Hatena::ブログ(Diary)

このブログは証明できない。

2009-01-04

[][]Mac OS X Leopardでrefeの文字化けを解消する

refeは、ターミナル上でRubyリファレンスマニュアルを読むことができるツールです。ターミナルで操作を完結できるので、かなり便利だということに気付きました。さっそく使ってみましたが、Leopardでは文字化けしてしまいます。


/Library/Ruby/Gems/1.8/gems/refe-0.8.0.3/lib/refe/searcher.rbを修正します。これは、最初から入っているrefeの場合で、MacPortsで入れた場合はパスが違います。

    def adjust_encoding( str )
      NKF.nkf('-Ew', str)

#      if shift_jis_platform?
#        NKF.nkf('-Es', str)
#      else
#        str
#      end
    end

UTF-8決め打ちです。


使ってみます。

% refe Integer to_s
Integer#to_s
--- to_s
--- to_s(base)       ruby 1.7 feature

    整数を 10 進文字列表現に変換します。

    ruby 1.7 feature: 引数を指定すれば、それを基数とした文字列表
    現に変換します。基数として 2 〜 36 以外を指定した場合は例外 
    ArgumentError が発生します。

        p 10.to_s(2)    # => "1010"
        p 10.to_s(8)    # => "12"
        p 10.to_s(16)   # => "a"
        p 35.to_s(36)   # => "z"

正確なスペルじゃなくても推測してくれるのが便利ですね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証