日々是作文 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-05-21

[][]2011年春クール感想その11 23:33 2011年春クール感想その11を含むブックマーク

来クールのドラマがさっぱり期待できない……男装逆ハーレムモノが三本ってどーゆーこと?(しかも全部原作つき)今のところ期待できそうなのは井上由美子の遠野なんとかの続編と、満島ひかりちゃんが出るやつぐらいかなぁ。


JIN-仁-』第5話

初っ端からクライマックスだぜー!!と思いきや、仁先生(大沢たかお)消失も龍馬(内野聖陽)襲撃もあっさり終了。あっさりすぎて拍子抜けしちゃったじゃないか……そして仁先生は毎週毎週似たようなことで悩み過ぎ。さすがにイライラ。

しかし今週はおもしろかったー! というよりも、今まで一番『JIN』っぽい回だった気がする。ゲストの吹越さんの熱演もすごかったし、話の繋げ方(「長く生きる」よりも「どんなことをするために生きるか」というテーマね。ちょっとブラックジャックっぽいなぁと思った)もよかった。4話までの怒涛の展開、いわば物語の大筋に関わってきた流れの中ではおそらく箸休め回みたいな感じの回だったんだろうけど、僕は非常に満足でした。原作では舞台に立ったらしいけど、吉十郎(吹越満)の「舞台は俺一人だけのものじゃない」という言葉にひどく納得した身としてはドラマの展開の方が好みかなぁ。

ただちょっとモノローグが鬱陶しくなってきたかも。ちょっと多いよね。そして出番があまりないと思ってた野風(中谷美紀)が早々に再登場! どこぞの某木元さんとはえらい違いですなぁw


鈴木先生』第4話

今回もすごかった。ネタとしては非常に瑣末なこと、トイレでうんこしたとか長靴だとか誰が好きだとか、たったそれだけのことなんだけど、それがこじれにこじれて……っていうのはわりと結構どこにも転がってるもんじゃないかな。他の教師モノとは一線を画すところは、こういった身近に感じられるネタをきちんと扱ってくれるところじゃないだろうか。それでいてきっちり面白いんだからすごい。

そして今回の委員長役の藤原薫くん、告白の少年B役の子だったんですね! いやーどうりで上手いと思ったよ。あの教室のシーンの後半なんてほとんど彼の独壇場で、あのテンションを続けられるのはすごいよね。西井くんもいるし、ABコンビ揃ってるとは知らなかったぜ〜。見てる途中あまりのクソガキっぷりに画面殴りたくなる衝動に駆られたんだけど、それも彼の演技力のなせる業ということでw しかし彼はそんな簡単に学校行けるとは思わないんだがどうなのだろう……

そして麻美さん(臼田あさ美)はメンヘラではなくオカルトでした。人の妄想が覗けるとかいう超能力展開にさすがに慄かざるをえませんw まぁ「気持ち悪い!!」と言いたくなる気持ちは非常によく分かりますが……w


『名前をなくした女神』第6話

これで初回冒頭の遊園地シーンに繋がったわけですねー。あっちもこっちもすごすぎて相変わらず面白いですw つーか遠足行くってだけでなんであんな怖い顔すんのさw 過去になにかあったのかなーとか思っちゃったじゃんww とりあえずあまり動きのない沢田家と、来週海斗くんパパ(KENJI)とキャバクラで鉢合わせしちゃうらしい羅羅ちゃんママ(倉科カナ)と、あといかにも「僕達幸せ家族ですっ☆」な感じすぎてむしろ虫唾が走っちゃう秋山家は置いといて、安野家は今回クライマックス、本宮家もだいぶ面白いことになってきましたねーw

とりあえず弓恵(中島ひろ子)は功治(平山浩行)の浮気相手というわけじゃなくて、弓恵はシングルマザーで、功治はその援助をしつつ父親的存在になってるってことなのかな? そうでもなきゃあんなに堂々としてないよね……? しかし彩香ちゃん(小林星蘭)はさすがに可哀想だよな。自分をパパと呼ばせてる女の子を自分の娘の目の前でああいう態度を取る父親の気が知れないというか……そして予告を見る限りやはりレイナ(木村佳乃)は結城先生(萩原聖人)を好きになっちゃうみたいっすねw ウヒョーwww

そして今回は安野家ですね。一生くんの顔面ぴくぴく痙攣演技もすごかったけど、オノマチが本領発揮すぎてww 常に目が据わってんだもんなーw しかしこういう壊れっぷりはレイナ様担当だと思ってたので意外だった。今のところ真央がひっかき回し役、利華子(りょう)が唯一の味方、というポジションで、ちひろ(尾野真千子)はゆりんゆりん方面だと思ったのにー。それとも「信じてたのに……!」みたいな感じなんだろうか。

しかし爽くん(長島暉実)がいつにもまして可哀想だった。来週もだいぶ辛い目に遭いそうだしなあ……つーか庭で食べることないだろ……w


マドンナ・ヴェルデ』第4話&第5話

見ごたえはそれなりにあるんだけど書くことがないw というか正直あまり盛り上がらず最終回に向かう結果になりましたね〜。盛り上がってるのは慶子のお腹だけだという……まぁなんというか非常にNHKらしい作品だったんじゃないかと。まだ終わってねーけどw そーいや丸山さん(長塚京三)の持病ネタがまた出てきたけど、まさか最終回に変な展開なったりしないよね……?

しかし来週はみどり(松坂慶子)の他にユミ(南明奈)と浩子(相田翔子)の出産も描くんでしょ? それで理恵(国仲涼子)との戦いも決着させなきゃいけないわけで、尺不足になりゃしないだろうか……というのが心配っす。あ、そういやあの密告は結局誰からだったんだろう。ダンナ(片桐仁)?


TIGER&BUNNY』第7話

こちらも面白いんだけど、書くことがないw しかし今のところやっぱり奇数回が面白いですね。というか偶数回=ヒーローメイン回がダメ、ってことなのかなぁ。そしてあのダークヒーローはやっぱりウロボロスは特に関係なく、自分のやり方で罪人を裁く、って感じみたいですねー。しかし中の人がいかにもなビジュアルでしたなw


ちょっと疲れちゃったので続きはまた明日で〜。