Zoku Bleep Nikki!!!!!!

12-12-31 マリア・ブラウンの結婚

ローラ / ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー 監督


f:id:shunmin:20130305163637j:image


強烈なピンク ー「パリ、テキサス」のラストのような色彩を求めて

見に行ったが、そこまでの鮮烈さはなかった…。


1950年代 戦後ドイツの描かれ方。

そこに誇張はあっても、偽りなし、という気がした。

「生きる」の志村喬のような 建設局長フォン・ボームは、

とても先進的な男であるのに、南プロイセン人は嫌いだとはっきりと言い

しかし、そのプロイセン人の娘に恋とおちる。


大戦のために(?)歌手になり損ねた高級娼婦。

彼女を求めて、未知の領域へと足を踏み込む。

叩こうとしていたはずの腐敗構造のそれに。


ローラの妖しさ。ただ、それよりも、

秘書ヘッティヒの気高さが、印象的だった。

ルーシー・モランのようにかわいらしく、賢く。


http://mermaidfilms.co.jp/fassbinder30/