Hatena::ブログ(Diary)

このブログは証明できない。

2011-01-13

[][]覚えてない英単語にルビをふる「ずるっこ!」の魅力とビジネス。

「ずるっこ!」というサービスがリリースされました。タイトルだけを見ると、なんのサービスだかずるっと分かりません。ですが、はてブ数が2千を超えており、そのずるさに驚かされます。驚かされると言えば、ハヤシライスを食べたつもりがハッシュドビーフだったので驚かされました。おそらく、MacBook Air 11インチ欲しい!ってことだと思います。




ハッシュドビーフ、いや、「ずるっこ!」がどんなサービスなのか説明します。まず、朝食を食べます。それから、歯を磨きながらパソコンを起動します。ブラウザを開き、「ずるっこ!」を使います。そうすると、読みたい英文ページの英単語にルビがふられます。こんな感じです。


f:id:shunsuk:20110113152347p:image


最初は、ほとんどの単語にルビがふられています。そこで、おもむろに、知っている単語をクリックします。すると、それ以降、その単語にはルビがふられなくなります。別のページに行ってもです。もちろん、地球の裏側でも。ところで、いつまで歯ブラシをくわえてるんだい?



この、覚えた単語のルビを消せるというのが、おもしろい。ガンガン消していくというゲーム性があるのです。勢いに乗って、覚えていない単語のルビも消してやりました。自分が消した単語は、「ずるっこ!」のサイトで確認できます。また、複数のパソコンで履歴を共有することができますので、パソコンを1万台持っている私には大変便利です。あ、1万2台でした。




さて、ルビの精度について触れなければなりません。誰にでも触れられたくないことはあると思います。私も、騙されて買った浄水器のことには触れられたくありません。でも、あえて触れます。ルビの精度は、ちょうどiPhoneGPSの精度くらいです。


いちおう、品詞を解析してルビを変えてる素振りをみせていますが、それはないんじゃないの?というルビをふったりしてくれます。このへん、なんとかしてもらいたいいものです。頭が大文字かどうかを解析するだけで、かなり精度が上がると思います。あと、MacBook Air 11インチ欲しい!




「ずるっこ!」には、ブックマークレットが用意されています。つまり、英語ページを見ているときに、いつでも、どこでも、誰とでもルビをふることができるということです。私はいつもカメラを持ち歩いていますが、いつでも盗撮することができます。つまり、そういうことです。


また、ルビがふられたページからリンクをたどって別のページにいくと、そのページにもルビがふられています。これは、非常に便利です。人によってはウザイと思うかもしれませんが、非常に便利です。mixiの足あとくらい便利です。




そうですね。書くことが無くなってきましたので、本題の「ずるっこ!」のビジネスについて書きたいと思います。本当は「ずるっこ!」の魅力を電子書籍にまとめて販売したいところですが、書くことが無くなってきましたので、本題に入りたいと思います。むしろ、一発一発が本題です。




まず。ベタで申し訳ないのですが、いや、ぜんぜん申し訳なくないよ!、広告です。ルビがふられたページは元のページとそっくりなので、元のページにルビがふられたように見えます。これが、ずるいところです。URLを見ると、「ずるっこ!」のページなのです。


このページは、「ずるっこ!」氏のやりたい放題です。自由に広告を出せます。元のページの広告を差し替えるなんて荒業も可能です。PVも「ずるっこ!」君のものです。利用ユーザーが多ければ多いほど、稼げます。あ。稼げますというのは言い方がわるかったですね。荒稼ぎできます。


また、いったんテキストを解析していますから、ページの内容に応じた広告もカンタンに出せますね。感嘆しますね。さすが、ミスターずるっこ!です。有料会員は広告を表示なんて技もかけられます。これは、タップせざるを得ない。




さて、こっちが本題です。さっきのも本題だったのですが、こっちのほうが本題です。いわば、スーパー本題です。ずばり、データですね。覚えた単語のデータ。これを解析すると、ユーザーひとりひとりの傾向がわかります。海外のエロサイトばかり見てるおまえらのことです。


覚えた英単語=おまえら、です。もっと言えば、おまえら=ゴミですから、覚えた英単語=ゴミです。捨てればゴミ、使えば資源ですから、覚えた英単語=資源となります。覚えた英単語は、宝の山なのです。自分の英語に関する傾向が分析できたら便利だと思いませんか?


うまいこと分析できたら、有料会員になってもいいと思います。私は、はてなダイアリーも有料版を使っていて、よいWebサービスにはお金を出してもいいと考えています。もう一度言うと、はてなダイアリーは有料版を使っています。はてなダイアリーはすばらしいです。MacBook Air 11インチ欲しい!


また、分析したデータはユーザーに売らなくても、企業に売ることも可能でしょう。データを欲しがる企業は多いと思います。このへんのデータの重要性をもっと書ければいいのですが、詳しく書くとドーナツを食べる時間がなくなってしまうので書きません。ミスタードーナツが100円セールなので、みんな買いに行くといいと思います。




最後に、本題です。上の2つも本題だったのですが、スーパー本題を超えたスーパー本題、言ってみればスーパー本題2ってところです。「ずるっこ!」がうまくいくかどうかは、利用者をいかに増やせるかというところにあります。そのためには、ルビの精度を上げる必要があります。コンテキストに応じたルビをふりふり、熟語にも対応できるとすばらしいですね。


あと、複数のパソコンで履歴を共有するためのIDですが。ユーザー登録せずに使えるというのはすばらしい。ですが、パスワードがないため、IDが漏れたときが怖いですね。私が他人のIDを取得したら、英単語をクリックしまくって履歴をメチャクチャにしてやります。なんなら、なにもクリックせずに、IDを盗まれたのに何も起こらない!っていう状況を演出してやります。




最後に、「ずるっこ!」って本当にずるいですね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shunsuk/20110113/1294902691