Hatena::ブログ(Diary)

このブログは証明できない。

2009-07-14

[]MacFinderで隠しファイルを表示する方法2つ

Macは、ドットファイルが隠しファイルになります。「.bash_profile」とか。隠しファイルは、Finderに表示されません。Windowsエクスプローラだと、隠しファイルを表示するオプションがあります。しかし、Macには見えるところに設定がないようです。そこで、Finderで隠しファイルを表示する方法。




1つ目の方法は、コマンドを使う方法です。ターミナルで、下のようにタイプします。

$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE
$ killall Finder

Finder再起動されて、隠しフィアルが表示されます。


非表示に戻す場合は。

$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles FALSE
$ killall Finder



2つ目の方法は、Automatorを使う方法です。ここから、zipファイルをダウンロードします。

解凍すると、Show Hidden Files.appが入っています。これを、適当なディレクトリ(Applicationsとか)に置きます。実行すれば、Finder再起動されて、隠しファイルが表示されます。非表示に戻すときは、再度実行すればOKです。


Finderショートカットを作っておくと便利です。

f:id:shunsuk:20090714192745p:image

上のロボットアイコン。Show Hidden Files.appをドラッグ&ドロップすれば、ショートカットを作れます。




どちらの方法もFinder再起動させるのがビミョーですね。私がドットファイルを扱う時は、たいていターミナルの中なので、Finderに表示しても意味がありません。

% ls -a

で表示されます。移動やコピーも、ターミナルだと普通にできます。


というわけで、Finder使わずにターミナルで済まそうというお話でした。

UM App ShareUM App Share 2010/06/28 20:15 Hisiblenを使えば、Finderでウインドウを開いていた時にはウインドウの位置情報や開いていたディレクトリの情報をそのままにFinderの隠しファイルの表示を切り替えられます。
http://umappsharejp.amigasa.jp/UM_App_Share_JP/sofutou~ea/entori/2010/6/26_Hisiblen.html

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証