立たず、自然に任せて無理をせず忍耐強く生きる価値観が良いとされるそうです。