Hatena::ブログ(Diary)

Over&Out その後 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2014-01-15

家電を自由に操作するiOSアプリがつくれる『IRKit』

カヤック時代の恩師 maaash*1 が、IRKitという新デバイスを個人で開発(!)して、本日よりAmazonで販売を開始しました。


IRKit
IRKit
posted with amazlet at 14.01.14
maaash.jp


このIRKitをつかうと、家電を操作するiOSアプリを好きなようにつくることができます。つまり、自分好みのリモコンアプリをつくれます。


対応している家電は・・・という制約はとくになくて、普通のリモコン(赤外線リモコン)で操作できるものなら何でもOKです。


しくみ

IRKit(デバイス)が赤外線信号を送る機能を持っていて、IRKit SDK(を組み込んだアプリ)から「どういう信号を送るか」を制御する、という感じです。ざっくり。



学習リモコンやPlutoやiRemoconとどう違うの?

学習リモコンは、もともとあるリモコンの赤外線信号のパターンを学習して、覚えさせることのできるもの。PlutoやiRemoconはそれらを公式アプリ上で好きなように組み合わせたりできるもの。


IRKitの最大の特徴は、iOS SDKが用意されているので、iOSアプリを自分で好きなようにつくれるというところにあるのではないでしょうか。


すなわち、

  • 好きなようにUIをカスタマイズできる
  • GPSや加速度センサや等のiOSデバイスが持っているセンサ類とも組み合わせて使える
  • TwitterやFacebook等の外部APIの機能とも組み合わせて使える
  • 他のiOSと連携させて使えるデバイスとも組み合わせて使える

可能性は無限大です。


さらにいえば、IRKitはArduino互換なので、公開されているファームのソースをカスタマイズして書き込むことも簡単*2ですし、空いてるピンにセンサを追加したり、何なら公開されているハード仕様に沿って自分でIRKit互換機をつくったりと、ほとんど何でもありなデバイスです。


コードを書かず、まずは試してみる

AppStoreにて公式アプリが公開されています。



こちらのアプリでIRKitデバイスのセットアップと、リモコン学習サンプルを試すことができます。


f:id:shu223:20140115072357j:image:w450


IRKit iOS SDKをプロジェクトに導入する

CocoaPodsから入れるのが簡単です。

プロジェクトのPodfile に

platform :ios, '7.0'
pod 'IRKit', :git => 'https://github.com/irkit/ios-sdk.git'

と書き足して、あとはターミナルから

pod install

するだけ。


API Key を取得する

API KeyはコマンドラインからcurlでAPIをたたいて取得できます。

$ curl -d "email={your email}" "http://api.getirkit.com/1/apps"

確認メールが届くので、リンクを踏むと、

Congratulations!

Here's your apikey: "XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX"

Paste this code in in your AppDelegate's application:didFinishLaunchingWithOptions:

[IRKit startWithAPIKey:@"XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX"];

と API Key がサンプルコード付きで得られます。


初期化

AppDelegateでヘッダをインポートし、

#import <IRKit/IRKit.h>

application:didFinishLaunchingWithOptions: で初期化メソッド(先ほどAPIKey取得時に表示されたコードのコピペでOK)を呼びます。

- (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions
{
    [IRKit startWithAPIKey:@"#{ fill in your apikey }"];
    return YES;
}

この時点でビルドしてアプリを動かしてみると、ログに、

[IRKit]successfully registered!

と出力されます。


IRKitを見つける

公式アプリでも使われている、IRKitを見つける(セットアップも込み)ためのビューコントローラ "IRNewPeripheralViewController" を表示します。


ヘッダインポートして、

#import <IRKit/IRKit.h>

IRNewPeripheralViewControllerDelegateへの準拠を宣言しておいて、

<IRNewPeripheralViewControllerDelegate>

IRKitが見つかったときに呼ばれるデリゲートメソッド(required)を実装しておきます。

- (void)newPeripheralViewController:(IRNewPeripheralViewController *)viewController
            didFinishWithPeripheral:(IRPeripheral *)peripheral
{
    NSLog( @"peripheral: %@", peripheral );
    
    [self dismissViewControllerAnimated:YES
                             completion:^{
                             
                                 NSLog(@"dismissed");
                             }];
}

で、起動時とか、ボタンタップ時とか何らかのタイミングで IRNewPeripheralViewController を表示するようにします。

- (IBAction)findTapped:(id)sender {

    if ([IRKit sharedInstance].countOfReadyPeripherals == 0) {
        
        IRNewPeripheralViewController *vc = [[IRNewPeripheralViewController alloc] init];
        vc.delegate = self;
        
        [self presentViewController:vc
                           animated:YES
                         completion:^{
                             
                             NSLog(@"presented");
                         }];
    }
}

これで、接続済みの IRKit が 0 の場合に、こういう画面が表示されます。


f:id:shu223:20140115072424j:image:w200


赤外線信号を学習する

IRNewSignalViewControllerDelegateへの準拠を宣言します。

<IRNewPeripheralViewControllerDelegate, IRNewSignalViewControllerDelegate>

信号学習が完了したときに呼ばれるデリゲートメソッド(required)を実装します。

- (void)newSignalViewController:(IRNewSignalViewController *)viewController
            didFinishWithSignal:(IRSignal *)signal {
    
    if (signal) {
        
        NSLog( @"learnd signal:%@", signal );
    }
    
    [self dismissViewControllerAnimated:YES
                             completion:^{
                                 
                                 NSLog(@"dismissed");
                             }];
}

IRNewSignalViewController を表示するようにします。

- (IBAction)learnTapped:(id)sender {

    IRNewSignalViewController *vc = [[IRNewSignalViewController alloc] init];
    vc.delegate = self;
    
    [self presentViewController:vc
                       animated:YES
                     completion:^{
                     
                         NSLog(@"presented");
                     }];
}

こんな画面が表示されるようになります。


f:id:shu223:20140115072445j:image:w200


学習した信号を送信する

長くなってしまったので、簡単に書きます。


信号を送る場合は IRSignal の sendWithCompletion: メソッドを呼ぶだけ。


まとめて複数の信号を送る場合は、IRSignals オブジェクトに学習した IRSignal オブジェクトを追加し、それを sendSequentiallyWithCompletion: メソッドで送信します。

_signals = [[IRSignals alloc] init];

// and add a signal to the collection
[_signals addSignalsObject:_signal];

// send multiple IRSignal-s sequentially
[_signals sendSequentiallyWithCompletion:^(NSError *error) {
    NSLog( @"sent with error: %@", error );
}];

iBeacon+IRKitで家に着いたら自動でXXXXをOn

iBeaconの実装は『iOS7 Sampler』を参考にしてください。


家電のOn/Off信号を学習させておいて、ビーコン端末を家の入り口辺りに置いておいて、

  • didEnterでOn
  • didExitでOff

するように実装しておけば、「家に着いたらエアコンやテレビや明かりを自動でon」「家を出るとき自動でoff」みたいなことができます。・・・と思ってますがまだそこまで実装できておりません


まとめ

IRKit、楽しいのでぜひ!


IRKit
IRKit
posted with amazlet at 14.01.14
maaash.jp


IRKit関連ページ

オフィシャル
ニュース系
開発情報etc...

*1このブログを始めるようアドバイスをくれた人。

*2:USBでPCとつないでArduino IDEから書き込むだけ。

もばもば 2015/01/29 21:46 APIキーを取得する部分の記載ですが、「http://」ではなく「https://」のようです。
修正頂けたら嬉しいです、、、大変参考になったのですが、ここでちょっぴり躓きましたので、共有致します。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

2009 | 08 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 |