shpolskyの適当日記

2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |

2018-06-13 「日本の原子力外交 - 資源小国70年の苦闘」武田悠著

[]「日本原子力外交 - 資源小国70年の苦闘」武田悠著

中公叢書戦後から今日までの、日本による原子力に関する外交努力

日本のと言っても、戦後商業炉開発時から一貫して関わっているだけに、世界原子力の流れも掴むことができる。

紆余曲折はあるにしても、核兵器保有国でありながらウラン濃縮や燃料サイクル等まるまる有することができるということは、日本外交努力の成果であるといえる。

日米原子力協定2018年7月更新されるということで、アメリカ意思不安感を持つ人も多いが、筆者は一貫して日米の協力関係こそが原子力協定の基盤であると述べる。日米の協力関係が続くなら、自ずから原子力協定も続くであろう。

調度米朝首脳会談が行われたところだが、北朝鮮核廃絶に向けて、米朝は協力関係を築くことはできるだろうか?

[]「習近平帝国暗号 2035」中澤克二著

2035年キーワード習近平の目指している内容を分析した内容。

これまでの権力闘争記述が延々と続き、そのあたりはちょっとついていけないと感じるものの、今後の国家目標分析は非常に面白い

国外的な覇権主義をいったん引っ込めて、アメリカを追い越すまでは爪を隠す。

足をすくう原因の一つとなりえるのは北朝鮮