shpolskyの適当日記

2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |

2017-06-18 「わが坐禅修行記」横尾忠則著

[]「わが坐禅修行記」横尾忠則

講談社文庫。元々は1978年に出た本。著者が色々と禅寺行って坐禅修行する体験記。

私がこれまでに禅寺行って感じたもの結構共通点多くて驚いた。

接心やる前はかなりやる気があるものの、実際やるとイメージとの違いに心折れそうになるんよね。

坊さんの言動はともかく、決まりごとの細かさにうんざりする。

著者もちょっと言ってることで、古参居士言動閉口したのがあるある

それでもそう思ってしま自分の心が問題だとは思うけれども、もう行きなくなくなるのが著者と同じコースでした・・・

私は今でも坐禅を家で続けていますが、著者は後書きで全然やってないと書いたのは正直で感心。

[]「すごい進化鈴木紀之著

中公新書進化について一見して不合理でも実はわけがあるというお話

同じ食べ物を食べる生き物でも、別種は共存できて近い種は共存できないという話が一番参考になった。単純に生存競争しているわけではなく、近い種では交配相手に選んでしまうのが共存できない理由というのが面白い。いろんな観点で見ないといけないんだな。

2017-06-11 「秘伝・日本史解読術」荒山徹著

週末は久屋の手羽先サミット行ったり、鶴舞ビルマ水掛け祭り行ったり。

[]「秘伝・日本史解読術」荒山徹

新潮新書最近著書が出版されない騒動とかで心配な荒山先生による歴史解説本。

朝鮮とか宝塚とか怪獣とかいつもの荒山節を飛ばさないか心配でしたが、わりとまともな内容。朝鮮ネタがちょいちょい出てくるのはご愛嬌

承久の乱勝利した北条義時世界史人物という指摘は参考になりました。

[]「殴り合う貴族たち」繁田信一

平安貴族引き起こし暴力事件簿。花山天皇皇女の死亡事件顛末が興味深い。

2017-06-07 「沢木興道聞き書き」酒井得元著

[]「沢木興道聞き書き酒井得元著

講談社学術文庫。沢木興道師の生涯の紹介。

三重県津市で、四人兄弟の末として生まれたものの、幼いころに両親が相次いで亡くなり、引き取られた叔父もすぐになくなり、次に引き取られた遠縁の親戚の家が賭場というハードモード

17歳のときに家を飛び出して永平寺まで歩いていって坊主になるって行動力すごい。

真実の道を目指して出家しても、周りは住職になるのが目的で浮いてしまうというのは弟子筋のネルケ無方師と通じる。

出家後の波乱万丈ぶりも面白い。気に入らんと鉄拳制裁、わりと手が早いね。

駒沢大で坐禅できる人がまともにいなかったという下りは、昔は今より坐禅はやられてなかったということかな。

[]「ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪今野晴貴

文春新書ブラック企業の手口、なぜ新卒使い捨てにするのかの分析

新卒者を潰すだけではなく、社会自体に損失を与えているとの指摘が良い。

インフレになってブラック企業が滅びると良い。

2017-06-04 大井川鉄道

[]大井川鉄道

二日目は大井川鉄道の旅。

金谷駅で1日乗車券を購入。

売店開店前の金谷駅

f:id:shpolsky:20170604074256j:image

AIR聖地神尾駅で下車。駅ノートがすごい。

f:id:shpolsky:20170604082923j:image

f:id:shpolsky:20170604083255j:image

f:id:shpolsky:20170604083308j:image

f:id:shpolsky:20170604083507j:image

新金谷に戻り、千頭へ。

f:id:shpolsky:20170604103816j:image

アプトを堪能し、長島ダムを通過。

f:id:shpolsky:20170604112750j:image

秘境駅の尾盛駅で降りてしまった。

クマ出没注意とあり、電話通じず道もないので熊出たらやばい

f:id:shpolsky:20170604115958j:image

線路に入るなとあるけど、線路横切らないとホームに行けない・・・

f:id:shpolsky:20170604120420j:image

周囲に廃墟数件。

f:id:shpolsky:20170604120444j:image

f:id:shpolsky:20170604120847j:image

帰りの列車に乗り、長島ダム駅で下車。

右のしぶき橋を通って長島ダムふれあい館へ。

f:id:shpolsky:20170604124729j:image

ダムカードをゲットしてダムの上を通って駅に戻る。

奥大井湖上駅で下車。レインボーブリッジを渡って上の道路から撮影

f:id:shpolsky:20170604140853j:image

バスを使って千頭へ戻る。

帰りはSL

f:id:shpolsky:20170604150652j:image

SL新金谷まで戻り、金谷から旧東海道石畳を通って続百名城の諏訪原城に行きました。

ここから入りましたが、駐車場のほうから入るほうが順路が整備されてて良い気がします。

f:id:shpolsky:20170604170913j:image

規模が大きく、掘割が複雑で順路通り行かないと迷いやすいです。富士山が見えるらしいですが、雲が多いからか見えませんでした。

謎の門。なぜこれだけ作ったし・・・

f:id:shpolsky:20170604172250j:image

鈍行で帰り、豊橋カレーうどん食べました。

2017-06-03 富士宮

[]富士宮

エクスプレスカードポイント6月失効数が多いので、もったいないのでグリーン特典使って新富士へ。

JR東海に踊らされている感・・・

新富士から白糸の滝方面バスに乗り、富士病院で下車。東にちょっとのところの若獅子神社行きました。

陸軍少年戦車兵学校跡に、卒業生教官を祀った神社で、サイパンから持って帰った九七式中戦車があります。

f:id:shpolsky:20170603112007j:image

f:id:shpolsky:20170603112215j:image

f:id:shpolsky:20170603112330j:image

白糸の滝へ。西から回ると白糸の滝富士山が同時に撮影できるスポットがあります。

f:id:shpolsky:20170603115420j:image

ドローンが飛んでたり、団体とかでカオス雰囲気

周囲に土産物屋とか食堂が何軒かあって、適当なとこで富士宮焼きそば食べましたが外れ気味。

白糸の滝からバス富士宮駅へ行き、富士から東海道線原駅へ。

続百名城の興国寺城に行きました。原駅からキロあって歩くとしんどい

興国寺城は大規模で高い土塁と深い堀とスケール抜群。もうちょっと道とか看板とか整備すると一般受けするかな。

f:id:shpolsky:20170603145902j:image

から島田へ行き、蓬莱橋へ。

大井川に架けられた世界最長の木造歩道橋で897.4m。通行料は100円。大井川上流からの風が強くて、かなりのスリル体験でした。

f:id:shpolsky:20170603172352j:image

f:id:shpolsky:20170603173726j:image

島田で数年ぶりにさわやかでげんこつハンバーグ菊川で一泊。